面接対策

【最終面接は意思確認のためだけ?】評価のポイントと答え方のコツ

最終面接は意思確認のためだけではない!

就活の最終面接は意思確認のためにおこなわれるもので、本格的な選考ではないと考えられることも多いですが、実際はそうではありません。最終面接であってもしっかりと評価はされていますし、評価次第では当然不合格になってしまうこともあります。

意思確認だけだからと油断していては最終面接を攻略することはできませんし、内定までたどり着くこともできません。最終面接で油断して不合格になってしまう人は多いですし、最後の最後まで気を引き締めて臨むことが大切です。

最終面接はこれまでの面接とはさまざまな部分が違いますし、評価されるポイントなども違っています。攻略するためには、最終面接に合わせた対策が必要ですので、事前準備を怠らずに最終面接を攻略していきましょう。

最終面接に挑む前の心構え

最終面接を攻略するためには、挑む前の正しい心構えを知っておくことが大切です。最終面接に至るまでには複数回面接をしていることも多いですし、面接に慣れている人も多いです。

面接に慣れ、過度に緊張しないことは大切なことですが、慣れてしまったばかりに油断してしまい、失敗してしまうこともあります。最終面接を攻略するためには、油断は禁物です。正しい心構えを知っておき、しっかりと気持ちを引き締めて最終面接に挑戦しましょう。

入社後のキャリアプランを練っておく

最終面接に挑む前には、もう一度企業研究をおこない、入社後のキャリアプランを練っておくことが大切です。最終面接に合格すれば内定がもらえますし、内定を承諾すればその企業へ就職することができます。

就職後は企業の一員として働くことになりますので、本当にその企業に就職していいのか、就職するならどのように成長していくのかを考えておくことが大切です。入社後のキャリアプランを練らずに就職しても、ただ仕事をこなすだけで成長できてない可能性が高いですし、それではその企業に就職する意味がありません。

就活ではただ就職することがゴールではなく、就職した企業で活躍し、成長することがゴールです。再度企業研究をおこなって企業への理解度をさらに高め、そこで働く自分の姿をイメージしておきましょう。

意思確認だけとは限らないため油断しない

企業によっては最終面接は意思確認だけであり、入社の意思を問い、意思があるなら合格となる場合もあります。意思の確認と入社後の手続きなどをおこなう場合もあり、実質的な最終面接は一つ前の面接である企業もあります。

しかし「最終面接=意思確認」の企業だけであるとは限りません。企業のなかには、意思確認のために最終面接を設けているわけではなく、きっちりと選考をおこなう企業も多いので注意が必要です。

意思確認だけだと油断していては評価してもらうことはできませんし、企業への志望度が低いとみなされ不合格になってしまう場合もあります。最終面接であっても落ちる可能性は充分にありますので、これまでの面接と同様にしっかりと準備をして臨むことが大切です。

39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

今すぐ面接力を診断する(無料)

最終面接における評価のポイント

最終面接を攻略するためには、どんな点が評価されているのか、評価のポイントを知っておくことも大切です。面接は段階が違えば、面接官は変わりますし、評価されているポイントなども違っています。

最終面接とこれまでの面接では評価のポイントや雰囲気なども大きく変わりますので、しっかりと対策をしておくことが大切です。最終面接ならではの評価のポイントがいくつもありますので、それらを正しく理解して高評価を目指しましょう。

その企業にふさわしい社員かどうかを見極める

最終面接ではその企業にふさわしい社員かどうかを見極めていますので、企業の方針と就活生の方針が合致していることが大切です。最終面接では面接官も代わり、社長や役員クラスが担当することが多いです。

社長や役員からみて、企業にふさわしい人材なのかを見極めていますので、企業の方針と一致していなければ、不合格になる可能性が高いので注意しましょう。最終面接では細かい能力や人柄についてはほとんど見られていません。

それらは最終面接以前の面接ですでにチェックされているものですので、最終面接では企業にふさわしいかどうかの一点が重要視されています。ここが最も大切なポイントですので、しっかりと企業研究をおこない、企業への理解を深めていおくことが大切です。

企業への思いを確認される

最終面接では企業への思いを確認されますので、企業への志望度の高さや仕事への熱意をアピールすることが大切です。最終面接をクリアすれば、内定を獲得することができますが、問われているのは内定後の対応ではありません。

内定後の対応をどうするかを問われているのではなく、企業への本気度を聞かれていますので、就職したい気持ちを前面に押し出すことが大切です。就職への熱意を示すためにも、入社後のキャリアプランは必要であり、入社後のビジョンを具体的に示すことで、企業で働く姿をイメージさせることができます。

入社後のキャリアプランは自身の将来の道しるべとなるだけではなく、最終面接でのアピールの材料にもなりますので、面接前に必ず考えておきましょう。

意思確認された際に注意すべきポイント3つ

最終面接では意思確認だけで終わるのではなく、しっかりと選考はおこなわれることが多いです。しかし選考の中で意思確認をされることは多いですし、それに対してどのように答えるかも、最終面接攻略のためには重要です。

意思確認をされたときに上手に答えることができなければ、就職の意思がないとみなされ、不合格になってしまいます。意思確認された際に注意すべきポイントは3つありますので、それらを踏まえて上手に答えていきましょう。

①内定を貰えば就活をやめることを伝える

最終面接で意思確認をされれば、入社に対する本気度を示すことが大切ですので、内定を貰えば就活をやめることを伝えましょう。内定をもらえばすぐに承諾すると伝えることで、企業への本気度の高さを示すことができますし、好印象を与えることができます。

企業から内定をもらったとしても、全員が承諾するわけではなく、辞退する人もいます。企業では採用予定人数を決めていますし、予定数は確実に採用を決めてしまわなければなりません。

しかし辞退者が出れば予定人数に達しないこともありますし、内定を出せば確実に入社してくれる人材を求めています。企業への本気度の高さを示すことで、採用を決める後押しになる場合も多いので、就職への意思の強さをアピールしていきましょう。

②控えめな回答はNG

意思確認をされた場合は、入社意思を明確に示すべきであり、控えめな回答はNGです。面接では謙虚さが好印象につながる場合もありますが、最終面接での意思確認では謙虚さはむしろマイナスの印象を与えてしまいます。

控えめな回答をしてしまうと、内定を出しても承諾してくれるかどうか分かりませんし、入社意欲が低いと思われる可能性があります。企業への本気度が低いと思われる可能性もありますので、曖昧な回答はせずに、明確な答えを出すことが大切です。

最終面接に合格できるかどうかは、入社意思の強さに影響されることが多いです。どれだけ企業に入社したいと考えているかが、最も強力なアピールになりますので、控えめにならずはっきりと入社意思を示しましょう。

③内定後に辞退は可能

最終面接で意思確認をされれば、企業に入社したいと強くアピールする必要がありますが、実際には他の企業と迷っている人もいます。仮に他の企業も選考中で、どちらの企業に就職しようか迷っている場合でも、入社の意志が強いことをアピールすることは大切です。

入社意思の強さをアピールすることで、内定がもらえる可能性は高いですが、内定をもらえば必ずその企業に入社しなければならない訳ではありません。内定後でも辞退は可能ですし、これは法的にも許されていることです。

内定をもらわないことには、就職の選択肢を考えることはできませんし、まずは内定の獲得を目指すことが大切です。内定をもらってから企業に就職するかをじっくり考え、答えを出していきましょう。

あなたは何点取れる?あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

今すぐ面接力を診断する(無料)

最終面接で意思確認をされたら明確に答えよう

最終面接では意思確認だけではなく、しっかりと選考をおこなう企業が多いです。そのため油断は禁物であり、これまでの面接同様、あるいはそれ以上に対策をしてから臨まなければなりません。

最終面接であっても油断していれば不合格になりますし、事前対策を徹底して、確実に内定を目指すことが大切です。最終面接では意思確認をされることも多く、これに対しては曖昧な回答はせず、明確に回答していかなければなりません。

入社意思の強さ、企業への本気度を示すのが最終面接攻略のポイントであり、入社意思を明確に示すことで好印象を与えることができます。内定は後から辞退することもできるので、まずは確実に内定を獲得するためにも、意思確認には明確に答えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ