インターン

【インターンシップの時期とは】スケジュールを徹底解説

インターンシップは時期を選んで参加しよう

就活を有利に進めるためには、インターンシップへの積極的な参加がおすすめです。インターンシップでは、職業体験を通じて業界・企業・仕事への理解が深められ、就職先の選定に役立ちます。

さらに、インターンシップ中の活躍が認められ、選考での評価に繋がることも多いです。積極的に参加するほど、就活を有利に進めやすくなりますが、問題はどの時期に参加するかです。インターンシップは年間を通しておこなわれていますが、時期によって特徴が異なります。

また、大学生活のどの時期で参加するかも重要で、自分にとって適切なタイミングを見極めなければなりません。どの時期に参加するのがもっとも効果的かを知り、インターンシップを上手に活用して就活の攻略に役立てましょう。

インターンシップの主な開催時期

インターンシップの開催時期は企業によって違い、一概にいつと決まっているわけではありません。年間を通しておこなわれているため、じっくり探すならどの時期でも参加自体は可能でしょう。

ただし、一部時期ではインターンシップの開催が集中するため、効率的に活動するなら、このタイミングを狙うのがおすすめです。インターンシップの主な開催時期は、夏と冬です。それぞれの特徴の違いを知り、まずはどちらで参加するか考えてみましょう。

7~9月のサマーインターン

インターンシップは夏休み期間に合わせて実施されることが多く、これをサマーインターンと呼びます。サマーインターンは7~9月あたりの開催が中心で、学期末のテストも終了しているため、スケジュールがつけやすいでしょう。企業によって実施する内容は違いますが、自社宣伝を目的とした内容が多いです。

半年、1年先の採用活動に向け、自社の存在、魅力を知ってもらおうと考えている企業は多く、ガイダンス形式のものも多いでしょう。また、夏休みの期間をたっぷり使って、長期のインターンシップをおこなうものもあります。

この場合でも基本は企業理解が根底にあり、仕事を経験する中で企業を知ることが中心となります。勉強との両立がしやすく、余裕を持って時間が使いやすいため、気軽に参加しやすいのが特徴でしょう。

12~2月のウィンターインターン

冬休みや春休みの期間を中心におこなわれるインターンシップは、ウィンターインターンと呼ばれます。これは就活の解禁が目前に迫っていることもあり、実際的な採用活動として開催されていることも多いでしょう。

そのため、インターン中の行動が本選考での評価に色濃く反映されることも多く、選考を有利に進めたいなら、積極的に参加すべきといえます。また、採用活動の一環であるため、当然取り組み方次第ではマイナスの印象を与えてしまう場合もあるため注意が必要です。

一生懸命取り組んでいても、企業との相性が悪いと判断されると、本選考での評価に悪影響を及ぼす可能性があります。良くも悪くも選考への影響は大きいと考え、参加先は慎重に決めなければなりません。

インターンシップの申し込み時期は?

インターンシップへの参加は任意であり、自身で申し込みをしなければなりません。開催時期が決まっているように、申し込みの時期も限定されているため、期限切れにならないよう注意が必要です。

申し込み時期を見誤ってしまうと、参加資格すら得られず、終わってしまうこともあります。インターンシップは多数の人が参加するイベントのため、ひとりのためにスケジュールを調整してくれることはありません。申し込み時期を正しく把握し、上手にスケジュールを組んで行動しましょう。

開催の1~2ヶ月前が多い

いつ頃申し込みが始まり、終了するかは企業によって異なりますが、大体開催の1~2ヶ月前が多いでしょう。そのため、サマーインターンなら5~7月あたり、ウィンターインターンなら、10~12月あたりには募集が出ていないかチェックしておかなければなりません。

それぞれの区分の中でも、選考が早い企業、遅い企業があり、場合によってはインターンシップの参加と、別の企業の応募時期が重なることもあります。同時並行して活動を進めなければならないため、より正確な情報収集が必要になることは理解しておきましょう。

企業によってはそれよりも早く募集を開始することもあるため、本命企業の情報は早めから入手しておかなければなりません。いつ頃募集を開始するかは、企業の採用ページから確認できます。

事前準備はさらに早く始める

インターンシップへの参加申し込みは開催の1~2ヶ月程度前におこないますが、実際の準備はもっと早くやっておかなければなりません。インターンシップは申し込んだからといって、全員が参加できるわけではなく、参加者を決める選考がおこなわれます。

選考内容は企業によって違いますが、基本的には書類選考と面接の組み合わせで実施されることが多いでしょう。インターンシップの志望動機や参加に向けての意気込み、自身のアピールポイントなど、考えるべきことは数多くあります。

これらが準備できていないと、せっかく応募しても1社も合格できず、結局参加できないということもあるため注意が必要です。事前の情報収集から選考対策まですべきことは多いため、早めの準備を心がけましょう。

参加時期別インターンシップの活用方法

企業によって募集の条件は違いますが、条件にさえ合うなら、1~4回生どのタイミングでも参加できます。問題は参加する時期によって、インターンシップの活用方法が違うということです。

同じ企業を目指す場合でも、1回生と4回生では活用方法が大きく異なり、それぞれに合ったやり方で実施することが大切です。インターンシップのメリットを最大限受け取るためにも、参加時期によってどのような違いがあるのか知っておきましょう。

1~2回生のうちに長期で参加する

1~2回生のうちから参加できる場合は、少ない数に絞って長期インターンシップを選ぶのがおすすめです。長期インターンシップは、最低1ヶ月以上、長いと半年程度になることもあります。就活が間近に迫っていると、なかなか時間がとりづらいため、早めに経験しておくのがおすすめです。

長期インターンシップ最大の特徴は、実務経験が積める点にあります。短期以下の場合は、基本的には模擬的に仕事を体験するだけとなりますが、長期は実際に社員の中に混ざって、仕事を体験できるのが大きな魅力です。

実際の仕事を通して実力を磨くことができ、企業との相性も明確に見抜けるでしょう。また、仕事の中で実力が認められると、そのまま採用に至るケースもあります。早期のうちに就職先を絞り込み、決めてしまいたい人にもおすすめです。

3~4回生は短期で数を多く

3~4回生では、就活の開始が間近に迫っているため、スケジュールの調整がしやすい短期を中心に参加するのがおすすめです。短期インターンシップなら1週間以内が多く、1DAYならたった1日で参加できます。

短期を中心に参加すると、数多くの企業を経験しやすく、就活の視野を広げたり、志望先を選定したりに役立つでしょう。もちろん、長期インターンシップへの参加も可能ですが、参加するなら3年の夏までに済ませておかなければなりません。それ以降になると、実際の就活との折り合いがつけづらく、失敗を招く可能性もあります。

1DAYや短期なら就活解禁ぎりぎりまで予定を組みやすく、就活準備も並行して進められます。負担を少なくインターンシップに参加したいなら、短期中心の参加を考えるのがおすすめでしょう。

インターンシップ参加の準備時期はいつ頃?

インターンシップに参加するには、事前準備が必要です。準備を徹底しておこなわないと、そもそも参加自体ができなくなるため注意しなければなりません。しかし、いつ頃から準備すべきか、適切な時期が分からず困る人も多いでしょう。

いつから動き出すべきかを知るのは、インターンシップへの確実な参加を目指すためにも重要です。参加に向けた準備時期を知って、スムーズにインターンシップの選考を勝ち抜きましょう。

3ヶ月以上前から準備する

インターンシップ参加に向けてやるべきことが多いため、基本的には3ヶ月以上前から準備を始めるのがよいでしょう。これは単に選考の対策だけに限らず、参加に向けた情報収集の時期も含まれます。

インターンシップに参加する流れは、参加企業の選定→応募→選考となり、企業選定はさらに前倒しでやっておくことが大切です。闇雲に参加するだけでは効果的とはいえないため、どの企業のインターンシップに参加すべきかは、念入りに考える必要があります。

自己分析や業界・企業研究をおこない、募集情報のチェックもおこなうなら、早めから動いていたほうが、余裕を持って行動できるでしょう。ぎりぎりでの行動でも応募はできますが、選考に向けての準備が慌ただしく、不完全になりやすいことは理解しておきましょう。

企業ごとのタイミングに合わせる

企業によってインターンシップ開催の時期は違うため、志望先のタイミングに合わせて準備することも大切です。企業によってはサマーとウィンター両方実施することもありますが、どちらか一方しか開催しない企業も多いです。また、スプリングやオータムといった、別の時期でもインターンシップを開催する企業はあり、夏と冬だけと思っているとチャンスを逃しかねないため注意しましょう。

実施時期にはかなりばらつきがあるため、まずは志望先の企業を見つけ、そこがインターンシップを実施しているか、やるならいつなのかをチェックする必要があります。志望先ごとのスケジュールから逆算し、最低3ヶ月以上前から準備をすると、よりスムーズに参加しやすくなるでしょう。

インターンシップは時期を逆算して動きはじめよう

インターシップは効率的に参加することが大切で、そのためにはスケジュールを把握しておかなければなりません。どの時期に集中しておこなわれるのかはもちろん、志望する企業がいつ実施するのかは、念入りなチェックが必要です。

応募可能時期も限られているため、これを逃してしまうとそれだけで参加できなくなります。また、応募後は選考が待っており、参加するにはこれに合格しなければなりません。選考に向けての準備にも時間がかかるため、とにかく早めから動き出すことが大切です。

開催時期、選考時期、応募期間を把握し、そこから逆算して行動を決める必要があります。スケジュールを上手に組み、無理なく準備を進めて、インターンシップへのスムーズな参加を実現させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ