業界研究

文房具メーカーへ就職するための業界研究|職種・平均年収も紹介

文房具メーカーとは?

ケースに密集したペン

文房具メーカーへの就職を目指すのであれば、業界についての理解を深めておくことが大切です。文房具メーカーは文房具を生産、販売などをおこなっている業界ですが、他にも仕事はたくさんありますし、就活生には知られていない業界の特徴もさまざまあります。業界について詳しく知っておかなければ、志望度の高さをアピールすることができませんし、選考でも勝ち抜くことができません。

志望度の高さ、仕事への熱意をアピールするためにも業界について知っておくことは大切ですし、業界への理解度の高さが就活の攻略にもつながります。就職するためには、業界への理解を欠かすことはできませんので、業界研究を徹底して、文房具メーカーへの就職を目指しましょう。

文房具メーカーの仕事内容

文房具メーカーについて理解するためには、まずは仕事内容を知っておくことが大切です。文房具メーカーは文房具の生産や販売をおこなっていますが、仕事はそれだけではありませんし、多くの人が活躍しています。詳細な仕事内容を知らなければ、志望度の高さをアピールすることはできませんし、何より就職後にギャップを感じてしまう可能性があります。理想と現実のギャップが埋まっていないと後悔する可能性も高いので、仕事内容についてしっかりと理解を深めておきましょう。

企画

文房具メーカーの仕事として、企画の仕事が挙げられます。これは新しい商品の企画・立案をおこなう仕事であり、新商品を開発するためには欠かせない仕事です。文房具はただ使えればいいのではなく、売れる商品を作るためには、機能にプラスアルファして付加価値をつけなければなりません。企画は商品の付加価値を考える仕事でもありますので、消費者が求めているもの、あれば便利な機能などを考えて新商品を考えていきます。

市場が求めるものを読み取るマーケティング力が必要な仕事ですし、イメージを実際の商品の形に落とし込む必要があります。新商品の企画・開発だけではなく、既存の商品のバージョンアップを目指すなど、仕事の範囲は幅広いです。

生産

生産は企画が考えた新商品を工場などで作っていく仕事です。商品を作るためには材料が必要になりますので、その材料の仕入れを担当したり、安全に生産するための設備管理などもおこないます。安定した生産ラインの確保や低コストで高品質の商品の生産、在庫の管理などもおこなわなければなりませんので、仕事の幅は広いです。

どれだけ良い商品ができたとしても生産コストが高すぎれば利益を獲得することが難しいですし、価格設定を高くしてしまえば売れ残る可能性も高くなります。反対に低コストで低価格の商品が生産できても市場の需要に追い付かなければ、利益を逃してしまいます。適切な価格で品質の高い商品を適切な量で生産することが大切ですので、生産は重要な仕事です。

営業

営業は完成した商品を全国に売り出していく仕事です。文房具メーカーの場合は営業先は百貨店やスーパーを始めとして、個人の文房具店などさまざまであり、基本的には法人を相手に営業を進めていきます。売上を伸ばすためには、良い商品を作ることも大切ですが、それが多くの人の手に渡ることが大切です。

多くの人の手に渡るためには、購入できる場所を増やす必要があり、営業は自社製品を置いてもらうために、さまざまなお店と交渉していきます。商品を置いてもらうだけではなく、商品を置く位置や売り出し方なども工夫する必要があり、少しでも多く売れるように交渉を進めていきます。また消費者からの意見などを企画や開発に伝えるのも仕事であり、活躍の幅は広いです。

文房具業界の主要企業5選

文房具業界では、多くの企業がオフィス家具の製造・販売や商環境事業など、文房具以外の事業にも注力しています。また、インターネットの普及によって文房具やオフィス用品を通信販売で購入するユーザーが増えており、文房具を取り巻く環境の変化に対応していくことが求められています。

国内の市場縮小を見越してアジアを中心とした海外進出を進める企業も多いです。そのため、文房具業界でも語学力が強みとなりそうです。そんな文房具業界の主要企業5社をご紹介します。

アスクル

アスクルは、東京都江東区に本社を置く、1963年に設立された会社です。その売上高は3,604億円で、国内シェアは16.5%と第1位となっています。

主要事業は文房具の通信販売で、大きな特徴は全国7か所に有する大規模物流センターです。そこを拠点とすることで、多くの場所への翌日配達を可能にしています。2018年2月にはアスクル最大かつ最新鋭の物流センターが稼働しており、さらなる進化が期待されます。

「RE100」「EV100」という環境に関わる国際イニシアチブ2つに日本企業として初めて参加するなど、環境先進企業としての取り組みにも注目です。また、従業員が幸せになって初めてお客様を幸せにできるという考えのもと、職場環境の改善に努めています。

コクヨ

コクヨは大阪府大阪市に本社を置く、1905年に創業された企業です。売上高は3,156億円で、アスクルに次いで国内シェア第2位の15.9%です。

コクヨでは文房具やオフィス家具の製造・販売などを主要業務としています。「カドケシ」や「Campus」「プリット」などのヒット商品を使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

コクヨでは「商品を通じて世の中の役に立つ」を企業理念としています。2010年からバリューチェーンの密着と効率化によって提供価値を高める「事業機軸経営」に取り組んでいます。これは、経営改革によって経営と事業の基盤をつくり直すことで社会環境の変化に対応することがねらいです。

コクヨの社名は「国の誉」からきていますが、それを「アジアの誉」に拡大するビジョンを掲げており海外展開に積極的な会社です。

さらにコクヨについて詳しく企業研究したい人は、ぜひメーカー大研究Bookを手にしてみてください。この資料はコクヨ以外にも、LIXILなどメーカー12社の特徴を1冊にまとめています。

大塚商会

大塚商会は東京都千代田区に本社を置く、1961年に設立された会社です。文房具やオフィス雑貨を扱うサービス&サポート事業の売上高は2,820億円となっており、国内シェア13.4%で第3位です。

コンピュータ・複合機・通信機器を主に取り扱う商社でしたが、オフィスコンピュータ・FAXなどOA機器にまで事業領域を拡大することで急成長しました。

ITをもっと身近にわかりやすくするとともに費用対効果を最大化して導入コストの低減をすることで、最新ITの積極的活用を支援しています。

また、常にお客様目線で考えることを大切にし、創業時からあるチャレンジ精神を継承して自ら考え・進んで行動する社員の育成に注力中です。障害者が働きやすい職場を目指しており、雇用にも積極的です。

岡村製作所

岡村製作所は神奈川県横浜市に本社を置く、1945年に設立された会社です。家具や産業用機器の製造を主な業務としています。売上高は2,367億円で、国内シェアは12.6%で第4位です。2018年2月に社名を株式会社オカムラに変更しています。

「人を想い、場を創る」をコーポレートスローガンとし、オフィス家具・店舗用什器では国内シェアトップです。

オフィス環境事業ではオフィス・教育施設・専門性の高い研究施設などに最適な空間を提供しています。一方で、商環境事業部ではニーズの変化に従って常に新しい店舗づくりを模索している小売店に対し、必要な内装プランニングや什器の製造からメンテナンスまでを幅広い品ぞろえでサポートしています。

内田洋行

内田洋行は東京都中央区に本社を置く、1941年に設立された会社です。売上高は1,382億円で、国内シェアは7.3%で第5位です。

オフィス構築以外にも、情報システム・教育システムなども手がける専門商社で、情報分野を基盤事業としています。「ICT」「デザイン」「コンテンツ」を融合した独自のユビキタス関連事業を進める一方で、事務用デスクやチェア、プレゼン機器なども扱っています。これは空間を提供するという企業理念のもと、副次的な事業に強みを持っているためです。

また、内田洋行は学校教材商社の最大手でもあり、教育用ソフトウェア販売等の新規分野開拓もしています。

公共関連事業・オフィス関連事業・情報関連事業を3つの柱とし、「健全なる持続的成長」を経営の最大のテーマと考えている会社です。

文房具メーカーの平均年収

文房具メーカーに就職する前に、業界としての平均年収を知っておくことも大切です。仕事をする上では給料は大切なことですし、どれくらいの年収が獲得できるのかを知っておくことも業界研究としては重要なことです。文房具メーカーの業界としての平均年収は587万円であり、他の業界と比べても平均的、あるいは平均以上の水準と言えます。

企業によって年収の差はありますが、それほど大きな差ではありません。企業規模が大きくなるほどに年収も高くなりますが、中小企業であっても平均以上の水準で年収が獲得できる企業はたくさんあります。平均年収の差はそれほど大きくはありませんが、企業によって違ってはいますので、自身が志望する企業の平均年収を調べておくことが大切です。

文房具メーカーへ就職するには

文房具メーカーへ就職するためには、就職するために具体的に必要なことは何かを知っておくことが大切です。業界についての理解を深めることも大切ですが、それだけでは就活を攻略することはできません。就職するためには必要なことは他にもたくさんありますし、さまざまな対策を進めておくことで就活を成功させることができます。文房具メーカーに就職するためには何が必要なのかを知り、業界への理解をさらに深めて就活を進めていきましょう。

学歴は大卒または専門学校卒

文房具メーカーに就職するには、学歴は大卒または専門学校卒が必要です。高卒でも募集がないわけではありませんが、基本的には専門学校卒以上の募集となっていますし、募集があったとしても数はかなり少ないです。大卒または専門学校卒の学歴がなければ、文房具メーカーに就職するのは難しいので、まずはしっかりと勉強して学歴を取得する必要があります。

もちろん学歴があれば、それだけ合格できるわけではなく、あくまで応募資格を手にしたに過ぎません。学歴があることがスタート地点であり、選考を勝ち抜くためにはさらにさまざまな対策を進める必要があります。専門学校卒以上の学歴を取得した上で、しっかりと選考の対策もおこなって就職を目指しましょう。

特別な資格やスキルは必要ない

業界によっては就職の際に特別な資格やスキルが必要となる場合もありますが、文房具メーカーの場合は必要な資格やスキルはありません。無資格未経験であっても誰でも挑戦できる業界ですし、就職後に成長し、活躍できることをアピールできれば就職することは可能です。特別な資格やスキルは必要ではありませんが、能力が全く評価されないわけではありません。

高い能力があれば当然評価の対象となりますし、英語力などはあれば選考を有利に進めることができます。文房具メーカーはグローバル化が進んでおり、海外に向けた事業の展開に積極的な企業も多いです。グローバルに活躍できる人材が求められていますので、英語をはじめとした語学のスキルを身に付けておきましょう。

新人採用は少ないことを知っておく

文房具メーカーに就職するには、新人採用が少ないことを知っておくことも大切です。高卒では募集が少なかったり、そもそも募集がない場合も多いですが、大卒や専門学校卒の場合でもそれほど募集が多いわけではありません。募集はしていても、採用予定人数が少ない企業も多く、文房具業界は新人採用が少ないので狭き門であることを理解しておく必要があります。

文房具メーカーは人気の高い企業も多く、採用人数が少ないことに加えて、応募者が多くなればその分倍率は高くなってしまいます。就職難易度は高いので、しっかりと対策をしておかなければ就職することはできません。狭き門であることをよく理解しておき、他の就活生に負けないように、念入りに対策を進めておきましょう。

文房具メーカーへの就職は狭き門であることを覚悟しよう

文房具メーカーにはさまざまな仕事がありますし、多くの人の活躍によって文房具は生産され、消費者のもとに届いています。文房具は日常的に使うものですし、多くの人の生活を支えるものでもありますので、やりがいを感じやすい仕事でもあります。一方、文房具メーカーは新人採用が少なく、狭き門ですので就職するためにはしっかりと対策をしておかなければなりません。

業界研究は徹底しておこなう必要がありますし、業界を知った上で就職するためには何が必要なのかを知ることが大切です。就職難易度は高いですが、しっかりと対策をしていれば就職することはできます。文房具メーカーについて理解を深め、対策を念入りに進めて、就職を目指しましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ