就活その他

【院卒の年収はどのくらいなのか】就活生が知っておきたい平均初任給と大卒より給料が高い理由

学歴は年収に関わってくる

自分の興味がある業種や所有している資格を活かせる職種などを考えて、志望する企業を決定する就活生は少なくなりません。業種や職種の他にも、注目しているポイントがあるとすれば、給与面ではないでしょうか。やりがいのある仕事でも、高い月収が望めないのであれば、モチベーションを上げることが難しいかもしれません。

「給与が今後の人生を左右する」という考えを持ち、できるだけ高収入を実現できる企業や職種を選ぶ就活生も多いでしょう。文系・理系、学部卒・院卒の違いで、年収は大きく異なってくるでしょう。この記事では、学部卒と院卒の初任給の違いや院卒の年収が高い理由、男女別の年収推移などをお伝えします。

院卒と学部卒の初任給の差について

まずは、院卒と学部卒の初任給の違いについてご紹介します。「院卒の方が初任給が高い」というイメージがあるかもしれませんが、実際にはどれくらいの差が生まれているのでしょうか。結論から先に述べるならば、それなりに差があると言えるでしょう。

月収で数万円の違いではあるものの、初任給の数万円を年収で計算すると、大きな違いになるはずです。学部時代に就活をせずに大学院を目指している人や、大学院に入ろうか迷っている人は、参考にしてみてください。

院卒の初任給はおよそ23万円

厚生労働省による「平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によれば、「大学院修士課程修了」の初任給は、23万3400円です。男女別にみると、男性は23万3600円、女性は23万2400円なので、それほどの差はありません。平成25年では22万8100円、平成26年では22万8300円、平成27年は22万8500円、平成28年は23万1400円なので、年々上がっているデータが出ています。

男女別でも、基本的には年を重ねるごとに初任給はアップしている結果となりました。初任給23万という数値を見て、「意外と低い」、「妥当に思われる」などさまざまな感想を持つかもしれませんが、他の学歴よりも高いことは事実です。学部卒などの初任給を見ていきましょう。

院卒と学部卒では初任給に3万円ほどの差がある

先の厚生労働省のデータによれば、大学卒の初任給は、20万6100円です。男性は20万7800円、女性は20万4100円なので、院卒生と比較すると約3万円ほどの差が生じています。この差は単純計算すると、年収で30万円以上の差が出るので、大きな違いだと言えるでしょう。ちなみに高等専門学校・短大卒業の場合は、17万9200円ですので、大卒と比較するとさらに3万円ほど差があります。

高校卒業は16万2100円なので、院卒・学部卒と比べると大きな差があると言えるでしょう。このように学歴によって、初任給に違いがあります。もちろん平均データなので、文系・理系やどの大学出身なのかによっても、違いは出てくるでしょう。いずれにせよ、院卒が一番高いということです。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

院卒の年収が高い理由とは

では、なぜ院卒の初任給が一番高いのでしょうか。単純な理由として挙げられるのが「一番学歴があるから」と言えるかもしれません。学部卒以上に費用と時間がかかるものなので、そのフィードバックが対価として発生していることが考えられます。「給与を上げる」という目的だけで大学院に入る人はあまりいないかもしれませんが、生涯賃金などを考慮すれば、学部卒以上にメリットがあるでしょう。大学院への道を迷っている人は、将来を見据えて真剣に考えてみてください。

そもそも大学院卒の給料を高くしている企業が多い

就活に関する情報を収集している時、志望する企業のデータなどに目を通すことは、どの就活生もしていることでしょう。手掛けている事業や先輩たちの声、勤務地、待遇・福利厚生などの他に、給与欄も必ずチェックするはずです。その時、「院卒〇〇万円」「学部卒〇〇万円」「高卒〇〇万円」と学歴によって給与が分かれているデータを見かけたことはないでしょうか。

多くの企業の就業規則や給与に関する決まりでは、学歴が高い人に高い給料を支払うことになっているでしょう。つまり、おのずと院卒が一番高くなるわけです。もちろん企業によっては、学歴ではなく実力主義で給与を決定していることも考えられます。しかし多くの企業では、初任給などに限っては、「高学歴=高い収入」と定めているでしょう。

専門知識がより身についているため

院卒は学部卒と比較すると、専門的な知識やスキルを身につけている可能性が高いです。そのため、企業は高い給料を支払うことがあるでしょう。大学院で培ってきた知識などが企業にとって欠かせないものであれば、なおさら高い年収を望めるかもしれません。院卒の専門的な知識は、わかりやすく言い換えるならば、取得することが難しい国家資格を持っている人が高い所得であることとほとんど同じかもしれません。

一握りの人間しか持っていない知識やスキルは、どの企業でも重宝し、それなりの見返りがあるものです。もちろん企業だけではなく、業種や職種によって、給与に差は出てくるでしょう。とはいえ、大学院で身につけた専門知識は、活かせる場所であれば、高い年収を望めそうです。

院卒の年収推移【男女別】

院卒の男女別で、年齢による年収推移を見ていきましょう。「〇〇歳で年収〇〇〇円ぐらい」という目安を知ることにより、ライフプランなども立てやすくになるに違いありません。もちろん学部卒と比較すれば、院卒の方が高いです。これは初任給と同じでしょう。年齢によっては、100万円以上の差がつく場合もありますので、生涯賃金を考えるとさらに大きな違いになってくるはずです。将来を見据えて、本記事をお役立てください。

院卒の男子学生の年収推移

内閣府経済社会総合研究所による論文のデータによれば、24歳時点は学部生の年収よりも低いものの、30歳前半では年収に100万円以上の差がつく結果となりました。年収400万円を超えるのは20代半ば、年収600万円を超えるのは、30代前半です。ちなみに学部卒が年収600万円を超えるのは30代半ばなので、この時点でかなりの差が出ていることになります。

院卒が年収800万円になるのは、30代後半です。年収1000万円台に到達するのは、40代後半ですが、学部卒ではこの年収に達することはないデータとなりました。50代前半が頂点となり、そこから年収は下がりますが、60代前半でもなお年収800万円以上の計算になります。

院卒の女子学生の年収推移

先と同じ論文のデータによれば、女性も男性同様に、24歳時点では学部卒の方が高い年収を誇っています。しかし、年収600万円に到達するのは30代前半です。学部生が年収600万円になるのは40代前半なので、およそ10年の差が生まれることになるでしょう。その後も右肩上がりで、年収800万円になるのは40代前半です。

ここから横ばいが続くものの、50代前半から年収を高めていき、60代前半で年収1000万円台に到達します。男性と同様に、学部卒はこの数字に達することはありません。男性と違うところは、一時期に横ばいにはなるものの、基本的には右肩上がりで年収が上がっていることです。60歳をすぎると学部卒と300万円ほど差が出るのも特徴のひとつでしょう。

院卒の年収が高いのには理由がある!

院卒・学部卒・高卒などによって、年収は大きく変わります。院卒の初任給は約23万円で、学部卒は約20万円なので、3万円ほどの差が出てくるでしょう。学歴が低くなるにつれて、初任給は下がります。なぜこうした状況なのかといえば、多くの企業が院卒の給料を高めに設定していることが考えられます。なぜ高めなのかといえば、専門的な知識を身につけていることが多く、それは企業にとって大きなメリットだと感じているからでしょう。

年齢による男女別の年収推移でも、学部卒と比較すると、明らかに院卒の方が年収は高いです。学部卒の場合、年収1000万円台に到達することは見込めませんが、院卒はある年齢になると年収1000万円を超える結果となりました。院卒を目指している人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ