自己PR

バイトから正社員になるための自己PR方法

バイトから正社員になるための自己PR方法をご紹介します。
就職活動や転職活動で自分を売り込むためには、相手先企業が求めている人材像に一致するような、効果的な自己PRをする必要があります。
しかし就職経験がないという人は、どうすれば効果的な自己PRができるのでしょうか。

バイトから正社員になるための自己PR方法1,働く意欲をアピール!


まず、自分にはアルバイトの経験しかないからアピールできるポイントがないと考えるのは早計です。現状がアルバイトという立場であるからこそ、正社員として転職したいと考えているあなたの「働くこと」に対するモチベーションは相当に高いはず。
バイトから正社員に転職を考えている他のひとたちよりもずっと強い気持ちを抱いていることでしょう。その素直な想いを自己PRに載せていけばいいのです。

  • バイトから正社員への転職を考えること自体がプラス評価!

とはいえ、相手先企業のことも考えず自分の強い思いだけを主張したのでは、効果的な自己PRにはならないのも事実です。
戦略的な書き方をしっかりと理解して自己PRを作成する必要があります。
以下で具体的な自己PRの書き方を検討していきましょう。

バイトから正社員になるための自己PR方法2,具体的な経験を述べる

自己PRの冒頭では、自己紹介をしていきます。ここで嘘を書くわけにはいきませんので、アルバイトとして働いてきた自分の仕事内容を記載していきます。
ここでアピールしたいのは、経験した業種の多様さでも働いた職場の数でもなく、そのアルバイトを通じて得た「具体的な経験」です。その仕事があなたにどんな成長を促したのか、それをきちんと理解しているような人材であれば、企業はうちのところでも使ってみようと思うはずです。

  • 仕事に関連する能力やスキルを全面的に押し出してアピールしよう!

実際の書き方としては、あなたが得てきた「具体的な経験」を志望している企業の業務内容とうまく結びつけて書くようにしましょう。
居酒屋のホール担当で身につけた知らない人との会話能力は、飛び込みの営業職のコミュニケーション能力に必ずや活かせるはずです。
このように関連する能力・スキルを見つけて、自己PRをふくらませていくという書き方をしていけばいいのです。

バイトから正社員になるための自己PR方法3,実際の正社員を参考にする

自己PRの中では志望動機についても書いていくことになりますが、この志望動機もアルバイトからの就職を目指すひとにとっては大切な書き方のポイントとなります。
さきほども述べたように、アルバイトをしている自分であるからこそ働くことに対するモチベーションが高いのだということをアピールしたいのですが、ただ根拠のない熱い思いだけを書き連ねていっても説得力がありません。

  • 正社員になることへの自覚を語ることで採用担当者からの信頼を得る!

そこで自己PRの書き方としては「正社員としての意識をきちんと持っていること」「正社員としてなりたい自分像をきちんと持っていること」が読み手に伝わるような自己PRをしていくのが上策です。
この「正社員としての意識」「なりたい自分像」は、アルバイトをしていたときにあなたが正社員をどのように見ていたかを思い出せば書くことができるでしょう。
尊敬できる正社員であったのならばそのひとをお手本にすればよいですし、ダメな社員だったのならば自分だったらこうしたのにということを書けば良いのです。

バイトから正社員になるための自己PRではスキルや能力を前面に的に押し出してアピールしよう!

以上のように、アルバイト経験しかないからといって、相手に伝わる自己PRが書けないわけではありません。
アルバイトをしていたときの自分をいま一度見つめ直し、まわりの正社員の様子がどんなだったかを思い返しながら、効果的な書き方をして自己PRを完成させていってくださいね。

合わせて読みたい!!

▶自己PRで粘り強い性格をアピールする方法

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。