業界研究

【医療機器業界の志望動機の書き方】記載ポイントと例文3選も紹介

医療機器業界について

病院でも家庭でも多くの医療機器が普及しています。今後は IoT(モノのインターネット)を活用した医療機器も出てくるでしょう。技術革新とともに、益々脚光を浴びる可能性の高い分野です。日本の高齢化や、海外への売り込みで需要は高まりつつあります。

技術力が劣ればすぐに他社に取って代わられてしまのも医療機器メーカーです。競争に打ち勝つ先見性、どのようなニーズがあるかをつかむ情報収集能力、そして技術力・説明能力がものをいう世界なのです。

医療機器業界の主な業務内容

MRIやCTといった検査機器、注射器や包帯のような消耗品など医療に関わるあらゆる製品を製造して販売するのが医療機器の仕事です。顧客のメインが医療機関だというところが、一般のメーカーとは大きく異なります。

実際にサービスや商品を販売する相手は医師・臨床検査技師・看護師なので、コミュニケーション能力がものをいう仕事です。また、当然自社製品に対する知識も欠かせません。医療機器メーカーは多く、昨今は外資系も多く参入しています。日系企業と外資系企業では労働環境が大きく違うため、注意しておく必要があります。

志望動機を書く際の注意ポイント

企業によって、製品の特色は大きく異なります。一見同じようなものでも、細かなところが大きく違うのです。また、販売している製品は多岐にわたり、数え切れない製品があります。そのため、まず最初にやらなければならないのは企業研究です。企業の特色をしっかりつかむことが大切です。

その上で、自分がどうその企業に向いているのか、その企業で何をしたいのかを具体的に書き上げるようにしましょう。この2点が欠けた志望動機では、採用担当者の心が動かないとしっかり認識してください。

ありきたりな志望動機は、人事を失望させる

志望動機の内容がありきたりだと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

スマホで簡単に使えるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

医療機器業界の志望動機NG例

短い志望動機で思いを伝えるのは難しいです。限られた枠内での記載のため、ちょっとした表現が大切になります。ここではNGな志望動機例をあげて説明します。

NG例

私が貴社を志望した理由は、大病院との取引が多いことです。大病院は優秀な人材も揃っています。そのような顧客を相手に自分の能力を試したいと思うのです。大病院を相手に仕事をしていると、親に安心してもらえます。業界のトップに位置する貴社の安定した利益力も魅力です。
競争が激化する中で、安定した貴社で倒産の心配をせずに定年まで働けるというのはありがたいことです。貴社に採用になった際は、病気を寄せつけない元気さで退職まで頑張りたいと思います。

医療機器の顧客は大病院だけではありません。大病院についてのみ書くのでは、顧客をより好みするのではないか、小さな病院相手に手抜きするのではないかと思われてしまいます。親を安心させるためという動機も書くべきではありません。

また、安定した企業だからという動機もNGです。安定しているからあぐらを書くのではないかと思われかねません。企業をさらに発展させるのだという意欲がないと、採用担当者の心は動かないでしょう。

自分は医療機器に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、医療機器の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が医療機器に向いているタイプか、診断してみましょう。

医療機器業界の志望動機例3選

では、短文の志望動機の中でどう自分の熱意を伝えれば採用担当者の心が動かせるのかを、例文とともに説明していきます。

志望動機の例文①

私が貴社を志望した理由は、先見性のある技術開発に目を見張ったからです。高齢者が増える中で、通信機能を利用したIoT分野の技術開発が、今後の鍵を握っていると思います。その分野での貴社の技術力は、同業他社の先を行くものだと理解しています。
そのような製品を世に広めて、多くの患者に安心届けたい、少しでも痛みを伴わない快適さを届けたいのです。病気がちの祖父は、検査のたびに痛みを訴えて見ていられませんでした。貴社に採用された際は、そのような患者を忘れずに、心に寄り添えるような仕事をしたいと思っています。

技術革新が重要といわれる医療機器の仕事を自分なりに分析している姿は、採用担当者に好感を持たれます。あくまでも、具体的な記載が重要です。抽象的に書いては伝わるものも伝わりません。どのような気持ちで仕事をしたいかを、具体的な経験から示すことが大事です。それによって、採用担当者がその人の誠実さをイメージできるでしょう。

志望動機の例文②

私が貴社を志望した理由は、貴社の営業の方の真面目な取り組みを目にしたからです。兄が医者だという関係で時々病院に出掛けることがありますが、そのたびに営業の方が椅子に座りながら熱心に書類を目にしている姿を見掛けます。その姿だけで、貴社の理念が理解できるほどでした。
採用された際には、知識と時代を先取りする情報収集能力を磨いて、私が目にした営業の方に負けない立派な社員を目指したいと思います。

社員は会社を映す鏡ともいえます。この例では、一人の社員の真面目な姿に感動した経験を、志望動機にしているのがポイントです。動機としては小さいものといえますが、その社員のようになりたいというのを訴えることで、誠実さを表現しています。

企業が求める人材は多種多様ですが、何よりも真面目に仕事を遂行してくれる人を求めています。企業研究をしっかりおこなっていることをさり気なく書いてあるのもポイントです。

志望動機の例文③

私が貴社を志望した理由は、積極的に海外展開する姿勢です。今後、海外での営業基盤を強固にすることは欠かせないと思っています。日本人の繊細な技術は、必ずや海外でも求められる要素だと考えます。
国内では、過疎で医療が行き渡っていないということがニュースになっています。そのような地域に、医療機器メーカーとして貢献できることが数多くあると思うのです。貴社に採用された際には、そのような悩みを抱えた方々に安心してもらえるような、きめ細かな心を持った社員を目指したいと思います。

少子化で、今後の国内需要は頭打ちになることも予想されます。企業が成長するためには、海外戦略を欠くことができない点について触れた例文です。業界研究を欠かしていないところを示して、真面目さをアピールしています。

また、困っている人に何ができるかを考えているところもポイントです。何故なら、ニーズをしっかり捉える、現状分析を正確におこなえるところが、技術革新にも営業にも欠かせない能力だからです。現状に甘んじて考えることを忘れるような人材を、採用担当者は求めません。

医療業界の志望動機は仕事内容をしっかり理解したうえで作成しよう

医療機器で働くために、どのような志望動機が好ましいかをNGと対比しながら説明してきました。医療機器は多種多様です。個人個人でニーズも違います。それぞれに最適なものを提供していくことがこの仕事では求められます。

そのため、この仕事をするには、知識とともに繊細さとニーズを知り尽くす真面目さが求められます。製品を相手に理解してもらう、説明力・コミュニケーション能力も必要です。自分の特性をもう一度見直して、何をアピールするかをしっかり捉えた上で、採用担当者の心に訴えるような魅力的な志望動機を作成しましょう。ぜひ医療機器が求める人物像が何かを考え抜いてください。そうすればおのずと答えがみえてくるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ