職種研究

視能訓練士の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

視能訓練士とは

視能訓練士とは、目の健康管理をおこなう医療専門職です。視能訓練士になるには、視能訓練士国家試験に合格する必要があります。主な勤務先は眼科で、その他には保健所や福祉施設、コンタクトレンズの販売店があります。

男女比は女性が85%以上を占め、雇用形態では正規が80%ほど、非正規が20%ほどとなります。そんな視能訓練士の業務内容や平均年収はどうなっているのでしょうか。詳しく調べてみました。

視能訓練士の業務内容

視能訓練士の業務内容は、目の検査や視力回復のための訓練をおこなうことです。視能訓練士が検査した結果を元に、眼科医が診察をおこないます。検査には「視力」「眼圧」「視野」「色覚」「光覚」の測定があり、それぞれの測定のために様々な器具を扱う必要があります。

視力や眼球運動の機能回復のための訓練指導も大事な仕事です。できる限り手術を回避できるよう、適切な訓練を施す必要があります。また、リハビリ業務も視能訓練士の仕事です。ルーペや単眼鏡、拡大読書器を扱う指導をおこないます。

視能訓練士に求められる能力について

  • 集中力
  • コミュニケーション能力
  • 根気

正確な検査をおこなうには集中力を持続させることが必要です。医療の検査は、ひとつのミスが重大な過失につながる恐れがありますので、どんなときでも慎重な仕事を心掛けなければなりません。

患者から正確な症状を聞き出すためにも、コミュニケーション能力は欠かせません。検査の仕方や結果を、医療知識のない患者にも分かりやすく伝える必要があります。目の検査は長時間に及ぶことがありますので、ときに患者の緊張を和らげることも大事です。

目の病状には個人差があり、回復までに長い時間を要する場合もあります。また、こどもや高齢者には言葉が上手く伝わらないこともあります。どんな場合でも思いやりをもって、根気強く患者と接することが大事です。

視能訓練士の平均年収と他職種との比較

視能訓練士の平均年収について

視能訓練士の平均年収は400万円程度という情報がありました。一般的な水準と比べると、若干低い傾向にあるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 眼科医:1,400万円
  • 医療事務:300万円

視能訓練士の平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して22万円低くなっています。また、類似職の眼科医と比べて1,000万円低く、医療事務と比べて100万円高くなっています。

視能訓練士のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

視能訓練士のボーナスの有無については、勤務先や雇用形態によって差があります。正規の職員であれば年2回の賞与が多いようですが、非正規の場合はないこともあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

視能訓練士の昇給についても、勤務先や雇用形態によって事情が異なってきます。定期的な昇給制度を整備している場合が多いようですが、事情によっては昇給がほとんどないこともあるなど、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

視能訓練士の年齢別平均年収推移シミュレーション

視能訓練士の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているのでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 249.8万円 17.1万円 44.1万円
25~29歳 325.4万円 22.3万円 57.5万円
30~34歳 374.9万円 25.7万円 66.2万円
35~39歳 410.8万円 28.2万円 72.6万円
40~44歳 442.7万円 30.4万円 78.2万円
45~49歳 468.0万円 32.1万円 82.7万円
50~54歳 487.6万円 33.5万円 86.1万円
55~59歳 480.5万円 33.0万円 84.9万円
60~64歳 360.2万円 24.7万円 63.6万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は374.9万円、うちボーナスは66.2万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が442.7万円、うちボーナスは78.2万円になる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

視能訓練士と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 視能訓練士の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 249.8万円 263.5万円
25~29歳 325.4万円 343.3万円
30~34歳 374.9万円 395.5万円
35~39歳 410.8万円 433.4万円
40~44歳 442.7万円 467.1万円
45~49歳 468.0万円 493.8万円
50~54歳 487.6万円 514.4万円
55~59歳 480.5万円 507.0万円
60~64歳 360.2万円 380.1万円

視能訓練士の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は日本の平均と比較すると20.6万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では24.4万円ほど低くなる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

視能訓練士の生涯賃金シミュレーション

視能訓練士の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.80億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と視能訓練士の生涯賃金を比較してみましょう。視能訓練士の平均年収は約400万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が上記の表です。

視能訓練士の生涯賃金は1.8億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると1,000万円ほど低いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

視能訓練士は、資格を取得するまでに時間がかかるものの、夜勤がなく休診日も決まっているため、医療関係の中では比較的安定した職業です。

現在、高齢化の影響で眼科にかかる患者が急増し、視能訓練士の活躍には注目が集まっています。反面、視能訓練士の数がここ10年ほどで2倍近くも増えたため、近い将来には需要が低下する可能性もあります。

なお、視能訓練士の待遇は地域によって差があります。場合によっては、視能訓練士の養成機関を卒業して国家資格を取得しても、非正規でしか雇用してもらえないことがありますので、地域の事情については事前に調査しておきましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ