就活その他

【高給な仕事の特徴とは】年収が高い業界3選と就職するために必要なことまでをご紹介!

高給な仕事とは?

年収が高い高給な仕事は就活生からの人気も高いですが、高給を目指すのであれば仕事の特徴について知っておく必要があります。働く上では給料は大切な指標ですし、より良い生活を送るためには、お金は欠かすことができません。高給な仕事はさまざまありますが、給料の高い仕事にはさまざまな特徴があり、就職のハードルが高い場合も多いです。

また高給と言われている業界もありますし、そこに就職することができれば、高い確率で高給取りになることができます。就活を成功させるためには業界研究、企業研究を念入りにおこなう必要がありますが、高給な仕事を目指す場合は、さらに高いレベルでそれらをおこなわなければなりません。業界や仕事の特徴を知って、高給な仕事への就職を目指しましょう。

高給といわれる仕事の特徴

高給な仕事を目指すためには、まずは仕事の特徴を知っておきましょう。高給な仕事はさまざまな業界にありますので、業界が違えば仕事内容は異なります。しかし仕事内容こそ違っているものの、仕事自体の特徴は共通している部分も多いですし、それらを知っておくことで高給な仕事かどうかを見分けることができます。高給な仕事の特徴を知って、自分が目指している企業はそれらの特徴に当てはまるかどうかなど確認していきましょう。

高いスキルや経験が必要

高給といわれる仕事の特徴としては、高いスキルや経験が必要であることが挙げられます。高い給料がもらえるということはそれだけ仕事のハードルも高く、求められる能力が高い場合も多いです。専門的な知識や技術が必要だったり、仕事に対しての高い経験値が必要な場合も多く、新卒で就職するのが難しい企業もたくさんあります。

もちろん新卒であっても高給な仕事へ就職することは可能ですが、しっかりと対策をしてから選考に臨む必要がありますし、能力を身に付けておく必要があります。新卒では人柄重視、ポテンシャル重視で採用が決定する場合も多いですが、高給な仕事に関しては能力が求められることも多いです。すべてが高い水準で求められますし、就職後も勉強し続けなければならないことも多いです。

学歴は大卒以上

募集されている学歴が大卒以上であることも、高給といわれる仕事の特徴です。高給な仕事は求められる能力も高いですし、採用において高学歴であることが重要視されていることが多いです。同じ大卒でも大学のレベルによって選考でも有利・不利が違ってきますし、院卒であればさらに有利になる場合もあります。

大卒が仕事ができて、高専卒が仕事ができないと決められているわけではなく、単純に求められるレベルが高いから大卒しか雇っていない場合も多いです。大学でより専門的な勉強をし、充分な知識を身に付けた人しか仕事で活躍することができないため、学歴で募集が分けられています。大卒であることはあくまで応募資格であり、合格するためには相応の能力を示さなければなりません。

働きやすい職場環境

働きやすい職場環境であることも、高給な仕事の特徴であり、高給な仕事は福利厚生などが充実している場合も多いです。企業によって労働環境は違いますし、福利厚生なども異なっています。働きやすい職場環境の企業すべてに該当するわけではありませんが、福利厚生が充実していたり、給料が高い水準で確保されていることも多いです。

働きやすい=従業員にとっても良い環境、従業員に優しい企業であり、売上高に対して給料の還元率が高い場合も多いです。働きやすいことが、必ずしも高給に直結するわけではありませんが、従業員満足が高い企業は給料も高い傾向にあります。職場環境が良い企業は人気も高いですし、就職するのが難しい場合も多いです。

高給な仕事が多い業界

高給な仕事はさまざまな業界に存在していますが、高給な仕事が多い業界もあります。その業界で就職すれば必ずしも高給取りになれるわけではありませんが、可能性としては高いので、知っておくことが大切です。高給な仕事が多い業界は、給料が良い反面、仕事が大変であり、激務といわれることも少なくありません。仕事は大変であることも多いですが、その分給料は他の業界と比べても格段にいいので、業界の特徴を知って、就活の選択肢としていきましょう。

総合商社

高給な仕事が多い業界としては、総合商社が挙げられます。商社は総合商社と専門商社の二つに分けられ、どちらも高給な仕事が多いですが、総合商社の方が年収の水準は高いです。総合商社の平均年収1100万であり、他の業界と比べてもずば抜けて高い水準にあります。商社の仕事は業種としては卸売業であり、企業と企業を結びつける役割を果たします。

たとえば素材メーカーと、その素材を必要としているメーカーを結び付け、両者をつなげるパイプとなるのが商社の仕事です。専門商社の場合は特定の分野で活躍していますが、総合商社の場合は、幅広い分野で事業を展開しています。国内だけでなく、海外の企業と取引をする機会も多く、海外赴任なども多いです。

コンサルタント

コンサルタントも高給な仕事が多い業界の一つであり、平均年収は1050万です。コンサルタントは企業や団体から相談を受け、それを解決するためにアドバイスをするのが主な仕事です。企業の経営を円滑に進めるための方針を考えたり、事業戦略を考え、企業の成長の手助けをします。企業によって担当する分野は違いますが、一人が複数の分野を掛け持つこともありますし、業界についての専門的な知識が必要です。

また特定の業界だけではなく、その他関連業界のことも知らなければなりませんし、市場全体で見た流れなども読み取らなければなりません。高給ではありますが、求められる能力は高いですし、業界への知識だけでなく、経営に関する知識なども必要な仕事です。

メガバンク

金融業界は基本的には給料が高い仕事も多いですが、その中でもメガバンクと呼ばれる規模の大きな銀行は高給であることが多いです。メガバンクの平均年収は1000万であり、同業界の地方銀行などと比べるとかなり高い水準にあります。銀行の仕事は基本的には個人や法人に対してお金を貸したり、資産運用の手助けなどをすることですが、メガバンクの場合はそれらの規模が巨大です。

一人で億単位のお金を動かす場合もありますので、専門的な知識だけではなく、強い責任感が必要な仕事もでもあります。お金を扱う仕事は信用が大切ですし、ミスをしないよう常に強い緊張を感じながら仕事をしなければなりません。精神的な疲労が大きいことも、高給である理由の一つです。

高給な仕事に就職するには

高給な仕事の特徴を知り、業界を知れば、いよいよ就職するための方法を考えていきましょう。高給な仕事は人気が高いですし、しっかりと対策をしておかなければ就職することはできません。競争率が高く、倍率も高いため就職することは難しいですが、そもそも求められる能力も高い場合が多く、就職難易度が高い場合も多いです。高給な仕事に就職するためには、しっかりと準備を進めておくことが大切ですので、何をすればいいのかを知って、就職に向けて動き出しましょう。

企業研究をする

高給な仕事に就職するには、企業研究をすることが大切です。高給な仕事に限らず、就職するためにはしっかりと企業研究をおこなうことが大切ですが、高給な仕事を目指す場合はさらに徹底しておこなう必要があります。高給な仕事は競争率も高いですし、企業についてしっかりと理解し、志望度の高さをアピールできなければ選考を勝ち抜くことはできません。

「給料が高いから志望した」では志望度の高さは伝わりませんし、すぐに不合格になってしまいます。給料が高いから目指す動機自体は問題ありませんが、就活で志望理由を伝える場合は、他の理由を用意しなければなりません。企業研究を徹底しておこない、企業への志望度がいかに高いかをアピールすることが大切です。

必要な資格を取る

必要な資格を取ることも、高給な仕事に就職するために必要なことです。仕事によっては資格があれば選考で有利になる場合もありますし、資格を有していることが応募条件である場合もあります。高給な仕事は高いレベルで知識や技術、経験が求められることも多く、それらをアピールするためには資格が必要です。資格を持っていれば一定の能力があることをアピールすることができますし、選考を有利に進めることができます。

高給な仕事は能力が求められますので、仕事に関係する資格は事前に取得しておくことが大切です。もちろん資格があればそれだけで合格するわけではありません。資格と併せて自身の魅力を伝えることが大切ですので、自身のアピールポイントもしっかり見つけておきましょう。

自分が向いている仕事を見つける

高給な仕事に就職するためには、自分に合った仕事を見つけることが大事です。高給な仕事といってもさまざまな仕事がありますし、仕事内容や求められる能力は違っています。何でも能力があればいいわけではなく、自分が持っている能力と目指す仕事で必要な能力が合致していなければなりません。

また仕事をする上では能力だけではなく、適性も大切です。いくら能力が高くても、仕事への適性がなければ活躍できない場合もありますし、成長できない可能性もあります。適性は非常に大切なものであり、自分の適性に合った企業を見つけることが大切です。いくら高給な仕事でも自分に合っていなければ意味はありませんので、高給な仕事の中でも何が自分に合っているかを考えていきましょう。

自己分析をする

高級な仕事の中で、自分の適性にあった仕事を探す方法としてどのようなものがあるのでしょうか。もちろん実際に体験してみることが適性を見極めるには一番良い方法でしょう。しかし、忙しい就活中に様々な仕事を体験することは現実的ではありません。そこで役に立つのが自己分析です。自己分析は自分のやりたいことのみでなく適性も導き出すことができます。
下のリンクからダウンロード出来る自己分析シートは、36の質問に答えるだけで、あなたの強みと適性がわかるシートになっています。自分の適性をしっかり理解できていないならば一度試してみると良いでしょう。

高給な仕事を見極めて就活を進めよう

就職先を決めるための指標としてはさまざまなものが挙げられますが、給料も大切な項目の一つです。生活をするためにはお金が必要ですし、公私ともに充実を図ろうと思えばたくさんのお金が必要になる場合もあります。高給な仕事は他の仕事に比べて給料も高いでので、自分が求める生活を実現しやすいです。その一方、給料が高いため就職のハードルが高かったり、仕事で求められることも多いので、事前に能力を身に付けておくことが大切です。

高い能力があれば選考でも有利になりますし、仕事でも活躍してさらに高給を目指すことができます。高給な仕事はさまざまな業界にありますし、選択肢は広いです。志望する業界の中から高給な仕事を見極めて、自分の望むライフスタイルを実現していきましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ