就活その他

【Uターン就職とは】地方に移住して働くメリット・デメリット

Uターン就職とは何か知らない人は多い

就活では就活用語やビジネス用語まで幅広く登場し、聞きなれない言葉が出てくることも多いでしょう。就職に関する用語でいうなら、「Uターン就職」が就活では頻繁に登場します。頻繁に登場する言葉のため、何気なく使っている人も多いですが、中には細かい意味や定義を知らないまま、雰囲気だけで使っている人もいるようです。

就活を進めるには、Uターン就職とは何か、正しい理解を持っておくことが大切です。Uターン就職に限らず、分からないことは調べて正しく理解することが、就活攻略の近道といえます。Uターン就職だけではなく、関連する他の言葉の意味も知り、就活を進めていきましょう。

Uターンとは

まずはもっとも基本となるUターン就職の意味を理解することが大切です。Uターン就職とは、地方から都市部に進学し、就活でまた地元に戻ってくることを指します。一度は上京するものの、就職に際して地元に戻ってくる動きから、Uターン就職と呼ばれています。

例えば北海道から東京の大学に進学し、就職は北海道に戻ってする場合は、Uターン就職に該当すると考えましょう。これが北海道から東京に進学、そのまま東京で就職になるとUターン就職とはいいません。

また、東京を離れるものの、地元北海道には戻らず就職する場合も別の言葉が該当します。Uターン就職とは、文字通り上京後、地元にUターンして就職先を探すことと覚えておきましょう。

Iターンとは

Uターン就職だけではなく、Iターン就職という言葉もあります。Iターン就職は都市部の学生が、地方で就職することを指します。東京で生まれ育ち、東京の大学に進学後、地方で就職する場合は、Iターン就職に該当すると考えましょう。

Iターン就職の場合は、都市部の進んだ技術や洗練されたスキルを地方に持ち込めるという魅力があります。都市部の活発な刺激を取り入れることで、地方の活性化を促すのがIターン就職の大きな役目といえるでしょう。ただし、Iターン就職で地方にもたらされるメリットは、大抵の場合でキャリアを持った人が転職する際に発生するといえます。

新卒で就職する場合は、地方の自然や環境に魅力を感じてIターンを希望する場合が多いといえるでしょう。また、志望企業が地方にあった場合も、Iターン就職をすることになります。

Jターンとは

Jターン就職は少しややこしいですが、基本的な考え方はUターン就職と似ています。Jターン就職の場合は、地方で育って都市部に進学します。その後就職の際に地方へと移り住みますが、この時地元に戻らず、別の地域で生活することをJターン就職といいます。

例えば北海道から大学進学で東京に来た人が、千葉に就職、移住した場合はJターン就職に該当するでしょう。Jターン就職の場合は完全に地元に戻らず、都市部周辺の郊外地域に移住することが多いです。

周辺が田舎すぎず、都会すぎもしないバランスの取れた環境で暮らしたい人が、Jターン就職を希望します。利便性を残しつつも豊かな生活と両立できるという点で、Jターン就職を希望する人も多いでしょう。

Uターン就職を選ぶ主な理由

進学で都市部に出てきた場合は、そのまま大学の近くで就職先を探すということも少なくありません。そのため、Uターン就職は一般的というわけではなく、あくまでも選択肢のひとつといえますが、これを選ぶことにはさまざまな理由があります。

Uターン就職も視野に入れているなら、実際におこなう人はどのようなことを理由にしているのか、知っておくと参考になるでしょう。Uターン就職をする主な理由は、大きく3つ挙げられます。

働きたい仕事が地方にあったため

珍しいケースではありますが、やりたい仕事が都市部ではなく、地元にあったためにUターン就職をするという人はいます。仕事の選択肢は基本的には都市部のほうが多く、地方では少ない傾向にありますが、これは業種などによって異なります。

例えば林業や漁業、農業など、特定の地域でおこなう仕事の場合は都市部よりも地方のほうが働き手が求められる傾向にあります。また、その地域での特産物にかかわる仕事などは、地元で仕事が完結しており、都市部では仕事がないというケースも少なくありません。

やりたい仕事の内容次第では地元に帰らなければ就職できないことも少なからずあるため、仕事の選択肢を理由にUターン就職をする人もいます。

都会での生活が合わなかったため

いざ都会に出てきたものの、都市部での生活が合わず、地元に帰りたいと考える人は少なくありません。進学で都会に出てくる際には期待に胸を膨らませていることも多いですが、実際に生活してみると人の多さや喧騒などに嫌気が差すこともあります。

地元が閑静な住宅地であるなら余計にギャップを感じやすく、都会よりも地方で働きたいと考える人は少なくありません。都市部で就職すると、そこから数十年以上都会に住み続けることになり、これには耐えられないと考えてUターン就職をする人もいるでしょう。

もちろん、転勤など勤務地が移動するケースもありますが、本社が都会にあると基本的に都市部で働くことになるため、地方本社の企業に就職したいと考える人は多いです。

子育てや親の介護のため

仕事以外のライフプランを考えたときに、都市部での就職ではなくUターン就職を検討する人は多いです。特に子育てや親の介護などを考えると、地元に帰って就職したほうが色々と都合がよいということも少なくありません。

例えば子育ての場合は、都市部にいると育児をしながら働くことが難しく、やりたい仕事を断念せざるを得なくなることもあります。Uターン就職をするなら親に子どもを預けやすく、仕事と育児も両立しやすいです。

また、慣れ親しんだ環境なら安心して子どもを育てやすいため、穏やかな環境で子育てがしたいという人にもおすすめです。親の介護が必要な場合も、近くにいたほうがいざというときに駆けつけやすく、サポートもしやすくなるでしょう。

Uターン就職のメリット5つ

UターンとIターン、Jターンで比較すると、新卒ならUターン就職が一般的です。そのまま都市部に残る選択肢も当然ありますが、地方に戻るならあえて知らない土地を選ぶ人は少ないでしょう。

Uターン就職は新卒におすすめであり、特有のメリットも存在します。Uターン就職ならではのメリットは、大きく5つに分けられます。メリットを知って、Uターン就職の魅力をさらに深堀りしていきましょう。

①慣れ親しんだ環境で働ける

Uターン就職は地元に戻って就職するため、慣れ親しんだ土地で働ける点がメリットです。知った土地なら社会人へのステップアップもそれほど不安にはならず、むしろ安心して働きやすいでしょう。また、慣れ親しんでいるのは土地だけではなく、人間関係も見知った仲ということが少なくありません。

お互いに知り合いなら就職に関する不安はさらに小さくなり、就職に対する心構えも緩められます。また、仕事だけに限らず、プライベートでも勝手知ったる土地のため、不安は少ないでしょう。

実家で暮らせるなら家賃の心配はなく、仮に実家を離れる場合でも周囲には知っている人がいるためサポートもしてもらえます。友人も知り合いもいない環境で働くという心配がなく、精神的な支えが得られます。

②物価や地価が安い傾向にある

地域によって違いはありますが、都市部と比較すると地方のほうが物価や地価は安い傾向にあります。その分都市部では給料が高いことも多いですが、増額分を考慮しても出費が増えやすい分、貯金にまで手を回すのが難しいです。

地方なら3~5万円程度で借りられる家が、東京だと7~10万円以上するということも多く、単純に家賃だけで比較しても、倍以上の出費になる可能性があります。もちろん、地域による差は大きく、地方でも例えば離島なら運送の関係で物価が高くなります。

場合によっては都市部より高いこともあり、地方なら確実に金銭的なメリットがあるとは限りません。しかし、地価に関しては地方のほうが安い傾向にあり、生活に必須のコストが安い点は大きなメリットでしょう。

③自然豊かな土地なら暮らしやすい

これも地域による違いはありますが、地元が自然豊かな場所なら暮らしやすいというメリットもあります。地方から都市部に出た場合、大学生活を通じて都会の喧騒が嫌になる人は少なくありません。

もちろん、反対に都会が気に入るという人もいますが、地元が恋しく戻りたくなることは多いです。自然豊かな環境で暮らせると仕事のストレスも軽減でき、プライベートも充実させやすいでしょう。

また、豊かな土地なら子育てをする環境としてもよく、将来的なライフプランを考えても、早めに地盤を地元に移すのはひとつの手です。都会の環境に疲れた人や、自然に触れながら豊かな生活がしたい人にとっては、Uターン就職は大きなメリットになるといえます。

④満員電車で通勤しなくていい

地方でも通勤ラッシュは少なからずありますが、都市部のようにぎゅうぎゅう詰めの満員電車であるということはあまりないです。地域の人口にもよりますが、通勤ラッシュ時でも多少混雑しているといった程度で収まることは多く、都市部での通勤よりははるかにストレスが少ないことは確かです。

仕事をする上では通勤は重要な問題であり、満員電車に揺られているだけでも体力は大きく消耗します。満員電車を避けるために仕事を変えたり、引っ越しをしたりする人もいるくらいであるため、これに悩まされないのはUターン就職ならではの特権でしょう。

都市部に比べると電車の本数が少ないことも多いですが、道が広いため車で通勤が可能な場合も多く、通勤時の負担は比較的少ないといえます。

⑤待機児童数が少なく子育てがしやすい

育児と仕事を両立させる上では、保育園に預けられるかどうかが重要となります。都市部でも地方でも保育園に預けることは可能ですが、待機児童数の関係から都市部ほど倍率が高いです。

地方では待機児童が少ないため倍率が低く、スムーズに保育園に入れられるということも少なくありません。保育園を利用しやすい環境にあることで、子育てがしやすく、かつ仕事にも打ち込みやすい環境といえるでしょう。

また、実家の近くに住むなら、保育園に預けられない日は親に面倒を見てもらったり、残業などで遅くなる日は親に迎えを頼んだりすることも可能です。頼れる人が近くにいるとサポートをしてもらいやすく、保育園の利用のしやすさも含めて、子育てがしやすい環境であるといえるでしょう。

Uターン就職のデメリット3つ

複数のメリットがあるUターン就職ですが、デメリットもあるため注意しなければなりません。メリットばかりに惹かれて就職すると、就職してから失敗したと感じてしまう場合もあるため注意が必要です。

何事にもメリットとデメリットの両方があるため、両面を知った上でUターン就職するか決めることが大切です。デメリットもメリットのように、3つに分けられます。3つのデメリットをメリットと比較して、自分の場合はどちらが大きくなりそうか考えましょう。

①選考のスケジュール調整が難しい

Uターン就職の場合は、当然地元で就活をしなければなりません。しかし、就活期間はまだ在学中のため、地元に帰ってじっくり就活をすることが難しいです。単位がまだ取れていないなら大学に通いながら就活をしなければならず、長い距離を往復することでスケジュールを組むのが難しくなります。

また、選考のたびに交通費がかかり、すべて支給してもらえるわけではありません。企業の多くは最終面接か内定が近くなってからしか交通費を支給せず、場合によっては最後まで交通費の支給がないこともあります。

時間的なコストだけではなく、金銭的な負担も大きくなるため、就活がハードになりやすいです。綿密なスケジュールを立てて取り組まないと、就活と学業が共倒れになる危険性すらあります。

②希望する仕事がない場合もある

地元で就職する場合は、求人の数にも注意しなければなりません。地方でも仕事はありますが、都市部と比較すると選択肢は少ないです。専門職や特定の仕事では、そもそも求人すらないこともあります。

地元の場合はどうしても選択肢が限られるため、本当にやりたい仕事が見つかるとは限りません。希望する仕事が明確に決まっているなら、地元でも求人があるか事前にチェックが必要です。やりたい仕事の求人が都市部でしかないなら、Uターン就職自体を諦めるか、希望する仕事を諦めて地元に帰るしかありません。

新卒での就職時期に、運よく地元で希望する仕事が見つかるかは、タイミング次第といえます。就職の選択肢が限定的になってしまう点は、Uターン就職の中でも大きなデメリットといえるでしょう。

③都市部に比べて娯楽や買い物をする場所が充実していない

地方と都市部で比較すると、娯楽や買い物ができる場所は、圧倒的に都市部のほうが多いです。慣れ親しんだ土地で豊かな自然に触れながら暮らせるというメリットはあるものの、都市部での生活に慣れていると物足りなく感じてしまう可能性があります。

もちろん、インターネットが普及している現代においては、買い物だけならネット通販で十分に事足りるでしょう。しかし、遊ぶ場所と考えた場合に地方では施設が充実していないことも多く、休みの日に退屈してしまう可能性があります。

地方と都市部、どちらの暮らしが合っているかは、人によって違います。自分はどちらの生活が好きか、よく考えてからUターン就職をするかどうか決めることが大切です。

Uターンを成功させるための3つのポイント

メリット・デメリットの両方を把握した上でUターン就職を目指すなら、成功させるための方法を考えましょう。Uターン就職は通常の就活とは少しやり方を変える必要があり、同じ方法では失敗することも多いです。

Uターン就職用に就活スタイルを作り変えることで、難易度の高いUターン就職もスムーズに進められます。Uターン就職を成功させるためのポイントは、大きく3つです。3つのポイントを意識しながら、上手に就活を進めていきましょう。

①まずはやりたいことを明確にする

Uターン就職を成功させるには、まずは何がやりたいかを明確にしなければなりません。これは普通の就活でも同じですが、Uターン就職の場合はより明確に選択肢を絞り込む必要があります。

やりたい仕事を見つけたなら、その求人が地元でも出ているかチェックします。この時点で求人を見つけられないなら、別の選択肢を考えなければなりません。地方だと地域ごとに求人が多く出ている職種、業種が異なることも多いため、その地域ならではの特色を把握することも大切です。

営業や事務といった一般的な仕事はどの地域でもありますが、地方によっては製造業が多い、農業や林業関係が多いといった色の違いがあります。また、医療や介護、公務員の仕事なら、都市部か地方かに限らず充実しているでしょう。

②早めから行動して情報収集する

タイトなスケジュールで動かなければならないことが多いUターン就職では、とにかく早めから行動を開始し、情報を収集しておかなければなりません。通常の就活と同じタイミングで就活を開始すると、準備が間に合わず後手に回ってしまう可能性もあります。

希望する仕事があるかはもちろん、都市部と選考のスケジュールが違っていないか、選考にその地域ならではの特徴がないかもチェックが必要です。時間が許すなら、就活解禁までにインターンやOB訪問をおこない、徹底的に情報を集めておくとよいでしょう。

就活は情報戦であり、いかに有益な情報を集められるか、それを有効活用できるかが重要です。準備の開始に早すぎるということはないため、時間のあるうちにできることから手をつけていきましょう。

③プライベートも含めた将来のビジョンを思い描く

就活は就職して終わりではなく、そこから長い社会人生活のスタートです。そのため、就職後のビジョンについても考える必要がありますが、Uターン就職の場合は仕事だけではなく、プライベートに関するビジョンも描いておくことが大切です。

そのままずっと地元で働き続けるのか、ライフステージの変化に伴い別の地域に移る、あるいは都市部に戻るかなど、細部までイメージを膨らませておきましょう。心安らぐ地元で仕事をするのはよくても、プライベートが充実していないと生活全体に不満を感じてしまうことも多いです。

選考でビジョンを問われた場合は仕事に関する将来像だけを述べますが、就活の準備段階では、プライベートにも目を向けて考えることが大切です。

Uターン就職は念入りな情報収集が大切

地方から都市部に進学し、就職の際に地元に戻るUターン就職では、事前の情報収集が重要です。情報収集を怠ってしまうと、いざ就活を開始した際に思うように進められなかったり、就職後に不満を感じたりすることも少なくありません。しっかり情報を集めてから臨むという点は通常の就活と同じですが、Uターン就職の場合はプライベートな部分を考えることも大切です。

仕事はよくてもプライベートが充実せず、結局不満を抱えてしまうことも多いです。公私ともに充実を図るには、就職先を決める段階で将来の生活についてイメージを膨らませておかなければなりません。念入りな情報収集で就職後のことも考え、後悔のないようUターン就職を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ