就活その他

【証明写真の正しいサイズとは】間違えた時の対処法も紹介

証明写真機で撮れるサイズってどのくらいあるの?

履歴書に必要となる証明写真の準備では、一般的に身近で簡単にすぐ撮影することのできる証明写真機を利用する人が多いのではないでしょうか。証明写真は履歴書だけでなく、パスポート、免許証、大型・中型証明書などで使用しますが、それぞれサイズが異なります。

証明写真機にある一般的なサイズは履歴書用(40×30mm)、運転免許証用(30×24mm)、パスポート用(45×35mm)、ビザ用(50×50mm)、大判(70×50mm)です。これらは機種によりますが、履歴書用だけでもサイズが2パターンセットになっているものや、1パターンのみのものもあります。機種によってはこれ以外のサイズの種類や細かく自由選択できるものもあります。

履歴書に貼る適正なサイズを紹介

証明写真機では色々なサイズの写真が撮影できますが、履歴書に必要となる適正なサイズはどのくらいなのでしょうか。

履歴書で使用する写真のサイズは基本的に決まっています。そのため証明写真機で撮影する場合「履歴書用」のボタンがあります。しかしすべての履歴書が同じサイズとは限りません。適正なサイズを貼ることは社会人としてのマナーとされています。誤ったサイズの写真を貼ってしまわないよう注意しましょう。

一般的な履歴書の証明写真サイズは40×30mm

一般的に履歴書を用意する場合コンビニ、事務用品、100円ショップなどの店で購入することが多いでしょう。これらで市販されている履歴書の証明写真サイズは40×30mmが基本です。

このサイズはどの証明写真機でも撮ることのできるサイズとなっています。証明写真機で撮影するサイズを選択する際、「履歴書用」を選択すれば40×30mmのサイズで撮ることができます。

一般的な履歴書を購入した場合、サイズを覚えたりメモするのを忘れた場合は「履歴書用」で撮影すれば間違いありません。履歴書を送る場合、証明写真は1~2枚必要になってきます。履歴書以外で使用する予定がない場合は、予備として残せるようサイズ混合していない1サイズのみのものを選びましょう。

応募先の会社によってサイズが異なることもある

履歴書は応募先の会社によって自身で用意する場合と会社指定の履歴書に書く場合があります。自身が用意する場合は市販のものを使用するので証明写真のサイズは一般的な40×30mmになるでしょう。

しかし会社指定の場合は会社で作られていることが多いため、証明写真のサイズが一般的な履歴書用写真のサイズと異なる場合があります。またサイズ指定が書いてある場合はその指定されたサイズを用意すればいいのですが、サイズ指定のない場合もあります。

会社指定の履歴書用写真を用意する場合は、履歴書の写真を貼る場所のサイズを測るなど十分注意することが必要です。サイズに不安がある時は、やや大きめのサイズにすると調整しやすいのでおすすめです。

証明写真を貼る前に履歴書の内容を確認しよう

証明写真を貼る前に履歴書の内容を見直しましょう。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか郵送前にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に自信がないという就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

証明写真のサイズを間違えたときの対処法

履歴書用の写真を用意する場合、証明写真を撮影したもののサイズが合わなかった、切りすぎて小さくなってしまったというケースは少なくありません。そこでサイズが合わなかったからと慌てて撮り直しに行く必要はありません。

サイズを間違えてしまってもうまく調整すればそのまま使用することができます。撮影してきた写真のサイズと履歴書と合わせてどのくらい小さいか、または大きいかまずは一度サイズを確認してみましょう。ではそれぞれの対処法をご紹介していきます。

履歴書の枠より小さくなった場合

証明写真が履歴書の枠より小さかった場合、多少なら調整して使用することができます。履歴書への貼り方ですが、小さい場合は写真を貼る枠の中央に寄せるようにしましょう。写真を貼ったとき履歴書の枠線に合わせれば合わせるほど見栄えのいい美しい履歴書となります。

そのためあまりにも枠線に合っていなければ不格好です。写真のサイズは小さくても枠線より2~3mmまでのものを使用しましょう。それより小さい場合は撮りなおす必要があります。また小さいサイズの写真を使用する場合ゆがんだり曲がったりしやすいので、定規を使うなどをしてまっすぐきれいに貼ることも大切です。

履歴書の枠より大きくなった場合

次に証明写真が履歴書の枠より大きかった場合です。大きすぎた場合、ハサミ・カッターで余分なところを切って調整することができます。ここで注意しなければならないのは「自身のサイズ」と「全体のバランス」です。

まず自身のサイズはアップで撮りすぎていては使用することができません。上は頭が切れないように、下は胸より上が最低でも写っていなければいけません。次に全体のバランスですが、自身の上下バランスはもちろん左右の余白が多すぎても不格好です。また左右の余白サイズがバラバラでも見栄えが悪いので、定規やカッターを使ってバランスよく丁寧にきれいにカットするようにしましょう。

スマホアプリでも撮れる証明写真

証明写真は、写真屋や証明写真機で撮影している人が比較的多いです。しかし撮影したものの写真写りがいまいちだったり、撮りなおすにも意外と値段が高く撮り直ししにくいという経験を持っている人もいるでしょう。

今は携帯のアプリで撮ることもできます。明るさなどを細かく調整できるだけでなく、くま隠しや美肌効果のあるものやサイズも細かく調整することができます。証明写真機がどこにあるかわからない、撮りに行く暇がないときなどにも便利です。どんなアプリなのか、メリットや注意点などまとめてご紹介していきます。

証明写真撮影アプリを紹介

  • 履歴書カメラ(iOS、Android対応)
  • 美肌証明写真(iOS対応)

履歴書カメラは、リクルートが提供している「簡単・速い・安い」が特徴の有名な証明写真アプリです。無料でダウンロードできます。撮影→写真補正→サイズ選択→印刷といった流れで作成可能です。美肌効果やクマ消しもできて、ワンタップで誰でも簡単に撮影することができる人気のアプリです。家で印刷してもいいですし、コンビニで印刷すれば30~50円くらいですぐに印刷できます。質を求めるのであれば写真屋で印刷してもらうと良いでしょう。

美肌証明写真は細かく幅広いサイズ設定をするのに便利な証明写真アプリです。美肌・彩度・明るさで肌をきれいに見せることもできます。サイズは数種類のサイズがあるだけでなく、好きなサイズを指定して組み合わせることもできます。このアプリの良いところとして、撮影後に写真の大きさを調整することができることが特徴です。印刷は自宅のプリンタでもコンビニでも印刷することができます。

アプリを使用するときの注意点

アプリは証明写真機や写真屋さんと違いいつでも手軽に撮影できて、美白・美肌など好きなように調整することができます。さらに値段も手ごろなのでとても便利です。

しかし逆に言えばすべて自分で調整しなければならないため、操作が苦手な人には不向きです。美肌効果も明るくしすぎてはぼやけて見えにくくなってしまいます。さらに印刷の出来もコンビニや家のプリンタでは写真屋などに比べて質が下がります。証明写真機や写真屋さんに撮影してもらった方がキレイに仕上がるので、不安な人はアプリを使用しない方がいいでしょう。

まずは事前に必要なサイズ確認をしよう!

履歴書に貼る証明写真は基本的には一般的なサイズの40×30mmで撮影すると間違いないでしょう。しかし先ほど説明した通り、自分で購入した履歴書以外を使用する場合は、しっかり必要なサイズを確認することが大切です。

履歴書は会社側から見る第一印象にもなります。履歴書の見栄えが悪ければもちろん第一印象も悪くなってしまいます。また一般的な証明写真機で撮影する場合は600~800円くらい、写真屋では枚数によりますが一般的に1,000円くらいかかります。無駄にお金を使わないためにもサイズを間違えないよう注意するようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ