身だしなみ

【就活カバンの選び方】選ぶ時のポイントや適さないタイプを紹介

就活では服装に適したカバンにする

就活ではスーツや靴などを揃える必要がありますが、カバンも就活用にそろえるもののひとつです。

「就活にしか使わないものだから適当でいいや」と、考えも無しに購入してしまうと、後悔してしまうかもしれません。

カバンによっては、面接官の印象が悪くなり、マイナスの評価に繋がってしまうこともあるでしょう。明確な基準はありませんが、スーツや革靴と同様に、カバンにも就活に適したものがあります。

この記事では、就活に適したカバンの選び方をご紹介します。

就活カバンの選び方

「カバン」と一口に言っても、その種類は数えきれないほどあります。色や大きさ、形、素材などによって、そのカバンに適したシチュエーションは異なります。就活のカバンを選ぶ場合は、デザインだけでなく、使いやすさや面接官に与える印象も重視しましょう。

面接で見られているのは、エントリーシートや履歴書、質問への回答だけではありません。立ち居振る舞いなどの態度はもちろん、服装やカバンまでチェックされているのです。

それでは、どのようなカバンが就活に適しているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

色:黒が無難

スーツや革靴で黒色を選ぶのと同様に、就活カバンも基本的には黒を選びましょう。赤や紫といった派手な色はもちろんのこと、灰色やこげ茶などといった暗めな色であっても、就活カバンには適しません。

就活生の多くが、黒色の就活カバンを使用しています。その中で他の色のカバンを使っていると、どうしても目立ってしまいます。

この場合「個性的」「おしゃれ」というよりも「悪目立ち」や「非常識」と捉えられることが多いでしょう。

また、黒はビジネスのどんなシーンにも使える無難な色なので、就職した後も使えるというのも、黒色のカバンを選ぶ大きなメリットといえます。カバンの色ひとつで、面接官からの評価が悪くなってしまうのはもったいないです。

サイズ:A4の書類が入る

ビジネスバッグというと、横長の長方形というイメージが強いと思われますが、それには理由があるのです。ビジネスの場において、会議をする時や商談をする時にも、書類を使用することがあります。その書類の多くはA4サイズで作られており、重要な書類ほど折らないように持ち運ばなければなりません。

そのため、横長で長方形の、A4サイズの書類を折らずに入れられるカバンを使う人が多いのです。これは就活にも言えることで、エントリーシートや履歴書なども、A4サイズが主流です。企業説明会などで配布される資料に関しても、同様のことがいえます。そのため、就活カバンはA4サイズの書類が入るものが好ましいといえるでしょう。

形:自立する

「自立する」とは、壁や椅子といった支えがなくてもカバンが立つことを指しています。普段使いのカバンであれば、自立するかどうかを考える人は少ないでしょう。

しかし、就活の場面では、床にカバンを直置きすることが多くあります。面接では特にその傾向が強いといえるでしょう。

そんな時、自立しないカバンを使っていると、カバンを椅子の足に寄り掛からせることになります。当然ながら不安定な状態となりますので、面接中にカバンが倒れてしまうこともあるでしょう。

倒れるたびに直していては不格好ですし、慌ててしまう原因にもなってしまいます。落ち着いて面接を受けるためにも、就活用のカバンは自立するものを購入するようにしましょう。

素材:撥水加工がしてある

就活中は、エントリーシートや履歴書など、重要な書類を持ち運ぶことが多くあります。企業説明会に参加する場合にも、たくさんの資料をカバンに入れることになります。

また、空いた時間にエントリーシートを書いたり、企業情報を調べたりするために、タブレットやノートパソコンを持ち運ぶ人も多いでしょう。

特に、エントリーシートや履歴書は、面接官に見てもらうための書類です。そんな重要な書類を濡らしてしまうと、面接官にマイナスの印象を与える可能性が高いです。「実際に仕事をする上でも重要な書類を雑に扱う人間なのかな」と思われてしまうでしょう。

就活カバンには、特に中身が濡れにくいファスナー付きタイプの、撥水加工が施されたカバンを選ぶようにしましょう。

おすすめの就活カバン

ここまで就活におすすめなカバンの選び方を紹介してきました。

「色」や「サイズ」など、先ほど紹介した4つの点をクリアするカバンを選ぶことができれば、就活にも問題なく使用できるでしょう。
しかし、中には具体的にどんなカバンがいいのか知りたい方もいるのではないでしょうか。

ここからは、数ある就活カバンの中でも、特におすすめなカバンを紹介します。
就活カバン選びに迷ったときや、近くに就活カバンが売られていない場合には、こちらのカバンも選択肢に入れてみましょう。

男性の就活カバン

男性におすすめの就活カバンは、撥水加工がついたものや、ショルダーベルト付きのものです。撥水加工がついていると、雨の日でもカバンの中身が濡れることなく、書類や荷物を守れます。

また、ショルダーベルト付きで取り外しが可能なものなら、肩掛けとしても手持ちカバンとしても使えます。利便性が高く、取り外しのできるショルダーベルトは便利であるため、手持ちか肩掛けかで悩んでいる人にもおすすめでしょう。

また、ファスナー開閉の口が広いものだと、物の出し入れがしやすくさらに便利です。収納機能やデザイン性の高さも注目したいポイントであるため、これらの点をチェックしながら、おすすめのカバンをみていきましょう。

①洋服の青山:ビジネスバッグ

洋服の青山では、上記で上げたおすすめポイントである、撥水加工やショルダーベルト付きのバッグを取り扱っています。

ビジネスバッグ【撥水加工】【ショルダーベルト付】 (STMR1A010)は9,900円と決して安くはありませんが、素材がしっかりしているため、毎日就活で使用しても、形崩れすることなく使えます。

②タケオキクチ:ビジネスバッグ ジゼルII 

撥水加工がされており、雨の日でも安心して使える点が、「タケオキクチ」の「ビジネスバッグ ジゼルII 」の魅力です。撥水加工がされているだけではなく、軽量の素材を使用しているため、持ち運びがしやすい点も特徴でしょう。

また、表面には光沢があり、デザイン性が高く、高級感がある点も魅力です。A4サイズでファスナーの間口が広く、物の出し入れがしやすい点も優れています。手入れがしやすい点もおすすめのポイントであり、ナイロン素材と牛革を使用しています。

革ならではの高級感を残しつつも、手入れのしやすいナイロン素材であり、長持ちさせやすいでしょう。また、収納機能も優れており、外側の全面と背面にポケットがひとつずつ、内側にはポケットとペン刺しが2つ、仕切りが動かせるファスナーポケットがひとつついています。

女性の就活カバン

女性用のカバンは、ファスナーが広く、物の出し入れがしやすいものがおすすめです。また、持ち運びのしやすさを考えるなら、ショルダーベルト付きで、かつ取り外し可能なものがよいでしょう。

ファスナーの間口が広いことで、荷物を出し入れしやすくなり、選考時など採用担当者に書類などを渡す際にもスムーズです。取り外しが可能なショルダーベルト付きだと、肩掛けカバンと手持ちカバンの両方で使用できるため、さらに利便性が上がります。

また、女性用のカバンは就活やビジネスなどのフォーマルなシーンだけではなく、プライベートでも使えるものが多いでしょう。シンプルなデザイン性のものを選ぶことで、幅広いシーンで利用できるためおすすめです。

①洋服の青山:ミニポーチ付きトートバッグ

洋服の青山の【3層】【ミニポーチ付き】【A4ファイル対応】トートバッグは、女性向けの機能が充実している就活カバンです。バッグ内部のファスナー部や、付属のポーチにハートのチャームがついており、目立たないながらも可愛らしいデザインとなっています。

また、手に持てるサイズのエチケットミラーも付属しており、化粧やヘアスタイルが崩れた時にもすぐに対応可能です。

バッグ内部は3層構造となっており、持参する書類や企業から配布された書類などを簡単に仕分けることができます。ペットボトルホルダーも搭載しており、ペットボトルを入れない時にも折り畳み傘入れとして使用可能です。ポーチと合わせて、どうしても持ち物が多くなりがちな女性に配慮した、使い勝手の良いカバンだといえるでしょう。

②NUBILY:ビジネスバッグ レディース トートバッグ

ベーシックなフォルムで、さまざまなシーンで活用できる点が、「NUBILY」の「ビジネスバッグ レディース トートバッグ」の特徴です。落ち着いた色味でフォーマルなシーンはもちろん、シンプルなデザイン性からプライベートでも使えるでしょう。

ファスナーの開きは大きく、物をスムーズに出し入れやすいです。また、ショルダーベルト付きで、取り外しができます。ベルトの長さの変更も可能であり、自分に合った長さに変えることで、より持ち運びがしやすくなるでしょう。

カバンの底には鋲が4つついており、床に置いても自立します。また、底面を傷や汚れから守れる点も魅力のひとつであり、カバンの裏まできれいな状態を保ち、長持ちさせたい人におすすめでしょう。

就活に適さないカバン

カバンを選んで購入するのではなく、今持っているカバンを使用して就活を乗り切ろうと考えている人もいるのではないでしょうか。もちろんそれでも大丈夫ですが、カバンの中には就活に適さないものももちろん存在します。

そこで、就活に適さないカバンについてもまとめました。ここで紹介しているカバンで面接を受けてしまうと、面接官に与える印象が悪くなってしまうことも考えられるため避けることをおすすめします。

ハイブランドのカバン

誰もが知っているような有名ブランドのカバンは、就職活動中には向いていません。高級ブランドのカバンはロゴや光沢で、面接官が見てもすぐに分かるはずです。

面接では、身なりに高いお金をかければいいというわけではありません。

学生が必要以上に高級なブランドのかばんを持っていると、金銭感覚が一般的ではない、他の人との協調性がない、などマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

悪い意味で目立ってしまうこともあるので、ハイブランドのカバンをわざわざ就職活動で使うことはおすすめしません。 もしお気に入りのブランドのものを使いたいと思うのなら、ロゴマークやブランドの名前が目立たないようなシンプルな物を使うようにしましょう。

エコバックのようなキャンバストートバック

普段の買い物に使うようなエコバッグは、就職活動には不向きです。荷物がたくさん入り、使い勝手は良いですがビジネスのシーンでは使えません。 キャンバストートバッグは、布でできているので柔らかく、ペラペラとした印象があります。

そのようなカバンを持っていると、ビジネスマナーを理解していないのかと思われてしまうこともあります。選考試験に対して、やる気が感じられないと考える面接官もいるでしょう。

そもそも、スーツを着ている時にキャンバストートバッグを使っている人はいないと思います。入社前の学生だからといっても、面接はビジネスの場です。仕事をするのにふさわしい身だしなみを心がけましょう。社会人の常識として考えられる範囲を守るようにしてください。

アウトドア用リュック

リュックサックは、基本的にビジネスシーンには向いていません。ビジネス用のリュックを使っている社会人もいますが、企業によってはカジュアルすぎてNG と考えているところもあります。最近では、リュックサックでも手持ちカバンや肩掛けカバンとしても使えるものがありますが、就職活動中に使うカバンとしてあえて選ぶ必要はないでしょう。

特に、銀行や官公庁、教育関係、医療関係の企業ではマイナスのイメージを持たれる可能性があります。アウトドア系のリュックは、荷物がたくさん入るように大きめに作られていることが一般的です。

就職活動中に、大きなリュックを背負っていると目立ってしまうこともあります。 学生気分が抜けていない、常識を守れないなどと思われないためにも、一般的に使われているビジネスバッグを選ぶ方が無難です。

ビジネス用のリュックであればOKな企業もある

企業の中にはビジネス用のリュックであればOKとしている企業もあります。男性用にはビジネスシーンでも使える落ち着いた色のシンプルなリュックが数多く販売されています。最近は、自転車を利用して通勤する人も増えてきているので、ビジネスで使えるリュックは人気です。

また、リュックが手持ちカバンとして使えるものならば、普段はリュックとして使っていても、就職活動中は手持ちのカバンとして使うのなら問題ありません。もし、就職活動でリュックを使用する場合には、黒や紺など地味な色で革製のものを選ぶようにしましょう。企業によってリュックがOKかどうかの考え方も違うので、どちらか迷ったら無難なビジネス用の手持ちカバンを持つと良いでしょう。

就活カバンはマナーを守った扱いやすいものを選ぼう

就活では、カバンも必需品です。面接や企業説明会といった、内定に関わる重要な場面でも使用するものであり、就活が本格化する前に用意しておくべきものでしょう。

志望する業界にもよりますが、就活用と割り切って安いものを購入するのも、「社会人になってからも使うから」と高くても良いものを購入するのも自由です。

どちらにせよ、使いやすくて就活の場にふさわしいカバンを選ぶことが重要です。プライベートではどんなカバンを使っても自由ですが、就活ではカバンひとつで面接官からの印象が変わってしまうこともあります。就活では、マナーを守った機能性の高いカバンを使用しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ