数学が苦手な人がSPIを克服する3つの方法

SPI、数学が苦手でなくとも試験時間や内容から見ても非言語問題の方がやっかいです。
ですから、数学が苦手だという人にとっては地味に辛いのがSPIなのです。
そこでここでは、数学が苦手な人でも解けるSPI対策のコツを紹介していきたいと思います。

SPIを克服する方法1,解き方を覚える

pay-937882_640
数学が苦手あるという方のほとんどが色々と考えすぎてしまう傾向にあります。
確かになぜそうなるのかを考えて正確に理解すれば正答率はあがるでしょう。しかしそれは時間がかかりすぎます。
他の就活対策をしながらSPIの勉強をしていくと状況とを考えると、その時間はありません。
まずはSPI対策法として、とにかく解き方を覚えてしまうのが効果的です。

  • まずは公式など暗記ものを覚えるのが最優先事項!

いちいち細かく考えるようにしないで、「ここはこういう解き方。なぜならそういうものだから」という風に考えるようにすると、とてもスムーズに解けるようになり、SPIの数学の問題でつまづくことも少なくなるでしょう。
SPIの数学の問題は解き方さえ覚えれば解ける問題も多いですから。
ですから、とにかく当てはめる公式など、解き方を覚えるようにしていきましょう。

SPIを克服する方法2,色々な問題集を解く

基本的にSPIの数学の問題の対策としては、一冊の問題集をたくさん解くことが進められています。
もちろんそれは正しいことです。ですが、数学が苦手な人は、そうして一冊を繰り替えしていても、何を何の解き方で解いたら良いのかわからないままの可能性があります。
ですから、何冊もの問題集をやり、覚えた解き方をきちんと使えるようにする必要があるのです。

  • 1冊の問題集を2周するサイクルを3冊分やるのが理想的!

数学が苦手な人のSPIの対策方法としては、非言語の問題だけでも良いので、1冊の問題集を2周するというサイクルを、3冊分くらいやるというのが理想です。非言語だけならそういう時間を作れる方も多いのではないでしょうか。
できればそうして、きちんと覚えた解き方の使い方まで覚えてしまいましょう。

SPIを克服する方法3,毎日必ず問題に触れる

数学の苦手な人は、毎日SPIの問題に触れるということも大切です。
毎日問題に触れるようにすると、より強固に解き方や解き方の使い方を記憶するようになります。
間を空けてしまえばしまうほど、また記憶が薄れてしまい、記憶に結び付きにくくなってしまうのです。ですから、可能な限り毎日触れるようにしていきましょう。

  • 一気に5時間より毎日1時間の方が記憶に残る!

数学が苦手な人のSPI対策に限らず、こうした勉強というのは、一気に5時間やるよりも毎日1時間やる方がはるかに記憶しやすいのです。
ですから、あとで一気に問題集をやるのではなく、毎日コツコツやるのが有効になります。
毎日1時間が無理なのであれば毎日30分でも構わないので、苦手な問題を中心に触れていくようにしていってください。

数学が苦手な人がSPIを克服するためには覚えた解き方をきちんと使えるようにすること!

以上、数学が苦手な人の為のSPI対策のコツのご紹介でした。
数学が苦手な人はこうした対策のコツを参考に苦手を乗り越えていってください。
SPIにとって非常に大切な非言語ですから、苦手なままでは良くありませんからね。