インターン

春休みインターンシップ参加時のポイント【学年別】

就職を考えたうえで、春休みは過ごし方次第で大変有意義に過ごすことができます。
大学生の間にどのように春休みを過ごしながらインターンシップと向き合っていけばよいのか、時期に応じた注意点なども踏まえながらご紹介いたします。

春休みのインターンシップは1・2年生がオススメ

cherry-blossom-476583_960_720
春休みのインターンシップは、就職活動を見越した先行投資です。
まだまだ就職活動とは程遠い1、2年生でも、インターンシップに参加しておくべき理由は多くあります。周克の時期が迫っていないからこそ、チャレンジ精神旺盛にインターンシップに参加することができるのです。
自分があまり興味がないと思っていた業界であっても、意外な楽しみを見つけることができるかもしれません。
春休みの話題作りにもなるでしょう。

  • 春休みはアルバイトよりもインターンシップに集中!!

春休みはアルバイトをしようと考えている学生さんも多いこととは思いますが、どうせならインターンシップをしてみることをオススメします。
最近は給料が出る春休みのインターンシップも少なくありません。
社会経験を積むことができ、また数年後の就職活動にも役に立つということを考えたら、インターンシップに参加する方が有益だといえるでしょう。

春休みのインターンシップで3年生は経験を重視すること

3年生は就活の下準備をするのに格好の時期です。
そのため、夏のインターンよりも春からインターンシップをする方が効率的でしょう。
3年生になると、春休みには夏のインターンシップに参加するための準備をしようと動き始める人も多いです。
しかし、本当にインターンシップで多くの経験を得ようと思うのであれば、3年生の春休みからインターンシップに参加するべきなのです。こうすることで就職活動が本格化する冬前には、半年以上の職場経験を携えて就職活動に臨むことができるのです。

  • 春休みのインターンシップをすれば働くことの価値観が養える

就職活動を始める前に働くことに対する価値観を養っておくことは、将来のキャリアプランを作っていくうえで非常に大切だと言えます。
何も知らない学生の状態から一生を左右しかねない就職先を決めるということは、ある意味でとてもリスクの高い行為です。
入社した後に、思っていた感じと違っていたというのも、珍しい話ではありません。
春休みを使ってインターンシップに参加しておけば、このようなミスマッチも極力避けることができます。

4年生で春休みのインターンシップを行うなら目線を変えよう

4年生の春休みは、就活時期のさなかであるため、インターンシップに参加すると言ってもピンと来ないかもしれません。
しかし、4年生から参加できる春休みのインターンシップには、ある特徴があります。多くはベンチャー企業ですが、インターンシップ後に選考フローを一気に飛ばして、採用にまで結びつくケースがあるということです。
春休みのインターンシップで自分の力を試してみたいのであれば、ぜひオススメです。

  • 内定が出ている中での短期インターンシップも有効

また、最後の入社企業を決める際にも、4年生でのインターンシップは有効に働くケースがあります。
春休みのインターンシップの中には長期のものから1日で終わるものもあり、使い方次第では4年生の春休みに参加するのも難しくはありません。
入社間際にさまざまな経験をしておくことで、もう一度落ち着いて自分の将来を思い描くことができるのです。

春休みのインターンシップで自身のキャリア館を磨くこと!!

インターンシップは、就職活動を行う上で大変大きな働きをします。
実際の現場を知ることや、自分のキャリア観を磨くことで、将来の選択に大きな影響をあたえることができるのです。時期や狙いを考えながら、春休みを利用してインターンシップに参加しましょう。