履歴書

【履歴書の生年月日】和暦と西暦どちらがいいのか|画像付きでご紹介

履歴書の生年月日欄で悩む就活生は多い

履歴書の生年月日で失敗している就活生は多いです。きちんと書いたつもりでも間違っているということもあるので、再度確認しておきましょう。和暦で書くのか西暦で書くのか、年齢は満年齢なのかなど、注意するポイントはたくさんあります。

ここでの書き方を失敗すると注意力が散漫な人だとかあまり熱心な人ではないと判断され、採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。履歴書はフォーマルな文書です。ルールに沿って作成できないということは、その他の内容がどれだけ良くても、かなりのマイナスポイントになるため注意しましょう。

和暦と西暦はどちらでもいいが統一する

履歴書の生年月日の書き方ですが、基本的には和暦と西暦どちらで記入しても構いません。どちらの場合でも、履歴書内で表記が統一されていればOKとされています。最初に西暦で書き始めたのなら最後まで西暦、和暦の場合は最後まで和暦で書きましょう。

また気をつけたいのが学歴や資格の欄です。見落としやすい点ですが、ここも生年月日の表記と統一させる必要があります。和暦は日本の正式な暦ですので、どちらか選べないという人は和暦を使うと無難です。

履歴書に指定がある場合はそれに従う

前述したように基本的には統一さえしていれば和暦と西暦どちらを用いても構いません。しかし履歴書内に和暦か西暦か指定がある場合はそれに従って書きましょう。履歴書は様々な企業から発売されていますが、中には履歴書の最後に「※年号は西暦で記載すること」などと注意書きが記載されている場合があります。

履歴書を完成させてからこの記載を見つけてしまうと書き直さなければならないので、書き始める前に必ず目を通して指定がないか確認しましょう。

元号をアルファベットで省略しない

昭和や平成などの元号を記入する際に、アルファベットで省略しないようにしましょう。昭和だと「S」平成だと「H」という風に記入する書類もありますが、履歴書では適切ではありません。履歴書は正式な書類であるため、元号であっても省略せずに正しく記入する必要があります。

また、学歴を書く場合などに「平成◯◯年」が続くからといって「〃◯○年」という風に記入することも避けてください。面倒くさいと思うかもしれませんが、そのような気持ちが履歴書に反映されるとマイナスな印象を与えてしまいます。怠惰な印象を与えないためにも、きちんと最後まで正しく記入しましょう。

西暦でも和暦でも生年月日は算用数字で書く

履歴書は基本的に算用数字で書きます。「123」という風にあらわすのが算用数字で、漢数字は「一二三」と数字を漢字で書いたものです。同じ数字ですが、履歴書は横書きなので、書くときの数字というのは算用数字で書くのが一般的になっています。しかし、緊張して書くこともあり、漢数字で書いてしまったというミスが起こることもあります。

生年月日だけでなく、学歴や職歴を書くときも同じです。西暦でも和暦でも算用数字で書くようにしましょう。ここで注意しなければならないのが、固有名詞に入っている数字や自己PRで書くときの四字熟語は算用数字で書かないようにしましょう。例えば「私立第一高等学校」、「六本木」、「真一文字」など学校名や地名、四字熟語に漢数字が使われている場合はそのまま書かなくてはなりません。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

NG記載例とOK記載例

上の2つの図を見てどこが間違いで、どこが正解なのかを確認していきましょう。左がNG例、右がOK例です。まず生年月日です。1994年生まれ11月21日の場合、現在誕生日がきていないのであれば満22歳で正解になります。そして下の学歴を見てもどちらも間違ってはいませんね。ではどこが間違っているのでしょうか。

NG例は和暦と西暦が混合しているという点が間違いです。特に指定がないのでどちらの暦を使用しても構いませんが統一させなければなりません。OK例は西暦で統一されているのが分かります。生年月日を西暦で書けば学歴も西暦で統一します。左のNG例の場合でも生年月日の書き方を和暦にすれば間違いではなくなります。

西暦・和暦の早見表


上の表は西暦、和暦、年齢の早見表です。履歴書を書くときに参考にしましょう。(※こちらは1年遅れているので、誕生日が過ぎた人は年齢に+1歳してください)いつもは西暦で書いているのに企業の指定で和暦で書かなければいけなかったり、その逆の場合でもこの早見表は便利です。いつもとは違う書き方をすると、思わぬところでミスをしてしまいがちです。年数などを間違えないようにしっかりと確認しながら生年月日や学歴を記入していきましょう。

また年齢については、早見表に記載している通りではない場合がありますので注意しておきましょう。履歴書で年齢を書く場合は、基本的には満年齢で記入していると思います。満年齢と早見表の年齢が一致しているとは限らないので、自分の誕生日をもとに満年齢を割り出すようにしましょう。

自分の満年齢が分からない

自分の満年齢が分からないという人は意外と多いようです。履歴書への記入は基本的には満年齢ですので自分の満年齢をしっかりと確認しておきましょう。満年齢とは生まれた日から「0年」と数え始め、誕生日が訪れるごとに「1年」ずつ年を加えていく数え方です。

分かりにくいという人は、履歴書を書いている時点での自分の年齢であると覚えておきましょう。企業によっては年齢の書き方の指定で、〇〇年〇月現在と指定する場合もあります。それが今より先の日で、その日までには誕生日を迎えているという場合は現在の満年齢から、一つ足した年齢を記入しましょう。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

履歴書の生年月日は和暦か西暦を統一しよう

履歴書に生年月日を書く際は、和暦と西暦どちらでも構いません。しかし、履歴書全体で統一することが大切です。生年月日欄が和暦なのに、学歴欄が西暦になるのはNGです。また、数字を書く場合は和暦と西暦どちらでも算用数字を用いる必要があります。

「1」と「7」などは雑に書くと見分けがつかなくなります。履歴書の生年月日欄は、面接官が名前の次に目を通すところです。正しく記入することはもちろん、読みやすいように丁寧に書きましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ