面接対策

リラックスする方法8つ|ストレスや面接の緊張を和らげる方法を紹介

疲れを癒すためにリラックスする方法を知っておこう

就活はハードに動き回り疲れがたまることも多いため、上手にリラックスする方法を知ることが大切です。疲れを取りながら就活に取り組むことで、すっきりとした状態で選考にも望めます。

また、緊張によるストレスも多いため、乗り切るには上手なオンオフの切り替えも大切です。緊張しっぱなしではすぐに疲れてしまい、実力の発揮も難しくなってしまいます。また、面接前にリラックスし、緊張ほぐして選考の望むことも大切です。リラックスする方法を知り、ハードな就活を上手に乗り越えましょう。

自宅でできるリラックスする方法8つ

就活を攻略するには、オンオフの切り替えをおこない、しっかり癒しを得ることが大切です。就活は肉体的にも精神的にも消耗が多いため、家でいかにリラックスできるかが秘訣です。家にいるだけでも緊張から解放されてリラックスできますが、さらにリラックス効果を高める方法はさまざまあります。簡単にできるリラックス方法も多いため、自宅でのオフの時間を上手に使って疲れをしっかり癒しましょう。

①お風呂にゆっくりつかる

疲れがたまっているときは、お風呂にゆっくりと浸かりましょう。忙しい日が続くとシャワーだけで済ませてしまう人も多いですが、シャワーと湯船につかるのでは、疲れの取れ方がまったく違います。お風呂に浸かり体を温めることで、血流をよくし体の疲れも解消できます。

また、ゆっくり体を中から温めると気持ちを落ち着けられます。長く浸かるには、ぬるめのお湯で半身浴をするのがおすすめです。半身浴なら体を内側からゆっくり温められ、汗をかくことでさらにリフレッシュ効果が高まります。代謝がよくなると血流はさらによくなり、疲れづらい体を手に入れられます。

②お気に入りのアロマをたく

嗅覚を使ったリラックス方法もおすすめです。お気に入りのアロマをたくと、気持ちを落ち着かせられます。匂いによって得られる効果は違いますが、基本的には自分が好きな匂いならどのようなものでも構いません。好きな匂いを嗅ぐことで幸福感を得やすく、副交感神経も有利になるため、リラックスできます。

また、自分の好きな匂いがよく分からない場合は、リラックス効果のある香りを選ぶといいでしょう。香りによって効果は違うため、用途合わせて使い分けたり、日によって変えたりするのもおすすめです。アロマは眠っている間にも効果を発揮し、匂いによっては安眠効果をもたらすものもあります。お気に入りの匂いなら、嗅いでいるだけでリラックス効果を得られるためおすすめです。

③好きな音楽を聴く

好きな音楽を聞くのも、リラックスする方法としておすすめです。音楽の種類は関係なく、自分の好きなものなら何でも構いません。一般的にはクラシックがリラックス効果が高いとされていますが、好きな音楽ならクラシック以外でもリラックス効果は得られます。音楽のジャンルや曲によってどのような効果が得られるかは違うため、気分に合わせて選曲を変えるのもおすすめです。

例えば気分を上げたいならアップテンポ、ゆったりと落ち着きたいならミドルやバラードなどを聞くと、より高いリラックス効果を得られるでしょう。音楽は気分を左右しやすいため、緊張やストレスが高まっているときに聴くのもおすすめです。自宅でもイヤホンをすることで、周囲を気にせず音量を上げて音楽を楽しめ、ストレス発散にも繋がるでしょう。

④温かい飲み物を飲む

温かい飲み物をゆっくり飲むのも、おすすめのリラックス方法です。温かい飲み物を飲むことで内側から体が温まりリラックス効果が得られます。反対に冷たい飲み物を飲んで体を冷やしてしまうと、気が立ってしまう可能性もあるため注意が必要です。また、冷たい飲み物ばかり飲んでいると、お腹も悪くなりやすく、体調を崩す恐れもあります。

温かい飲み物ならお腹にも優しく、かつリラックス効果もあるため、ストレスがたまっているときや体調不良のときにもおすすめです。温かい飲み物なら何でも構いませんが、疲労回復も考えるなら、甘い飲み物がいいでしょう。ホットミルクやホットココアがおすすめです。

⑤ゆっくり寝る

睡眠は体を休める基本であり、精神的な疲労を取り除くためにも大切です。就活中は常に忙しいスケジュールで動き回らなければならず、履歴書の締め切りに追われて徹夜もあるでしょう。徹夜が続くとストレスや疲労もたまりやすいという悪循環に陥るため、一度ゆっくり休んで、体力回復を図ることが大切です。しっかり睡眠を取ることは疲労回復になるだけではなく、ストレス解消にも繋がります。

なかなか眠れない場合でも、目をつむって横になっているだけでも疲労は回復でき、リラックスできるでしょう。より高いリラックス効果を得るなら、他の方法と併用するのもおすすめです。ゆっくりお風呂に入り、好きな香りに包まれながら温かい飲み物を飲んで就寝準備をすると、質の高い睡眠ができるでしょう。

⑥頭皮マッサージ

ストレスが溜まると、自律神経が乱れてしまい副交感神経が上手く働かない状態になります。このようなときには、気軽にできる頭皮マッサージをおすすめします。頭皮マッサージは手軽にできて毎日でも続けられるという点が魅力です。頭皮マッサージは、運動をすることと同じ血行を良くする効果が期待できます。ストレスにより筋肉に溜まった疲労物質も、血行が良くなると、その疲労物質を押し流してくれますので、身も心もスッキリします。

また、リラクゼーション効果もあるヘッドスパは、呼吸と心拍を整えて緊張をほぐしてくれます。緊張がほぐれると副交感神経優位の状態が作られ、自律神経が整うという状態になるのです。また、免疫力も高まりますので、ストレスが溜まりにくい体・風邪をひきにくい体、を手に入れることが可能になります。

⑦緑を見る

人間は1日中室内で過ごしたり、ビルの多いところばかりで毎日を過ごすときれいな景色や緑の多い場所でのんびりしたい、と感じることが多くなります。緑は目で見てもリラックスしますし、自然の空気の良い場所で深呼吸をするとさらに気分爽快ですね。また、最近は学生でも就活用の書類を作成は、パソコンなどのOA機器を使い目を使うことが多いでしょう。

パソコンの画面を長時間見ていると、目が疲れ頭痛や首のこりなどにも繋がります。このようなときには、遠くにある緑をみて目を休ませると、気分転換になり目を休めることができます。近くに木々や公園がない場合は、部屋の中に観葉植物を置くなどインテリアに工夫をするなどしてみましょう。ストレスが溜まってきたな、と感じたら緑を意識的に見てみてはいかがでしょうか。

⑧窮屈な洋服を脱ぐ

就活中は、男女ともにスーツで企業訪問をするなどきっちりとした服装で過ごすことが多くなります。男性の場合は、ネクタイをきちんと締めますので首回りが常に締め付けられた状態です。また女性の場合は、高さのあるヒール靴を履くなど、学生生活と比べると窮屈な服装で毎日過ごします。また、夏の暑い時期など、大量の汗をかく季節には、特にこのスーツで出歩くことがストレスになることも多くなります。

服装面に関しては、会社訪問の後、次に訪問する企業の予定が入っていないならば、上のジャケットを脱ぎ、動きやすい服装にする方法をおすすめします。また、事前に着替えの服装を準備していき、面接後に別の場所で着替えをしてしまうという方法もあります。このよういストレスが溜まりやすい面接に時期には、オンとオフの使い分けを服装面でも上手くできるようにしてみましょう。

面接の緊張をほぐすリラックスする方法

面接直前の緊張は、どれだけ場数を踏んでも完全に取り去ることは難しいです。緊張度の高い場面であるため、完全にリラックスできなくて当然であり、多少の緊張なら問題ありません。しかし、過度に緊張してしまうと本来の実力を発揮できなくなるため、リラックスして緊張をほぐしてから臨むことが大切です。面接前の限られた時間でも、リラックスする方法はあるため、面接前に試して緊張をほぐしましょう。

深呼吸する

深呼吸は簡単にできるリラックス方法であり、緊張もほぐせるため、面接前にもおすすめです。面接で緊張していると呼吸が浅くなりやすく、酸素が不足していることもあります。酸素不足の状態だと脳に回る血流が弱くなってしまうため、冷静な判断ができず、余計に緊張しやすいです。

意識的に深い呼吸をすると脳に十分な酸素を回し、冷静な思考力を取り戻せます。呼吸に集中すると緊張も感じづらくなるため、緊張したときこそ深呼吸をして冷静さを取り戻しましょう。

笑顔をつくる

緊張しているときこそ、意識的に笑顔をつくりましょう。おすすめなのが、笑顔の自分を鏡で見ることです。面接前にトイレに行き、鏡の前で笑顔をつくって緊張をほぐしましょう。笑いながら怒ったり悲しんだりすることが難しいように、表情と感情はリンクしています。

緊張して暗い表情をしていると、余計に気持ちも暗く後ろ向きになり、失敗が頭に浮かんで緊張しやすくなります。意識的に笑顔になることで気持を盛り上げることができ、成功もイメージしやすいです。また、笑顔を見ることで前向きな気持ちになりやすく、これは自分の笑顔でも効果があります。緊張していると表情が固まってしまうため、直前に笑顔をつくって表情を動かしておきましょう。

目を閉じる

目を閉じるだけでもリラックス効果は得られます。リラックスするための基本は、「副交感神経を刺激すること」であり、逆に言えば交感神経をいかに刺激しないかが重要です。交感神経は五感を刺激することで活性化され、何かを見るだけでも興奮は高まってしまいます。

目を閉じると、五感の情報のひとつが遮断されます。刺激の度合いが弱くなることで別の感覚に集中しやすくなり、リラックスもしやすいです。目を閉じた際に深呼吸をして呼吸のリズムに集中すると、より高いリラックス効果が得られておすすめです。緊張した状態が続くと緊張に集中してしまい、さらに緊張するという悪循環に陥ります。緊張意識しすぎないことが大切なため、情報をシャットアウトして別のことに意識を向けましょう。

リラックスする方法を試して疲れを癒そう

就活は忙しく動き回らなければならず、連日複数の企業に訪問することも珍しくありません。また、常に緊張状態にあるため余計に疲れやすく、履きなれない革靴やパンプス、窮屈に感じるスーツによって、普段の倍以上疲れることもあるでしょう。就活はハードなものであるため、疲れやストレスを感じるのは仕方のないことです。

問題はそれらといかに向き合っていくかであり、上手に疲れやストレスを癒し、リラックスして就活を続けることが大切です。自宅から面接前まで、幅広いシーンでリラックスはできます。オンとオフを切り替えながら上手にリラックスする時間を作り、疲れを癒しながら就活を進めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ