面接対策

【面接前に電話する際のマナー】気を付けるべき3つのポイント

面接前の電話マナーとは

girl-791389_640

仕事をするうえで電話は便利かつ基礎的なコミュニケーションツールです。さまざまな連絡手段の中でも、ニュアンスまで伝わり即時に確実な意思疎通を図れるため、電話が重宝されています。就活生も、面接前に企業へ電話をかけたり、企業からの電話を待っていたりと、電話を使う機会が多いでしょう。ビジネスシーンで電話を用いる際、やりとりの仕方や取り扱いにはマナーがあります。相手にとって聞き取りやすい状況への配慮などは自然にできると思いますが、それだけではない就活時の電話マナーについて知っておきましょう。

「もしもし」は使わない

慣れていないと、相手が電話に出るとそのまま自然と「もしもし」と言ってしまうものです。ビジネスの電話ではもしもしという言葉はマナーが悪い言葉です。もしもしとはそもそもカジュアルな言葉なので、こういう場面にはそぐわないのです。したがって、面接前に企業に電話する際には、「もしもし」という言葉を使わないようにしましょう。

相手が出たら挨拶と名乗りから始めること

面接前に企業に電話する際には「もしもし」ではなく、相手が出たら「お忙しいところ恐れ入ります。○○大学の○○と申しますが・・・」と、挨拶と名乗りを始めるようにしましょう。すると相手も、こちらのことを、そうしたビジネスマナーをわきまえている人物だと把握してくれて、面接前に軽く印象がアップするかもしれません。

相手が忙しい時間帯は避ける

ちょっと考えれば当たり前といえば当たり前なのですが、よほど緊急性のあることでもない限り、なるべく相手が忙しい時間帯にはかけないようにするというのが、ビジネスにおいての電話のマナーです。面接前に電話をする際にもそれはもちろんあてはまります。ですから、自分がうけたい、電話をしなければならない企業が、どの時間帯が特に忙しいのかということを確認しておきましょう。

11時や14時あたりがねらい目

一般企業であれば、始業直後やお昼前後、夕方以降はだいたい忙しく嫌らがられる可能性が高いので、面接前に電話をかける際には、11時頃や、14時頃を狙って電話をかけるようにすると良いでしょう。ただし、緊急性がある場合には忙しい時間にかけてもあまり気にされないのです。

その面接前に電話をする理由が、「明日の面接時間を変更してほしい」ですとか、なるべく早く伝えなければならないことであった場合には、あまり気にしなくても大丈夫でしょう。

相手が電話を切ってから切る

こちらから電話をした際には、相手が電話を切ってから切るようにするというのも、大切な電話のマナーです。ですから面接前に何らかの理由で電話をかけた場合には、最後まで気を抜かず、相手が電話を切る音が聞こえてから電話を切るようにしましょう。

企業へかける電話ですと、なるべく粗相のないようにしたいと思うでしょう。なるべく早く電話を切りたいと思ってしまうかもしれませんが、慌てずに相手が電話を切るのを待ちましょう。

断りもなく相手の話を切ってしまうと印象が悪くなる

もしこちらが先に切ってしまうと、相手が最後に何かを言っているのにその間に切ってしまう可能性だって出てきますよね。もしそうしたら面接前に印象は最悪になります。
そうならないためにも、必ず相手が電話を切るのを確認してから電話を切るようにしましょう。

面接会場での電話マナー

null

誰もがスマートフォンや携帯電話を持ち歩く時代です。いつ・どこででも企業と連絡がとれることから、これらは就活に欠かせないアイテムになっているのではないでしょうか。当然ながら、面接の際にも携行することになるでしょう。となると、気になってくるのはそこでの電話マナーです。面接会場に携帯電話を持ち込まないようにするのはなかなか難しいものですが、基本的なマナーさえ守れていれば身につけていても問題ありません。面接会場では次の事項に注意してください。

会場では携帯の電源をオフにする

面接会場に入る前に、まずするべきは携帯電話の電源を切ることです。面接会場を出るまで、電源はずっと切りっぱなしにしておきます。マナーモードやサイレントモードに設定を変えるだけでは不用意です。モード切り替えは機種によって設定が細かいため、消せたのは着信音だけで、アラームなどについて対処しきれていない場合があります。何も鳴らないようにセットしたつもりでいたのに、突然音が響き渡るなんていう事態も起こりうるのです。

また、バイブレーションの音も案外耳につきます。電源から丸ごとオフにしていれば安心です。就活中は企業からの大事な連絡を待っていることが多く、常に受信できる状態にしておきたい気持ちが強いかもしれません。しかし、いま最重要なのは、目の前の企業の面接です。これを第一に考えてください。

待ち時間に携帯を操作するのもNG

面接会場に入ってからも、自分の面接が開始されるまでに長く待つことがあります。多くの受験者が待機していて呼ばれるのに時間がかかるのがわかりきっていたり、担当者の都合で予定時刻を過ぎたりするケースはしばしば起こるものです。そんなとき、自分の番がくるまでは端末をいじっていても支障ないのではと思われがちですが、待ち時間とはいえ携帯電話を触るのはNG行為です。

通話を控えればよいという問題ではなく、機器を操作すること自体がマナーに反しています。当該企業に関する紙の資料をチェックしているぶんには問題ありませんが、たとえそれを携帯端末で確認しているのだとしても、傍目にはわかりません。ゲームでもしているととられる可能性だってあります。控え室や廊下での態度も見られているものと心得て、会場内では気を引き締めて臨みましょう。

電話が苦手な人は例文を参考にしよう

就活では、企業に向けて電話・メールをする機会が多くあります。学生なら身近な人との連絡にはSNSやアプリを使うことがほとんどのため、電話やメールで連絡を取るのが苦手だという人もいるでしょう。

就活の未来では、就活マナーマニュアルを公開しています。電話する際の例文などがまとめられていますので、電話をする前に目を通しておくとスムーズにやり取りすることができるでしょう。無料の資料となっていますので、ぜひ活用してみてください。

関連記事

面接前に企業に電話を掛ける際はいつもより明るめのトーンを意識する

面接前に企業に電話をする際には、かならずこれらのことを守ってかけるようにしてください。また、電話でのトーンはいつもよりかなり明るめのトーンを意識してかけるようにしてください。電話では自分が思っているよりもかなりトーンが暗く聞こえるものです。ですから、これらのことに注意すると同時に、無理にでも明るくして、印象をよくしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ