面接対策

【面接で落ちる理由7つ】内定のない就活生が確認するべきポイント

面接で落ちる理由がわかれば対策もできる

多くの選考で面接は必須の項目とされていますが、なかなか通らないという就活生は多いのではないでしょうか。何度も面接に落ちてしまう就活生は、その理由を把握できてない可能性が高いです。

面接に落ちる理由を自分で理解できていないと、再び同じ失敗をするでしょう。面接が苦手な人は、落ちる理由を知って対策を打つことが大切です。

この記事では、面接に落ちる理由についてご紹介していきます。なぜ面接に落ちるのかわからない就活生は、ぜひ自分の行動を振り返って確認してみてください。

面接で落ちる理由7つ

面接で落ちる理由

企業は面接で、主に志望者と企業との「相性」を見ています。「自社で本当に活躍できる人材なのか」「この人物を採用してこの企業にメリットがあるのか」などを就活生の考え方や価値観、立ち振る舞いなど、さまざまな観点から判断しています。

面接で落ちる理由は人それぞれです。緊張して価値観や考え方を伝えきれないことも、自信のない話し方になってしまう場合もあるでしょう。また、準備不足で面接での不適切な立ち振る舞いで印象を悪くしてしまう人もいます。

ここでは、企業との相性以外にも考えられる「面接で落ちる理由」について、例を交えて詳しく見ていきましょう。これから紹介する「面接で落ちる理由」の中で、自分に当てはまると思うものを知って、次の選考の前に対策してください。

①見た目や態度など外から見た印象が悪い

いずれにしても、一度目の面接の合否を大きく左右するのが「見た目の印象」です。見た目などの外見の印象がよくないと、最初の面接を通ることは難しいかもしれません。

メラビアンの法則によると、第一印象の50%は視覚情報で決まります。視覚情報とは、身だしなみ、話し方、立ち振る舞いです。第一印象が悪い場合、その後の印象も悪くなるといえます。

面接の短時間の中で、第一印象を覆すことは難しいでしょう。そのため、第一印象はその後の印象にも大きく影響します。

面接では、身だしなみには細心の注意を払う人は多いでしょう。しかし、話し方や立ち振る舞いまでは、自分では気づけない部分もあるかもしれません

面接の立ち振る舞いにおけるNGポイント

  • 身だしなみが整っていない
  • ビジネスマナーを理解できていない
  • 言葉づかいが汚い
  • 敬語が上手く使えていない

身だしなみについて詳しく説明している記事もあるので、自分の身だしなみに問題がないかぜひ確認してみてください。

話し方や表情が面接官を不快にさせている

話し方や表情などが、自分で気付かないまま面接官を不快にさせている場合もあるでしょう。早口や声が小さいと、相手を不快にするかもしれません。また、表情が固かったり、うつむいて暗い印象になるのも、避けたほうが良いでしょう。

特に、一次面接はまだ応募者が絞り込めておらず人数も多いです。そのため、人気企業や大企業の面接官は多くの人の面接を担当する場合もあります。

多くの応募者を比較しているため、印象だけで落ちることも大いにありえるのです。事前にチェックし、改善するには、第三者の「目」が必要になります。話し方や表情は、自分では好印象かどうかを判断することは難しいでしょう。

友人や家族と面接の練習をすれば客観的な視点からの意見が得られるかもしれません。また、キャリアアドバイザーなどのプロに相談しても、豊富な知識から的確なアドバイスをくれるでしょう。

「面接での話し方のコツ」について説明している記事もあるので、参考にしてみてください。

やる気のない態度を見せている

面接官は、面接を通して就職後の姿を想像しています。そのため、面接でのやる気のなさは、入社後も仕事に対して熱意がないだろうと判断される可能性があります。

「面接をさっさと終わらせて帰りたい」と思っていると、その気持ちは「やる気のない態度」として表に出てきます。そのような態度からは、就職後の仕事に向き合う姿勢も同様なのではと想像させてしまいます。

「だらだらと仕事をする」「帰る時間ばかりを気にする」といった態度は、職場の雰囲気を悪くします。また、他の社員との人間関係も悪くする可能性があるため、企業から採用したいとは思われないでしょう。面接ごとに企業と真摯に向き合って面接に挑みましょう。

②準備不足により熱意を伝えられなかった

次に考えられる面接に落ちる理由は「準備不足」です。「自己分析をしっかりやっていったのに落ちた」という人もいるでしょう。確かに、ほとんどの人は自己分析をして自己PRを考えたり「自分」に関する準備は念入りに行っています。

企業研究については、中途半端にしてしまう就活生は少なくありません。特に複数の業界の面接を受けたり、多くの企業に応募する人に、その傾向が強く見られます

要するに、複数の業種やたくさんの会社の面接を受ける場合は、1つ1つの会社に関する研究が不足してしまうのです。準備不足なまま面接に臨むと、熱意が伝わらない可能性があるので注意しましょう。

企業研究が不足すると面接で「熱意」が伝えられない

企業研究が不足していれば、面接で「熱意」は伝えられないでしょう。企業研究がきちんとできていなければ、志望動機も作成できません。中には、ほかの会社の情報と混ざって、的外れなアピールをすれば印象は悪くなるでしょう。

企業に調べることに費やした時間が「熱意」として面接官には伝わります。必ずその会社がどんな事業をしているのかをしっかりと押さえて、自分の言葉で話せるようになってから面接に向かいましょう。

「企業研究」について説明している記事もあるので、やり方などで悩んでいる人は併せて読んでみてください。

入社後のビジョンを明確に伝えられない

入社後のビジョンとは「仕事をしていく中でどんな人間になりたいか」「何を実現したいか」などが含まれます。将来像がなければ、その仕事を通して実現したいことが不明確です。仕事で実現したい将来像がなければ、熱意は伝わりません。

将来像とは「なぜその仕事をしたいのか」につながる重要な部分です。就活は、自分の将来のビジョンとマッチした企業を選ぶことが良いとされています。なぜなら、将来のビジョンは、仕事へのモチベーションにつながるからです。

採用担当者も、将来のビジョンと仕事に関連性があれば、モチベーションをもって働き続けてくれるのではと思うでしょう。モチベーションがあると思ってもらえれば、応募者が成長して会社に貢献してくれるのではと評価につながります。

「将来のビジョン」について答え方などを説明している記事もあるので、参考にしてみてください。

面接でよく聞かれる質問リスト&回答集を活用して、面接を突破しよう

不安を抱えた状態で面接本番を迎えると、うまく回答できず、選考に落ちてしまうことが多いです。不安を解消するためには、あらかじめ質問を予想し、その回答を考えておく必要があります。

そこで、無料の「面接質問リスト&回答集」を活用しましょう。面接でよく聞かれる質問とその回答例が多数収録されており、回答の際のポイントも解説してあります。

ぜひ活用して不安を解消し、志望企業の面接を突破しましょう。

③自信過剰で緊張感が欠如している

「自分は面接が得意で自信がある」という人が落ちる理由でもっとも多いのが、緊張感の欠如です。「面接は得意」「話すのが上手い」と思っている場合は、その過剰な自信が面接官に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

また、そうした自信を持っている人は、どうしても緊張感が欠如し「緩んだ印象」さらには「不真面目な印象」を与えてしまうのです。緊張感がないと、適切に敬語が使えなかったり、落ち着つきがない態度になってしまうでしょう。

面接には、適度な緊張感を持って臨むことも大切だといえます。

自信過剰だと人間関係で上手くいかないと判断される

あまりにも自信過剰すぎると、個人プレーに走ってしまうような印象を採用担当者に与えてしまうかもしれません。企業で働く場合、ほとんどの仕事はチームプレーで行われます。

自信なさそうに話しても、その話に説得力はありません。そのため、面接において自信を持って話すことは非常に重要です。しかし、自信過剰はNGです。

自分ひとりで実績を上げるのではなく、いかにチームとして最高のパフォーマンスを実現するかが重要なのです。そのため採用担当者は自社の社風にマッチし、周りと協調し、活躍できる人材を確保することを目的として採用活動を行っています。

このような背景から、個人プレーに走ってしまう印象を持たれてしまうと、選考において不利に働く可能性があるのです

「真面目さ」「誠実さ」「真剣さ」が大切

面接官が応募者に求める印象は「真面目さ」「誠実さ」「真剣さ」です。自信過剰で緊張感がないと、言葉遣いが不適切になってしまったり、態度が悪くなる可能性があります。これも「落ちるのは当然の理由」といっていいでしょう。

自信過剰だと、敬語が使えない、足や腕を組んでしまう人もいます。また、自分の間違いを指摘されても認めずに、傲慢な態度になってしまう人もいるでしょう。

特にこの理由は、自覚していないケースがほとんどなので、要注意です。「自信がある」という人はぜひ一度、セルフチェックしてみてください。落ちる理由はそこにあるのかもしれません。

④面接官との会話が成り立っていない

面接では、面接官の質問に答えながら話を広げていきます。面接に落ちる人は、面接官との会話が成り立っていないのです

面接官からの質問にテンポよく答えられていない場合は、コミュニケーション能力が不足していると判断される可能性が高いです。また、質問に対して的外れな回答をしても、会話が成り立たないと判断されます。

社会人にとって、会話のキャッチボールができるのは大切な要素です。どんな仕事でも、一人では成果は出せません。そのため、他の人と協力して仕事を行うためにコミュニケーション能力は必須です。

緊張していると難しいかもしれませんが、面接官との会話を楽しもうとすればコミュニケーションが成り立つでしょう

話す内容を暗記するのはNG

面接を迎えるにあたりよくやりがちなのが、話す内容の暗記です。回答を用意して暗記すると、棒読みになってしまう人は多いでしょう。棒読みだと「本心で話しているのか」と入社への熱意を面接官は疑うかもしれません。

また、すべてを暗記してしまうと、当日緊張してしまったときに全て忘れてしまう可能性があります。話すことを忘れてしまうと、オドオドしてしまい面接官にマイナスのイメージを与えるでしょう。

先程、面接では会話を楽しむことが大切と述べましたが、そのためにも丸暗記は不向きといえます。面接で話す内容を用意するときは、文章ではなく箇条書きがおすすめです

文章ではなく単語で覚えておくことで、緊張してもひとつひとつ思い出しながら話せます。自分の言葉で話すことで、棒読みにはならず熱意も伝えられるでしょう。

わからない内容も適当に話してしまっている

わからない内容を適当に話してしまうことも、マイナスの評価に繋がる可能性が高いです。面接において、さまざまな質問を受けることになります。当然質問を想定し、準備を行ったうえで面接に臨んでも、想定外の質問はあるでしょう。

しかし、その場を取り繕うために適当に回答をしてしまうのはNGです。適当に話していると採用担当者から思われてしまうと、熱意がないと判断されるでしょう。

どんなに準備をしておいても、答えられない質問はあります。その場を取り繕うために適当に回答するのではなく「申し訳ございません。勉強不足でわかりません」と正直に答えるようにしましょう

回答に詰まったときの対処法について詳しく説明している記事もあるので、参考にしてみてください。

⑤質問の対策ができていない

面接で落ちてしまう人は、質問の対策が不十分な場合も多いです。面接では、相手の意図をくみとって回答することが求められます。事前に質問の対策をしていなければ、予想外のことを聞かれてとっさに答えられないかもしれません。

回答するまでに時間がかかってしまったり、的外れな回答をしてしまうと、印象は悪くなります。事前に面接でされる質問を想定して、それに対する回答を考えておくことは必須です。そのために、

質問対策で回答を考える場合は、「なぜ」「どうして」を深堀しておくといいでしょう。面接では、定番の質問があります。例えば、志望動機や自己PRはどの面接でも聞かれるといえるでしょう。

「よく聞かれる質問」をまとめた記事もあるので、参考にしてみてください。

よく聞かれる質問の回答は準備しておく

面接に臨む際、事前に良く聞かれる質問への回答は準備しておきましょう。「その場で考えて回答するから大丈夫」と考えている人もいるかもしれません。しかし、面接は自身の人生が左右される大きな分岐点となる場なので、緊張してしまう可能性は高いです

頭が真っ白になってしまい、何も考えられなくなってしまうこともあり得るでしょう。緊張してしまうと、簡単な質問に対してもスムーズに答えることが出来なくなってしまいます。

そのため、想定できる質問については事前に回答を準備しておくことが重要になるのです。学生時代頑張ったことや長所・短所、志望動機など頻出の質問に対して、それぞれの回答を作成してから面接に臨むようにしましょう

面接でよくある質問10個

質問の対策をするためにも、どのような質問がされるのかを把握しておきましょう。ここからは、面接でよくある質問について10個ご紹介していきます。

面接でよくある質問10個

・学生時代に打ち込んだことは何ですか
・長所と短所について教えてください
・当社でやりたいことや挑戦したいことはありますか
・仕事をする上で大切なことは何だと思いますか
・当社の印象を教えてください
・最近気になるニュースを教えてください
・周囲の人からどのような人物だと言われますか
・尊敬している人はいますか
・今後のキャリアプランを教えてください
・仕事を通じてどのように成長したいですか

逆質問の例5選

・入社までに勉強しておくことはありますか
・活躍している社員に共通する点はありますか
・仕事をするうえでのやりがいを教えてください
・一日の仕事のスケジュールを教えてください
・御社の社員の評価制度について教えてください

面接では以上のような質問がされるケースがあるため、それぞれの回答を事前に考えましょう。面接で大切なのは、その質問の意図を理解することです。質問の意図がわからないと、面接官が求める回答を伝えられず意思疎通ができません。

また「何か質問はありますか」と逆質問を求められることもあります。その場合は、調べてもわからなかったことを聞くと「熱意」が伝わるでしょう。

面接官は、その人の考え方や価値観を深く知りたいと考えています。それを前提に、それぞれの質問に対して答えるべき内容を想定して、回答を考えましょう。

「面接でよくある質問」をさらに多く紹介している記事もあるので参考にしてみてください。

逆質問の例をさらに見たい方には、こちらの記事がおすすめです。

面接でよく聞かれる質問リスト&回答集を活用して、面接を突破しよう

不安を抱えた状態で面接本番を迎えると、うまく回答できず、選考に落ちてしまうことが多いです。不安を解消するためには、あらかじめ質問を予想し、その回答を考えておく必要があります。

そこで、無料の「面接質問リスト&回答集」を活用しましょう。面接でよく聞かれる質問とその回答例が多数収録されており、回答の際のポイントも解説してあります。

ぜひ活用して不安を解消し、志望企業の面接を突破しましょう。

⑥ビジネスマナーが守れていない

面接で不採用になる理由として「ビジネスマナーが守れていない」ことも挙げられます。最低限のビジネスマナーは、相手に失礼な態度をとらないために必要な知識です。

学生だとしても、ビジネスマナーを疎かにしてはいけません。ビジネスマナーはその人間の「誠実さ」にもつながります。ビジネスマナーを守ることは「相手に誠意を示す」ことにつながるのです。

企業は、採用担当者が失礼だと感じるような「ビジネスマナーを守れていない人間」を欲しいとは考えません。失礼な態度で印象を悪くしないためにも、最低限のビジネスマナーを押さえておきましょう。

「面接マナー」について説明している記事もあるので、次の選考前に一度確認しておきましょう。

時間が守れない

時間を守ることは難しくなく、社会人にとって最低限のマナーだといえます。つまり、社会人になれば時間を守ることは当たり前だといえるでしょう。

時間を守れない人材を、企業は採用したいとは考えません。なぜなら、遅刻をする人間は、企業にとって損失を与える可能性があるからです。例えば、10人が参加する会議に10分遅刻してしまった場合、9人分の10分間を無駄にしてしまったことになります。

また、取引先との商談に遅れてしまった場合は、企業全体のイメージダウンになる可能性もあるでしょう。遅刻したことによって、自分だけでは挽回できない大きな損失を生み出すことがあるかもしれません。

面接に遅刻することは、マナー違反です。あなたが遅刻すれば、採用担当者だけでなく、その後に面接を控えている選考者に迷惑をかけるかもしれません。

面接会場には余裕を持って到着するようにしましょう。また、雨が降っていた場合や電車が使えなかった場合など、さまざまな場面にも対応できるように、事前に何通りかのルートを準備しておくなど、段取りをしておくことも重要です。

⑦自信がなくネガティブ

就活中は不採用の通告を受ければ、自信をなくしネガティブに陥りがちです。しかし、自信がなくネガティブだと、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

新入社員に対して「ポジティブで新しい風を吹かせてくれる」人材を求めている企業が多いでしょう。そのため、自信がなくネガティブな人物は残念ながら採用されないでしょう。

面接では、前向きに意見を伝えると好印象になります。ポジティブな気持ちで面接に臨み、明るくハキハキと受け答えると良いでしょう。

主体性がなく消極的

自信がなくなると、どうしても目の前の物事に消極的になってしまいます。ネガティブになると「この発言をしたら悪い印象を与えてしまうかな」「この質問をして、相手は嫌な気持ちにならないだろうか」といった考えが頭を巡るかもしれません。

結果的に面接官から「消極的だ」というレッテルを張られてしまうことでしょう。社会人として仕事をするにあたり重要なのは、自主的に考え積極的に行動することです。

消極的な姿勢は「現状維持」の意思のあらわれだといえます。現状維持をしたいという考えは、成長にはつながりません。企業は新卒採用で、入社後の成長を見越して採用するため、消極的な姿勢は好印象にはならないでしょう。

「どうせ落ちるだろう」と諦めている

複数の企業から不採用を貰ってしまった場合、「次もダメだろうな」といった諦めの気持ちが出てしまうかもしれません。諦め半分の気持ちで面接に臨んでも、十分な企業研究や自己分析もできず、中途半端に終わってしまうでしょう。

企業から「不採用」を貰うのには必ず原因があります。それは、企業との相性の問題かもしれません。不採用で落ち込みすぎるのではなく、原因を究明して対策することが内定への近道です

それぞれの企業でどうして不採用になったのかを今一度確認し、「次の面接こそは」という気持ちで面接の対策を行いましょう。

面接が上手くいかない時は、自己分析をやり直してみよう

面接が上手くいかない時は、自己分析をやり直してみるのも手です。面接は、「あなた」という商品を売り込む商談といえます。商談だとすれば、商品のことを深く理解していない営業マンから商品を買う人がいるでしょうか?

面接を突破するには、自己分析をしっかりやって、「あなた」という商品を上手く説明できるようになる必要があります。

面接が上手くいかないときは、一度、自己分析をやり直してみるのもよいでしょう。

面接で落ちる人は理由を把握して事前に対策をしよう

採用担当者は面接で応募者の考え方や価値観から自社との相性をみています。そのため、落ちたとしても「相性が合わなかっただけ」の場合もあると覚えておいてください。就活では、不採用通知に落ち込みすぎず前向きに行動することが大切です

しかし、複数の企業の面接で落ちた場合は、自分に原因があると考えたほうが良いかもしれません。面接で落ちる理由を見つけて、対策をすれば内定に一歩近づきます。

面接で落ちる理由について、代表的なものを7つ紹介してきました。面接で落ちる理由は、自分ではなかなか気づきにくいものです。できれば周囲の人にもチェックしてもらいましょう。

面接で落ちてしまったときは、原因を考えて次に向けて対策をしてください。きちんと対策をして、克服すれば自分に合った企業から内定がもらえるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ