企業研究

【アクセンチュアインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

アクセンチュアを研究

近年人気の高いコンサルタント業は、競争率も高い職業のひとつです。そんなコンサルタント業への就職を目指すのであれば、インターンシップに参加して実際に仕事を体験してみるのがおすすめです。インターンを体験してみることで、コンサルタント業がどのような仕事なのか分かることも多くあるでしょう。

ここでは、世界でも有名なコンサルティング企業であるアクセンチュアのインターンについて、開催時期や応募条件・方法などを詳しく調べました。

アクセンチュアの基本情報

アクセンチュアは、コンサルタント業の中でも経営コンサルタントを主体としたコンサルティングファームです。日本だけでなく、世界規模でビジネス展開をしており、その拠点は55ヶ国に設置されている大規模な企業でもあります。

正式名称:アクセンチュア株式会社
所在地:東京都港区赤坂1-11-44
設立年:1962年
従業員数:11,000人以上

アクセンチュアを企業研究

アクセンチュアは規模の大きな企業かつ、グローバルに展開していることもあり、社内も多様な考えを持つ社員が多く在籍しています。その中でも、社内にはひとりひとりが「自分らしくあること」を重視している空気があります。

アクセンチュアは、1952年に米国でコンサルティング事業を始めた企業です。事業は主に「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域を中心におこなわれています。

アクセンチュアに求められるのは、常に新しいことに挑戦し、成長することをやめない人間です。どんな仕事にも情熱を注ぎ、自分自身の成長につなげられる人であれば、アクセンチュアで働き続けられるでしょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

アクセンチュアの選考フロー

アクセンチュアのインターンの選考フローは、各プログラムにより異なります。

・戦略コンサルタント
公式サイトからプレエントリー→ES提出→Web適性検査→書類選考→グループディスカッション→個人面接→合否通知→インターンシップ

・ビジネスコンサルタント
ES提出→Web適性検査→グループディスカッション→個人面接→参加確定

・エンジニア
プレエントリー→Web適性検査→書類選考→個人面接→合否通知→インターンシップ

プレエントリーは、リクナビなどの各就職サイトからもできるようになっています。電話での問い合わせは受け付けていないため注意しましょう。

アクセンチュアのインターンの選考対策

アクセンチュアのインターン選考についてみていきます。アクセンチュアのインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいと言われています。アクセンチュアのインターン選考を突破するためには、ESや課題を通してどういった能力や考え方が求められているのかを知っておくことが大切です。

インターンに参加する理由を明確にする

アクセンチュアのESには「コンサルタント塾(プログラム)を通じて、あなたが得たいものを具体的に記述してください」や「コンサルタントという仕事・キャリアに興味を持った理由を、あなた自身の考え方や過去の経験がわかるように説明してください」などが設問されています。

「インターンに参加したい」という意欲を多くの学生が持ちますが、その理由は人それぞれ異なります。この理由をより具体的に伝えられる学生ほど、選考に通過する可能性が高いといえるでしょう。コンサルタントに興味を持った理由についても同じです。この質問では考え方や過去の経験も交える必要があるため、自分とコンサルタントを紐づけて詳しく伝える必要があります。

通過者例文

戦略コンサルタントという仕事・キャリアに興味を持った理由を、あなた自身の考え方や過去の経験がわかるように説明してください。 400文字以上500文字以下

私には、「新しい技術で世界の問題を解決し皆が安心できる世界を作り出す」という夢がある。この夢が形成された背景は2点あり、一つは情報化社会の中で、技術の革新が進み世界が発展していく一方でテロや格差などの問題に苦しむ世界を見てきたためである。
もう一つは、他人の期待に応えることや難しい問題を解決することで得られる達成感や感謝の言葉のために、昔から問題解決をよく行ってきたことである。その夢の実現のために、問題解決のプロフェッショナルである、コンサルティング業界に興味を持った。
戦略コンサルタントに興味を持った理由はほかに2点あり、一つは若いうちから会社の経営に関われることである。私は昔起業を断念したが、実際の経営者や経営組織に多く触れることができるこの仕事で実際の経営というものを学び、将来的には起業も視野に入れたキャリア選択をしたいと考えている。
もう一つは自分の強みが戦略コンサルタントの仕事に活かせると感じたからである。私の強みは持続力と思考力の2点で、持続的な努力と斬新な戦術の創出により、大学から始めたテニスで2年の秋に60人規模のサークルの大将になることができた。

論理的に伝えることを意識する

アクセンチュアのインターン選考で意識したいのが、論理的に伝えることです。これは、ESだけでなく面接などの会話でも共通することです。伝えたい内容を明確にし、正しい道筋を立てて話すことで、相手に理解してもらいやすくなります。

論理的に伝えるには、結論→理由の順番に話します。結論を最初に伝えることは、ESや面接で質問に答える際の基本ともいえます。「私がインターンに参加する理由は〇〇です。私は〜」という風に会話を進めましょう。理由が2つある場合は「私がインターンに参加する理由は2つあります。1つ目は〜」と順序立てると、相手が内容を理解しやすくなります。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

アクセンチュアのインターン内容と日程

アクセンチュアでは、8月〜11月にかけて3つのインターンが開催されます。これらはそれぞれの切り口で、コンサルタントやエンジニアがどういった仕事なのかを体験できる内容です。

インターンは3~5日間かけておこなわれる形で、首都圏がメインです。遠方からの参加の場合は、交通費と宿泊費が支給されるようになっています。

① 戦略コンサルタント育成プログラム

夏期に3日間の日程でおこなわれたインターンは、主に戦略コンサルティング能力を育成することを中心にした内容になっています。インターンを通じて、実際のコンサルティング能力を高めたいと思っている就活生に最適な内容といえるでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
・8月22日~24日
・9月3日~9月5日
・9月10日~9月12日

■参加条件
大学・大学院に在籍し、日本国内での選考および上記いずれかのインターンシップのタームの全日程に参加頂ける方

■開催地
東京都港区周辺

■待遇
遠方から参加時のみ、交通費・宿泊費一部支給

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:7月2日 10:00まで
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

参考:戦略コンサルタント育成プログラム

②和魂偉才塾 コンサルタント塾

和魂偉才塾 コンサルタント塾は、ビジネスコンサルタント育成プログラムが体験できるインターンです。企業や公的機関が抱える難問の包括的な解決をプログラムを通して体感します。実際のプロジェクトに即した課題に挑むことができるため、アクセンチュアとコンサルタントについてより深く知ることができるでしょう。

■実施時期
・10月31日~11月2日
・11月6日~11月8日

■参加条件
大学・大学院に在籍し、日本国内での選考および上記いずれかのインターンシップのタームの全日程に参加頂ける方

■開催地
首都圏

■待遇
遠方から参加時のみ、交通費・宿泊費一部支給

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:9月10日 10:00まで
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

参考:和魂偉才塾 コンサルタント塾

③和魂偉才塾 エンジニア塾

エンジニアのプログラムでは、北海道デリバリー・センター(HDC)でおこなわれます。アクセンチュアのオフィスで開催される唯一のプログラムとなっているため、社員の存在をより近くに感じながら活動することができます。5日間と、他のプログラムと比べて長めに設定されているのも魅力です。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
・8月21日~8月25日
・9月10日~9月14日
・9月25日〜9月29日

■参加条件
大学・大学院に在籍し、日本国内での選考および上記いずれかのインターンシップのタームの全日程に参加頂ける方

■開催地
第1・3ターム 首都圏
第2ターム 札幌(アクセンチュア 北海道デリバリー・センター)

■待遇
遠方から参加時のみ、交通費・宿泊費一部支給

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:7月2日 10:00迄
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

参考:和魂偉才塾 エンジニア塾

アクセンチュアのインターンで考え方や働き方を体感しよう

グローバルに展開を続けるアクセンチュアは、そのインターンの内容も単純にコンサルタント業の体験というだけでは終わらない内容になっています。実際にコンサルティング能力を育成したり、コンサルタント業に関わるエンジニアとしての仕事に触れるなど、幅広く事業内容に触れられることが魅力と言えるでしょう。

コンサルタント業という職業の印象が、このインターンを通じて大きく変わることもあるかもしれません。世界規模の企業で、どのように能力を活かすことができるかを目で見て感じられる機会になるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ