自己PR

【高圧ガス移動監視者とはどんな資格か】知っておきたい取得方法から合格率まで詳しくご紹介

高圧ガス移動監視者とは

高圧ガス移動監視者は、高圧ガスを輸送する際に安全に輸送できるよう監視、管理をおこなう人です。高圧ガスの運送員として働くためには必須の資格ですし、国家資格ですので持っていればさまざまな場面で役立ちます。ガス業界やエネルギー業界で働く際にもアピールできる資格ですし、資格が活かせる範囲も広いです。

資格ですので、取得するためには資格試験を受けなければなりませんし、高圧ガス移動監視者は試験を受けるための条件もあります。条件を満たしていなければ試験を受けることはできませんので、注意が必要です。高圧ガス移動監視者の資格を取得するためには、どうすればいいのか、何が必要なのかを知って、資格の取得を目指しましょう。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

高圧ガス移動監視者の取得方法

高圧ガス移動監視者の資格を取得するためには、その取得方法を知っておきましょう。資格を取得するためには資格試験を受ける必要がありますが、資格によっては条件を満たしていなければ試験に挑戦できない場合もあります。高圧ガス移動監視者も資格試験を受けるためには条件がありますし、試験に挑戦する前に条件を確認しておくことが大切です。高圧ガス移動監視者の取得方法を正しく理解して、資格取得までスムーズに進めていきましょう。

高圧ガス保安協会の講習を受講する

高圧ガス移動監視者の資格を取得するためには、まずは高圧ガス保安協会の講習を受講する必要があります。高圧ガス移動監視者は高圧ガスを安全に輸送するための知識や技術が必要ですし、高圧ガス保安法に基づいて監視、管理をおこなわなければなりません。知識や技術が身に付いていないと安全に管理することはできませんし、高圧ガスは専門の資格がなければ取り扱いが難しいほど危険なものです。

また高圧ガスの取り扱いは法律で定められていますし、それが守れていなければ法律違反にもなります。業務をおこなう上では知識と技術が必要ですので、講習でしっかりと身に付けておく必要があります。講習は2日間おこなわれますので、しっかりと知識を身に付けましょう。

筆記の検定試験を合格する

高圧ガス移動監視者の資格を取得するためには講習を受け、筆記の検定試験を合格する必要があります。講習を受けただけでは資格を取得することはできませんので、必ず筆記試験まで受験しましょう。講習を受けなければ筆記試験は受けられませんので、まずは講習を受ける必要があります。

筆記試験の受験資格が講習の受講になりますので、2日間の講習を受講し、しっかりと知識や技術を身に付けておく必要があります。講習は受験資格として必要なだけではなく、試験の対策としても役立つものです。ただ講習を受けるだけではなく、試験勉強も兼ねて真剣に取り組むことが大切ですので、講習は真面目に受けるようにし、筆記試験の合格も目指しましょう。

高圧ガス移動監視者の試験の難易度

高圧ガス移動監視者の資格の取得方法を知れば、試験の難易度についても知っていきましょう。筆記試験に合格すれば資格を取得することができますが、その難易度が問題です。難易度が高ければしっかりと対策をし、勉強を進めておかなければ取得することはできませんし、難易度が低い場合でも油断すれば不合格になります。難易度に関わらずしっかりと対策をすることが大切ですが、難易度を知って効率的に試験勉強を進めていきましょう。

合格率は平均85%くらい

高圧ガス移動監視者は国家資格ですので、試験の難易度が高いと思う人も多いですが、合格率は平均85%くらいです。国家資格の中では合格率は高いですし、講習をきちんと受ければ誰でも合格できる難易度です。試験を受けるためには講習を受けなければなりませんし、講習でしっかりと勉強していれば、別途勉強の必要はありません。

もちろん合格率は高いものの、落ちる可能性はありますし、しっかりと勉強しておくことが大切です。少しでも合格率を上げるためには、講習以外でも勉強をしておくことが大切ですし、勉強時間をできるだけ多く捻出する必要があります。勉強時間が取れない場合でも、講習を真面目に受けていれば資格の取得は可能ですので、講習は真面目に受けるようにしましょう。

合格基準は60%以上正解であること

筆記試験の合格基準は正解率60%以上であり、合格したかどうかはホームページで確認することができます。合格発表の日時を確認しておけば外出先でもすぐに確認することができますので、発表の時間なども調べておきましょう。また結果発表当日や発表してすぐはホームページにアクセスが集中しますので、なかなかページにつながらない場合も多いです。

結果はホームページからも確認できますが、結果発表時はアクセス集中を緩和するために別のサーバーにページが用意されています。ホームページからではなく、結果発表のページに直接アクセスすることで、混雑を回避することができます。別のサーバーにはリンクだけではなくQRコードからもアクセス可能ですので、事前に登録しておきましょう。

問題数は20問あり90分以内に説く必要がある

高圧ガス移動監視者の試験の問題数は20問あり、90分以内に説く必要があります。制限時間に対して問題数はそれほど多くはありませんので、解答スピードはそれほど必要ありませんが、時間配分を考えておくことが大切です。時間に余裕があるからと油断していては、時間切れになってしまう可能性もありますし、できるだけ素早く解答していく必要があります。

素早く解答し、かつ丁寧に答えていかなければなりませんので、間違いを減らして得点率を上げていくことが大切です。得点率を上げるためには、講習の重要ポイントをきちんとチェックしておき、重要ポイントを重点的に勉強しておく必要があります。重要なポイントをしっかりと覚えておき、時間内の全問解答を目指しましょう。

高圧ガス移動監視者の申し込み方法

高圧ガス移動監視者の資格を取得するためには、講習を受け、試験を受ける必要がありますが、それぞれ申し込みをしなければなりません。申し込み方法を知っておかなければ試験を受けることはできませんし、申込時の注意点もあります。注意点が正しく理解できていなければ試験までスムーズに進めない場合もありますし、場合によっては試験が受けられない可能性もあります。試験の申し込み方法を正しく理解し、資格取得までをスムーズに進めていきましょう。

講習は年に4回ほどおこなわれる

高圧ガス移動監視者の講習は年に4回ほどおこなわれます。地域によってはそれよりも少ない場合がありますので、最寄りの試験会場を確認しておくことが大切です。1年に4回チャンスがありますので、比較的応募しやすい資格ではありますが、必ずしも応募できるとは限りません。講習には募集定員がありますし、定員に達してしまうと講習が受けられない場合もありますので、注意が必要です。

また講習を受けられる場所も全国で10か所ほどですので、どこで受検が可能なのかを確認しておく必要があります。年に4回おこなわれますが、地域によって開催の回数は異なりますし、募集定員もありますので、受検を決めれば素早く応募しておくことが大切です。

各地域の高圧ガス関係団体のホームページを確認する

高圧ガス移動監視者の試験に申し込むには、各地域の高圧ガス関係団体のホームページを確認しましょう。ホームページから試験の応募が可能であり、ネットで簡単に応募することができます。また高圧ガス移動監視者の資格は一つではなく、複数の種類があります。取得する種類によって期日が異なるため注意が必要です。

高圧ガス移動監視者の中でも、すべての高圧ガスの監視が可能な資格もあれば、液化石油ガスの監視のみが可能な場合もあります。液化石油ガスのみの場合は、LPガスやプロパンなどが該当しますので、監視のガスの種類によって受験する資格を変えることが大切です。期日の確認も大切ですが、種類も確認しておき、自分に必要な資格を受検しましょう。

高圧ガス移動監視者は講習を受ければ誰でも取得可能

高圧ガス移動監視者は国家資格ですが、きちんと講習を受ければ誰でも取得できる資格です。資格の合格率は高いですし、講習は2日間おこなわれますので、真面目に受講することが大切です。講習をしっかりと受けていれば合格することは可能ですが、さらに合格率を上げるためにも、自身で勉強をしておくこと必要もあります。

高圧ガス移動監視者の試験は年に4回おこなわれますが、地域によっては回数が少ない場合もありますし、募集定員もありますので、必ずしも受験できるわけではありません。受検のチャンス自体は多いものの、一発で合格するに越したことはありませんので、真面目に講習を受け、しっかりと勉強をして高圧ガス移動監視者の取得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ