志望動機

電気工事士の志望動機の書き方|仕事内容や例文をご紹介

電気工事士を目指すなら志望動機が重要

null

仕事の需要の多さや安定性の高さから、電気工事士は人気の仕事です。今後どのような景気変動、社会構造の変化があるか分からず、不安なことも多いため、手に職のついた仕事をしたいと考える人は多いでしょう。しかし、電気工事士は人気の仕事であるため、倍率は高い場合も多く、選考の突破は困難を極めます。

高倍率の選考を勝ち抜くには、志望動機を念入りに考えることが大切です。特に経験や能力の乏しい新卒の採用では、将来性が評価を決める重要なポイントであり、志望動機では入念に見られている部分でもあります。電気工事士とはどのような仕事か、仕事内容や求められる能力まで理解を深め、上手な書き方を知ってアピール力の高い志望動機の作成に役立てましょう。

電気工事士の仕事内容

電気工事士への理解を深めるには、まずは基本的な仕事内容を知らなければなりません。電気工事士は名前の通り、電気工事をおこなう仕事であり、業務範囲は多岐にわたります。例えば個人宅エアコンの取り付けやテレビの配線の設定も仕事のうちであり、規模の大きいものだと送電線や建物の電気設備全体を管理、工事することもあります。

企業ごとに専門とする分野が違うことも多く、個人向け、法人向けと完全に業務内容を切り分けていることもあるでしょう。一方で特定の分野に限定せず、何でも屋に近い立ち位置で広範囲の業務を請け負う場合もあります。仕事内容自体の幅が広く、どのような企業に就職するかで、請け負う業務が大きく変わることは覚えておきましょう。

電気工事士に求められる能力

電気工事士に求められる能力

電気工事士になるなら、電気設備や配線、機械の取り付けといった知識が必要ですが、それらは就職してからでも身につけられます。業務上必要な知識は実践を通して学ぶことが多く、身についているとプラスに働くものの、知らなくてもマイナスにならないことは覚えておきましょう。しかし、電気工事士という職業自体に必要な基本の能力については、身についていないと悪印象になる可能性があるため注意が必要です。

コミュニケーション能力

電気工事士に「ひとり黙々と作業をする」というイメージする人もいるでしょうが、実際はそうではありません。実際の現場では、チーム単位で動くのが基本で、チームワークを発揮しながら効率的に作業を進めることが求められます。そのため、コミュニケーション能力は必須です。

他の人の動きを察知して、能動的に動く姿勢が求められるほか、分からないことはきちんと聞き、共通認識を持つよう働きかけることが大切です。自分勝手に作業を進める、「相手はこう思っているに違いない」と、憶測だけで作業を進めると、かえって全体の工程を滞らせてしまい、遅れが生じる可能性もあります。コミュニケーション能力は特に重要視されているため、必ず身につけておかなければなりません。

忍耐力

電気工事士の仕事はハードなことが多く、重たいものを持ったり、長時間立ちっぱなしだったりすることも少なくありません。また、作業によっては辛い姿勢のままおこなうこともあり、忍耐力が必要な仕事といえるでしょう。個人宅の電気工事なら快適な室内でおこなえることもありますが、作業内容によっては屋外に出なければならないこともあります。

気候のいい時期なら問題ありませんが、真夏や真冬は外に出ているだけでも辛いということも多く、劣悪な環境下でもきちんと仕事をしなければなりません。仕事の環境が大変になりやすいことに加えて、作業自体も専門性が高く、就職後も技術を磨き、勉強が必要になりやすいため、忍耐力は必須でしょう。

集中力

細かい作業の多い電気工事士には、集中力も求められます。集中が切れてしまうと作業スピードが遅くなり、他の人に迷惑をかけることも少なくありません。また、間違った配線、整備で工事を終えてしまうと、電気設備が上手く作動せず、多くの人に迷惑をかけてしまうでしょう。

場合によっては電気系統がショートして故障や火災を招き、重大な事故に繋がる危険性すらあります。集中力はどの仕事でも必要ですが、電気工事士の場合は実害に繋がりやすいため、特に必要な能力といえるでしょう。集中力は忍耐力と合わせて発揮できることが求められ、大変な環境でも一定して同じパフォーマンスを発揮することが大切です。

電気工事士に資格は必須?

null

専門性の高い仕事なだけに、電気工事士への就職はハードルが高く、実際に選考を受けても不合格になることは少なくありません。しかし、業務領域が広く、専門性が高いことだけが電気工事士になるハードルではなく、他に資格や経験といった要素も存在します。電気工事士には、「電気工事士第一種/第二種」という資格があり、これを持っていると当然選考では優遇されます。資格があるということは、就職するには取得が必須なのか、実際のところを知っておきましょう。

無資格・未経験でも就職できる企業はある

結論からいえば、電気工事士の資格を持っていなくても就職できる企業は存在します。無資格、未経験でも採用する企業は確かに存在し、新卒でも就職が不可能なわけではありません。特に新卒の場合は就労経験がないだけに、経験部分についてはそれほど重要視されず、あればプラスに働きますが、ないことでマイナスになりはしないでしょう。

資格も同様で、なくても他の部分でしっかりアピールできると、採用される可能性はあります。しかし、持っているならそれに越したことはなく、同じ未経験でも資格ありだと優遇されやすいです。電気工事士の資格は第二種なら比較的難易度が低めなので、選考までに取得を目指してもいいでしょう。

資格なしでは実務がおこなえない

未経験はもちろん、無資格でも電気工事士として採用してはもらえますが、資格がないと実務がおこなえないことは理解しておきましょう。電気工事士の枠で採用されたとしても、資格を取得するまでは見習い扱いで、雑用のみということも少なくありません。また、企業によっては内定が出てから就職までに資格の取得を求めるケースも多いです。

就職後に社内教育の一環として資格の取得を目指す場合もありますが、どちらにしても資格を取らないことには、本格的に仕事は進められません。入社してすぐに実務ができるというアドバンテージは大きく、有資格者が大きく優遇される理由はここにあります。資格を持っていると就職先の選択肢も広がるため、早めの取得がおすすめです。

電気工事士の志望動機の書き方

null

仕事への理解を深め、資格の取得を目指すことも大切ですが、選考を勝ち抜くにはそれだけではなく、志望動機の作成も考えなければなりません。有資格者が優遇されやすいのは確かですが、資格はあくまでアピール材料のひとつで、内定を確実にするものではないことは理解しておきましょう。資格を持っていても、志望動機のアピール次第では簡単に不合格になります。資格や経験の有無に関係なく、志望動機は重要なポイントであるため、上手な書き方をマスターしておきましょう。

なぜ電気工事士に興味を持ったのか

志望動機では、そもそもなぜ電気工事士を目指そうと思ったのか、根本的な理由を明確にすることが大切です。数ある職業の中から、ピンポイントで電気工事士を目指すと決めたのには、必ず理由があるはずです。志望動機の根幹となる部分が明確にできていないと、意欲の高さがアピールできないため注意しなければなりません。

もちろん、志望する明確な理由を提示するなら何でもいいわけではなく、条件面を引き合いに出すのはNGです。安定しているから、給料がよさそうだからといった理由では、他に条件のいい仕事を見つけたらそちらに行くと思われ、志望度が低いと判断されます。条件ではなく、仕事の魅力から、電気工事士の志望動機を述べることが大切です。

どのような経験を積んできたのか

志望動機では自分を売り込む必要があります。過去の経験からいかに電気工事士に向いているか、活躍できる見込みがありそうかを伝えることが大切です。これまでどのような経験を積み、それが電気工事士の仕事でいかに役立つかを、できるだけ具体的にアピールしましょう。

これは電気工事関係の勉強やアルバイトの経験だけではなく、電気工事士に必要な能力が備わっていることを裏付ける内容でも構いません。例えば部活動の経験を元に、コミュニケーション能力やチームワーク力をアピールしたり、ゼミでの研究の成果から集中力を述べたりすることも可能です。アピールできる内容は幅広いため、仕事に繋がるという点を意識して提示するものを決めましょう。

将来どのように働きたいのか

就活では就職して終わりではなく、むしろそこから始まりです。就職後どのように働き、活躍するかは企業にとっても重要な関心事のため、これも明確に提示しなければなりません。すでに資格を持っているなら、より上位の資格取得を目指し、活躍すると述べてもいいでしょう。資格を持っていないなら、資格の取得から少しずつ実力を高め、幅広い工事ができる人材に成長できるとアピールするのもおすすめです。

資格や経験の有無はスタート地点での状態に過ぎず、本当に重要視されているのは将来的な到達点、伸びしろと考えましょう。就職後何がしたいか、何を目指して努力するのかが明確にできていないと、経験ありの有資格者でも不合格になる可能性があります。

未経験新卒の電気工事士の志望動機例文

私は個人宅の電気工事から、多くの人々の生活をより豊かに、ストレスなく送れるようサポートしたいと考えています。大学では電子工学を学び、電気設備や配線、機器の取り付けといった電気工事の基礎を身につけました。家電がひとつあるかないかで生活の質は大きく変わるため、高品質の工事、整備を行い、日常の細かなストレスを緩和させたいと考えています。
電気工事第二種の資格は未取得ですが、就職までの間に取得する予定です。貴社では個人宅の電気工事を全てマスターし、不具合を起こさない丁寧な仕事をすることで、多くの人の生活から不便を取り除き、活躍したいと考えています。

例文では、電気工事によって、快適な暮らしを提供したいと志望理由が述べられています。電気工事という立場から暮らしの便利さを支えるというテーマが一環して提示できており、志望度の高さがアピールできているでしょう。無資格ながらも資格取得への意欲も見せており、就職後の働き方に言及しているのも評価されるポイントです。

電気工事士の志望動機では就職後の働き方をアピールしよう

null

手に職のつく仕事の中でも、電気工事士は注目されており、志望する人も増えています。新卒での志望者はもちろん、転職市場でも人気が高くなっているため、ライバルは多いと考えましょう。転職では経験や資格が重要視されますが、新卒の場合は無資格、未経験でもチャレンジが可能です。

これまでの経歴や経験が評価されないわけではありませんが、基本的には将来性の高さが重要視されるポイントと考えましょう。志望動機では、なぜ電気工事士なのか、そこでどのように活躍したいのか、将来どのように成長したいかを明確に伝えなければなりません。就職後の将来像をしっかりイメージし、確固たるビジョンを持って志望動機を考えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ