業界研究

ドラッグストアの志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

ドラッグストアについて

ドラッグストアは、病院や薬局で薬を受け取るよりも、身近に医薬品が購入できる店舗として人気が高まっています。

ドラッグストアでは医薬品以外にも、化粧品や健康食品などのさまざまな商品を取り扱っているため、薬の知識以外に美容に関する知識や、栄養に関する知識なども必要となってきます。

そんなドラッグストアへの就職を希望する際に参考となる志望動機の例文について見ていきましょう。

ドラッグストアの主な業務内容

ドラッグストアでは医薬品だけでなく、日用品を取り扱っている場合も少なくないため、スーパーと同じように品出しとレジ対応、商品の発注が基本的な業務となります。

これに加えて、一般の人でも分かりやすいように医薬品の概要を解説したり、それぞれの成分の効能効果や、正しい服用方法を説明したりすることにも努めなければなりません。

また、商品の品質が劣化しないように店内環境を整えたり、店舗にない商品は個別で取り寄せたりするなど、顧客のニーズに合わせた様々な業務を行います。

志望動機を書く際の注意ポイント

近年ではさまざまな企業がドラッグストア事業に進出しており、系列が違うたくさんのドラッグストアが混在しています。ここでは、自分の希望するドラッグストアに就職するためのポイントを3つご紹介します。

①ドラッグストアを志望する理由を明確にする

ドラッグストアでの仕事自体は、他の業界での業務でも共通する内容が多いものになります。そのことを踏まえた上で、将来的に就きたい業務内容を考えつつ「ドラッグストアで働きたい」具体的な志望理由を明らかにしていくようにしましょう。

ドラッグストアを志望する理由を明確にして志望動機を書くことで、採用担当への印象もよくなります。実際にどういった内容にするかは、企業や業界について詳しく調べたうえで書くことをおすすめします。業界について理解を深めてから志望する理由を考えることで、明確に「ドラッグストアに就職したい」理由をまとめやすくなります。自分のしたいこととドラッグストアでできる仕事が一致するような志望理由を書くようにしましょう。

②企業研究を念入りにする

ドラッグストアと一口に言っても、企業によっておこなっている業務内容は違ってくることも多くあります。ドラッグストアごとの違いを理解して志望動機を書かなければ、企業の考えと噛み合わない志望動機になってしまうこともあります。そうならないためにも、志望動機を書くにあたって企業研究を念入りにおこなうようにしておきましょう。

企業に関する情報集めや研究を念入りにおこななっておくことで、企業への理解が深まり自身の就職を希望する理由と合わせて、その企業へかける思いを採用担当に感じさせることができます。企業への理解があることを志望動機に添えることで、自身のその企業へ就職したいという動機をより明確にアピールすることができるでしょう。

他のドラッグストアとの差別化ができる

ドラッグストアごとの業務形態や企業理念の違いを理解することで、志望動機の内容も他のドラッグストアと差別化をすることができます。複数のドラッグストアに応募をするつもりであるなら、この差別化はとても重要になってきます。ドラッグストアの主な業務内容は、どの企業でもそこまで大きな差はありません。ですが各企業ごとに企業理念や業務内容を反映させた内容を書くことで、同じドラッグストアに出す志望動機であっても、その内容に違いが出てきます。

企業の業務内容を理解することで、企業ごとの個性が分かってくるということです。それぞれの個性を理解してから志望動機を書くと、企業側も「こちらのことをちゃんと理解した上で応募してくれている」と感じるようになります。

③活かせるスキルをアピールする

ドラッグストアに就職後、自分の持っているスキルをどう活かせるかを考えたうえで志望動機を書くのも大事です。自分の持っているスキルの中から、就職後に活かすことができるスキルをアピールしておくことで、自分の企業への就職意欲をより強く印象づけることができるようになるでしょう。

具体的にどういったスキルが活かせるかを書く際には、自己分析が必要になってきます。自分自身をしっかり理解して、自分の持っているスキルや気付いていなかったスキルをアピールしていくことが重要です。取得している資格が活かせるのであれば、それについても記入しておく必要があります。より詳しい内容は自己PRの際におこなうことになるので、短く簡単な文章でアピールしておくようにしましょう。

入社後のイメージがつきやすい

自分が活かせるスキルを志望動機に記入しておく理由のひとつが、企業側が就活生の入社後のイメージがつきやすい、という点にあります。入社後にどういった仕事をしてくれるのか、どのような仕事をしたいかイメージしやすいと、当然採用への可能性は高まります。特にそのスキルや就職後の仕事のイメージが企業の望んでいるものと合うかどうかでも変わってきます。特に最初の志望動機の時点で具体的に自分の持っているスキルを書くことで、最初に就活生が就職した後をイメージしやすく、その後の面接もより具体的な内容で進めていくことができます。

志望動機は一番最初に採用担当の目に留まる部分でもあるので、この時点で企業にある程度のイメージを持ってもらえるように、自身のアピールポイントをまとめておくようにしましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

ドラッグストアの志望動機NG例

志望動機は、自分がどれだけその企業に対して関心があるか、自分を採用することで企業側にどのようなメリットがあるかをアピールすることが大切です。そこで間違ったアピールをしてしまうのを避けるため、まずはNGな例文を見てみましょう。

NG例

私は貴社の経営方針にとても共感し、同じ志を持つ者として共に成長していきたいと思い、貴社を志望しました。また、貴社の所在地が自宅から通えるエリアにあり、通勤しやすいことも魅力に感じました。学生時代には部活動に打ち込み、サッカー部のキャプテンをしていました。
そこで学んだ忍耐力や仲間をまとめるリーダーシップなどを仕事に活かしたいと考えております。貴社に採用されました際には、必ずや貴社に貢献できることを確信しております。

「経営方針にとても共感した」と言われても、どのように共感したのか、なぜそう思ったのかという結論に至るまでの過程を全く述べていないので、熱意が伝わりづらい可能性があります。

また「共に成長していきたい」というと、自分と企業があたかも同じ目線であるかのような印象を与えてしまいます。就活生はあくまで雇われる側ですので、適度な謙虚さを持つようにしましょう。

自宅から通えるエリアにあることをアピールしてしまうと、特に自分の企業である必要性がないのではないかという疑念を抱かれてしまいます。企業に対して特別感のある動機にするためにも、地理的な理由は避けるのが賢明です。

学生時代の経験を仕事に活かそうとしていますが、今回はドラッグストアを志望しており、スポーツやリーダーシップとは無関係であることから、採用後、企業にどのようなメリットがあるのか分かりづらいアピールとなっています。

また社会人は、言動の責任が強く問われることから、「必ず」や「確信」のような絶対的な表現は避けるのが賢明でしょう。

自分はドラッグストアに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、ドラッグストアの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がドラッグストアに向いているタイプか、診断してみましょう。

ドラッグストアの志望動機例3選

次に志望動機としてふさわしい例文を、「企業側はどのような観点から志望動機を見ているのか」という点に注目して、3つほど見ていきましょう。

志望動機の例文①

私は以前貴社のドラッグストアを利用しました。その時にどの商品が良いのか迷っていると、店員さんが優しく声をかけてくださり、商品の特徴や使用方法、注意点などを丁寧に説明してくださいました。受動的ではなく、自ら進んで接客をおこなう姿勢にとても感銘を受け、私も自ら進んで学び、成長していけるような企業で少しでも人の力になりたいと思い、貴社を志望しました。

企業のどのような点を良いと思ったのか、どのようないきさつでそう思ったのかが、具体的なエピソードをもとに述べられているため、説得力が高まります。

また、「入社後にどのような自分になりたいか」という点が志望動機とリンクしているため、将来のビジョンを明確に描いていることをアピールすることができます。

志望動機の例文②

私は、以前他社の製品を使用したことがあるのですが、こちらは薬効がはっきりと現れず、治癒には至りませんでした。しかし貴社の製品を利用したところ、症状の改善が見られたのです。
この経験から、同じ薬効を標榜する医薬品でも、成分の組み合わせや種類がさまざまあり、一般の生活者では医薬品の違いを判断するのが難しいということを学びました。もし入社することができたら、医薬品についての知識をさらに深めて、その人に合った薬選びをサポートしていきたいです。

その企業の医薬品を使用して症状が改善したという経験から、なぜその企業を希望したのかという動機を明確にできています。さらに、その経験により自分が得た知識と感想を述べ、入社後どのようになりたいかというビジョンもしっかり描けています。

このことから、自らの経験とともに知識を深め、得た知識を用いて企業に貢献できることをアピールできているため、相手に好印象を与えることができます。

志望動機の例文③

私は、貴社の地域貢献を念頭に置いた経営理念にとても感銘を受けました。現代では、ドラッグストア業界の競争も激しく、利益を優先して都会に店舗が集中するなか、地域の活性化を優先する貴社の姿勢は、とても人情的で社会貢献の鑑だと思いました。
また地域貢献によって、今後も小さな子供からお年寄りまで多くの人から愛されるドラッグストアへ発展していくというビジョンにも惹かれました。もし入社することができたら、貴社のように社会貢献を通して、人々の生活を支えられるようにな人材になりたいです。

最初に「感銘を受けた」という結論を述べて、その後どのような部分に感銘を受けたのかという説明文を持ってくる構図により、面接官側に聞き取りやすい印象を与えることができます。

志望企業以外の企業との相違点を挙げて比較することで、なぜその企業に志望したのかという理由が伝わりやすくなります。

また、その企業の経営理念に対して自分の意見を具体的に述べることで、綿密に企業研究を行っているというアピールをすることができます。

ドラッグストアの志望動機はポイントを押さえて作成しよう

ドラッグストアへの就職を希望する際に参考になる例文についてご紹介しました。

厚生労働省が推進している、「軽い体調の不調は自分で手当てをする」というセルフメディケーション志向の高まりにより、処方箋がなくても気軽に薬を購入することができるドラッグストアの利用は今後も増えていくでしょう。

そうすると、ドラッグストア事業に参入する企業が増えるなどして、ドラッグストア業界の競争はさらに激しくなることが予測されます。

多数の企業が存在する中、なぜその企業を選んだのかという志望動機がより一層重要となるので、志望する際は事前の企業研究はもちろん、自分の意見や今後のビジョンなども織り交ぜて、相手の心に響く志望動機を考えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ