志望動機

IT業界の内定を勝ちとる志望動機の作成ポイント【例文付き】

IT業界は大きく4種類に分類できる

IT業界は、「インターネット業界・WEB業界」「情報処理サービス業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」の大きく分けて4つに分類しています。IT業界には多くの業種や職種が絡み合っており、技術やサービスが進化するにつれて年々業態が複雑化しています。

ITは、私たちの社会を支える重要な技術です。パソコンやスマートフォンは日々の生活に必要不可欠なサービスになっています。また、家電、自動車、ゲームなどにも最新のIT技術が使用され、私たちの生活を豊かにしています。そのような技術やサービスを担っている業界が「IT業界」です。それぞれの主な職種と仕事内容をご紹介します。

主な職種と仕事内容

 Webデザイナー

HTMLやCSSなどWebサイトを作るうえで基本となるスキルや、JavaScriptなどのプログラム言語の知識が必要となります。情報処理サービス業界には、ITコンサルタントやセールスエンジニアなどの職種があります。

 ITコンサルタント

顧客である企業から経営や業務上の問題点をヒアリングし、その問題の解決策を提案する仕事を行います。

 セールスエンジニア

経験を積んだエンジニアが自分の得意分野の知識を活用し、営業面で活躍します。

 プログラマー

ソフトウェア開発の基本となる職種です。プログラム言語は数多くあるため、専門に扱う言語により、担当できる案件が異なります。

 システムエンジニア

システム開発に総合的に関わる職種です。ソフトウェア開発のみならず、マネジメントやコンサルティングもシステムエンジニアが行います。基本的なプログラミングの知識をベースにプロジェクト全体に関わる仕事のため、非常にやりがいのある職種といえます。

 組込みシステムエンジニア

主に組込みシステムの開発を担当する職種を、組込みシステムエンジニアと言います。製品の安全性や機能の正確性は、組込みシステムエンジニアの技量にかかっています。また、組込みエンジニアは、組込みシステム用の開発環境に精通しているだけでなく、特殊なプログラミング言語にも精通している必要があります。

新しく開発される製品は、すべて最先端のIT関連技術を使用しています。高いスキルを要求される職種と言えますが、最新の技術を駆使してものづくりをしているという実感を得られるということは、この職種ならではの醍醐味でしょう。

関連記事

【IT業界徹底研究ガイド2017】あなたの就活に役立つ情報を一挙大公開!

【業界研究が重要】文系出身者が未経験でIT企業・SEに採用されるための手段

IT業界で求められる人材

IT業界で求められる人材は、「作り技術」よりも、「使う技術」が求められています。それは、「作る」だけの人材では、今後のIT業界を生き抜くことは難しく、「問題解決能力」が求められています。作る、使うは、手段であり、それらを適切に選択し、目標達成のために情報や情報技術を適切に活用できることが重要な力だと思います。

それには、情報や情報技術の知識だけでなく、課題を見つけて、仮説を立て、試行錯誤しながら、答えに近づいていく、というような力が必要です。なので、IT業界で活躍したいと思っている人は、企業はスキルだけではなく、問題解決能力があるかどうかも判断材料にしているので、意識しておきましょう。

勉強熱心な人

IT業界は常に技術が進化しています。その度に学び続けなければなりません。日々勉強していないとやっていけない世界なので、嫌でも勉強させられます。勉強と仕事が切り離せないわけで、勉強が仕事みたいなものだとも言えます。

そのうえ、パソコンやインターネットが好きな人が大半ですが、休日でも、家でパソコンを触らなければなりません。そのぐらい常に学び続ける熱量があれば、IT業界で活躍することができます。自然と学ぶことが面白くなり、知識が増えていくことで、多角的な視点で物事を見れるようになります。

パソコンスキルが高い人

ITエンジニアやIT系の仕事をメインにしてきたスタイルを持っている人は同業種であれば比較的容易に職種変更が可能です。IT関連企業は多様な形態があります。ソフトウェア・ハードウェア販売・保守、システム開発全般、導入されたシステムの運用、サーバーやネットワークの設計や運用などを請け負うなど多岐に渡っています。

ITエンジニアの経験がある場合には次のステップとしてコンサルティング営業、プロジェクト管理や品質管理での仕事など今までのスキルの蓄積がメリットになり、経験が生かされる仕事に変更することができます。技術があればあるだけ仕事に活かすことができるのがIT業界です。

文系やプログラミング未経験でも志望が可能

IT業界では、理系学部の専門知識が必要になってくる業務がほとんどですが、文系やプログラミングの知識がない人でも就職することは可能です。IT業界ではプログラミングの知識を必要とするプログラミングやエンジニアだけでなく、営業やコーポレート業務などがあります。

IT業界に身を置くのであれば、プログラミングに関する最低限の知識は必要となってきますが、就職してからでも挽回が可能な職種もあるのです。またエンジニアに関してもITに興味があるのであれば、文系やプログラミング未経験の学生を募集している企業があります。

未経験は不利にならない

企業によっては募集条件に理系であることやプログラムを組んだ経験があることを必須としている場合がありますが、文系やプログラミング未経験でも歓迎している企業は多数存在しています。選べる企業が減ってしまうことは経験者に比べて不利だと言えますが、応募できる企業においては基本的に入社後や内定後にプログラミング研修があるので、未経験でもある程度のプログラムを組むことができるようになります。

理系専攻で知識を得た人も、場合によっては改めてプログラミング学習をおこなう必要があるため、未経験であっても同等のチャンスをつかむことが可能になっているのです。そのような企業の場合、プログラミングの知識を選考でPRすることはできませんが、そのことが選考段階でマイナスの要素にならないようになっています。

スキル以外から志望動機を作成しよう

未経験でIT業界を志望する場合、プログラミングの知識をPRすることはできませんので、どうしてIT業界に興味があるのか、志望する企業をどうやって決めたのかなど、スキルに関することは書かずに志望動機を作成するようにしましょう。ITに関する資格があるのであれば、志望動機に絡めてみるのも一つの手段であり、その場合は民間資格ではなく国家資格のみが効果的です。

スキルや知識に関しては、アピールすることを書くことができないのであれば、マイナスの要因になる可能性が高いので避けるべきだと言えます。IT業界は常に学んでいくという姿勢が必要な業界なので、学ぶという姿勢を意識しつつ、将来の具体的なビジョンと絡めて作成していくといいでしょう。

IT業界について深く知る

文系や未経験の人にも門戸を開いているIT業界ですが、専門性や経験がある就活生に対抗していくには、やる気や熱意があることを感じさせる志望動機を作成する必要があります。採用担当者に対してやる気や熱意をアピールするには、業界研究の成果を志望動機に入れ込んでみましょう。
志望度の高い企業のことを何も調べずに選考に挑む就活生はいません。このことは採用担当者が一番理解しているため、やる気や熱意のアピールとなりやすいのです。まずはこの「IT・通信業界大研究Book」を使って業界研究を深めてみましょう。

《業界研究に最適!》
IT・通信業界大研究Book

IT業界の志望動機の作成ポイント3つ

では、IT業界の内定を勝ちとるための志望動機の作成ポイントを紹介していきます。IT業界に限らず志望動機は、履歴書の中でもあなたを知る大事な欄です。だらだらと自分の希望を記載しているだけでは、伝えたいことも伝わらなくなってしまいます。そのため、志望動機の作成には3つのポイントを抑えることが大切です。1つずつご紹介していきましょう。

①ITを選んだ理由

志望動機ではまず、数ある業界の中でもどうしてITを選んだのかを説明しましょう。自分がITに興味を持ったきっかけを、体験談を交えながら表現すると良いでしょう。

IT業界を選んだ理由の例

IT業界を選んだ理由の例がこちらです。

■高校生の時にプログラミングを学んで、課題を達成する喜びを得た
■大学生の時にアプリの開発を行い、実社会で役立つシステムに関わりたいと思った
■学生時代にロボット製作に取り組んで、ITに興味を持った

自分の強みをアピールする

その際に、「プログラミングが好き」「パソコンに触れるのが好き」「システムの開発に興味があるという自分の強みを志望動機でアピールするのがポイントです。特にプログラミングはいまや小学生でも興味を持ち取り組むほどなので、もし子供のころから、そうした経験を積んでいるなら、積極的に志望動機でアピールしましょう。

②会社を選んだ理由

志望動機でITを選んだ理由を述べたのなら、次はなぜその会社を選んだのかを述べましょう。ITは若者の企業も多く、その会社に的を絞った志望動機でなければ、「他に行けば良いのでは?」と面接官に突っ込まれてしまいます。数ある企業の中からどうしてその会社を選んだのか、その会社でないとだめだということを志望動機でアピールしましょう。

企業研究が重要

会社を選んだ理由を記載するうえでは、企業研究が非常に大事になります。IT業界の中でも、何が他社と異なるのか明確にさせることで、よりその会社を選んだ理由を述べる際、質の高いものにできます。

企業研究の内容は、取り組む事業(ITはITでも何に力を入れ、事業の主力は何なのか)だけではありません。企業のビジョンやコンセプト、社会でのあり方なども企業のホームページなどで確認しておくことをおすすめします。IT企業であれば、ベンチャーである可能性も十分にあります。その場合、今後企業がどのように展開していくのかOB訪問や企業説明会での先輩との会話から知っておきましょう。

どうしてその会社を選んだのかに関する例

どうしてその会社を選んだのかに関する例がこちらです。

■インターンに参加したところ社風が自分になじんで、仕事をやりやすい雰囲気に魅かれた
■理念に共感して興味を持ちOB訪問をしてみたら、仕事のやりがいを感じたため働きたくなった
■充実した社内研修制度に魅力を感じ、自ら積極的に勉強をしてITの技術や知識を習得して会社に貢献したい

③自分がやりたいこと

志望動機の最後は、自分がその会社でIT業務に関わることで、会社のため、社会のために何ができるかを語りましょう。ITではシステム開発などチームを組んで仕事を行うことが多くなってます。チームで一つの目標に取り組み、顧客の依頼や要望など商品の開発や業務効率化のために、貢献したいことなど述べましょう。

やりたいことを書く際の例

ITの仕事を通じてやりたいことを書く際の例がこちらです。

■学生時代にゼミでアプリ開発をしてきたので、そのノウハウを活かして御社の〇〇の開発に貢献したい
■趣味でプログラミングを勉強してきたので、〇〇の分野で役立つサービスを開発して多くの人に喜んでもらいたい

性格や経験がどう役に立つのか具体的に話す

この際「コミュニケーション能力」「協調性」「チームワークを大切にする」というポイントが必要になります。自分の性格、ITの知識や資格などが会社のため、顧客のためにどう役立ち、貢献できるのかいうことを志望動機でアピールしましょう。特にアルバイトやインターンなどでITの仕事に関わった経験があるなら、具体的な商品の開発など、やりたいことを志望動機でアピールしてみましょう。

IT業界の志望動機例文3選

例文①

高校時代に学んでいたプログラミングで、課題を解決した際に喜びを感じたのがきっかけで、IT業界に興味を持ちました。高校卒業後は、プログラミングを学ぶために大学の情報学科に進学しました。そこで得た知識を、多くの人を支えるためのシステムを構築する貴社で、生かしたいと考えております。貴社のインターンに参加した際に、社員の方からとても高度なプログラミング技術を見せてもらい、感銘を受けました。そんな貴社で、人々の役に立つシステムを構築できるよう、就職後もプログラミングの勉強を続ける所存です。

プログラミングに専念した学生の例文をご紹介しました。プログラミングは、多くのIT企業で求められるスキルの1つです。新たなシステムを構築するためには、プログラミングのスキルが必須といえるでしょう。プログラミングをしっかり学んできたことをアピールすれば、IT企業の採用担当者に好印象を与えられます。あわせて、インターンで感銘を受けたことなども述べると、より良い志望動機が作成できるのです。

例文②

世の中に新しいコンテンツを提供する立場になりたいと思ったのが、IT業界を目指したきっかけです。情報社会が進む世の中においては、常に新しい需要が生まれ続けています。そのなかでも高い需要を判断して、人々に愛され利用されるコンテンツを提供したいです。貴社は、常にさまざまなコンテンツに着手することで、幅広い需要をキャッチしている会社です。貴社へ入社したら、人々に愛される新しいコンテンツ作りに、精一杯取り組むことができると考え、志望いたしました。

新しいコンテンツを提供する側になりたい学生の例文を、ご紹介しました。IT企業が手掛ける事業内容は、企業によってさまざまです。そのなかでも多いのが、「新しいコンテンツの作成」となります。「新しいコンテンツの作成に携わりたい」と上手に伝えられれば、採用担当者から「意欲がある学生だな」と思われるでしょう。

例文③

多くの人々が利用しているiPhoneやスマートフォンの、アプリ開発に携わりたいと思っております。近年、ゲームや買い物だけでなく、レストランの予約や勉強までもが、アプリでできる時代となっております。その中でも貴社は、有名アプリ「○○」を開発しており、高い技術を有している企業です。私は、ソフトウェア開発技術者の資格を持っているため、ある程度のパソコンスキルには自信があります。このパソコンスキルを貴社で活かして、新たなアプリの開発を手掛けたいです。

iPhoneやスマートフォンのアプリ開発に携わりたい学生の例文を、ご紹介しました。iPhoneやスマートフォンなどの携帯電話は、人々にとって最も身近だといえる存在です。そんな携帯電話のアプリ開発を目指す志望動機では、資格をアピールするのも1つの方法でしょう。アプリ開発では、高い技術力が求められます。そこで取得している資格をアピールできれば、ある程度のスキルがあると思われるのです。

IT業界の志望動機のNG例文3選

ここまでIT企業の志望動機を作成するにあたってのポイントを解説してきました。ここではIT業界の志望動機のNG例文を紹介し、NGポイントを解説していきます。IT業界は成長産業であり、就活生の間でも人気の業界です。しっかりとブラッシュアップの出来ている志望動機を用意して面接に臨まなければ、内定を獲得するのは困難なのです。

NGポイントを把握しておくことで、志望動機におけるミスのリスクを軽減することが可能になります。以下の例文でNGポイントをしっかりと学び、採用担当者に好感を与える志望動機を作り上げるようにしましょう。

NG例文①

私はITの分野で社会システムの構築に携わりたいと考え、IT業界を志望しております。大学生の時に、ゼミ活動の一環でアプリの開発に携わりました。実用的なアプリを開発していくことで実社会において、人々の暮らしを支え、豊かに出来ることを実感し、アプリ開発に携わり、社会に役立つシステムを作り上げていきたいと考えています。その中で私が貴社を志望している理由は、労働環境が整備されている点です。貴社では定時退社週間を年に何度か設け、早帰り意識を醸成しているなど、ライフワークバランスを意識した経営が行われています。そのような環境の中で、仕事とプライベート両面を充実させていきたいと考えております。

この例文のNGポイントは、IT業界で働く現実が見えていないと思われてしまう恐れがある点です。IT業界の中でも志望動機に挙げられているようなシステム開発に携わる場合、繁忙期には、会社に泊まり込みで仕事を行っていることもあります。

1年中激務であることはなくとも、少なくとも繁忙期には寝る間も惜しんで仕事に取り組まなければならないような経験をすることも十分あり得るのです。ライフワークバランスはもちろん大事ですが、それを前面に出した志望動機にしてしまうと、「IT業界で働く覚悟が本当にあるのかな」と疑われてしまう恐れがあるのです。

NG例文②

私は世の中に新たな価値を創造していきたいと思い、IT業界を志望しております。私は学生時代にIT企業にインターンをしていたのですが、そこで開発される新たなコンテンツが世に発信され、新たな価値を創造する場を目の当たりにしました。ITは成長途上の分野であり、自身の努力次第で新たな価値を社会に発信していける点に魅力を感じています。その中で私が貴社を志望しています理由は、貴社の企業理念に共感したからです。私も貴社の一員として、社会に新たな価値を創造できるよう、仕事に邁進していきたいと考えています。

この例文のNGポイントは「なぜその企業でなければならないのか」という点が漠然としており、説得力に欠ける点です。「企業理念に共感しました」を志望動機にする就活生はいますが、それでは漠然とし過ぎており、採用担当者には何も伝わりません。

「新たなコンテンツの開発に携わりたい」ことからIT業界を志望したのであれば、「新たなコンテンツ開発に携わりやすい環境が整備されている点で貴社を志望しました」と述べることで説得力を高めることが出来ます。志望動機を作成する際には企業分析を入念に行い、情報を上手くつなぎ合わせ、作成するようにしてください。

NG例文③

私は自身のスキルを活かすことの出来る環境で働きたいと思い、IT業界を志望しております。私は学生時代、アプリの開発を行う研究室に所属し、活動していました。その中でアプリ開発に必要とされる知識、スキルに関してはある程度身につけることが出来ました。私は「やりたいこと」ではなく「出来ること」に従事し、仕事に取り組んでいくことで豊かな社会人人生を送ることが可能になると考えております。そのため自身の持っているアプリ開発に関する知識、スキルを活かすことの出来るIT業界において、仕事に取組み、活躍していきたいと考えております。

この例文のNGポイントは文面から向上心が感じられない点です。上述の通り、IT業界は今なお発展途中の産業であり、日々目まぐるしい変化が起こっています。それらの変化と併せ、IT業界で働くにあたって必要とされる知識、スキルも変化し続けています。

そのためIT業界において活躍し続けていくためには、日々新しい技術、情報に触れ、それらを学んでいくことが必要不可欠なのです。この例文では、今持っているスキルを活かせる環境で働きたいことしか述べられておらず、継続的に積極的な姿勢で自己研鑽を行っていく姿勢が感じられません。その点で採用担当者にはウケない志望動機となっているのです。

ITの志望動機はポイントを絞り具体例を挙げて説明するのが大切

今回は、IT業界の志望動機におけるポイントと例を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ITの志望動機では、まずどうしてITに興味があり志望するのかを述べ、次にその会社を選んだ理由を述べましょう。最後に、その会社で自分が会社のために貢献できることを述べます。これら3点にポイントを絞り、具体例を挙げながらわかりやすく説明することが大切です。

関連記事

【就活でIT企業志望のスタートアップガイド】ミスマッチを防ぐために知るべき会社の種類・職種・特徴

IT企業に採用される志望動機のポイント|採用担当者の目に留まる書き方を例文とともに紹介

IT業界を対象に就活をする際に押さえておくべきポイント

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ