就活のマナー

メールでの「御中」の使い方とは?正しい使い方と使用例

基本のビジネスマナーを覚えよう!

社会人になるための登竜門と言えば「ビジネスマナー」です。社会に出るための前準備として、誰もが身につけておかなければなりません。就活の時点ではまだ社会人ではないものの、企業はあなたにビジネスの基本的な知識が備わっているのかチェックしています。ですので、ある程度のビジネスマナーを持っていると就活でも有利になるのです。

そこでメールや書類を送付する際に使用する「御中」というワードは、意外と間違った使い方をしている就活生が多いのが現状です。意味や正しい使い方、使用する際のポイントまでしっかりチェックしていきましょう。

間違いが多い「御中」の意味

学生はなかなか在学中にメールや書類のビジネスマナーを使う機会がなく「御中」と「様」の使い分け方法が分からないと言う方も少なくはありません。意外と間違った使われ方をされている方もいるので、しっかり意味を理解して、正しい使い方をすれば、面接官にも好印象です。「御中」は誰に向けた言葉なのか、さらにはどのような意味があるのかご紹介します。周りの就活生よりも一足早く、ビジネスマナーを習得しましょう。

宛先が個人ではない時に添える言葉

まず大前提として「御中」は、宛先が個人でない場合に添える言葉です。官庁や団体、グループ、会社の後につける敬称となります。書類やメールの宛先が不明瞭で会社に送付する場合にも、御中を使うと良いでしょう。“その会社の誰かへ”という意味合いを持つため、意外と便利な言葉です。就職活動では主に「〇〇株式会社 御中」や「〇〇株式会社 人事部 御中」のような使い方をします。

「〇〇株式会社 御中 〇〇様」「〇〇株式会社 採用ご担当者様 御中」のような、間違った使い方をしないようにしてください。御中と様を二重で使用することはありません。団体には「御中」ある特定の個人には「様」をつけると覚えておきましょう。

会社・部署内の誰が開封しても良い

宛先に「御中」を使うことで、その会社や団体、部署の人であれば誰が開封しても問題ないという意味を持ちます。「読むべき個人を特定しないので、誰でも良いから読んでください」といったニュアンスです。反対に、「様」をつけると宛名以外の人は開封してはならないという意味も兼ね備えているので、こちらも合わせて覚えておきましょう。

また、宛てる担当者が分かっているのに御中を使って会社に送るのはNGです。これは意外と就活生に多いパターンですが、非常に失礼な行為になります。「担当者では頼りなく感じるから、会社全体に送った」と捉えられしまい、信頼を失いかねません。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

就活メールでの「御中」の使い方

会社や部署名には「御中」で、組織の中の特定の個人には「様」をつけます。宛名は企業側にとって最初に目につく部分なので、悪い印象を与えないためにも間違えないように気を付けましょう。そこで次に、就活における実際の「御中」の使い方を具体例とともにご紹介します。実践することが何よりも大事で、理解しているだけでは確実に正しく使えるわけではありません。ビジネス書類だけではなくメールでも使えます。実際に就活で悩むことなく使えるように、今のうちに使い方をマスターしておきましょう。

基本は「〇〇株式会社 御中」

◯:〇〇株式会社 御中

基本的な使い方は、「〇〇株式会社 御中」のように団体(会社)名の後ろに御中をつけるという方法です。これは最もオーソドックスなものなので、分かりやすいのではないかと思います。さらに部署名を加える場合には「〇〇株式会社 〇〇部 御中」のように使用しましょう。同様に課名を加える場合も「〇〇株式会社 〇〇課 御中」のように使用してください。

「御中」は会社や部署名の途中に付けることはないので、最後につけると覚えておくと良いです。また、この時会社名、部署名、御中の間にはスペース(余白)を入れるように注意しましょう。繋げてしまうと見にくくなってしまうので、少なからずマイナスイメージを与えてしまうかもしれません。

団体宛なので「様」はいらない

✕:〇〇株式会社 御中 〇〇様

また、先ほども軽く説明したように「御中」と「様」は二重に使用しないように注意しましょう。特定の個人ではなくその会社全体に宛てる場合には、「様」は一切使用する必要がないということを覚えておいてください。非常に就活生に多いのですが、「〇〇株式会社 御中 〇〇様」「〇〇株式会社 〇〇様 御中」のような間違った使い方をしないように気を付けましょう。

この場合は個人を特定しているので、「御中」は必要ありません。就活において多い「様」の使い方ですが、例えばその会社の採用担当の方に宛てる場合は「〇〇株式会社 採用ご担当者様」のように記載しましょう。個人名が分かっている場合は「〇〇株式会社 採用担当 〇〇様」とすれば大丈夫です。

「行」は使用しない

✕:〇〇株式会社 行

また、郵便物の宛名において「行」という言葉があります。これは会社が用意した返信用封筒や往復用はがきに記載されているものであり、こちらから記載することは一切ありません。この「行」は、「御中」に書き直して返信する必要があることを覚えておきましょう。ですので「〇〇株式会社 行」のまま返信するのはNGです。「行」の丁寧語が「御中」なので、そのまま返信すると相手に対して失礼にあたります。

よって「行」が記載されている場合には、次のように対処しましょう。縦書きの場合は縦線または斜めの二重線を引いて、その左側もしくは真下に「御中」と書き加えてください。さらに横書きの場合は横の二重線を引き、その右側に「御中」と書き加えましょう。

「各位」は使用しない

「各位」とはどのような時に使用するのでしょうか。まず、「各位」は皆さまという意味を持っていることから、2人以上を対象として使用することができます。就活をしている時に2人以上いる企業宛て、2人以上いる採用担当者に送る時に使用したいといった気持ちもわかりますが、就活ではあまり適さないので使用するのは避けるようにしましょう。

ビジネスシーンで「各位」はよく使われており、目上の人に対して使うととても印象の良いこともあります。しかし、大勢の人を指すので抽象的すぎるという風に取られることがあります。また、堅い印象を持たれてしまう言葉なので、考えて使用するほうがよい言葉といえるでしょう。就活中には、基本的に採用担当者など個人にあてたものが多いので、使用する機会はあまりないはずです。

担当者が分からない時は「ご担当者様」

◯:〇〇株式会社 採用ご担当者様

採用担当の者に宛てたいものの担当者の名前が分からない場合は、個人に宛てて「〇〇株式会社 採用ご担当者様」のように記載しましょう。「採用担当者様」のように“ご”をつけないと失礼にあたるので注意してください。また、例えば総務課の下に採用担当係のようなセクションが存在し、個人ではなく複数が採用を担当することが明確に分かっている場合は「〇〇株式会社 総務課 採用係 御中」のように記載しても問題ありません。

「〇〇株式会社 採用ご担当者様 御中」のような使い方は間違いなので気を付けましょう。「〇〇株式会社 採用担当 御中」も、担当者に宛てているものなので御中はNGになります。

調べれば分かることは諦めないで知る

就活生が頭を抱える「御中」という言葉の意味から具体的な使用例と、就活において同じくらい使用頻度の高い「様」や「行」についても見ていきました。就活ではある程度のビジネスマナーまでチェックされているため、周りと差を付けるためにも絶対に身に着けた方がよいです。

分からないことはそのままにせず、調べるとたくさん出てきます。これらに疑問を持つことを面倒臭がらず、気になることはどんどん知って、就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ