履歴書

【履歴書の髪型での注意点】証明写真を撮影する際のポイントを解説

履歴書に貼り付ける写真の髪型のマナーとは

会社に提出する履歴書には、証明写真を貼り付けなければいけません。証明写真はただ自分の写真であればよいわけではなく、いくつかマナーがあります。この記事では、就活用写真の髪型にフォーカスして、証明写真を撮影する際のポイントを紹介していきます。

男性と女性によって、適切なヘアースタイルや注意点は異なることが多いです。共通していることは、清潔感を意識して、奇抜な髪色や髪型にはしないことです。就活用写真でもビジネスマナーをチェックされているため、髪型の注意点を理解しておきましょう。

あわせて、履歴書の写真における基本的な注意点も解説します。具体的には、サイズや撮影時期などについてです。履歴書に貼り付ける写真のマナーについて理解を深め、内定を近づけましょう。

履歴書に貼る写真の髪型【男性編】

男性の場合、履歴書に貼る写真のヘアースタイルは、眉毛にかからない前髪がベストです。サイドは耳にかからない程度の長さ、襟足は襟にかからない髪型を意識しましょう。

また、清潔感を意識することも重要です。髪型だけではなく、ヒゲを剃り眉毛を綺麗に整えることも、清潔感を維持するためには欠かせません。ビジネスシーンにふさわしくないヘアーアスタイルは避けるようにしましょう。詳しく適切な髪型を紹介します。

眉毛にかからない前髪

就活用写真で男性に適しているヘアースタイルは、眉毛にかからない長さの前髪です。さらに、前髪を左右に分けて額を見せることで、明るく爽やかな印象を与えられます。整髪剤などを用いれば髪の毛を簡単に分けられるため、撮影前に使用しましょう。

整髪剤によってボリュームを出しすぎないことも重要です。眉毛にかからない長さの前髪がよいとはいっても、スキンヘッドなどそもそも前髪がないヘアースタイルは、就活にふさわしいとはいえません。

また、あまりにも前髪が長すぎる場合は、清潔で明るい印象を与えることができないため短くカットしましょう。常識の範囲内の髪型で、短い前髪を心がけるとよいです。

サイドや襟足にも注意

前髪だけではなく、サイドの髪の長さにも気をつかいましょう。基本的には耳にかからない長さにすることです。髪の毛はすぐに伸びてしまいますし、耳周辺は普段気にしない部分でもあるため、注意が必要です。

履歴書に貼り付ける写真であれば、撮り方によっては耳が映らないこともあるでしょう。しかし、面接では、ヘアースタイル全体をチェックされます。髪の毛が耳にかかっている髪型は、マイナスポイントになってしまいます。就活中はサイドの長さにも気を配りましょう。

また、サイドだけではなく襟足の長さにも気を配ることを覚えておきましょう。適切な襟足の髪の長さは、襟にかからない程度です。真正面から見たときに、襟足が見えないことも意識しましょう。

清潔感を意識する

就活用写真のヘアースタイルで守らなければならないことは、清潔感を意識することです。そのため、短髪がベストの髪型といえます。くせ毛の人であっても、清潔感を重視すれば悪い印象を与えません。

ヘアースタイルだけではなく、ヒゲや眉毛も整えておきましょう。ボサボサに生えているヒゲと眉毛は、不潔な印象を与えてしまいます。ヒゲはきちんと剃り、眉毛は軽くカットしましょう。

眉毛カットをしてくれる美容室もあり、おすすめです。ヒゲを許可している会社もありますが、基本的には避けてください。ワックスをつける人は、ツヤの出すぎるタイプや香りのキツイ種類は選ばないようにしましょう。無香料かつあまりツヤツヤしないタイプのワックスがおすすめです。

履歴書に貼る写真の髪型【女性編】

女性の場合は、どのようなヘアースタイルがベストなのでしょうか。男性以上に許されている髪型の種類は多いです。定番のポニーテールだけではなく、フェミニンなハーフアップ、ボブ、シニヨンも好印象な髪型といえます。ヘアースタイルによって向いている職種や業種があるため、志望先に合わせて考えてみるとよいでしょう。髪型が与える印象やセットするときの注意点について、解説していきます。

フェミニンなハーフアップ

「華やかなヘアースタイルにしたい」「女性らしさをアピールしたい」という人は、ハーフアップをおすすめします。とくにミディアムヘアの人に、最適なヘアースタイルです。

髪が短い人がハーフアップにするときは、髪の毛が飛び跳ねる可能性があるため注意が必要です。根元から毛先にかけてワックスを使用するのがおすすめですが、つけ過ぎには注意しましょう。

スプレーで髪型をキープするとき、少し離してかけることもコツです。また、ヘアピンを見える位置に付ける場合は、本数を抑えるようにしましょう。髪の毛を束ねる時に使用するヘアゴムは、黒や茶色のカラーで無地のものがおすすめです。シュシュなどの派手なアイテムは避けるようにしてください。

定番のポニーテール

女性の定番の就活用ヘアースタイルは、ポニーテールです。ポニーテールは、清潔感があるだけではなく、知的な雰囲気も漂う髪型です。結う際は、適切な高さで結べるように注意しましょう。

結う位置が高すぎると派手な印象を与えてしまいます。また、低すぎても綺麗ではありません。髪の毛の長さなどによっても適切な位置が違うため、自分に似合う高さを探して、何度か練習をしてみましょう。また、清潔な印象を与えるために、後れ毛と前髪も整えるとよいです。

ポニーテールであれば、どんな職種・業種にも対応できます。ヘアースタイル選びに迷った場合は、ポニーテールを選択すると間違いないでしょう。

ボブやシニヨンもよい

ボブも、髪の毛の長さによっては問題ありません。髪の毛を耳にかけて額を出し、肩にかからない程度の長さであれば、履歴書の写真にも使えるでしょう。

また、大人っぽい雰囲気を出したい人には、シニヨンもおすすめです。シニヨンは、ポニーテールをまとめたようないわゆる「お団子」のヘアースタイルであり、ホテルなどの接客業に適している髪型です。お団子のポジションを誤ってしまうと幼い印象になってしまうため注意しましょう。また、高すぎる位置でのお団子も、カジュアルな印象を与えてしまうためNGです。

シニヨンを綺麗に作るためにはある程度練習が必要ですが、エアライン系などを志望している女性はマスターしておくとよいでしょう。

履歴書に貼る写真でNGな髪型

履歴書に貼る証明写真では、NGな髪型があります。それは、企業からビジネスマンとして相応しくないと判断される髪型です。そのような髪型の証明写真を使用すると、書類選考の時点でマイナスの印象を抱かれてしまう可能性があります。

履歴書の証明写真から好印象を与えるために、どのような髪型がNGになるのかをしっかりと把握しておきましょう。セットをするときはもちろん、写真を撮る直前にも崩れていないか確認をすることが大切です。

髪が顔や襟にかかっている

髪が顔や襟にかかった状態で写真を撮るのはNGです。男性は、前髪が眉にかからないようにカットしておく必要があります。サイドの髪も伸びすぎていないかをチェックしましょう。

女性は、前髪が眉にかかる場合は、サイドに流すか、上にあげてピンで固定します。また、髪が顔にかからないように、耳にかけるかゴムでまとめておくとよいです。髪がジャケットの襟にかかるくらい長い人は、束ねるか後ろに流して襟がみえるようにしましょう。

髪が顔や襟にかかっていると、清潔感がなくだらしない印象を与えてしまいます。その結果、ビジネスの場をわきまえられない人と評価される可能性もあるでしょう。撮影の直前になって崩れてしまわないように、ピンやワックスなどで固定しておくことが大切です。

ツンツンに立てたヘアスタイル

男性は、普段おしゃれのためにワックスを使う人が多いでしょう。就活でも、髪のセットにワックスを使用しても問題ありません。むしろ、ワックスを使うことで綺麗に整えることができるため、清潔感や誠実な印象を演出すことができます。しかし、誤った使い方をしないように注意が必要です。

おしゃれを意識した、髪をツンツンに立てたようなヘアスタイルは、就活向きではありません。見る人によっては、カジュアルすぎると思われてしまうためです。とくに真面目な社風の会社からは、毛嫌いされてしまう可能性もあります。

履歴書の証明写真だけで会社に合わない人と判断されてしまわないように、ワックスでアレンジしすぎるヘアスタイルは避けるようにしましょう。

セットしていない髪

履歴書の証明写真を撮るときは、きちんと髪をセットするようにしましょう。寝ぐせがついたままの髪は論外です。見る人にだらしない印象を与え、仕事への取り組み方も大雑把なのだろう、と思われかねません。

また、寝ぐせがついていなかったとしても、ヘアセットは必要です。セットをしていない髪型では、パッとしない暗い印象になってしまうためです。とくに男性は、少しワックスをつけるだけでも印象が変わります。ツヤや束感を意識して整えてみましょう。

女性は、前髪やサイドの髪を流したり、耳にかけたりして印象よくみえる工夫が必要です。セットをするときは、撮影するときにくずれてしまわないように、ピンや整髪剤を使用するとよいでしょう。

履歴書の写真の基本

履歴書に貼りつける写真の基本的な注意点を紹介します。履歴書の写真は、サイズが定められています。証明写真機などで撮影する際は、「横3cm×縦4cm」に設定してください。また、撮影した写真の裏側には、自身の名前を記しましょう。

さらに、撮影から3ヶ月以内に撮影した写真を使う必要があります。どれも基本的なルールですが、採用担当者は細かい部分もチェックしているため、手を抜かないようにしましょう。

横3cm×縦4cmのサイズにする

履歴書に対応できる写真サイズは、横3cm×縦4cmです。証明写真機で撮影する人は、このサイズを意識しておきましょう。なぜなら、他にもさまざまなサイズがあり、選択できるようになっているためです。

撮影するサイズを誤ってしまった場合は、取り直すか、適切なサイズにカットするしかありません。ハサミなどで調整しても、上手くいかない可能性もあります。撮影前にサイズを確認し、間違えないようにすることが重要です。

写真館で撮影する際は、就活用写真を撮ってほしいと伝えれば失敗しないでしょう。写真館を利用すれば、カメラマンの撮影で非常に美しい仕上がりになるため、履歴書用の写真として最適です。唯一の弱点は、金額が少し高いことでしょう。

写真裏に名前を書く

撮影した写真の裏側には、名前を書く必要があります。「履歴書に貼り付けて見えなくなってしまうから意味がない」と考える人もいるでしょう。しかし、履歴書から写真がはがれてしまった場合、名前が書かれていなければどの人の写真かを判断することができません。

企業は、多くの履歴書を取り扱っているため管理が非常に大変です。そして、履歴書の写真は、絶対にはがれないとは言い切れません。そのため、企業に迷惑をかけないためにも、名前を記入しておきましょう。

さらに、名前以外にも、大学名や日付などを記載するとより親切です。使用するペンは、文字が消えないように油性タイプを選びましょう。名前の記入は、ひと手間かかりますが重要なプロセスです。

3ヶ月以内に撮影した写真を使う

3ヶ月以内に撮影した写真を使用することも、ルールの一つです。なぜなら、3ヶ月も経てば雰囲気やヘアースタイルなどが変わるためです。直近で撮影した写真であればなおよいでしょう。

履歴書に貼り付ける写真は、本人なのかどうか確認するために存在しています。ヘアースタイルを変えた時、コンタクトレンズからメガネにしたときなどは雰囲気が変化するため、昔の写真を使わないようにしましょう。

古い写真を使っていることがバレてしまった場合、会社に悪い印象を与えてしまいます。撮影にはお金も手間もかかりますが、内定を獲得するために、新たな写真を使用するようにしましょう。

履歴書用の写真は就活に相応しい髪型で撮影しよう

履歴書用の写真を用意する際には、ヘアースタイルに気をつかいましょう。男性ならば、前髪や襟足、サイドの長さを調整してください。明るく清潔な印象を与えられる短髪がベストです。

女性は、ポニーテールやボブ、ハーフアップ、シニヨンなどがおすすめの髪型です。志望する職種や業種に合わせたヘアースタイルに変えてみましょう。履歴書用の写真は、サイズや撮影時期などに決まりがあり、裏側に名前を書くルールもあります。どれも大切なことであるため、忘れずに対応しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ