就活その他

【就活】グループワーク選考を勝ち抜くポイントつを紹介

グループワークこそ事前準備が必須

グループワークを選考に取り入れている企業は多く、就活を攻略するためにはグループワークの対策も立てておかなければなりません。グループワークは出されたお題に対して即興で考え、作業に取り組まなければなりませんし、一緒に作業をすることになる学生も選考ごとに違っています。

そのため対策のしようがないと考える人は多いですが、そんなことはありません。グループワークでも対策をして選考に臨むことはできますし、評価されるポイントを知っておくことで選考を有利に進めていくことができます。

グループワークはどのようなことが評価されるのか、どのような流れで進むのかを知っておくことが大切です。グループワークについての理解を深め、就活を攻略していきましょう。

グループワークでは就活生の本質部分を見ている

グループワークの対策を考えるためには、そもそもグループワークとはどんな目的で行われるものなのかを知っておく必要があります。さまざまな選考が行われている中で、なぜわざわざグループワークを行うのか、面接ではなくグループワークが行われる理由は何なのかを知ることが大切です。グループワークという選考そのものに対しての理解を深めることが、就活の攻略につながります。グループワークの目的やグループディスカッションとの違いを知って、理解を深めていきましょう。

選考でグループワークを行う目的としては、グループワークを行うことで、面接では見抜けない本当の姿が見えることが挙げられます。面接ではしっかりと対策をして臨む学生は多く、なかなか本当の姿まで見ることはできません。

面接官もどうにか素の部分を見ようとさまざまな努力をしていますが、それでも取り繕った姿しか見えないことも多いです。グループワークを行うことによってより多角的に就活生のことを判断できますし、学生同士で作業を行う姿を見ることで素に近い部分を確認することができます。

グループワークではその人の本質部分が見られていますので、評価の基準も厳しいと言えます。しっかりと対策をしておかなければ攻略することが難しい選考です。

グループディスカッションとは大きく異なる

グループワークを攻略する上で注意しておかなければならないのが、グループワークとグループディスカッションは別物だということです。似たような言葉で混同している人も多いですが、選考の内容は違いますし、評価される点も異なる場合が多いです。

グループディスカッションはディスカッション、つまり議論をする選考であり、議論を交わすことでグループ内で一つの意見をまとめます。対してグループワークはチームで協力しながら意見をまとめ、最終的にはプレゼンなどの形式で発表をすることが多いです。

グループワークは発表するために模造紙などで意見をまとめたものを作成するなど何らかの作業を行わなければなりません。話し合いで進めるか、何かを作って発表するかがグループディスカッションとグループワークの違いです。

ディスカッションについては資料でチェック

ここではグループワークの選考突破方法についてご紹介していきますが、ディスカッションが企業の選考フローに入っている人もいるでしょう。グループディスカッションについて攻略したい人におすすめするのが、「グループディスカッション」の資料です。

この資料では、有名企業が過去に出題したテーマを紹介するだけでなく、グループディスカッションの進め方や評価基準などを紹介しています。就活を始めたばかりでこれからグループディスカッションの対策をおこなう人は、まずは資料を手に取って有効活用してください。

関連記事

グループワークのタイプを把握する

グループワークにも、さまざまなタイプがあります。大きく分類すると作業型とプレゼン型に分けられます。作業型は参加者がチームを組んで目的の達成を目指す方法です。作業型だと企業側は個人個人のスキルをチェックできます。

プレゼン型はある問題について話し合った結論を発表する形式です。オープンディベートや、問題解決、選択型、ビジネス型などがあります。また、プレゼン型の場合、明確な答えは存在しないことが多いです。作業型は制作物という形として提出して発表するところがグループディスカッションと大きく違うところでしょう。

グループワークを考えるなら、プレゼン型か、作業型かまず見極めることが大切です。同時に企業が参加者に何を求めているのか考えるようにしましょう。

グループワークの課題例

グループワークで出される課題も複数あります。対策をしておけば大丈夫というものでもありません。また、作業型とプレゼン型でも問題は大きく変わります。グループワークの課題例として、パスタタワーなどが一般的に知られています。決められた本数のパスタをテープと紐を使い自立できるタワーをチームみんなで作るというものです。他に企業のPRポスター制作、限定された情報を元にして推測し地図を作っていくなどが代表的な課題例として知られています。

一方のプレゼン型で出される課題も多種多様です。また計算式のようにはっきりとした答えがない課題や問題が出されます。例えば、営業マンに必要な脂質とは何か、5つあげて理由を説明する、少子化の改善方法などがあげられるでしょう。

グループワークは時間の配分が大切

グループワークでまず行わなければならないのが時間配分です。作業型もプレゼン型も、最終的には目に見える結果を提出しなければなりません。ただ、そこには時間制限が課せられます。極端な話、時間配分をどうするのか話し合うだけでも時間が無くなる場合もあり、それでは本末転倒でしょう。

グループワークはまず時間配分を考えることが大切です。時間配分が上手にできれば、制限時間があったとしても、精神的な余裕も生まれることが多いため良い結果が出る可能性が高いです。

グループワークの流れ

グループワークの流れはどのようなテーマでも同じです。1番目は役割を決めます。2番目に時間配分、3番目にテーマや課題内容の定義を行います。4番目は解決方法についてのアイディアを出し合います。アイディアが出たら、それを整理しまよう。そして最終的に発表できる形にしていきます。

この流れが一般的です。制限時間が30分ならば、アイディアが決定するのに15分、そのアイディアを具体化させて発表するまでが15分という感じに次回配分を決めます。

また、グループワークで高評価を得ようと1人目立とうとするのはよくありません。人のアイディアをけなす場でもありませんし、相手を論破すれば高評価につながるというものでもありません。メンバー全員が良い評価を得られることを目標にしましょう。

話し合いスタート

それぞれの役割や時間配分などを決めれば、ようやく話し合いがスタートしますが、そこでもやらなければならないことがあります。話し合いがスタートしてからやることも大きく3つであり、①アイディアを出し合う、②アイディアを整理する、③結論を出すの、順番で作業を進めていきます。

話し合いを有効に進めていくためには、とにかくアイデアが必要です。考えられる限りのアイデアを出し、話し合いを活性化させていきます。アイデアが出れば、具体的にどの方向で話し合いを進めていくのか、アイデアを整理する必要があります。

グループワークは制限時間がありますので、適当なところでアイデアを整理することが大切です。アイデアを整理し、具体的な話を進めて結論を出して、発表につなげていきます。

成果物の作成・プレゼン

話し合いが終わり、グループ内で結論がまとまれば、次に①紙など指定の物にまとめる、②発表する、と進み、グループワークは終了になります。グループワークでは結論をまとめるだけではなく、それを面接官や場合によっては他の就活生たちにも発表しなければなりません。

発表の方法は企業の選考によって異なりますが、紙などにまとめて発表となることが多いです。発表するのは、話し合いの前に決めた発表者が行いますが、これも場合によりけりで変化します。企業によっては発表者を事前に決める場合もあれば、最後に全員で発表する場合もあります。

全員で発表するケースも多いので、どのように発表するのかも、成果物を作成しながらそれぞれが考えておくことが大切です。

グループワークで勝ち抜くポイント4つ

グループワークを攻略するためには、どのようなポイントが評価されるのかを知っておくことが大切です。ただ漠然と作業を進めているだけではアピールにはなりませんし、評価のポイントを意識しながら作業を進めていく必要があります。

グループワークの形はさまざまで、決まった正解はありませんが、評価されるポイント=一つの正解ではあります。グループワークではどのような点が評価されているのかを正しく知り、選考を有利に進めていきましょう。

①コミュニケーションを取る

グループワークではコミュニケーション能力があるかどうかが評価されています。仕事を進めていく上ではコミュニケーション能力は必須のものであり、面接でアピールする人も多いですが、グループワークで本当に能力があるかが分かります。

コミュニケーション能力の形はさまざまですが、企業で評価されるのはチームワークです。コミュニケーション能力を持ってチームワークを発揮できているかどうかが、評価のポイントになります。

チームワークが重要視されていますので、いくら発言が多くても独りよがりな人間は評価されないことを覚えておきましょう。とにかくたくさん発言すればいいのではなく、チームの意見を引き出しながら自身も発言をしていく必要があります。

②論理的に話す

論理的に話せるかもグループワークでは評価されるポイントの一つです。物事を端的に、論理的に話すことはグループワークだけではなく、面接でも求められることであり、業界、企業問わず社会人に必要な能力です。

仕事では報・連・相が大切にされており、それらを上手に実行するためには論理的に話せる能力が必要になります。自分にだけ分かる話し方をするのではなく、相手にも分かるように物事を整理して話せるか、考えることができるかがグループワークでも評価されています。

グループワークでは話し合いの中で議論が過熱することも多く、感情的にならず、他人にわかりやすくロジカルに話せるかが大切です。物事の筋道を立てて、分かりやすく話すことを意識して発言していきましょう。

③受け持った役割を果たす

グループワークでは話し合いの前にそれぞれの役割を決めてからスタートしますが、その役割を果たせているかも評価のポイントです。リーダー・司会、発表者、書記、タイムキーパーなどのさまざまな役割がありますが、役をすればいいのではなく、自分の性格に合った役をすることが大切です。

役割があった方がいいと考え、とにかく何らかの役を担当する人もいますが、これでは評価を勝ち取ることはできません。役割を担っていれば高得点になるのではなく、役割をきちんと果たしてこそ高得点に結びつきます。

役割をきちんと果たそうと意識しているかが大切であり、ただ役割を担っていればいいわけではありません。自身の性格を把握した上で、「これなら果たすことができる」という役割を選ぶことが大切です。

⑤対立する意見への対応

グループワークでは意見が分かれることも多いですが、対立する意見への対応も評価ポイントとして見られています。積極的に発言することは大切ですが、自分の意見を主張しようとするあまり、他人の意見を否定ばかりしていないかに注意が必要です。

グループワークはディベートではありませんので、対立する意見をねじ伏せてもプラスにはならず、むしろマイナスの評価になる可能性が高いです。対立意見を論破したり、自分の意見を無理に主張するのではなく、対立する意見をどのようにまとめるかこそが評価されるポイントだと覚えておきましょう。

企業で求められる協調性とは、対立する意見を取り入れて全体をいい方向に導くことですので、意見をはねのけず、取り入れる姿勢を見せることが大切です。

グループワークはポイントを抑えた者勝ち!

グループワークはその場でテーマが言い渡されますし、一緒に作業を行う学生も企業の選考によって違います。あったばかりの人としっかりと協力して作業を進めなければなりませんし、即興性が高い選考ではありますが、対策ができないわけではありません。

グループワークがどのように行われるのか、その流れを知っておくことで本番でもスムーズに動けます。評価されるポイントを知っておくことでも対策をすることができますし、事前にグループワークについての理解を深めておくことが大切です。

グループワークで学生の本当の姿を見ようと考えている企業は多く、油断はできません。しっかりと対策をしてグループワークについての理解を深め、選考を攻略していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ