志望動機

【就活】志望動機を書きやすくする方法|ポイントや例文5選も紹介

志望動機を書く目的

面接において、志望動機は頻繁に聞かれる質問のひとつです。エントリーシートを提出してから内定を獲得するまでの間に、一度も志望動機を聞いてこないような企業はありません。どの企業を受けるにあたっても、志望動機の準備は不可欠なのです。では、なぜ企業はそこまで志望動機にこだわるのでしょうか。

それは、就活生の入社意欲を見極めるためです。せっかく獲得した人材が「やっぱり自分には合わないかな」と早期に退職してしまっては、企業の発展に支障が出てしまいます。そのため、より志望度が高く、意欲的に仕事に邁進してくれる人材かどうかを見極めるために志望動機を見ているのです。ここでは志望動機の書き方のポイントを紹介していきます。是非参考にして、面接突破に役立ててください。

やる気や熱意を伝えるため

志望動機で問われるのは、その企業にとって、あなたという人材がどう活躍してくれるかについてです。実際に自分の会社に入社した際の、あなたのやる気や熱意がどの程度あるかが問われています。それを具体的にアピールすることがとても大切です。

志望動機でやる気や熱意が具体的に伝わらなければ意味がありません。初対面の採用担当者に、その思いが伝わるような工夫が必要です。業種や企業を決定するまでにどれだけの思いや経験があったのかが問われています。また、採用されたら、どんなことをしたいといった熱意があるのかを具体的に伝えましょう。入社した姿が想像できるような志望動機を書きましょう。

企業側に入社後のイメージをさせるため

企業に合わせて志望動機を書くことは、就活において大きなアドバンテージになります。よく志望動機を使いまわす人がいますが、これはNGです。なぜなら、志望動機もなるべく受ける企業に合わせてカスタマイズする必要があるからで、このわずかな差が他のライバルと明暗をわけることとなります。企業の業務内容や理念をしっかりと理解した上で、志望動機に「入社した場合このようなことをしたいです」と具体的に記入すれば、採用する側は「この人は、しっかり働いてくれそうだ」とイメージしてくれるでしょう。

志望動機がほぼ同じだとしても、例えば事務職なら「〇〇な趣味を持っているため、コツコツと長時間事務作業をするのに向いてます」など、業種に向いた人間であることをさりげなくアピールできます。このように書いておけば、採用担当者もこの人物を入社させれば、あの仕事を割り振れるなと、想像してくれるのです。

志望動機に記載する内容

志望動機は、上記の3つの手順を踏むと書きやすくなります。ここからは、志望動機を記載するにあたら、何から書いていけばいいか分からないという方に、書き方の手順を解説します。

①業界を選んだ理由

業界を選んだ理由については、自分がなぜその業界に関心を持ったのかといったきっかけを具体的に書くことです。そのことで、その業界に本当に自分が興味があるのかどうかが判断されます。そして、その業界に実際に合っているかどうかも判断されることになります。

業界について調べて書くと同時に、その業界の何に関心があって、どう活躍したいのかを具体的に書いてみましょう。そして、自分にその業界が向いていることについて分析して書きます。自分の性格や行動、これまでの経験談などを盛り込むのが一番いい方法です。

②企業を選んだ理由

2つめには、多くの企業の中で、なぜその企業を選んだのか、そして、そこで自分が働くことの意味合いを書きます。企業を選んだ理由としては、業種によっては過去の体験や、インターンシップでの体験、OB/OG訪問で感じたものなどその理由は様々でしょう。

この理由を記載する場合、企業への深い知識と自分との相性について具体的に述べてください。本当に企業に働きたいと思っていることを痛感してもらうことが必要です。

企業研究により他企業と差別化が必要

面接の際、聞かれる代表的な質問のひとつに「なぜ、他社ではなく弊社を選んだのですか?」という質問があります。何の準備もなしにこの質問に答えるのは難しいでしょう。事前に企業研究を行い「どうして数ある会社の中からその企業を選んだのか」の正当な理由を作り上げておかなければなりません。

企業研究の際、注視すべきポイントは3つあります。一つ目は「その企業の強みが何か」、二つ目は「その企業の理念や社風」、三つ目は「その企業で働く社員の魅力」です。

業界内でもその点は抜きんでているという強みが何かあれば、それを志望動機理由にできますし、理念や社風に共感したからという理由でもいいでしょう。また、大学のOBや知り合いなどにその企業の社員がいて、その人となりをみて、素晴らしい会社であると判断したと述べるのもありです。

③自分のビジョン

志望動機では、自分がその会社に入ったら何をやりたいのか、どんなことがやれるのかをはっきりと伝えるように書きます。まだあまり知識もなく、経験もないことですので、いろいろできるというわけにはいきません。

そんな中で、社会人としてこうなっていきたいという考えを書くといいでしょう。この企業でなければ、自分のビジョンを実現できないということを伝えてみるのもおすすめです。

具体的に取り組みたいことを記載する

自分の中で社会人になってどうしたいかという明確なビジョンを持てたのなら、次はその企業内で具体的にどのようなことに取り組みたいかも志望動機に記載しておきましょう。そうすれば、採用者側も「この人はこの部署のこういった業務をしたいのだな」というはっきりとしたイメージを持ってくれます。

また、面接の際、取り組みたい内容を具体的に書いておくことで、その業務に関する質問を採用者側が行ってくる可能性が高くなるのです。そしてこの質問をされたとき、完璧に答えを用意しておけば、面接官に理路整然と受け答えができるという印象を与えることができます。さらにやりたいことに関する質問を複数用意しておけば、逆質問では武器となり、ふいに予想外の質問をされたとしても、根本に「やりたいことのため」という理由付けをしておけば、根拠ある回答を示せるでしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際に、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、ジェネレーターを使ってサクサク志望動機を作成していきましょう。

志望動機がないときに書きやすくなるポイント2つ

この企業に入りたいけれど、志望する動機が何か自分でも分からない。なんとなくだけれど、この企業に入りたい。そんな就活生もいるでしょう。

ここでは、志望動機が無いときに書きやすくなるポイントを2つ紹介します。志望動機作成に悩んでいる就活生は、ぜひ参考にしてください。

①その企業が求める人物像を知る

志望動機を作成する際は、あらかじめ企業が求める人物を把握しておく必要があります。企業が求める人物を把握していないと、欲しい人材と逆のアピールをしてしまうかもしれません。企業によって、求める人材・スキル・意気込みなどが異なるため、志望する企業がどのような人材をターゲットにしているのか理解することが大切です。

企業の社風や大切にしていることを知り、そこに照準を合わせた志望動機を作成するのもひとつの方法です。志望動機を通して入社意欲が伝わるように、企業研究を重ねてください。企業研究は企業HPや書籍のほかに、企業が関係するニュースなどにも目を通しておくことがおすすめです。企業の動向を把握しておくことで、将来のビジョンなどについても考える必要があります。

②自分の就活の軸を把握する

志望する動機がない人は、自分の就活の軸は何か考えてみてください。就活するうえで、これだけは譲れないものがあるのではないでしょうか。就活の軸が「お金」の人もいるでしょう。「一生働き続けられる会社への就職」と考える人もいるかもしれません。

「取得した資格を活用すること」の人もいるでしょう。自分のなかで就活においてこれだけは譲れない軸を考えると、なぜこの企業を選んだのかが見えてくるでしょう。

志望動機は内容だけでなく構成も大切

上記で述べたように志望動機にきちんとした理由や根拠があれば、それを基準として回答ができます。このとき、話す内容はむろん大事ですが、同時に話の内容が相手に正確に伝わるよう構成を組み立てておくのも大切です。普段から論理的な話し方に慣れている人なら、それほど苦ではないかもしれませんが、そうでない場合、構成をきちんと順序だてて練っておかないと、いざ話す際、言い淀んだり、最悪、少し言い間違えただけで頭が真っ白になってしまいます。

履歴書に書いた志望動機内容と構成は、きちんと自分の中に落とし込んでおきましょう。面接で少し間違ったとしても、リカバリーできるような体制を整えておかなければなりません。友人や就活仲間と互いを面接官に見立てて練習をするなどして、どのような質問をされても慌てないよう準備を整えておきましょう。

書き出しで結論を述べる

就活の時以外にもさまざまな場面で、話の組み立て方は重要になってきます。履歴書に志望動機を記載する際はもちろん、面接、ディベート、プレゼン、報告書作成、連絡メールなど、社会人になれば「自分の意思を相手に正確に伝える」ことが必要な場面は非常に多くなるでしょう。社会人として覚えておくべき話の組み立て方として、「まず書き出しで結論を述べる」方法があります。これはプレゼンでよく使用されるPREP法と呼ばれる手法で、Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論)の順番で話を展開していくのです。

「私の貴社の理念に惹かれ入社したいと考えました」(結論)→「なぜなら私が理想としている企業の在り方とまったく同じだからです」(理由)→「この理念を持ちながら邁進してば〇〇なことがあっても乗り越えていけると考えます」→「このような理念を掲げる貴社に入社したく思います」(結論)といった具合に話を組み立てていきます。この論理展開を磨いておけば、就活の際にも強い武器となるはずです。

構成によって伝わり方は異なる

構成によって、内容の伝わり方が異なります。どんなにいい内容の志望動機を考えたとしても、時系列がバラバラであったrい、上記のPoint(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論)でない場合は「結局なにが言いたかったのか?」と採用担当者に伝わりづらくなってしまします。就活生に人気の企業の場合は、何百人もの志望動機に目を通すため、読みづらい志望動機の場合、極端な話最後まで読んでもらえない可能性もあります。

就活で使いたい志望動機の例文5つ

ここからは、志望動機の例文を5つご紹介していきます。いずれも志望する企業設定は別々になっているので、自分が目指す企業や業界に近い志望動機を選んで参考にしてください。実際に志望動機を書く際に気を付けたいのが、書きたい要素がたくさんある場合、すべてを盛り込むと本当に伝えたいことがあやふやになるということです。

それを防ぐために、志望動機を書く前に一度書くべきことを箇条書きで並べてみてください。メモの中から、本当に伝えたいこととそうでないことに選別して文章を組み立てると、すっきりとした志望動機になります。

例文①

父が電子機器メーカーで勤務しておりましたので、昔からパソコンは身近なものでした。子どもの頃、一度パソコンの構造を見てみたいと思い中を開けて見たものの、何がどのように動いているのか全く分からず、ますます興味をそそられましたのを覚えています。もっとITに詳しくなりたいと大学ではプログラム作成を専攻し、IT業界を志望しました。

上記の志望動機の例文では、パソコンに興味を持ったきっかけを交えています。また、大学ではプログラム作成を専攻したことを述べることで、企業側に【プログラム作成の経験】や【私はIT業界に向いている】というアピールにも繋がるといえるでしょう。

例文②

高校時代の数学講師がとても人間味にあふれる温かい方で、一人一人のレベルに合うよう独自の教え方をしてくれました。それがとても面白く、だんだんと苦手な数学が理解できるようになり、数学の時間が待ち遠しくなったという経験があります。それで私も、子どもたちに学習することの楽しさを知ってもらいたいと思い、教育業界を志望しました。

上記の例文は、教育業界の志望動機です。この志望動機は自分の経験を具体的に交えつつ、「子どもたちに学習することの楽しさを知ってもらいたい」という意欲が書かれています。

例文③

お客様はもちろん、社員を一番大切にするという、貴社の企業理念に深く共鳴しました。私自身も、人のために尽くすことでいずれ自分が幸せになれるという座右の銘をもっております。貴社の企業理念の下で、力を貢献できるものと信じております。

3つめの例文では、志望先ならではの企業理念について述べています。また、自分の座右の銘も交えていることがわかるでしょう。志望動機を書く際は【企業理念】や【企業の取り組み】などを事前に調べておき、それらを踏まえて書けると良いでしょう。

例文④

ホームページを拝見し、経験よりも人間性を重視し、個々の能力を尊重してくれるという貴社の真摯な姿勢に惹かれました。また、数々のクリエイティブな事業をこなしている貴社の積極性にも魅力を感じております。ぜひ、貴社の事業をささえていける一員になりたいと思い、志望致しました。

4つめの例文では【ホームページを拝見した】ことを志望動機に書いています。ホームページを拝見したことや事業内容などを書くことで、採用担当者に【この人は企業についてしっかり調べているんだな】というアピールにも繋がるでしょう。

例文⑤

高校では福祉科に在籍していました。私は高校3年生の時、貴社で1ヶ月間介護実習をさせていただきました。貴社は設備や環境が整っており、スタッフの方々は利用者の方の気持ちに常に寄り添いながら介護をしていると強く感じました。
また、実習中に利用者の方から「ありがとう」という言葉を聞き、私も利用者の方のサポートができる介護業界に就きたいと思いました。その後、私は介護福祉士の試験に合格することができました。私は貴社の一員となり、介護福祉士として多くの利用者の方のサポートをしたいと思い志望いたしました。

最後の例文は、介護業界の志望動機です。【1ヶ月間介護実習をした】のように数字を用いて具体的に経験を書いたり、【介護福祉士の試験に合格した】ことをアピールしたりしています。上記5つの例文を参考にして、採用担当者の印象に残るような志望動機を書きましょう。

就活で避けたい志望動機のNG例文6つ

ここまで志望動機の書き方と例文を紹介してきました。ここでは就活で避けるべき志望動機のNG例文を6つ紹介していきます。いずれも就活生が陥りがちなNGポイントを盛り込んだ例文となっています。志望動機は就活においても最も重要なポイントです。

書類選考を通過し、面接が進むにつれ、採用担当者は自己PRよりも志望動機の完成度を重要視するようになっていくのです。志望動機は内定をつかみ取るまでの道のりの中で、避けては通れない道になりますので、しっかりとNGポイントも押さえ、採用担当者の心をつかむ志望動機を作成しましょう。

NG例文①

私は貴社の企業理念に共感し、魅力を感じたことから貴社を志望しております。私は学生時代の経験から、「人の役に立つ仕事に従事したい」と考えています。貴社の企業理念を拝見し、この企業であれば人の役に立ち、社会に貢献していけると思い、そのような理由から貴社を志望しております。
私は貴社において営業の仕事に従事したいと考えております。私の強みである「折衝能力」を活かすことで、顧客にとって最適な提案活動を行っていくことが出来ると考えております。私は営業という立場で自身の強みを発揮し、貴社の発展に貢献していきたいと考えております。

この例文のNGポイントは志望動機が漠然としている点です。就活において、志望動機が漠然となっており、採用担当者に伝わらない志望動機になっている就活生は意外なほど多いです。「企業理念に共感し~」と述べるだけでは漠然としすぎており、「本当に自社を志望しているのか」と志望度を疑われてしまいます。

志望動機において企業理念に触れて述べるのであれば、「貴社の企業理念の〇〇という点に魅力を感じました。なぜなら~」というように、より具体的に述べるようにしましょう。

NG例文②

私が貴社を志望する理由は社会人としてのスキルアップのための環境が整備されている点に魅力を感じたからです。貴社では1年目、2年目、3年目と年次に応じてキャリアアップが順調に図れるよう、それぞれのステージに合った研修が整備されています。
また資格の取得も推奨しており、そのための支援も充実しており、このような点に魅力を感じております。私は社会人としての業務経験がない分、まずはしっかりと社会人として通用するためのスキル、知識を身につけていきたいとと考えております。そのため、学ぶことにおいて、充実した環境が整っている貴社を志望しています。

このように「勉強がしたい」「スキルアップを図りたい」ということを志望動機にする就活生も多いですが、採用担当者には良い印象を持たれない可能性が高いです。企業は自社に貢献してくれる人材を獲得するために、採用活動を行っています。

「勉強がしたい」ということを前面に出してしまうと、「自社に貢献する気があるのかな」と疑われてしまう恐れがあるのです。企業はあくまでも勉強する場ではありません。その点をしっかりと意識し、働く意欲の伝わる志望動機を作成するようにしましょう。

NG例文③

私が貴社を志望する理由は、福利厚生面での待遇に魅力を感じているからです。私は仕事だけではなく、プライベートも満喫させていくことで、自身の人生を豊かなものとしていくことが出来るのだと考えております。
貴社では毎週水曜日は定時退社を導入する、年に5日、有休とは別にリフレッシュ休暇が付与される、などプライベートの時間をしっかりと確保することが出来る環境が整備されており、その点に魅力を感じております。私はそのような環境において、心を豊かに仕事に取り組んでいきたいと考えており、是非貴社に入社したいと考えております。

この例文のNGポイントは、福利厚生を前面に出した志望動機となっている点です。たしかに給料や有休の消化率など、入社するからには気になることでしょう。条件が良いに越したことはありません。

しかしそれらを前面に出してしまうと、「仕事に邁進する気持ちはあるのか」と疑われてしまう恐れがあるのです。志望動機は働きたいという熱意を伝えることが、重要なポイントとなります。志望動機を育成する際は、福利厚生面ではなく仕事内容や職場環境に焦点を合わせ、作成しましょう。

NG例文④

私が貴社を志望する理由は、貴社の発展に貢献できると考えているからです。私は「やりたいこと」ではなく「出来ること」を軸に企業選びを行っております。適性のある業務に携わることで、より大きく活躍していくことが可能になるため、自身の強みを活かし、活躍していくことが出来る企業を志望しているのです。
貴社には〇〇という業務があり、この業務において私は自身の強みである△△を活かすことで、活躍していくことが出来ると考えています。私の強みを〇〇という業務において活かすことで、貴社をもう一段階発展させていくことが可能であると考えており、そのようなことにチャレンジしていきたいと思い、貴社を志望しております。

この例文のNGポイントは「アピールが行き過ぎてしまっていること」です。もちろん志望動機を述べる際、自身をアピールすることは重要なポイントです。しかし「私の強みを活かすことで貴社をもう一段階発展させていくことが可能」は行き過ぎです。

あまりにも行き過ぎたアピールは、「謙虚な気持ちがないな」と採用担当者に不快な印象を与えてしまう可能性があるのです。アピールをする際には、行き過ぎたものにならないよう、バランスを持って作成するようにしてください。

NG例文⑤

私が貴社を志望する理由は地元である〇〇市で働いていきたいと考えているからです。私は大学において〇〇市を離れ、東京で生活をしたことで、地元の現状を客観的に見ることが出来るようになりました。その中で「〇〇市をもっと活性化させたい」と思うようになり、地元で就職することを決意しました。
貴社は〇〇市に根付き、〇〇市のために〇年も営業を続けており、〇〇市に貢献するのであれば、このような企業で働きたいと考え、そのため貴社を志望しております。私は貴社において〇〇市の発展に貢献し、社会人として豊かな人生を歩んでいきたいと考えております。

地元に貢献したいということを志望動機に掲げる就活生も多く存在しますが、このような書き方をしてしまうと思わぬマイナス評価を招いてしまいます。もちろん地元に貢献したいという気持ちは大切なものであり、その熱意はプラスの評価に繋がるものでしょう。

しかしこのような書き方では「地元であればどこの企業でも良いのではないか」と思われてしまいます。志望動機は「何故その企業を選んだのか」を論理的に伝えることが重要なのです。地元に貢献したいのであれば、なぜ地元に根付く企業の中でその企業を選んだのかまで、しっかりと述べるようにしましょう。

NG例文⑥

私は個人のお客様への包括的な提案活動を行いたいと考え、〇〇業界を志望しております。私は学生時代、スポーツジムの受付スタッフのアルバイトを行っていました。スポーツジムは様々な年齢層のお客様が日々利用しており、ニーズも多岐にわたります。
その中でお客様に寄り添い、業務に取り組んだことで様々なニーズに対応する力が身につきました。私はこの経験から、個人のお客様の様々なニーズに対して解決策を提案していきたいと考えております。その中で貴社を志望致します理由は、貴社の企業理念に共感したからです。是非私の強みを活かして貴社において活躍したいと考えております。

この例文に関して、「志望する業界→志望する企業」と落とし込んで話せているのは良い点です。しかし、業界を志望する動機に比べ、企業の志望動機が「企業理念に共感したから」と弱くなっており、この点がNGです。志望理由にこのことを挙げる就活生は多いのですが、これでは漠然とし過ぎており、「企業理念のどのようなところに共感したのか」「なぜそこに共感したのか」が全く分かりません。

このことを志望動機に挙げるのであれば、これらのポイントを明確に述べる必要があるのです。また、「私の強みを活かして」のところも改善が必要です。自分の強みをどのような形で活かせるのかを企業研究によって調べ、その点も踏まえて書かなければ、採用担当者には何も伝わらないのです。

就活で重要な志望動機は書き方やポイントを押さえよう

今回は、志望動機の書き方と例文について紹介しました。志望動機は「なぜその業界に興味を持ったか」と「なぜその会社に決めたのか」の二点に絞ってまとめていくと、説得力のある志望動機が作成できます。

例文を参考にしながら、自分の言葉でまとめるようにしてください。熱い志望動機を自分の言葉で表現すれば、採用担当者の印象にも残るはずです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ