就活その他

【理系大学院の就職ランキング】院卒で就活を成功させる方法

理系の大学院卒は就職に有利?

就活では学歴が関係することも多く、特に大卒か院卒かの違いは大きいです。ひとくちに院卒と言っても、文系か理系かの違いは大きく、どちらに該当するかで就職先の選択肢も違ってきます。

理系の大学院卒で就職を目指すなら、就職事情を正しく把握しておくことが大切です。大学院卒は就職で有利になるのか、かつ理系の場合はどのように作用するのか知っておくと、よりスムーズに就活が進められます。

また、理系の大学院卒におすすめの企業ランキングを知っておくと、具体的にどのような企業を目指すべきか、イメージもしやすいためおすすめです。理系の大学院卒であることが、就職にどのような影響を及ぼすのか知り、就活への取り組み方を考えてみましょう。

理系の大学院卒の就職メリット2つ

大前提として、大学院卒であること、そして理系であることにはメリットがあります。大学院に行くと就職が不利になるとイメージされる場合もありますが、理系の場合は不利になるケースは少なく、むしろプラスに働くことも多いでしょう。

就職に関するメリットを知っておくと、就活も進めやすく、よりスムーズに選考にも望めます。理系大学院卒ならではの就職メリットを把握しておきましょう。

①専門職への就職が可能

理系の大学院卒だと、専門職への就職が可能となります。そもそも新卒の場合は就職の選択肢は幅広く用意されていますが、一部専門職があるのは確かです。専門職は応募の時点から条件が決められており、それを満たさないとチャレンジすらできないことも少なくありません。

文系大学院卒の専門職もないわけではありませんが、数で比較するなら理系大学院卒のほうが圧倒的に多いです。他の学歴では就職できない選択肢を持てるのは大きなメリットであり、自身の将来性を広げられるのは魅力的なポイントでしょう。

もちろん、専門職以外での就職も可能なため、その他職業も含めるなら就職先の選択肢は非常に多いです。全学歴の中でも、理系の大学院卒は就職先の自由度が高いといえるでしょう。

やりたいことが仕事にできる

専門職で就職した場合、やりたいことが仕事にできる点も魅力のひとつです。理系の大学院卒で専門職となると、研究に関する仕事が一般的です。自分の好きな分野、学びたい分野の研究をし、それが仕事に繋がってお金がもらえるため、得意分野を仕事にしたい人には魅力的でしょう。

研究者として学び続けるだけではなく、専門職に就職してもやりたいことを仕事にするという夢は叶えられるため、選択肢のひとつとして考えることが大切です。もちろん、企業によって業務内容は異なるため、必ずしもやりたいことが実現できるとは限りません。

分野的には大学院で学んだことと同じでも、肝心の仕事がやりたいことと違う可能性もあるため、業務内容は念入りにチェックすることが大切です。

②初任給が高い

大学院卒の場合は、大卒よりも初任給が高いです。企業によって違いはありますが、大卒が20万円程度であるのに対し、大学院卒だと22~25万円程度であることが多いでしょう。初任給が違うと、初年度の年収も違い、その後の伸びしろが変わることも多いです。

社会人生活全体で考えると、生涯で獲得できる金額が違ってくることもあり、大学院卒は金銭的なメリットが大きいでしょう。特に理系の場合は専門職で特殊なスキルや豊富な知識が要求されるため、初任給からその後の給料水準も高い傾向にあります。

ただし、全ての企業で給料が高いわけではなく、当然企業による差は存在します。また、社会に出るのが数年遅くなる分、実際に獲得できる金額は、大卒のほうが多くなる場合もあることは理解しておきましょう。

理系大学院卒の就職先ランキング

実際に就職先を考える際には、ランキングを参考にするのがおすすめです。どのような企業が理系大学院卒者に人気なのか、また理系採用が多い企業はどこなのか知っておくことが大切です。

理系で、かつ大学院卒となると、選択肢の幅は広く、一般職から専門職まで選べます。選択肢が多いからこそ迷いやすく、志望先の選定で失敗することも少なくありません。それぞれのランキングを参考にして、どのような企業が人気なのか傾向を知ることが、就活のスムーズな攻略に繋がります。

学生人気の高い企業ランキング

1位:トヨタ自動車
2位:日立製作所
3位:パナソニック
4位:野村総合研究所
5位:サントリーグループ
6位:ソニー
7位:花王
8位:ホンダ
9位:住友化学
10位:デンソー
【大学院生・理系】2020年卒 就職希望・人気企業ランキング | キャリタス就活2020 | 新卒・既卒学生向け就職活動・採用情報サイト

キャリタス就活2020によると、理系の大学院卒者に人気の企業は、上記10社です。人気企業は大手が集中するのは確かですが、理系大学院の学生に絞った場合は、メーカーが集中している点も特徴的です。

野村総合研究所のみ違いますが、各分野のメーカーが集中しているのは、理系ならでは、大学院卒ならではの選択といえます。大学院で学んだこと、研究したことを仕事に活かしたいからこそ、このような結果になっているといえます。

理系採用が多い企業ランキング

1位:ホンダ
2位:スギ薬局
3位:デンソー
4位:マツモトキヨシ
5位:ダイキン工業
6位:アイシン・エィ・ダブリュ
7位:京セラ
8位:三菱自動車
9位:NTT西日本
10位:大林組
「理系学生の採用が多い会社」ランキングTOP200 | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン

東洋経済オンラインによると、理系学生の採用が多い企業は上記の通りです。基本的にはメーカーが中心であり、化学から医薬、工業、建設といった幅広い分野で積極的に採用されています。

学生人気の分野と採用が多い企業の分野はある程度一致しているものの、企業までは一致していないため注意が必要です。ただし、大手企業の場合、どうしても文系学生の採用数が多くなる傾向にあります。そのため、学生人気が高い企業でも理系学生の採用が少ないわけではなく、単に文系学生と比較して低いだけともいえるでしょう。

理系大学院卒でスムーズに就職を決めるには

理系の大学院卒は学歴だけで見てもやや特殊で、他の学生とは就活のやり方やポイントが異なります。普通通りのやり方をしていても、上手く就職が決められない可能性もあるため、理系大学院卒ならではのポイントを把握して取り組まなければなりません。

スムーズに就職を決めるためには、就活そのものの取り組み方の工夫や、選考に臨む際の意識の改革、事前準備が必要です。長い学生期間からスムーズに社会人へ移行するためにも、上手な就活のやり方を知っておきましょう。

推薦を受ける

大学院卒に限ったことではありませんが、理系の学生は文系よりも推薦を受けやすいです。研究室や教授からの推薦を受けると、従来の選考とは別枠で就職が決められる場合もあり、専門職での就職も目指しやすいでしょう。

ただし、推薦を受けるためにはいくつもハードルをクリアしなければならず、学業の成績や普段のおこない、態度といった、日常的な問題もクリアする必要があります。また、推薦を受けたからといって、確実に合格するとは限りません。

推薦入社の考えは企業によって違い、推薦=ほぼ100%合格とする企業だけではなく、他の選考と難易度は同じとする企業もあります。企業ごとの捉え方の違いを事前に把握するのは難しいため、どの選考でも事前準備を徹底してから臨むことが大切です。

研究内容を分かりやすく伝えられるようにする

理系大学院卒という経歴を持っていると、就活時には研究内容を細部まで問われることが多いです。学生時代に取り組んだことは、就活では頻出の質問のため、上手に答えられるよう、回答内容を用意しておかなければなりません。

理系大学院卒の場合は、研究内容が他の人よりも専門的になりやすいため、専門外の人にも分かるように伝える意識を持ちましょう。仮に正しく研究内容を伝えられていたとしても、採用担当者に理解してもらえていないと、ただ一方的に押しつけただけになってしまいます。

アピールはまず理解してもらうことが大切なため、やってきたことを分かりやすく伝える工夫が必要です。もちろん、専門職の選考で相手も同じ分野で活躍する人なら、専門用語を使った説明をしても問題はないでしょう。

キャリアプランを明確にしておく

どこに就職するかで悩む人は多いですが、就活は就職先を決めて終わりではありません。むしろ就職してからが長い社会人生活のスタートであるため、就職後のことを見越してキャリアプランを明確に設定しておくことが大切です。就職して何をしたいか、どのように成長したいかが明確にできていないと、ポテンシャル部分を評価してもらえず、悪印象を与えてしまいます。理系の大学院卒なら専門職として即戦力が期待されますが、現在の能力だけではなく、就職後の成長力も含めて評価されています。現時点の能力ややりたいことを提示するだけでは不十分であり、企業に対して将来性を示さなければなりません。就職後、どのように成長してキャリアアップしていきたいか、社会人としての将来設計も考えておきましょう。

理系大学院を卒業した後の就職を考えておこう

理系大学院卒の場合、専門職への就職も可能で、就職先の選択肢は非常に多いです。しかし、選択肢が多いからこそ迷いやすくもあり、どこに就職すべきか悩む人も少なくありません。本当にやりたいことができる、自分に合っている企業に就職することが大切で、企業との相性は将来性も含めて考えることが大切です。

やりたいことが実現できるか、専門分野の仕事に携わり続けることができるかは、念入りにチェックしておきましょう。確認を怠ると、就職してすぐに企業が一定の分野から撤退し、やりたいことができなくなる場合もあります。理系大学院卒という学歴を存分に活かすためにも、ランキングを参考にしながら自分に合った企業を見つけ、強みを活かして就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ