身だしなみ

【就活セミナーで失敗しない服装とは】スーツとオフィスカジュアルのどちらが良いのかを徹底解説

就活セミナーでの服装も見られていることを意識する

就活を少しでも有利に進めようと就活セミナーに参加する人は多いですが、就活セミナーでも就活本番と同様に服装に気をつけなければなりません。セミナーだからと油断してしまうと、担当者から印象が悪くなってしまうこともありますし、会場で浮いてしまい、気まずい思いをする可能性もあります。

就活セミナーでの失敗が必ずしも就活に影響するとは限りませんが、それでもモチベーションが下がってしまうことも多いですし、失敗しないに越したことはありません。就活を攻略するためには、細部までこだわって、気を抜かずに取り組むことが大切です。就活セミナーに参加する際の服装にも充分に気をつけ、細かい部分まで徹底して就活の攻略を目指しましょう。

服装指定のない就活セミナーの場合

就活セミナーにもさまざまな種類があり、セミナーごとに必要な持ち物や服装なども違っています。参加予定のセミナーの案内を見ながら服装についても考えていく必要がありますが、セミナーによっては服装について何の指定がない場合もあります。

服装の指定がないからといって、どんな格好で臨んでもいいわけではありませんし、服装がチェックされていないわけでもありません。指定がない場合でも服装には気を遣う必要がありますので、どんな服装で臨むべきかを知っておきましょう。

男女ともにリクルートスーツでの参加が一般的

服装指定のない就活セミナーの場合は、男女ともにリクルートスーツでの参加が一般的です。服装については特別な決まりはないものの、ほとんどの学生はリクルートスーツで参加しますので、スーツを着ていた方が無難でしょう。服装の指定はありませんが、就活ではスーツ着用が基本であり、これはセミナーであっても同じです。就活セミナーは就活の一環ですので、身だしなみのマナーなどは就活と同じ基準で考えなければなりません。

服装が自由だからと私服で臨んでしまうと、浮いてしまうことは間違いありませんし、場合によっては悪目立ちしてしまうこともあります。就活中の服装指定なしはスーツ着用が基本だと思い、就活セミナーであってもスーツを着て参加するようにしましょう。

服装以外の身だしなみにも清潔感を持つ

就活セミナーでは服装の指定がなければスーツを着て参加するのが一般的ですが、気をつけるべきは服装だけではありません。セミナー参加時には服装以外の身だしなみにも清潔感を持つことが大切ですので、持ち物や髪型にも気を配るようにしましょう。服装としてはスーツを着ていれば問題はありませんが、それだけでは身だしなみのマナーを守っているとは言えません。

身だしなみは服装から髪型、髪色、その他身に付けている小物なども含まれますので、細かい部分までしっかりと整えておく必要があります。スーツを着ていても、それ以外の部分ができていなければ、印象が悪くなってしまいます。スーツ以外の細かい部分にも気を遣い、身だしなみをしっかり整えてからセミナーに参加しましょう。

服装自由の就活セミナーの場合

服装の指定がないセミナーもあれば、案内の時点で服装が指定されている場合もあります。スーツ指定、私服指定など服装が決められている場合もあれば、服装について言及されているものの、服装自由とされている場合もあります。

服装自由であれば、スーツ以外の服装を選ぶこともできますが、選択肢が増える分、何を着ていいのか分からずに悩む人は多いです。服装自由といってもどんな服装でもいいわけではありませんので、着用可能な服装を知っておきましょう。

服装自由の就活セミナーでも半数はスーツで参加する

服装自由の就活セミナーであれば、私服でもOKではありますが、半数程度の学生はスーツで参加していることが多いです。服装が自由とは言え、就活の一環であることには変わりありませんし、就活である以上やはりスーツが一般的です。スーツを着ていないからといって、悪目立ちすることは少ないですが、居心地の悪さを感じてしまうことはあります。

セミナーによっても異なりますが、場合によってはほとんどがスーツの場合もありますし、少しで浮きたくないと考えるならスーツを着るのが無難です。もちろん服装自由ですので、必ずしもスーツを着なければならないわけではありません。しかし服装自由でスーツを着てもマイナスの印象にはなりませんので、迷ったときはスーツを着るのがおすすめです。

スーツ以外で参加する場合はオフィスジュアルを心がける

服装自由と指定されている場合は、必ずしもスーツである必要はありませんので、私服で参加しても問題はありません。私服で参加するからといって、何でも着ていいわけではなく、スーツ以外で参加する場合はオフィスジュアルを心がけることが大切です。服装自由であっても、あまりにもカジュアルすぎる服装で参加してしまうと悪目立ちする可能性が高いですし、社会人としての常識も疑われかねません。

私服を着る場合でも、ジャケットスタイルなどラフすぎない服装で臨むことが大切です。基本的にはオフィスカジュアルを意識しますが、派手すぎない服装であればOKな場合も多いです。私服で参加する場合は、オフィスカジュアルをベースにして落ち着いた服装を心がけましょう。

その他就活セミナーの服装について

就活セミナーに参加する際の服装はセミナーの案内を見て決めることが大切ですが、それだけではなく、主催する企業によっても変えていく必要があります。基本的にはスーツを着ていれば問題ないケースが多いですが、場合によっては私服で参加した方がいいこともあります。

案内だけでは判断できないことも多いので、主催企業に目を向けることも大切です。セミナ―の案内で服装についての指定があるかないかを確認した上で、企業ごとに服装を考えていきましょう。

業界によっては私服で参加したほうが良い場合もある

就活セミナーはスーツでの参加が基本ですが、業界によっては私服で参加したほうが良い場合もあります。アパレル系の就活セミナーには私服をチェックしたいという企業の意図がある場合もありますので、その場合は私服で参加するようにしましょう。もちろんアパレル系であってもカジュアルすぎる服装は印象が悪くなってしまう可能性もありますし、派手すぎない服装を心がけることが大切です。

また参加する企業のブランドイメージなどに合わせてコーディネイトを考えることも大切です。イメージに合わせた服装を心がけましょう。

またアパレル系でもスーツ着用と指定されている場合もあります。その場合はスーツを着なければなりませんので、「アパレル=私服でOK」ではなくセミナーごとの服装指定を確認しておく必要があります。

就活のマナーを確認しよう

服装に気を付けること以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

会社の社風や雰囲気で服装を選ぶのもあり

企業から服装の指定がある場合はそれに従う必要がありますが、指定がなかったり服装自由とされている場合は、会社の社風や雰囲気で服装を選ぶのもありです。服装の指定がない場合でも、伝統やマナーを大切にしている企業であればスーツ着用が必須ですし、私服だと印象が悪くなる場合もあります。

反対に自由な社風や雰囲気を重視している企業の場合には私服を選ぶのもありで、私服で参加した方が印象が良い場合もあります。服装から与えるイメージはさまざまですし、スーツか私服かによって与える印象も違いますので、企業に合わせた服装を心がけることが大切です。セミナー参加時には企業の雰囲気を事前に調べておき、それに合わせて服装を考えていきましょう。

就活セミナーも就活の一環なのでだらしない服装は厳禁

就活セミナーは説明会や選考よりもカジュアルな雰囲気で進むことが多く、服装についても自由と指定している企業は多いです。しかしセミナーであっても就活の一環であることには変わりありません。そのため身だしなみをしっかり整えることが大切であり、だらしない服装で参加するのは禁物です。だらしない服装で参加してしまうと、悪目立ちして印象が悪くなることもあり、選考で不利になってしまう可能性もあります。

また評価の面だけではなく、だらしない服装で参加するのは企業の人にも失礼にあたりますので、身だしなみを正して臨むことがマナーです。セミナーは就活にとっても大切なものですので、社会人としての自覚を持ち、身だしなみを整えて参加しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ