自己PR

【自己PRで集中力を伝える方法】アピールするポイントと例文3選

自己PRで集中力を魅力的にアピールするには

自己PRでアピールできる題材はさまざまあり、集中力もそのひとつです。集中力は企業でも評価されやすい題材ですが、アピールの仕方次第でどのような評価が得られるかは異なります。

つまり、集中力を題材にしても、伝え方次第では高評価が得られないことがあり、場合によってはマイナス評価になってしまうこともあるため、注意しなければなりません。高評価の獲得を目指し、選考を突破するには、自己PRでどのようにして集中力があると伝えるかが重要です。

同じことを題材にしていても、アピールの詳細な内容によって、得られる評価は異なります。高評価を獲得するためのポイントや自己PRを成功させるコツを知り、集中力を題材にして、選考の突破を目指しましょう。

自己PRで集中力を伝える方法

①時間を用いて伝える
②複数のエピソードを用意する
③仕事への活かし方を述べる

自己PRで集中力を上手にアピールするには、いかにして伝えるかが重要です。上手にアピールして高評価を獲得するには、上記の3つのポイントを把握しておきましょう。

これら3つを踏まえておくことで、より評価されやすくなります。実際にどのようにアピールするのか、詳細なポイントまで知り、集中力を題材にした自己PRで高評価の獲得を目指しましょう。

自己PRで集中力を伝える方法①時間を用いて伝える

集中力の高さを自己PRでうまく伝えるためには、その集中力の高さを時間を用いて説明する必要があります。集中力の高さというのは、○○を○○時間集中して続けられたということでしか伝わりません。したがって、時間を用いて伝えなければならないのです。何を何時間続けた、だから集中力があるという形で、集中力の高さを伝えていきましょう。

数字は多ければ多いほどよい

また、そこに用いる数字は多ければ多い程より伝わりやすくなっていきます。たとえば、1日8時間集中したというよりも、10ヶ月毎日1日8時間集中して勉強したという方が集中力の高さが伝わります。

具体的なエピソードについて答える際には、数字を入れられるところが多いほど明確に伝わります。相手も数字を用いて説明を受けたほうがイメージがしやすくなるため、自己PRでその点を意識しておくとよいでしょう。

自己PRが思いつかない人は、エージェントに頼るのが一番オススメ

「良い企業に内定を取りたい!」と思っていても、スムーズに就活が進められない方は多いです。

就活が不安な人は「キャリアパーク就職エージェント」を活用しましょう。PC・スマホから簡単に、ゼロから就活をサポートし、志望がかなう企業の内定までサポートします。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

 実際に利用した学生の口コミ 
 (青山学院大学 Kさん) 

一緒に課題と改善策を考えてくれました。特にエントリーシート(ES)の添削のやり取りは全部で10回近く、フィードバックを重ねて改良していきました。

(中略)キャリアパークエージェントでは学生の気持ちに寄り添って、より学生の意思をくみ取った企業紹介をしてくれたところが良かったです。

(中略)アドバイザーさんがすごく親身になって相談に乗ってくれたので自信を持って面接に向かうことができました。二次面接以降って結構面談がおろそかになってしまうエージェントもいるんですけど、キャリアパークエージェントのアドバイザーさんは毎回一緒にフィードバックに向き合ってくれました。

自己PRで集中力を伝える方法②複数のエピソードを用意する

自己PRで集中力の高さをアピールするためには、いくつかのエピソードを用意する必要があります。というのも、ある特定の好きなことでだけ集中力が発揮されるということでは、意味がないからです。

ある特定のところでしか集中力が発揮されないのであれば、仕事上では発揮されない可能性があります。相手にそう思われないためにも、複数のエピソードを用意してアピールしましょう。

エピソードが複数あれば再現性が伝わる

自己PRの中でいくつかのエピソードがあれば、集中力がいろいろな場面で発揮されていることが伝わるでしょう。特定の場面以外でも集中力が発揮できるのであれば、もちろん仕事に活かすことも可能です。

エピソードが複数あることで、自然と集中力の再現性が伝わっていき、自己PRにおいて魅力的にみえてくるのです。自己PRの集中力のエピソードは、いくつか用意するようにしていきましょう。

自己PRで集中力を伝える方法③仕事への活かし方を述べる

再現性をより伝えるために、集中力の活かし方を述べるということも大切です。その会社のどういった業務でその集中力を活かすことができるのかを、企業側は知りたがっています。

自己PRとは自分のよさをアピールすることです。アピールでは、企業の求める人材像に合わせて自分の長所を伝えることで評価されます。集中力をどういったところで活かせるか、具体的に述べるように心がけましょう。

実際の業務内容を把握して活かせることを具体的に説明する

活かし方は必ず具体的に述べないとならないため、実際の業務内容などについてもきちんと正確に把握しておかないとなりません。どこにでも使えるようなふわっとした説明ではなく、きちんとそこに特化したことを具体的に述べないと意味がないのです。

そのため、企業研究をきちんとした上で自己PRの内容を考えることが求められます。企業の公式サイトを参考にする他にも、OB訪問などを駆使して生きた情報をしっかりと仕入れるようにしていきましょう。

集中力が高い人の短所も把握しておく

集中力が高いと言えば、仕事でその長所が大いに発揮されそうと受け取られますが、その一方で、短所としての面があることも理解しておく必要があります。集中力の高さを発揮し、ひとつの物事に没頭して取り組むあまりに、周りがみえなくなって他の物事をおろそかにしたり、重要なことを見逃したりするリスクがあるためです。

採用する企業からすると、仕事に熱心なあまりに他のことが目に入らなくなってしまう人材は、非常にリスキーだと受け止められます。自己PRでは、そのようなマイナスのイメージを持たれないように、集中力の高さがうまく長所として伝わり、短所に繋がる面をカバーできるような内容で話すことが重要です。

周りが見えないと思われる可能性がある

集中力が高い人は、ひとつの物事に熱中するエネルギーを持っています。そのため、ものすごいスピードで仕事を仕上げたり、完成度の高い仕事をやり遂げることができるため、高評価に繋がります。その反面、物事に集中して取り組んでいる間は、他のことが目に入らなかったり、聞こえなかったりするというマイナスな面も持っています。

これは、組織の中で複数の人と仕事をする上で、致命的と受け取られることもありますので、集中力の高さを長所としてアピールする際には、この点に注意が必要となります。熱中すると周りが見えなくなる人物だと受け取られないように自己PRの内容を工夫することが大切です。

短所をカバーする方法を伝える

先ほど上で述べたように、自己PRでは、集中力が高い=周りがみえなくなるという短所をカバーする方法を伝えることが重要です。例えば、「ひとつの物事に集中して取り組み、短期間で大きな成果を上げることができた」といった具体的なエピソードを話したあとに、「集中している間は、他の物事がおろそかにならないように、定期的に他の事案の状況をチェックするような対策をした」と一緒に述べると好印象です。

自己分析がきちんとできていて、信頼に値する人物という印象を与えることができます。

自己PRが思いつかない人は、エージェントに頼るのが一番オススメ

「良い企業に内定を取りたい!」と思っていても、スムーズに就活が進められない方は多いです。

就活が不安な人は「キャリアパーク就職エージェント」を活用しましょう。PC・スマホから簡単に、ゼロから就活をサポートし、志望がかなう企業の内定までサポートします。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

 実際に利用した学生の口コミ 
 (青山学院大学 Kさん) 

一緒に課題と改善策を考えてくれました。特にエントリーシート(ES)の添削のやり取りは全部で10回近く、フィードバックを重ねて改良していきました。

(中略)キャリアパークエージェントでは学生の気持ちに寄り添って、より学生の意思をくみ取った企業紹介をしてくれたところが良かったです。

(中略)アドバイザーさんがすごく親身になって相談に乗ってくれたので自信を持って面接に向かうことができました。二次面接以降って結構面談がおろそかになってしまうエージェントもいるんですけど、キャリアパークエージェントのアドバイザーさんは毎回一緒にフィードバックに向き合ってくれました。

自己PRで集中力を伝える例文3選

実際に自己PRで集中力をアピールする際に備えて、どのように伝えると評価されやすいのか、例文を参考にして知っていきましょう。上手に伝えるためのポイントを知ることは大切ですが、いざ自己PRを作成するとなると、どのように組み立ててよいのかわからず、困ってしまうことも多いです。

例文を知ることで、文章の構成や具体的な内容などのイメージが湧きやすくなります。例文を参考にして詳細なポイントまで知り、理解を深めて自身の自己PRの作成に役立てましょう。

例文①

私の長所は、集中力があることです。私は高校生の頃、将棋をしていました。学校では練習相手がいたので問題ありませんでしたが、家には将棋が打てる人がいなかったので練習することができませんでした。そこで私は、長所である集中力を活かし、イメージトレーニングをすることにしました。
実際に手を動かさないと練習にならないと思っていましたが、次の日から打ち方が全然違うことを実感しました。それからは毎日1時間のイメージトレーニングをおこない、最後の大会では県1位の成績で全国大会に出場しました。貴社でも私の集中力を活かし、成長するために必要な手法をいち早く見つけ貢献していきたいと思います。

※この例文は自己PRジェネレーターで作成しました。
たった3分で受かる自己PRが完成する「自己PR作成ジェネレーター」

1つ目は、「将棋をした経験」で集中力があることをアピールした例文です。「毎日1時間のイメージトレーニングをおこなった」と時間を用いて具体的に説明しています。さらには、「県1位」と結果も数値で表しているので、非常に魅力的な自己PRだといえるでしょう。時間を用いられない場合も、担当者がイメージしやすい具体的なエピソードを書きましょう。

例文②

私は、人よりも集中力があると自負しています。そう感じた経験は、中学生のときです。私は本を読むことが好きで、放課後は毎日図書館に行っていました。図書館では時間が経つのも忘れ、1日2~3冊のペースで読んでいました。私は別段勉強ができた訳ではないですが、本を読むことで様々な知識を得ることができました。
その知識が、高校受験や全国模試などで活きたと思っています。もし貴社に入社致しましたら、集中して仕事をこなしながら、新しい知識や技術を吸収していきたいと思っております。

※この例文は自己PRジェネレーターで作成しました。
たった3分で受かる自己PRが完成する「自己PR作成ジェネレーター」

2つ目は、「読書が好き」で集中力を伝えた例文です。本を読むことが好きだけで終わらず、そこからたくさんの知識を身につけたと繋げているのがポイントだといえます。志望する業界や職種に合わせて、アピールするスキルを選択しましょう。

例文③

私には、高い集中力があります。そう感じたきっかけは、スーパーでのアルバイトです。経験がある品出しを手際よくこなしていると、店長から「集中力があるね」と褒められたこともあります。しかし、集中して取り組むあまり、レジ対応のアナウンスを聞き逃してしまうことがありました。そのことで、集中しながらも周りの状況を把握しなければいけないと痛感することができました。
それからは、自分の仕事だけでなく周りの状況も気にするようになりました。貴社に入社できましたら、与えられた仕事を集中してこなすことはもちろん、周りの状況把握や他者へのサポートにも力を注いでいきたいと思います。

※この例文は自己PRジェネレーターで作成しました。
たった3分で受かる自己PRが完成する「自己PR作成ジェネレーター」

3つ目は、「スーパーのアルバイト経験」で集中力があることをアピールした例文です。この例文はほかの2つと違い、集中力を「周りが見えない」と短所としても書いています。これだけで終わってしまえば、何のアピールにもなりません。例文のように、どう改善したのかも盛り込みましょう。自己PR全体にいえることですが、企業でどう活かせるのかも忘れずに書いてください。

自己PRで集中力を伝えるには具体的に説明しよう

集中力は自己PRでも評価されやすい題材であり、上手に伝えることで高評価を獲得できます。評価されるには、具体性を持ったアピールをすることが重要です。

そもそも集中力という能力自体が曖昧なものであり、一般的な能力の指標があるわけではありません。そのため、どのような集中力があるのか、それを活かしてなにができるのかを、できるだけ具体的に伝えることが大切です。

また、仕事で活用できることも重要なポイントであり、企業の利益にいかにして貢献するのか、仕事での再現性も伝える必要があります。具体性や仕事での再現性といったポイントを意識して自己PRを作成し、集中力を題材にして、高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ