面接対策

風邪で面接に参加する際の注意点|辞退する場合の連絡方法もご紹介

面接当日に風邪を引いてしまった

就活中は肉体的にも精神的にもハードな日々を過ごさなければならないため、疲労が溜まって面接当日に風邪を引いてしまう人もいるでしょう。風邪を引いたならおとなしく休むことが大切ですが、選考のチャンスは1回きりで、これを逃すと憧れの企業へ就職できなくなります。そのため、風邪を引いてでも面接に参加する人もいるでしょうが、これには注意が必要です。

風邪を引いた状態での面接の参加は、自分だけではなく周囲の人にも影響します。無理をして参加することで、余計に悪い状態に陥ることもあるため注意が必要です。面接当日に風邪を引いた場合はどのように対処すべきなのか、体調不良時の対応方法を知っておきましょう。

風邪を引いた場合は面接に参加しない

風邪を引いた場合は面接に参加しない

結論から言えば、風邪を引いた時は、無理に面接に参加しないことが鉄則です。風邪に限らず、体調不良ならしっかり休んで、完治してから出社するのが基本的な考え方です。これは就活でも同じで、風邪を引いたなら面接には参加しない、参加するなら体調をきちんと整えてからだと考えましょう。体調不良で無理に参加してもいいことはなく、むしろマイナスに働くことが多いため注意が必要です。

周囲の人に迷惑がかかる

風邪を引いた状態で面接に参加しないのは、自分の体を気遣うことはもちろん、周囲の人に迷惑をかけないためでもあります。風邪は飛沫感染することも多く、場合によっては面接会場にいる人に感染させてしまうこともあります。他の学生にも、選考に支障が出る可能性があるのです。

体調不良で自己判断で面接に参加すると、単なる風邪ではなく、インフルエンザのように重大な感染症だったというケースもあります。体調不良で参加すると、ウイルスをばらまいて多くの人に迷惑をかけるため、欠席するのがマナーと考えましょう。

無理をして悪化する恐れがある

風邪の程度にもよりますが、たとえひどい状態にあっても、根性でどうにか出席できる場合はあるでしょう。しかし、風邪を引いた状態で無理をすると、より体に負担がかかり、体調をさらに悪化させてしまうことも少なくありません。最初は単なる風邪だったのに、無理をすることで別の病気にかかり、体調不良が長引くこともあるでしょう。

体調不良が長引くと、当然その間の選考には参加できない、あるいは参加しても十分実力を発揮できずチャンスを逃してしまいます。風邪程度なら、1日ゆっくり休むことで回復し、断念する選考数も最小限に抑えられます。無理をして体調不良を長引かせてしまうと、その後の就活スケジュールにも悪影響を及ぼしかねないことは理解しておきましょう。

参加できる程度の風邪の場合

null

風邪を引いているなら、基本的に参加を控えなければなりませんが、微熱程度で問題なく動ける場合もあるでしょう。身動きが取れないほどの風邪でないなら、無理をしない、周囲の人に迷惑をかけない範囲で参加することは可能です。どうしても諦めたくない企業の場合は、多少の体調不良なら頑張って参加するのもひとつの方法でしょう。ただし、参加できるとはいえ、風邪を引いているのは確かです。少しでも体調が悪い場合は、いつも以上に気を遣わなければなりません。

面接中はマスクを外す

風邪の悪化を防ぎ、周囲に菌をまき散らさないためにも、マスクをすることが大切です。しかし、マスクをしていいのは控室までで、面接中は必ず外すようにしましょう。面接では発言内容以外にも、仕草や表情といった細かい部分までチェックし、評価を決定します。マスクをしていると表情が読み取りづらく、面接官が判断に困ります。

また、そもそもマスクをしたまま面接を受けるのは失礼でもあるため、印象を悪くしないためにも外しておかなければなりません。失礼な印象を与えないためには、企業に入る時点でマスクを取ることが大切です。しかし、周囲への影響を考えるなら控室ではマスクをしたほうがいいため、案内してくれた担当者に断ってマスクをするといいでしょう。

声が出づらいことを事前に伝える

風邪で声が出づらいなら、初めにその旨を面接官に伝えることが大切です。何も言わずに面接を進めてしまうと、元からそういう声だと思われる可能性があります。声が小さく、聞き取りづらいとそれだけでイメージが悪く、暗い印象も与えかねないため注意しましょう。最初に声が出づらいと断っておくことで、多少はイメージも緩和され、聞こえづらい場合でも体調不良を考慮して評価を決めてもらえます。

ただし、声が出づらいと伝えるのは、暗に風邪を引いていると伝えるようなもののため、しんどそう、だるそうな印象を与えないよう注意が必要です。体調不良であることが分かると、移ることを心配されて悪印象に繋がりかねないため、風邪を引いていることは、できるだけバレないようにしなければなりません。

咳がひどいなら参加は控えよう

風邪といっても、微熱程度なら少しだるいくらいで問題なく動けることも多いでしょう。しかし、症状が軽度であっても咳が出ている場合は注意が必要で、あまりに咳がひどいなら参加を諦めなければなりません。たとえそれほどしんどくない場合でも、ひどい咳をしていると移ることを心配され、面接官や他の学生に嫌がられます。

実際に咳から風邪が移ることは多く、自分は大丈夫でも、他の人に迷惑をかけかねないため注意が必要です。大丈夫だと説明しても、ひどい咳をしていると説得力はありません。参加するかどうかは、咳の有無をポイントに考えるのもひとつの手です。自分を労わることはもちろん、周囲の人に迷惑をかけないかも考慮して、出欠を決めましょう。

風邪で面接を辞退する場合

null

体調不良で動けない、あるいは他の人に移してしまう危険性が高い場合は、参加は諦めなければなりません。風邪で面接を諦める場合でも辞退の連絡は必要で、無断欠席すると失礼になるなだけではなく、企業に迷惑がかかるため注意しましょう。しかし、体調不良は事前に予測できず、当日になってみたいと分からないことも多いです。風邪で辞退する場合は、急な連絡になることも多いため、どのような点を意識すべきか知っておきましょう。

当日辞退の場合は電話で連絡する

面接当日に風邪を引き辞退する場合、連絡は電話でおこないましょう。風邪を引いた状態で企業に電話をするのは大変でしょうが、面接当日の連絡は電話でおこなうのが鉄則です。メールで連絡をすると、面接開始までに担当者に読んでもらえなかった場合、無断欠席と同じ扱いになります。

面接当日は企業も忙しく、メールチェックをしている暇もないため、見てもらえない可能性が高いでしょう。全く声が出ないなら、やむを得ずメールで連絡しなければなりませんが、少しでも話せるなら電話で辞退を申し出るのが基本です。また、前日の夜にすでに体調不良で辞退を決めた場合でも、電話で連絡することが大切です。

日程変更をお願いする

風邪で面接に参加できない場合は、完全に辞退するだけではなく、日程変更をお願いすることも可能です。企業もできるだけ多くの学生を見て採用を決めたいと思っており、体調不良だけで採用のチャンスを逃すのはもったいないと考えます。そのため、日程さえ合うなら、別日で参加できることもあるため、どうしても逃したくない企業なら、体調不良で参加できない旨と合わせて、日程変更を申し出ましょう。

ただし、企業にも都合があるため、日程変更をお願いしても必ずしも了承してくれるとは限りません。変更が可能かどうかは企業だけでなく自身のスケジュールも関係するため、基本的には決められた日程で参加することが大切です。チャンスを逃さないためにも、体調管理を徹底しておきましょう。

風邪で面接に参加する際は周囲への気配りを忘れずに

null

就活中は体調を崩すことも少なくありません。体調不良になると選考を諦めなければならないことも多いため、体調管理は重要ですが、どれだけ気をつけていても風邪を引くことはあるでしょう。風邪を引いたなら、基本的には参加は諦めなければなりません。体調不良での参加は自分だけの問題ではなく、周囲の人に移して迷惑をかけることもあります。参加するなら周囲への気配りは必ずおこないましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ