身だしなみ

就活生がシャツを着るときのボタンの扱い方|クールビズの対処法

就活ではシャツのボタン1つにも気を配る

就活は細かい点まで身だしなみが評価されていますので、シャツのボタンにまでこだわりを持つことが大切です。身だしなみは評価を決める重要なポイントであり、見た目の印象だけで第一印象のほとんどが決定します。

一度ついてしまった印象は覆すことが難しく、特に第一印象は面接などの短時間では、大きくは覆らないものと考えなければなりません。就活を攻略するためには、いかに第一印象で好印象を与えられるかが重要であり、身だしなみは細部まで徹底することが大切です。

シャツのボタンは見落としがちですが、実は非常に重要なポイントであり、ここで失敗する人も少なくありません。シャツのボタンについては、知っておくべきことが多くあるため、正しいマナーを身に付けて、身だしなみから好印象の獲得を目指しましょう。

就活のシャツのボタンの基本

シャツのボタンについて細かいマナーを理解するためには、まずは基本的な部分から理解を深めていきましょう。就活では着こなしのマナーが細かく決められており、それが守れていなければマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いです。

身だしなみからいかに好印象を与えられるかが、就活を攻略するポイントです。印象や評価を決定する上では、基本的な部分は非常に重要であるため、シャツのボタンについても基本のマナーを理解しておきましょう。

第一ボタンは留める

ボタンの色や形状など、シャツによって細部は違っていることが多いですが、どんなものでも第一ボタンは必ず留めるのがマナーです。これは男女ともに言えることであり、ネクタイの有無は関係ありません。

基本的にはネクタイをしない女性でも、第一ボタンは留めるのが基本であり、ボタンが開いているとだらしない印象を与える可能性もあるので注意しましょう。また、男性の場合ネクタイは必須であり、ネクタイをきつく締めれば、第一ボタンは見えなくなります。

しかし、この場合でも第一ボタンは必ず留めておかなければならず、ネクタイを締めていてもボタンが開いていると印象が悪くなってしまいます。第一ボタンを留めているかどうかは、よく見れば分かってしまうため、すべて留めてからネクタイを締めましょう。

女性の場合はスキッパーカラーなどの留めないタイプもある

シャツにはさまざまな種類があり、女性の場合は普通の襟シャツの形をしたシャツカラーと首元が少し開いたスキッパーカラーがあります。スキッパーカラーは、そもそも首元が開いており、普通の襟シャツのように、首元近くの第一ボタンに該当するボタンがありません。

そのため、スキッパーカラーに関しては首元が開いていても問題はなく、着こなしとしてはOKとされています。ただし、その下のボタンについては留めておかなければならず、あまりに胸元がはだけていると、だらしない印象を与えてしまうので注意しましょう。

スキッパーカラーは首元が開いていてすっきりしている分活発な印象を与えやすいのが特徴です。シャツカラーだと真面目な印象、スキッパーカラーは活発な印象と、与えたい印象ごとに使い分けることが大切です。

ボタンダウンはNG

シャツの中には襟元にボタンがついたデザインがあり、これはボタンダウンシャツと言います。ボタンダウンはスーツ売り場などで普通のシャツと一緒に売られていますが、これを就活で着用するのはNGです。

ボタンダウンはデザインそのものがカジュアルなため、フォーマルな着こなしが求められる就活ではふさわしくありません。第一ボタンまできちんと留めていたとしても、ボタンダウンシャツを着ていれば、それだけでマイナスの印象を与えるので注意しましょう。

ボタンダウンは、ネクタイをつけずに着用できるシャツであり、基本的にはカジュアルなシーンで着用するシャツです。ボタンダウンでも、ネクタイをつけることはできますが、それでもカジュアルな印象には変わりないので注意しなければなりません。

第一ボタンがきつい場合

就活のシャツは第一ボタンを留めるのが基本ですが、人によっては第一ボタンまで留めると、首元が苦しいという場合もあります。首元が詰まってしまう場合は、長時間ボタンを留めておくのはしんどくなり、場合によっては気分が悪くなることもあるので注意しなければなりません。

第一ボタンがきつい場合は、できれば開けておきたいと思う人は多く、男性であれば開けたままネクタイをしているという人も多いでしょう。しかし、第一ボタンはきつくても留めなければならないので、別の対処法を考えなければなりません。

シャツのサイズが合っていない

第一ボタンがきつい場合は、そもそもシャツのサイズが合っていない可能性が高いです。慣れていないと一番上までボタンを留めると窮屈に感じることは多いですが、それでもきつく、苦しいと感じることはほとんどありません。

どれだけ着ていても一向に慣れる様子がないなら、シャツのサイズから見直すことが大切です。シャツのサイズにはさまざまな種類があり、既製品でもサイズ展開は非常に多いです。スーツ売り場などでシャツを購入する場合、店員さんに採寸してもらい、より自分の体型に合ったものを見つけるようにしましょう。

もちろん、どうしても合わない場合はオーダーメイドとなりますが、基本的には既製品でも探せば見つかります。シャツのサイズを見直し、少しでもゆとりのあるものを着て、きちんと第一ボタンまで留めましょう。

襟の形にも注目

第一ボタンを留めるときつく感じるのであれば、襟の形を見直すことも大切です。シャツの襟の形にはさまざまな種類があり、男性はレギュラーカラーとワイドカラー、女性はシャツカラーとスキッパーカラーに分けられます。このうち首元に余裕を持ちやすいのが、ワイドカラーとスキッパーカラーです。ワイドカラーは襟の形がやや横広がりになっており、首元にも余裕を持たせたやすいつくりになっています。

体格のいい人向けですので、レギュラーカラーを着ているのであれば、ワイドカラーに見直してみるといいでしょう。女性のスキッパーカラーは、そもそも第一ボタンを留めなくていいものであるため、きつく感じることはありません。それぞれサイズも気にしながら、襟の形も選び直しましょう。

クールビズではボタンは開けるのか

クールビズではボタンは開けるのか

選考は夏場に本格化するため、選考時の服装としてクールビズを指定されることも多いです。クールビズの場合は、通常時とは違って軽装で臨むことができるため、より涼しい状態で選考が受けられます。

しかし、軽装といっても最低限のマナーは守らなければなりません。クールビズと通常時のマナーは違いも多いため、マナーを正しく把握しておくことが大切です。クールビズの場合はシャツのボタンはどうすればいいのかを知って、正しい着こなしを身に付けておきましょう。

クールビズでも第一ボタンは留める

クールビズ=軽装というイメージですので、第一ボタンについても開けていいのではないかと考える人も多いでしょう。しかし、実際には軽装とは言え、フォーマルさを意識しなければならず、就活におけるクールビズは単にジャケットを脱いだ状態と規定されることがほとんどです。

通常時のマナーと同様に、基本的には第一ボタンはしっかりと留めておかなければなりません。ボタンを開けているとだらしなく見えてしまい、マイナスの印象を与える可能性が高いので注意しなければなりません。クールビズといっても、完全に軽装でいいわけではありませんので、第一ボタンはしっかり留め、フォーマルさを意識しなければならないことは理解しておきましょう。

ノーネクタイなら開けていい場合もある

クールビズといっても企業によって規定は違っており、ノーネクタイでもOKとしていることもあります。クールビズでも第一ボタンは留めるのが基本ですが、ノーネクタイの場合は、ボタンを開けていてもいい場合もあります。ただし、ノーネクタイでも第一ボタンは留めなければならないこともありますので、企業ごとに着こなしを変える工夫は必要です。

ノーネクタイといっても第一ボタンは留めるのが普通なため、基本的には留めておいたほうが間違いはないでしょう。企業の人から開けてもいいと促されれば開けても構いませんが、無理に開けなければならないわけではありません。第一ボタンを留めていて印象が悪くなることはありませんので、ネクタイの有無に関係なく、留めておくのが無難と言えるでしょう。

第一ボタンは留めて就活に臨もう

就活ではシャツのボタンにまで注意を払うことが大切であり、細かいマナーもたくさんあります。スーツをきちんと着こなすには、徹底しなければなりません。覚えておくべきことはたくさんありますが、もっとも重要なのは、就活では基本的には第一ボタンは留めるということです。

身だしなみは細かくチェックされているため、ボタンなどでも油断してしまうと、印象は一気に悪くなってしまいます。就活を攻略するには、油断せずに細部まで徹底することが大切です。きちんとした着こなしを心がけるためにも、第一ボタンは留めて就活に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ