面接対策

【面接の手順が分からない就活生必見】入室から退室までの流れやその他ポイントまでを徹底解説

面接での手順を知っておくだけで有利になる

面接に苦手意識を持つ人は多いですが、手順を知るだけで面接は有利に進めることができます。就活の選考の中心となるのが面接であり、面接を攻略できるかが、就活を攻略できるかどうかに影響するといっても過言ではありません。

就活を攻略するためには、面接の対策を欠かすことはできませんので、手順を正しく理解しておくことが大切です。面接は緊張してしまうことも多く、伝えるべき内容を忘れてしまうこともあります。

緊張してパニックになることも多いですが、手順さえ覚えていればそれほど緊張することはありませんし、パニックになってもすぐに落ち着くことができます。手順を知っておくことで心に余裕も生まれますので、面接の手順をしっかりと覚えて、面接を攻略していきましょう。

面接の手順【入室編】

面接にはさまざまな手順がありますが、まずは入室時の手順を知っていきましょう。面接は入室から退室まで、気持ちを引き締めて取り組む必要がありますが、入室時は第一印象にもつながりますので、特に注意が必要です。

入室時にマイナスの印象を与えてしまい、第一印象が悪くなってしまうとその後の選考が不利になり、不合格になってしまう場合も多いです。面接は最初が肝心ですので、入室時における正しい手順を理解しておきましょう。

入室前から面接は始まっている

面接の手順としては入室時から気をつける必要がありますが、さらに言えば入室前の段階から行動には注意しなければなりません。面接は入室前からすでに始まっており、受付や待合室での態度も見られています。

受付での態度が悪かったり、印象が悪ければマイナスの評価につながることもありますし、待合室でもマナーが守れていないと印象が悪くなります。受付から好印象を与えることが大切ですので、礼儀正しく振る舞い、元気にあいさつをしましょう。

また待合室では姿勢を正して静かに座って待つことが大切です。他の就活生と話をしてうるさくしたり、スマホなどを触っているとマイナスの印象を与えてしまいますので、静かに待って面接に向けて集中力を高めておきましょう。

ノックから着席までの流れ

受付、待合室を経て、順番が呼ばれればいよいよ入室となります。入室時にはノックをする必要がありますので、ノックをして中から「どうぞ」など声がかかれば「失礼します」とあいさつをしてから入室しましょう。

ノックをしてすぐに入ってしまうとマナー違反ですので、中から返事があってから入室することが大切です。入室すれば、もう一度「失礼します」と軽く会釈をして用意されている椅子の前に進みましょう。

椅子に勝手に座るのはマナー違反ですので、面接官から指示があるまでは座ってはいけません。面接官から「どうぞお座りください」など声がかかれば「失礼します」と言って座ります。カバンは横に置き、倒れないように真っすぐに置くようにしましょう。

面接の手順【退室編】

面接の手順は入室だけではなく、退室時についても覚えておく必要があります。入室時は緊張していることも多く、手順を思い返しながら進めている場合が多いですが、面接が終わると油断して手順を無視してしまう人が多いです。

面接では用意されていた質問が終われば終了ではなく、退室することも含めて面接は続いています。それまで高評価であっても、最後の最後で失敗すると台無しになってしまう可能性もありますので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

最後のお礼を忘れないこと

面接は予定されていた質問がすべて終われば、「本日の面接は以上で終了です」など面接官から終了の号令がかかります。面接が終了すれば、まずは座ったまま「ありがとうございました」とあいさつをし、荷物を持って出口へと向かいましょう。

出口でもう一度振り返ってあいさつをし、さらに扉を開けて軽く会釈をしながら「失礼します」とあいさつをして退室します。退室時には計3回あいさつをしますので、それぞれのタイミングで挨拶を忘れないように注意しなければなりません。

また退室して扉を閉めるときには、後ろ手で閉めず、振り返って閉めることが大切です。扉を閉めるときには大きな音をさせてはいけませんので、音を立てないようにゆっくりと閉めて退室しましょう。

退室後も面接は続いている

面接官にあいさつをして退室すれば面接終了とほっと胸をなでおろす人も多いですが、まだまだ面接は終わっていません。入室前から面接が始まっているのと同様に、退室後も面接は続いていますので注意が必要です。

退室後であっても企業の人がどこかで見ている可能性がありますし、行動には充分に注意しなければなりません。退室後すぐにスマホなどを触るのは印象が良くありませんし、長々と企業に留まってるのも悪印象です。

面接が終われば速やかに外に出るようにし、企業の中をウロウロしないようにしましょう。また企業を出た後も最寄りの駅などに社員がいる場合もありますので注意が必要です。誰がどこで見ているか分かりませんので、家に帰り着くまで油断しないようにしましょう。

その他おさえておきたい面接のポイント

入室から退室までの手順をおさえておくことで、面接を有利に進めることができますが、面接攻略のためには他にも知っておくべきポイントがあります。面接の対策はどれだけやっても充分になることはありませんし、少しでも合格率を上げるためにはさまざまな対策を進めておくことが大切です。

面接を攻略するためのポイントは他にもたくさんあります。それらも正しく知って、面接対策をより完璧に近づけて就活を攻略していきましょう。

面接後に今日の反省をしよう

面接が終了すれば、それでおしまいとするのではなく、しっかりと反省し、今後の面接につなげていくことが大切です。面接はすべてが完璧にできることはまずありませんし、どれだけ手応えがあっても反省点は必ず見つかります。

反省点を見つけて改善することで、面接を有利に進めることができますし、合格率を上げることができます。また悪い点だけではなく、良かった点も見つけ、モチベーションを高めることも大切です。

面接の反省は記憶が新しいうちにする必要がありますので、面接の帰りがけから反省を始めておくのがおすすめです。帰りがけにその日の出来を整理すれば、今後の面接がもっとうまく出来るようになるので、できるだけ記憶の新しいうちにしっかりと反省しておきましょう。

面接本番前に手順を練習する

面接の手順は一度覚えてしまえば、そう簡単に忘れるものではありませんが、本番前には手順をもう一度練習しておくことが大切です。本番前に練習することによって話す内容に集中でき、面接でも上手に自分自身をアピールしていくことができます。

どれだけ覚えているつもりでも、本番の緊張感に飲まれてど忘れしてしまうことはありますし、直前までしっかりと思い返しておくことが大切です。面接の前日には面接の手順を入室から退室までおさらいしておき、当日は待合室でも本番直前まで手順を頭の中で繰り返し練習しておきましょう。

直前まで練習しておけば失敗する可能性も低くなりますし、余計な部分でマイナスの印象を与えずに済みますので、面接を有利に進めることができます。

面接の手順を正しく行って好印象を与えよう

就活を攻略するためには、面接を攻略する必要があり、しっかりと対策をしておかなければなりません。面接の対策として必要なことはさまざまありますが、まずは手順を覚えておくことが大切です。

面接の手順を覚えておくことで、面接をスムーズに進めることができますし、好印象を与えやすいです。反対に手順を知らなければミスをしてしまうことも多いですし、マイナスの印象を与えてしまい、面接でも不利になってしまいます。

面接は手順さえ覚えていれば有利に進めることができますので、本番で緊張して忘れないように何度も繰り返し練習しておくことが大切です。面接の攻略が就活の攻略にもつながりますので、しっかりと手順をおさえて好印象を与え、面接を攻略していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ