面接対策

【面接では交通費が支給されるのか】請求時の持ち物についても紹介

面接では交通費が支給されないのが一般的

landing-735299_640

面接において、一人ひとりにきっちり交通費を支給するのは、企業側としても金銭的に負担ですし、非常に手間もかかります。

就職活動における面接で、企業側が交通費を負担することは、ほとんどないものと考えておきましょう。なかには、面接への交通費を支給する企業もあります。しかし、そういった企業は稀であり少ないでしょう。

企業が交通費を支給するのは、本当にどうしても欲しい人材だった場合か、どうにかして面接選考に来て欲しいケースがほとんどです。

面接で交通費が支給されるケース

企業の面接では、多くの場合交通費は支給されません。しかし、なかには交通費が出るケースもありますので、事前に確認しておきましょう。応募者が遠方に住んでいて、企業へ行くのに多くの費用がかかる場合や、最終面接など選考が進んだ場合などは、企業からの厚意で交通費が支払われることがあります。

交通費についての企業の対応はそれぞれで、全額が支給されるケースや、一部だけの支給、面接者全員に一律の金額が支給されるケースなどがあります。面接の予定がある時は、交通費についてもチェックしておくと安心です。

応募者が遠方に住んでいる場合

面接のために企業へ向かう際に、新幹線や飛行機などを利用しなければならない時もあるでしょう。遠方に住んでいると、企業に行くために多くの交通費がかかります。このようなケースでは、企業から応募者へ交通費が支給されることがあります。企業によってさまざまですが、一次面接から支給される場合、二次面接以降から支給、最終面接のみの支給など、いくつかのケースがあります。

また、長い距離を移動する時は、交通機関によってかかる費用に差が出てきます。例えば、飛行機を利用した場合と、長距離高速バスを利用した場合とでは交通費は大きく異なるでしょう。

企業から交通費が出るからといって、グリーン車やファーストクラスなど通常の範囲を超えるような経路を選択するのは避けましょう。反対に、気を遣ってあえて格安の交通手段を選ぶ必要はありません。時間内に企業へ着けるように、一般的な交通手段を選ぶようにしましょう。

最終面接の場合

多くの人が集まる一次面接や二次面接では、まず交通費を支給されることはありませんが、人数が少なくなってきた役員面接や最終面接では支給されることもあります。

これは、役員面接や最終面接が、企業の本社1か所でおこなわれる場合によくあるケースです。遠方に住んでいる収入のない学生が首都圏の本社に面接に向かうと、往復の交通費だけで数万程度かかってしまう場合があります。

支給される額は企業によって異なる

①交通費にかかる全額を会社が負担

②上限額あり。上限を超えた場合は自己負担(例:上限2,000円。2,300円の場合は300円は自己負担)

③対象者一律同じ金額(例:企業側から全員1,000円支給。実費が700円でも1,800円でも1,000円が支給される)

交通費として支給される金額は、企業によって異なります。支給される金額は主に上記の3タイプです。

面接担当者に直接聞くのは失礼にあたる

面接への交通費が企業から支給されるのか、されないのかは就活生にとっては気になるところではないでしょうか。特に遠方から面接のためにバスや新幹線などで通う人は、気になるでしょう。

面接への交通費に関しては気になるとは思いますが、面接対象者に直接聞くのはNG行為です。気になるかもしれませんが、ダイレクトに聞いて採用担当者を嫌な気分にさせかねませんので、遠回しに伺いましょう。

採用ページなどに交通費について記載がないか確認する

面接の際の交通費について、直接企業へ質問するのは失礼になります。交通費が支給されるか知りたい場合は、採用ページや募集要項を確認し、交通費について案内が書かれていないかをチェックしてみましょう。企業は、優秀な人材を確保するためのPRの一環として、交通費の支給を明記していることが多くなっています。

採用ページや求人情報に記載がない場合は、残念ながら交通費が支給される可能性は低いといえます。交通費が支給されるつもりだったのに支払われなかったなど、後々のトラブルに繋がらないようにするためにも、企業へ面接に行く前に交通費についてはしっかりと調べておきましょう。全額支給されるのか、一部だけなのか、など詳細についても確認しておくのがおすすめです。

面接当日の持ち物を確認する際にそれとなく聞く

では、どのようにして採用担当者に、交通費支給の有無を確認するのでしょうか。就活生が交通費の支給について質問する場合、面接当日の持ち物を確認する際に、それとなく聞くことをおすすめします。

言い方としては、「面接当日、持参するものとしましては特別必要なものはございませんでしょうか。交通費の精算等で印鑑が必要となる場合は、ご連絡いただけますと幸いです」が適切です。

このような言い方であれば、交通費を期待されていると企業にとらえられることもなく、回答してもらえるでしょう。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

交通費の精算は面接の当日におこなわれる

交通費が支給される場合、精算は面接当日におこなわれるケースが大半です。そのため、就活生は、交通費精算における準備をしておかなくてはいけません。

支給される場合、上記で紹介したように、全額負担か、上限を用いるのか、一定金額なのかは企業によって異なりますが、精算に必要なものはほとんど差がありません。

交通費の請求には領収書や印鑑が必要

就活で交通費を請求する場合は、領収書や印鑑が必要です。領収書が必要になるのは、新幹線や飛行機などの運賃が高額かつ一定ではないケースが多いです。バスや電車などの公共交通機関は運賃が一定であるため、利用した駅名や経路を所定の用紙に記入すれば領収書がいらないケースもあります。

領収書を発行する場合は宛名を記入する必要がありますが、企業名と個人名のどちらを記入するかについては事前に確認しておきましょう。交通費の請求手続きが済み、金銭を受け取った際に受領印を押印する必要があります。100円のものでもいいので、朱肉を使うタイプの印鑑を用意しましょう。

領収書は企業名ではなく個人名でもらっておく

交通費の領収書をもらう場合の宛名について説明します。交通費を精算する場合に公共機関からは領収書をもらう必要があります。その場合、宛名は交通費を負担する企業名でもらうのではなく、個人名(あなた自身の名前)でもらうケースが大半です。

これは、企業によって異なるケースもあるため、面接で交通費が支給されると分かっているのであれば、企業に領収書の宛名はどうしたらいいのか、確認をとっておきましょう。

交通費は自宅から企業までの最短距離で計算する

就職活動中は、学校から面接にいったり、他の企業説明会に参加した後に面接にいったりして、交通費を算出するのが難しい場合もあるでしょう。そんな時は、自宅の最寄駅から企業の最寄駅まで公共交通機関を使ったと仮定して、交通費を計算するようにしましょう。

嘘がバレると採用取り消しの可能性も

交通費の清算は自己申告になりますので、嘘の申告をしようと思えばいくらでもできます。しかし、交通費の申告で嘘をついているとわかれば印象は悪くなりますし、その時点で不合格になってしまう可能性が高いです。

また、採用が決定している場合でも、嘘がバレることで採用取り消しになる可能性もあるため注意しましょう。お金を誤魔化すのは社会人ではなく、人としても信用を失う行為で人間性を疑われてしまいます。

信用できない人物は当然入社させるわけにはいきません。内定が決まっていても取り消しになる可能性は充分にあります。履歴書の住所からどれくらいの交通費が必要かはわかりますし、余計なリスクを抱える必要もありませんので、交通費の精算は正直に申告しましょう。

就活中の交通費は3~5万円かかる

就活中にかかるお金としてあげられるのが、スーツなどの衣類、飲食代、そして交通費です。リクナビのアンケートによると、就活中の交通費として3~5万円かかったという就活生が多いようです。

地方の学生が都心で就職活動をする場合、飛行機や新幹線を利用すると1度にかかる費用も多くなります。都心で就活する学生も、1日に複数の企業で面接をしたり、何社もの説明会に訪問するとなると、その期間の交通費は結構な金額にです。そのため、あらかじめ交通費として3~5万円は必要であると把握しておきましょう。

バイトなどで就活資金を貯めておくことが大切

面接では基本的には、交通費は支給されませんので就活に備えて事前に資金を貯めておくことが大切です。就活中は交通費だけではなく、スーツやシャツ、カバン、靴などの購入費も必要ですし、昼食代なども必要になることが多いです。お金がなければ就活をスムーズに進めることができません。場合によっては、交通費が捻出できないせいで選考を諦めなければならないこともあります。

お金がないからと選考を諦めるのはもったいないですし、チャンスを逃さないためにも事前にしっかりバイトをしておき、就活資金を貯めておく必要があります。就活中にバイトをするという手もありますが、少しでも就活に集中したいなら事前に資金を貯めておき、バイトも少しで済むようにしておきましょう。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用しよう

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

面接での交通費は基本は自己負担

面接での交通費は基本的に就活生の自己負担となりますが、企業や選考過程によっては全額、または一部の交通費が支給されることもあります。面接が重なると経済的な負担が大きくなる可能性もあるため、交通費が支給されるかどうかは就活生にとって気になるところですが、企業に直接聞くのは失礼になります。企業が交通費を支給する場合は、採用ページなどに明記されていますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

交通費についての情報がなく、どうしても知りたい場合は間接的に質問する方法もあります。また、交通費を受け取る際には、印鑑や領収書などが必要です。交通費が支給されるかどうか分からない時にも、念のため必要な物は用意しておくと安心できます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ