面接

【就活の交通費支給について】自己負担になるケースや請求できる可能性を詳しくご紹介

面接に赴いても基本的に交通費は支給されない

landing-735299_640

数多くの人が訪れる、就職活動の面接。1人ひとりにきっちり交通費を支給するのは、企業側としても金銭的に負担ですし、非常に手間もかかります。就職活動における面接で、企業側が交通費を負担することは、ほとんどないものと考えておきましょう。

就職活動は営業活動と同じのため交通費は自己負担

そもそもビジネスシーンの視点から、交通費を考えてみましょう。営業回りをしているビジネスマンがお客様である他社を訪問する際に、他社から交通費をいただくというのはまずありません。就職活動でも同じことです。面接と言えど、自分の都合で会社を訪問しているわけですから、交通費は自己負担しておきましょう。交通費もかさむとお財布を圧迫しますが、未来への必要経費と思ってやりくりするようにしてください。

役員面接・最終面接の時は交通費支給の可能性有り

多くの人が集まる一次面接や二次面接では、まず交通費を支給されることはありませんが、人数が少なくなってきた役員面接や最終面接では支給されることもあります。これは、役員面接や最終面接が、企業の本社1か所で行われる場合によくあるケースです。遠方に住んでいる収入のない学生が首都圏の本社に面接に向かうと、往復の交通費だけで数万程度かかってしまう場合がありますよね。

企業側の好意で交通費が支給されているが基本は自己負担

それだけの額を自己負担するのが大変だろうということで、企業側が好意で交通費を支給してくれるということです。あくまで企業の好意で支給してくれる交通費ですから、どんな最終面接でも交通費をいただけると思ってはいけません。交通費は自己負担しなくてはいけない場合のほうがずっと多いということは、きちんと理解しておいてくださいね。

交通費を請求する時は公共交通機関の費用のみを書くこと

bank-note-209104_640

「交通費を請求していいですよ」と企業側に言われた場合どうすればいいでしょうか。かかった交通費の明細を用紙に書かされると思いますが、この時は少し注意が必要です。面接に間に合わなそうになり、タクシーを利用したという場合もあるでしょう。ですが、請求できるのは電車やバスの公共交通機関の交通費のみです。タクシーを利用した場合でも、電車やバスを利用したつもりで交通費を算出するようにしましょう。

交通費は自宅から企業までの最短距離で計算すること

就職活動中は、学校から面接に行ったり、他の企業説明会に参加した後に面接に行ったりして、交通費を算出するのが難しい場合もあるでしょう。そんな時は、自宅の最寄駅から企業の最寄駅まで公共交通機関を使ったと仮定して、交通費を計算するようにしましょう。

交通費の請求には領収書や印鑑が必要

就活で交通費を請求する場合は、領収書や印鑑が必要です。領収書が必要になるのは、新幹線や飛行機などの運賃が高額かつ一定ではないケースが多いです。バスや電車などの公共交通機関は運賃が一定であるため、利用した駅名や経路を所定の用紙に記入すれば領収書がいらないケースもあります。領収書を発行する場合は宛名を記入する必要がありますが、企業名と個人名のどちらを記入するかについては事前に確認しておきましょう。交通費の請求手続きが済み、金銭を受け取った際に受領印を押印する必要があります。100円のものでもいいので、朱肉を使うタイプの印鑑を用意しましょう。

面接での交通費は基本は自己負担!公共交通機関のみを請求すること

就職活動では基本的には交通費は自己負担です。しかし、役員面接や最終面接などでは、まれに企業側の好意で交通費を払ってもらえる場合もあります。その時は、自宅から会社までの公共交通機関の交通費のみを、正直に請求しましょう。