履歴書

御社と貴社の正しい使い分け方と注意すべき話し言葉|履歴書を書く際の良い例・悪い例をご紹介

就活では正しい言葉遣いが必要

あなたは初対面で会った人にいきなりタメ口で話されるとどう思うでしょうか?少なくとも良い気分になる方は少ないと思います。就職活動ではこれと同じことがいえます。もっと言えば、私生活において求められているであろう最低限の言葉遣いよりも、求められているレベルが高いと捉えておきましょう。

御社と貴社の使い分けはその中のひとつとも言えます。第一印象が重要となる就活時においては言葉遣いは非常に重要です。御社と貴社の使い方だけでなく、敬語についてのその他注意点についてもまとめましたので、しっかりと理解しておきましょう。

話し言葉と書き言葉に注意

「敬語を使う」とひとえに言っても、話し言葉と書き言葉においてその使い分けが求められるものもあります。学生の方であれば、敬語でさえ今まで厳しく言われたこともないという方もいらっしゃる中で、さらに話し言葉と書き言葉の敬語が違うと言われると、何が正解かわからないという方も多いのではないでしょうか。

実際、これを苦手としている学生の方を多くお見受け致します。では、使い分けが難しい話し言葉の敬語と、書き言葉の敬語の中でも、特に最初つまづく方の多い「御社」と「貴社」の使い分け方やその違いについて見ていきましょう。

オトクな就活資料【無料】

人事の目にとまる!履歴書作成マニュアル

元採用担当者から独自に入手したダメな履歴書のポイントをわかりやすくまとめました。これだけ押さえておくだけでもあなたの履歴書はグッと印象が変わります!

「御社」と「貴社」の違いとは

実は御社と貴社は両方とも「あなたの会社」という意味なのです。そのため、その言葉自体に大きな違いはありません。では、何が違うのかというと先ほど述べた、「話し言葉」か「書き言葉」かの違いなのです。

両方とも敬語なのでどっちを使って良いというわけではありませんので注意しておきましょう。では、どちらが話し言葉の敬語で、どちらが書き言葉の敬語なのか理解しておきましょう。

関連記事

エントリーシートでNGな言葉遣い2つ【書類選考突破にはマナー対策を】

履歴書を「書く」ときには貴社が正しい

志望動機を書くときには、御社ではなく、貴社と書くようにしましょう。貴社というのは書き言葉で、御社というのは話し言葉だと言われています。そのため、志望動機を書く際には「貴社」と書くように、注意しておきましょう。

間違った言葉遣いは印象が悪くなる

志望動機を書く際には、こういった細かい言葉遣いは意外に見られているものです。間違った使い方をしてマイナスなイメージを与えないように気を付けていきましょう。誰もが貴社と記載している中、一人だけ御社と記載していたらやはり悪目立ちしてしまいますよね。

そうしたところで、せっかく作りあげた志望動機の評価を落としてしまうのはやはりもったいないです。そうならないように、志望動機の中で相手の会社について「書く」時は、貴社と記載するようにしましょう。

関連記事

【ES・履歴書の書き方】作成する際に意識すべきポイントと注意点|それぞれの違いもご紹介

面接で「話す」ときには御社

では、「御社」はどういう時に使うのでしょうか。これは、上記でお伝えした志望動機を面接で話す際に使います。面接中には何かと相手の会社について言及することがあると思います。

「御社のこういうサービスに惹かれて」という話や「御社に興味を持ったきっかけは○○で」という話など、志望動機のみならず、たくさんの場面で御社という言葉を使うシーンが出てくるでしょう。

口にするときに間違えないように注意する

書類上では貴社で、口にするときは御社です。面接時には、ついうっかり貴社と口にしてしまいがちですが、間違えないように気をつけましょう。面接で志望動機を話す際に、貴社や御社という書き言葉や話し言葉の違いを意識して聞いている人は、そこまでいないでしょう。

数回間違えるくらいなら、見逃してもらえる可能性も高いです。どちらかというと、書くときに御社と書かないように注意する方が大切でしょう。

関連記事

面接前にすべき準備|内定を掴むために今すぐ取りかかるべき5つの項目をご紹介【面接対策】

志望動機で気を付けるべきその他の話し言葉

志望動機を書く際には、この「御社」のようについつい書いてしまいがちな、気をつけたい話し言葉がたくさんあります。たとえば、「いろんな」という言葉は話し言葉で、志望動機に「いろんな」という言葉を書きたいのであれば、「色々な」と書くのが適切です。

また、「でも」や「とても」も話し言葉で、志望動機に書く際には「しかし」や「極めて」「非常に」と書かなければなりません。

志望動機はカジュアルな表現にならないように

例えば、「こういうところを魅力的に感じて応募させていただいた」という文章の「~て」という言葉も、「こういうところを魅力的に感じ、応募させていただいた」というように「、」に置き換えることが、書き言葉では求められます。基本的に、カジュアルな表現にならないように気をつければ、話し言葉を書き言葉として志望動機に盛り込んでいってしまうこともなくなるでしょう。

履歴書を書く場合に注意すべき良い例・悪い例

良い例

・「私は、消極的です。しかし、最近は積極的になるための努力をしています」

・「~~するためにも、貴社でさまざまな経験をしたいと考えております」

・「先輩社員の方々のように、多くの功績を残したいと考えております」

・「私は現在、少しでもスキルを上達させるために○○といった努力をしています」

・「入社後は、1日でも早く貴社に貢献できるよう、○○をするなどの努力をいたします」

企業へ渡す応募書類の1つである履歴書は、「書く」ものとなります。そのため、企業のことを述べる場合には、「貴社」を使うように意識しましょう。「御社」を使ってしまうと、採用担当者から「使い分けができない人」と思われかねません。次に、上記の文章を間違って書いてしまった場合の悪い例を、以下でご紹介します。

悪い例

・「私は、消極的です。でも、この頃は積極的になる努力をしています」

・「~~するためにも、御社でいろんな経験をしたいと考えております」

・「先輩社員の方々みたいに、いっぱい功績を残したいです」

・「私は今、ちょっとでもスキルを高めるために○○をしています」

・「入社後はすぐに御社に貢献できるよう、○○などをするつもりです」

採用担当者に好印象を与えたい就活生は、上記でご紹介した悪い例の文章を覚えておきましょう。「しかし」を「でも」と書いたり、「ように」を「みたいに」と書いたりするのは、話し言葉のため、履歴書において不適切です。

また、細かい部分を略してしまえば、文章の具体性がなくなり、明確な志望動機が書けなくなってしまいます。履歴書では、正しい言葉遣いを選び、少しでも具体的な文章を書くように意識してください。

関連記事

【就活生必見】志望動機で好印象を与えられる例文5つ|書き方もあわせてご紹介します

志望動機を書く場合は「御社」・面接で話す場合は「貴社」が正解

御社や貴社の使い分けのように、書き言葉や話し言葉をすべて把握するのは難しいですよね。ここで紹介した他にもたくさんありますし、知らず知らずのうちに志望動機を書く際、話し言葉で書いてしまっていたというケースもあるでしょう。ミスをなくすためには、志望動機を書く用と話す用でそれぞれ作成したあとに、一度誰かに添削してもらうようにすると良いでしょう。

このコラムを読んだ人に人気の就活対策ツール3選!

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。