履歴書

【履歴書における髪型とは】証明写真を撮影する際のポイント

履歴書に貼り付ける写真の髪型のマナーとは

会社に提出する履歴書には、必ず証明写真を貼り付けます。自分自身を撮影した写真でなければならず、いくつかマナーも存在しています。この記事では、就活用写真の髪型にフォーカスして、証明写真を撮影する際のポイントを紹介しましょう。

男性と女性によって、適切なヘアースタイルや注意点は異なります。基本的には、清潔感を意識して、目立とうと奇抜な髪色や髪型にはしないことです。就活用写真もビジネスシーンの一部になるため、マナーを守るようにしましょう。

併せて、履歴書の写真の基本も解説します。具体的には、サイズや撮影時期などを取り上げます。いずれにせよ、履歴書に貼り付ける写真の髪型のマナーについて理解を深め、内定を近づけましょう。

履歴書に貼る写真の髪型【男性編】

男性であれば、履歴書に貼る写真のヘアースタイルは、眉毛にかからない前髪がベストです。サイドは、耳にかからない程度の長さ、襟足は、襟にかからない髪型を意識しましょう。

また、清潔感を意識することも重要です。髪型だけではなく、ヒゲを剃り、眉毛を綺麗に整えることも、清潔感を維持するためには、欠かせません。ビジネスシーンにふさわしくないヘアーアスタイルは避けるようにしましょう。詳しく適切な髪型を紹介します。

眉毛にかからない前髪

就活用写真で男性に適しているヘアースタイルは、眉毛にかからない程度の長さの前髪です。さらに、左右に分けて、額を見せることで、明るく爽やかな印象を与えられます。整髪剤などを用いれば、髪の毛を簡単に分けられますので、撮影前に使用しましょう。

整髪剤によって、ボリュームを出しすぎないことも重要です。「眉毛にかからない程度の長さの前髪」はよしとされているものの、スキンヘッドなど、そもそも前髪がないヘアースタイルは就活にふさわしいとはいえません。

また、あまりにも前髪が長すぎる場合、清潔かつ明るい印象を与えられませんので、短くカットしましょう。いずれにせよ、常識の範囲内での髪型で、短い前髪を目指してください。

サイドや襟足にも注意

前髪だけではなく、サイドの長さにも気をつかいましょう。基本的には、耳にかからない長さにすることです。髪の毛はすぐに伸びてしまいますし、耳周辺は普段気にしない部分でもありますので、注意が必要です。

もちろん、履歴書に貼り付ける写真であれば、耳は映りません。しかしながら、面接する際などは、ヘアースタイル全体をチェックされますので、髪の毛が耳にかかっている髪型は、マイナスポイントになってしまいます。就活中は、サイドの長さにも気を配りましょう。

また、サイドだけではなく、襟足も適切な長さがありますので、覚えておきましょう。適切な長さは、襟にかからない程度です。真正面から見た際、襟足が見えないことも意識しましょう。

清潔感を意識する

就活用写真のヘアースタイルで、必ず守らなければならないことは、清潔感を意識することです。そのため、短髪がベストの髪型です。くせ毛の人であっても、清潔感を重視すれば悪い印象を与えません。

ヘアースタイルだけではなく、ヒゲや眉毛も整えておきましょう。ボサボサに生えているヒゲと眉毛は、不潔な印象を与えてしまいます。ヒゲはきちんと剃り、眉毛は軽くカットしましょう。

眉毛カットをしてくれる美容室もありますので、おすすめです。ヒゲを許可している会社もありますが、基本的には避けてください。ワックスをつける人は、ものすごくツヤの出るタイプや香りのキツイ種類は選ばないようにしましょう。無香料かつあまりツヤツヤしないタイプのワックスがおすすめです。

履歴書に貼る写真の髪型【女性編】

女性の場合は、どのようなヘアースタイルがベストなのでしょうか。結論から先に述べると、男性以上に許されている髪型の種類は多いといえるでしょう。定番のポニーテールだけではなく、フェミニンなハーフアップ、ボブ、シニヨンも好印象な髪型です。ヘアースタイルによって、向いている職種や業種がありますので、意識しておくとよいでしょう。写真ではわからないかもしれませんが、面接対策などにも活かしてください。

フェミニンなハーフアップ

「華やかなヘアースタイルにしたい」「女性らしさをアピールしたい」という人は、ハーフアップをおすすめします。特にミディアムヘアの人には、最適なヘアースタイルです。

髪が短い人がハーフアップにすると、髪の毛が飛び跳ねる可能性があるため注意が必要です。根元から毛先にかけてワックスを使用するのがおすすめですが、つけ過ぎには注意しましょう。

スプレーで髪型をキープする際、少し離してかけることもコツです。また、ヘアピンを見える位置に付ける場合は、本数を抑えるようにしましょう。髪の毛を束ねる時に使用するヘアゴムは、黒や茶色のカラーで無地のものがおすすめです。シュシュなどの派手なアイテムは避けるようにしてください。

定番のポニーテール

女性の定番の就活用ヘアースタイルは、ポニーテールです。ポニーテールは、清潔感があるだけではなく、知的な雰囲気も漂う髪型です。結う際は、どのポジションが正しいのか、高さを意識しましょう。

高すぎてもよくありませんし、低すぎても綺麗ではありません。髪の毛の長さなどによって適切な位置が違いますので、何度か練習すると、髪の毛を綺麗にまとめられます。

また、清潔な印象を与えるために、後れ毛と前髪も整えておきましょう。いずれにせよ、ポニーテールであれば、どんな職種・業種にも対応できます。公務員や事務系の仕事などに適しているだけではなく、ヘアースタイル選びに迷った際は、ポニーテールを選択しましょう。

ボブやシニヨンもよい

ボブも、髪の毛の長さによっては問題ありません。髪の毛を耳にかけ、額を出し、肩にかからない程度の長さであれば、履歴書の写真にも使えるでしょう。

また、大人っぽい雰囲気を出したい人は、シニヨンもおすすめです。シニヨンは、ポニーテールをまとめたようないわゆる「お団子」のヘアースタイルであり、ホテルなどの接客業に適している髪型です。お団子のポジションを誤ってしまうと幼い印象になってしまうため注意しましょう。また、高すぎる位置でのお団子もNGです。

シニヨンを綺麗に作るためには、ある程度練習が必要ですが、エアライン系などを志望している女性はマスターしておくとよいでしょう。

履歴書の写真の基本

履歴書に貼りつける写真の基礎を紹介します。履歴書の写真は、サイズが定められています。証明写真機などで撮影する際は、「横3cm×縦4cm」に設定してください。また、撮影した写真の裏側には、自身の名前を記しましょう。

さらに、撮影から3ヶ月以内に撮影した写真を使う必要があります。どれも基本的なルールですが、採用担当者は細かい部分もチェックしていますので、手を抜かないようにしましょう。

横3cm×縦4cmのサイズにする

履歴書に対応できる写真サイズは、横3cm×縦4cmです。証明写真機で撮影する人は、このサイズを意識しておきましょう。なぜなら、他にもさまざまなサイズがあり、選択できるようになっているからです。

撮影するサイズを誤ってしまった場合は、取り直すか、適切なサイズにカットするしかありません。ハサミなどで調整しても、上手くいかない可能性もありますので、撮影前に必ずサイズを確認し、間違えないようにすることが重要です。

写真館で撮影する際は、就活用写真を撮ってほしいと伝えれば失敗しないでしょう。写真館を利用すれば、カメラマンの撮影で非常に美しい仕上がりになりますので、履歴書用の写真として最適です。唯一の弱点は、金額が少し高いことでしょう。

写真裏に名前を書く

撮影した写真の裏側には、必ず名前を書きます。「履歴書に貼り付けて見えなくなってしまうから意味がない」と考える人もいるかもしれませんが、万が一写真がはがれてしまった場合、どの人のものなのか、すぐに判断できるメリットがあります。

各企業は、多くの履歴書を取り扱っているため管理が非常に大変です。そして、履歴書の写真は、絶対にはがれないとは言い切れません。ですので、企業に迷惑をかけないためにも、名前を記入しておきましょう。

さらに、名前以外にも、大学名、あるいは日付などを書くとより親切です。使用するペンは、文字が消えないように油性タイプを選びましょう。名前の記入は、ひと手間かかりますが重要なプロセスです。

3ヶ月以内に撮影した写真を使う

3ヶ月以内に撮影した写真を履歴書に貼り付けることも、ルールの一つです。なぜなら、3ヶ月も経てば雰囲気だけではなく、ヘアースタイルなども変わるためです。3ヶ月以内ではなく、直近で撮影した写真であればなおよいでしょう。

履歴書に貼り付ける写真は、本人なのかどうか確認するために存在しています。ヘアースタイルを変えた時、コンタクトレンズからメガネにした時などは、雰囲気が変化するため、昔の写真を使わないようにしましょう。

古い写真を使っていることがバレてしまった場合、会社に悪い印象を与えてしまいます。撮影にはお金も手間もかかりますが、内定を獲得するために、新たな写真を使用するようにしましょう。

履歴書用の写真は就活に相応しい髪型で撮影しよう

履歴書用の写真を用意する際には、ヘアースタイルに気をつかいましょう。男性ならば、前髪、襟足、サイドの長さを調整してください。明るく、そして清潔な印象を与えられる短髪がベストです。

女性は、ポニーテール、ボブ、ハーフアップ、シニヨンなどがおすすめの髪型です。後れ毛などに気を付け、職種や業種に合ったヘアースタイルに変えてみましょう。履歴書用の写真は、サイズ、撮影時期などに決まりがあり、裏側に名前を書くルールもあります。どれも大切なことですので、忘れずに対応しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ