面接対策

最終面接後に送るお礼メールの書き方【例文あり】|面接官に好印象を与えるコツをご紹介

面接後のお礼メールで好印象を与える

面接が終了したら終わりではありません。そのまま結果を待っても良いですが、ビジネスマナーとして、お礼メールを送るように心がけましょう。面接の後にお礼メールを送ることで、面接官や担当者、人事部に良い印象を与える可能性があります。

1次面接・2次面接・最終面接などのプロセスに関係なく、面接後にはお礼メールを送るとよいでしょう。例えば、採用者を選ぶ際に全く同じ条件の人が残った場合、対応で合格に近付く可能性もあるかもしれません。細かい点かもしれませんが、お礼メールを送った人と、送らなかった人でも命運を分けるような場合もあります。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

お礼メールはパソコンから送る

面接の手応えの有無に関わらず、パソコンからお礼メールを送りましょう。今やビジネスメールは仕事において重要なツールです。簡単に送れるメールだからこそ、こまめにタイミングよく送る人と、つい後回しにしてタイミングを逃してしまう人との差が大きく開いてしまいます。

固い定型文にはめてしまいがちなビジネスメールの中でも、特にお礼を伝えるメールには送る人の人柄が出ます。お礼メールの中で「気遣いが細やかな人」という印象を与えられたら、プラスの評価になります。メールの対応が選考に直結することはありませんが、人事への印象は大きく変わります。送信ボタンを押す前にしっかり見直しをしてメールを送るようにしましょう。

関連記事

【お礼メールのテンプレート大全】就活生が押さえておきたい書き方とポイントをご紹介!

最終面接後のお礼メールの送り方①遅くても翌日には送る

cc-library010011020

まず、最終面接後のお礼メールが採用の可否を決めることはありません。よほど失礼なメールだと採用に悪影響を与えてしまうかもしれませんが、すばらしいお礼メールによって採用が決まるということはないのです。

最終面接後に送るのがベスト

お礼メールはあくまで、「最終面接を行ってくれた」ことに対するお礼のつもりで、余計な下心は持たずに書きましょう。お礼メールは最終面接があった日、遅くとも翌日には送ります。あまりに遅くなってしまうと、お礼の気持ちをうまく伝えることができなくなってしまうのです。

また、お礼メールだと一目でわかるように、メールの件名に気を付けます。せっかくお礼メールを送ったのに、採用担当者に迷惑メールと勘違いされて未読のままゴミ箱行きとならないようにしましょう。

お礼メールがダメ押しの一手になる場合も

面接後にお礼メールを送るのは一般的なマナーです。メールを送ったからといって必ずしも評価が上がるとは限りません。お礼メールを送っても落ちるときは落ちますし、合否に影響しないことがほとんどですが、時にはお礼メールがダメ押しの一手になる可能性もあります。他の学生と評価が均衡していたり、合格にするかどうかのボーダーラインにいる場合は、お礼メールが最後の一押しになることも多いです。

評価に大きく影響するわけではありませんが、評価の一部として考えられることはありますし、送っておいて損になることはありません。お礼メールを送らなかったことで後悔するよりは、送って最後までやり切った方がいいので、ダメ押しの一手になることも考えて、お礼メールは必ず送っておきましょう。

関連記事

企業にメールを送る時間帯のマナーとは|好印象を与える返信のポイントと5つの注意点~お礼メールの例文3つもご紹介~

最終面接後のお礼メールの送り方②構成に従う

最終面接のお礼メールに書くべき内容は、「最終面接のお礼、最終面接の感想や採用されたときの抱負」です。まずは、件名です。件名は「○月○日の最終面接のお礼」としましょう。最終面接を受けたのはあなただけではありません。

件名に面接の日付やあなたの氏名を入れておくと、採用担当者は「あの子か」とすぐに分かります。メール本文ではまず宛名を書きます。「株式会社○○ 人事部田中一郎様」とします。会社名や部署名は正式名称で書きます。「(株)」という書き方はしてはいけません。

この度、貴社最終面接を受けました佐藤次郎(あなたの氏名)と申します。この度はお忙しい中面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。

送信者の氏名はメールの最後に入れますが、本文にもあなたの氏名を入れておくと、誰からのメールかすぐに分かります。

最終面接後のお礼メールの送り方③感想と抱負を書く

最終面接のお礼の続きには、面接の感想を書きます。

最終面接では、○○様より、貴社の企業理念や今後のビジネスの展望等を一つ一つご説明いただき、大変感銘を受けました。最終面接を受けたことで、より一層貴社に入社したいという意欲が高まりました。私も貴社の一員として、貴社の成長の一端を担いたいと思います

社長を持ちあげる書き方も良い手段

最終面接には社長や役員など、その会社のトップが面接官をつとめることもあります。そのときには、社長が具体的にどのような話をしてくれ、それについて自分の考えがどのように変化したのかを書いておきましょう。社長をよいしょしておいて損することはありません。メール本文の最後は、以下のようにします。

最後になりますが、貴社の今後のご繁栄を心よりお祈り申し上げます

その後、署名(あなたの氏名や連絡先)を貼りつけます。

逆質問した内容を盛り込むと好印象

面接では最後の逆質問が求められ、これは最終面接であっても同じです。最終面接でも逆質問をするチャンスはありますので、その内容についてお礼メールで言及しておくのも好印象を与えるポイントのひとつです。逆質問からどんなことが分かったのか、回答からどのようなことを感じたのかなどを簡潔に記しておきましょう。

新しく分かったことに触れておくことで、企業への関心の高さが伝わり、面接に真剣に取り組んでいたことがアピールできます。逆質問の内容に触れることで、自分のことをより強く印象付けることができますし、他の人と差別化をするポイントでもあります。逆質問の内容にも触れながら、面接での感想や今後の抱負を伝えていきましょう。

最終面接後のお礼メールの送り方④簡潔な内容を心がける

お礼メールには感謝の気持ちや面接の感想、今後の抱負などを盛り込む必要がありますが、それらは簡潔にまとめることが大切です。内容を盛り込みすぎて長くなってしまうと、読むのも大変ですし、あまりに長いメールは企業でも嫌がられてしまいます。読むのに時間がかかるメールは企業に迷惑がかかってしまいます。

場合によっては適当に流して読むだけ、あるいは全く読まずに削除されてしまう可能性もありますし、読みやすい文量を心がけることが大切です。長々と伝えるよりも、簡潔にまとめて述べた方が感謝の気持ちも伝わりやすいので、読みやすさを意識して短くまとめるようにしましょう。

最終面接後のお礼メールの送り方⑤事務的な内容はNG

お礼メールは必須ではないものの、送ることで好印象を与えることができますし、少しでも合格率を上げるために送ろうと考える人は多いです。しかしいくら好印象になるとはいえ、メールの本文を考えるのは面倒です。そのためテンプレートを丸々コピーして、お礼メールを送ってもしまう人もいますがこれはNGです。

お礼メールは感謝の気持ちを自分の言葉で伝えることが大切であり、事務的な内容になってしまっては感謝の気持ちは伝わらず、好印象を与えることもできません。事務的な内容だと、仕方がなく送っていると思われ印象が悪くなる可能性もあります。それなら送らない方がましですので、送る場合は自分の言葉で感謝の気持ちを伝えましょう。

最終面接後のお礼メールの送り方⑥返信不要の旨を伝える

お礼メールを送る場合は、最後に返信不要の旨を記載することが大切であり、これも重要なマナーです。お礼メールは絶対に必須のものではありませんし、それに返信をしなければならないと企業に余計な手間をかけさせてしまうことになります。返信不要としておくことで、読むだけで終わりにすることができますし、返信の手間をかけさせずに済みます。

相手を気遣えているとして好印象になることもあるため、返信不要の旨は忘れずに添えておくことが大切です。メールの文末に「お忙しいかと存じますので、返信は不要です」など一言添えれば返信不要の旨は伝わります。企業に手間をかけさせないことが大切ですので、細かい気遣いも忘れないようにしましょう。

最終面接後のお礼メールの送り方⑦署名を忘れずに

お礼メールでも署名は必要であり、これを忘れてしまうと印象が悪くなる可能性があるので注意しましょう。お礼メールかどうかに限らず、企業とメールでやりとりをする場合は、署名など基本的なマナーが守る必要があります。いかにメール本文の内容が良くても、基本的なマナーが守れていなければマイナスの印象を与えてしまうので注意しなければなりません。

マナーが守れていないことで印象が悪くなってしまい、場合によっては送らない方が高評価となる可能性もあります。せっかくお礼メールを送るのであれば、多少なりともプラスの印象を与えなければなりませんし、マイナスになってしまうのは避けなければなりません。署名は油断すると忘れがちなポイントですので、送信前には必ず見直しておきましょう。

最終面接後のお礼メールの送り方⑧相手のアドレスは最後に入力

メールを送るためには、メールアドレスを入力しなければなりませんが、これは間違えないように入力するだけではなく、最後に入力することが大切です。最初に送り先のアドレスを入力して作成していると、操作間違いなどで途中の段階でメールを送信してしまう可能性があります。一度送ったメールはキャンセルすることができませんし、作成途中のメールを誤送してしまうと、マイナスの印象を与えてしまいます。

送り間違いを防ぐためにアドレスは最後に入力することが大切であり、文章もきちんと読み返してから入力するようにしましょう。送り間違いをすると企業に失礼になるだけではなく、そそっかしい印象も与えてしまい、評価が下がる可能性が高いので注意が必要です。

送信前にチェックすべきポイント

お礼メールは面接後に素早く送ることが大切ですが、作成してすぐに送るのはNGです。送信前には何度も読み返しておくことが大切ですし、おかしな部分はないかをチェックしておかなければなりません。

お礼メールはただ送ればいいわけではなく、正しいマナー、書き方で作成して送ることが大切です。送信前にチェックしておくべきポイントは大きく2つあります。それぞれのポイントを把握して、しっかり見直してから送信しましょう。

誤字脱字がないか

お礼メールが完成した後は送信前にもう一度読み返して、誤字脱字がないかを確認しておきましょう。誤字脱字のあるメールを送ってしまうと企業に失礼ですし、そそっかしい印象、がさつな印象を与えてしまい、マイナスの評価になります。せっかくお礼メールを送っても、誤字脱字があることで台無しになってしまいますし、マイナスに働く可能性もあるので注意しなければなりません。

特に、企業名や宛先などには注意が必要です。企業名や送り先の人の名前が間違っていると失礼です。部署が間違っていると採用担当者に読んでもらえない可能性がありますし、そもそもアドレスが間違っていれば企業にメールが届きません。完成すれば丁寧に何度も読み返し、誤字脱字や間違った部分がないかをチェックしましょう。

簡潔な文章になっているか

お礼メールは内容を盛り込みすぎてしまうことが多いため、長くなり過ぎていないかを確認しておくことが大切です。文章が長くなると本当に伝えたいことが伝わらなくなってしまう可能性があるため、簡潔に短い文章で気持ちを表現する必要があります。文章の量にも注意が必要ですが、適度に改行できているかなど見た目にも読みやすくなっているかもチェックしておくことが大切です。

改行がなく、文章が長く続きすぎていると読みづらくなります。反対に改行が多すぎても読みづらくなるため、読みやすいタイミングで改行されているかチェックしておかなければなりません。

お礼メール例文3選

会社説明会に参加した後、「感謝のお礼メールを書こう!」としても、どう書いていいかわからず手が止まってしまう方もいるでしょう。社会人経験がないと、ビジネスの場面にふさわしいお礼メールの書き方は知らないのが普通です。ゼロからでもわかるように、例文つきで、会社説明会のお礼メールの書き方を解説致します。

説明会のお礼メールなんてどう書けばいいかわかりませんよね。そこで、大事なポイントを押さえた会社説明会のお礼メールの例文を厳選して3選用意しました。下記を参考にすれば、誰でも、感謝の伝わるお礼メールが書けるようになります。

例文①

本日面接をして頂きました、○○大学○○学部の○○と申します。この度は貴重なお時間を割いて、面接をしていただきまして誠にありがとうございました。○○様のお話を伺い、貴社の事業展開や経営方針などについて理解が深まり、ますます貴社の一員として○○事業に携わりたい気持ちが強くなりました。私も貴社の一員として、貢献したいと思います。最後になりますが、貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

このお礼メールの例文では、面接官から事業展開や経営方針に関する話を聞けたことを取り上げています。就活生の質問に答えてくれた場合は、それに対するお礼を伝えるといいでしょう。内容について理解できたということと、入社意欲が高まったことを伝えると、面接官の印象に残りやすいでしょう。

例文②

本日、貴社面接を受けました○○大学○○学部の○○と申します。この度はお忙しい中、面接の機会を頂き、誠にありがとうございました。○○様のお話を伺う中で、営業職に求められる心構えや、貴社がひとつの「チーム」として成長を遂げていることを理解できたように思います。以前より貴社を第一志望としておりましたが、入社意欲がますます強まりました。貴社に入社しましたら、自分もチームの一員として貢献できるよう努力いたします。末筆ながら、貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

こちらの例文では、具体的に「営業職に求められる心構え」と「企業がチームとして成長を遂げている」という2点を取り上げています。面接官に、きちんと話を聞いてたという印象を与えられるでしょう。抱負を伝える部分でも、自分もチームの一員として貢献したいという内容を書いており、入社意欲の高さをアピールできています。

例文③

本日面接をして頂きました、○○大学○○学部の○○と申します。本日はご多忙な中、面接の機会をいただきまして誠にありがとうございました。面接では、業務内容をはじめ今後展開される新規事業についてお話いただき、貴社についてより理解を深められたと感じております。なかでも、新規の顧客獲得に向けた新部署設立については、大変感銘を受けました。新たな挑戦を続ける貴社において、自分も貢献したいという気持ちが強くなりました。最後になりますが、面接の御礼を申し上げますとともに、貴社のご発展をお祈りいたします。

この例文では、面接官から聞いた新規事業の話を取り上げています。外部の人間があまり聞けない貴重な情報であるため、興味を持っているという姿勢を伝えるといいでしょう。挑戦を続ける企業で貢献したいとアピールすることで、共に頑張りたいという意欲を伝えられます。

お礼メールのNG例文3選

ここまで面接後のお礼メールのポイントについて、例文を交えて解説してきました。ここではお礼メールのNG例文を3つ挙げ、解説していきます。就活とはいえ、企業にメールを送る以上、そのメールにおいてはビジネスマナーが要求されます。ビジネスマナーの守られていない文面のメールを送ってしまうと、採用担当者にマイナスの印象を与えてしまい、選考に悪影響が出てしまう恐れもあるのです。

NGポイントを見ておくことで、メール作成の際に気を付けるべきポイントが見えてきます。しっかりと学び、採用担当者に対して失礼のないメールを送ることの出来るようにしておきましょう。

例文①

昨日はお忙しい中、面接のお時間を頂戴しまして、誠にありがとうございました。ひとまずお礼をと思い、ご連絡させて頂いた次第です。今後とも宜しくお願い致します。

この例文のNGポイントは面接の感想に触れていないことです。採用担当者は日々業務の中で多くのメールのやり取りを行っています。その中で就活生からのメールが送られてきたとしても、ありきたりな内容しか書かれていないものでれば印象には残りません。

 

感謝の気持ちを、定型文言のような形で述べただけのメールでは、送る意味がないのです。メールを送る以上は、採用担当者に好感を持ってもらえるメールを作成するに越したことはありません。感謝の気持ちと面接の感想を定型文言ではなく、自分の言葉で伝えることが重要なのです。

例文②

△△大学△△学部 △△と申します。先日の面接では貴社の事業の〇〇という点について理解を深めることが出来ました。〇〇についてはわからない点が多く、頭を悩ましていたので、その点についてお話を聞くことが出来、非常に嬉しく思います。お忙しい中面接のお時間を頂戴したことについてお礼を申し上げたく、ご連絡させて頂いた次第です。今後とも宜しくお願い致します。

この例文では構成が守られていない点がNGポイントと言えます。この例文ではいきなり面接についての感想から書き始めています。このような書き方をしてしまっては、「何の趣旨のメールなのだろう」と採用担当者を混乱させてしまいます。

相手に配慮し、相手が読みやすいようにメールを作成するのも社会人として求められるビジネスマナーなのです。まず「どのような要件でメールをしたのか」を明示し、その上で伝えるべき内容を伝えていくことで、相手にとって読みやすいメールとなるのです。

例文③

△△大学△△学部 △△と申します。ご連絡が遅れまして申し訳ございません。先週はお忙しい中、面接のお時間を頂戴しまして、誠にありがとうございました。面接を経て貴社の事業について理解を深めることが出来ました。ひとまずお礼をと思い、ご連絡させて頂いた次第です。今後とも宜しくお願い致します。

この例文のNGポイントは、面接からお礼メールの送信まで時間が空いてしまっている点です。採用担当者は日々多くの就活生との面談を行っています。時間が経てば当然1人1人の就活生に対する印象も薄れてしまうものです。面接後すぐにメールを行えば、「昨日の彼か。丁寧な対応をしてくれるんだな」と好感を与えることが可能になります。

しかし時間が空いてしまうと、就活生に対する印象も薄くなってしまい、せっかくのお礼メールがあまり意味を成さないものになってしまう恐れがあるのです。お礼メールは上述の通り、遅くとも翌日までには送信するようにしましょう。

最終面接後のお礼メールの送る前に誤字脱字のチェックを忘れずに!

以上が、最終面接後のお礼メールの送り方についてです。構成を守った正しい書き方をしましょう。なんせ、せっかくのお礼のメールですから、相手を不快にさせてしまったら意味がありません。お礼メールを書いたら、送信する前に、誤字や脱字のチェックをしましょう。特に社長の名前や会社名などの間違いがないように気を付けます。最後の最後で失礼を働くことのないようにしましょう。

関連記事

お礼メールの件名を作成する際に押さえておきたい3つのポイント|具体的な作成例もご紹介

お礼状をメールで送る例文【説明会・面接・内定】|就活生がおさえておきたいマナーをご紹介

【就活のお礼メール・手紙】お世話になった人や企業に送るお礼状の書き方|内定者が押さえるべきマナー【参考例文アリ】

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ