自己PR

面接で自己PRする方法を例文付きで紹介|選考突破のためのポイントとは

面接では多くの場合で自己PRを聞かれる

採用するかどうかを決めるために、面接ではさまざまな質問をします。そのなかで、自己PRを聞かれることが多いです。自己PRってどうやってすればいいの?と悩む人も多いのではないでしょうか。

自己PRは多くの企業で問われるため、一度しっかりとつくっておくことで、他の企業でも使えます。自己PRをするためには、まず自分自身を知ることが必要です。自己PRは面接官に自分を知ってもらうための大切な情報です。自分を振り返りながら、考えていきましょう。

面接で自己PRを聞かれる理由

自己PRは長所や自分がこれまで経験してきたことから、自分にどんな強みがあるのかを伝えるものです。面接で自己PRを聞かれるのは、大きく2つあります。

1つめに、自己分析ができており、自分自身を理解しているかです。2つめが、この学生が入社後に会社でどう活躍するか?を見ているためです。では、具体的に説明していきましょう。

自己分析でき自分が理解できているか知るため

面接で自己PR聞く1つ目の理由が、自己分析でき自分が理解できているか知るためです。自己分析は、自分の長所や短所、向いているものや向いていないもの、好き嫌い、できることとできないことなど、自分のことを掘り下げる作業です。

自分のことが理解できていると、自分のやりたい仕事や、向いている仕事が理解できます。そうすると、面接で志望動機や長所や短所などをきちんと伝えることができます。

長所が実際の仕事に活かせるかを見ている

長所と自己PRの違いを明確に答えられますか?実は、長所と自己PRは役割が全く異なります。長所は「自分の良いところを客観的に述べること」、自己PRは「その長所に再現性があるか」を述べることです。面接官は、長所を聞くことによって「客観的に自分を評価することができるか」をチェックし、自己PRを聞くことによって「その長所を仕事にどのように活かすことができると主張しているのか」をチェックしています。
自己PRに良く使われる、忍耐力、真面目、優しいなどは、どの分野でも活かす事ができるような「再現性」があるかどうかを見ているのです。

抑えておくべき4つのポイント

①エピソードは一つに絞る

自己PRのエピソードは一つに絞りましょう。伝えておきたいエピソードがたくさんあるのは良いことですが、複数のエピソードをあげると全体的に内容が薄くなってしまうので、一つのエピソードを深掘りすることが大切です。

②独自性のある内容にする

面接官は大量の履歴書やESを見て多くの面接を行っているため、人材採用の専門家といっても過言ではありません。しかし新卒者側は、似通った面接マニュアルに沿ってトレーニングしている場合が多いのが現状です。そのため、自分自身で完璧な自己PRと思っていたとしても、面接官からすればありきたりな内容に感じてしまうこともあります。

そのため、ありきたりな文章にならないよう独自の主観を入れて独自性を高めることが大切です。面接マニュアルやトレーニングは最低限のマナーとして捉えましょう。

③抽象的な表現は避ける

抽象的な表現にならないよう注意しましょう。まず、自分で「企画力」「行動力」「探究心」「社交性」「指導力」という言葉をそのまま使ってはいけません。「私には探究心があります。」とだけ述べてもあまりにも抽象的過ぎるからです。また、「コミュニケーション能力が高い」「結果を出す事ができる」といった抽象的な長所や、「こういうところ」などの抽象的な表現も避けてください。「探究心がある」「コミュニケーション能力がある」「結果を出すことができる」かどうかを判断するのは面接官です。

その判断材料となる具体的なエピソードを面接官に提供することが大切です。例えば「〜という経験で多くの失敗をしたことから大切なことを学びました。それは〜」と表現すれば「試行錯誤できる=探究心がある」と評価してもらえます。

④企業で活かせる点も伝える

自分のことを分析した後は、さらに、企業でどのように活かすことができるのか?を考えてみましょう。そのために、企業がどんな人材を求めているのかをホームページなどで確認しておくことをおすすめします。例えば、企業の求める人材や能力が、「行動力のある人」だったら、自分が行動力のあることを伝える具体的なエピソードを面接で伝えるといいでしょう。

自己PRが書けない人必見!
ツールで効果的な自己PRを作成しよう!

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

自己PRの回答例5選

【回答例】

私の強みは素直な性格です。バスケットボール部に所属をしていた時、先輩や同期からの意見は全て自分の次なる成長に繋がると考え受け入れてきました。納得できない意見だった場合は相手の意図を汲み取ろうと努力をする事が重要と考え、理解しようと努力をしてきました。自分が成長し続けるには、他者の意見を素直に受け入れ吸収する事が最も重要だと考えています。仕事でも自分に素直に向き合い、成長し続けたいと思います。

【回答例】

私の強みは、好きな事に対して人の何倍も努力する所です。例えば私の所属したハンドボール部は365日のうち休日が10日しかない程大変でした。そんな中でも私は朝練には1番に到着し、帰宅後も自主練習をする事を自分の中でルール化していました。顧問の先生からは「チームの中で誰よも努力している」という評価を頂きましたが、私にとっては楽しいから継続ができただけであり、結果としてチームのエースになりました。仕事にも楽しさを見出す事で自主的な努力と共に成果を上げて貢献していきたいです。

【回答例】

私の強みは周りを巻き込んで目標に向かって努力ができる点です。私は4年間、飲食店でのアルバイトを続けていますが、現在はマネージャーという立場で働いています。自分一人だけでなく、他のバイトメンバーやお客様も一緒になって「食事を時間を楽しむ」事を目標にしていました。マネジメントという観点で考えた時、周りを巻き込んでいける自分の影響力を仕事にも活かしていけるのではないかと考えています。

【回答例】

目標に向かってストイックに取り組む事ができます。大学で所属している野球部では、選手として期待されていなかった悔しさを糧に、チームメイトよりも2倍努力する事を決意しました。自主練習メニューや休日の過ごし方まで全てを改善した結果1年後にはレギュラーとして試合に出場する事ができました。社会に出ても、目標に向かって努力を惜しまずストイックに取り組む姿勢を貫きます。

回答例

私の強みは目標を達成する行動力です。バスケットボール部に所属しており、試合で30点以上得点を入れるという目標を掲げました。毎朝シュート練習をし、部活が終わった後もシュート練習をしていました。さらにシュートの上手な先輩に上手くできるコツを教えてもらい、練習を続けました。そして、次の試合で30点以上得点を入れることができました。仕事でも、目標を達成する行動力を活かして、自分のできることをどんどん増やしていきたいです。

 

上記の回答例には共通する点があります。まず、学生時代の具体的なエピソードには、「目標」「行動」「実績」が述べられており、その内容は「客観的な自分の長所」を総合的にアピールしています。また、しっかり「自分独自の考え」も含まれていることからオリジナリティのある内容になっています。さらに文末では、その長所を仕事に直結させ「再現性のある自己PR」に昇華させていることで、面接官に採用後の具体的なイメージを持ってもらうことに成功しています。

いずれも短い文章の中に、これまで述べてきた大切なポイントが凝縮されていてとても簡潔ですね。また、自己PRは20秒程度で回答するとお互い不快感なく終える事ができるのでぜひ実践してみて下さい。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

面接での自己PRは例文を参考にポイントを押さえ回答をしよう

自己PRは1つか2つに絞り込んで伝えましょう。自分の強みや経験をたくさん詰め込み過ぎると、自分が伝えたかったことが伝わらなくなってしまいます。

また、「この人は何を伝えたいのだろう?」と面接官に良くない印象を与えてしまうこともあります。自己PRの回答時間も、長い時間話すのではなく、2~3分程度にするといいでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ