面接対策

就活でニュースに関する質問をされた時の答え方|例文あり

時事問題は就活でよく使われる

就活では、時事問題を面接で質問されることが多くなってきています。就活中のあなたも、時事問題について気になっているのではないでしょうか。時事問題とは、近年起きている政治、経済、国際、一般社会における出来事や現象の総称のことを言います。一般社会における出来事にスポーツやエンタメも入るため、時事問題のジャンルは広いです。

この中でも、トピックスになるような時事ニュースはたくさんの人が見ており、議論をされたりもしています。時事問題を知り、理解し意見が述べられることが、社会人としての一般的な常識と捉えられているようです。

最近気になるニュースを質問する意図

「最近気になるニュースは何ですか?」という質問を面接でされたとき、最近の時事ニュースを知っていないと、答えにくい質問だと思います。対策としては面接の前の事前準備が必要になってきます。

この「最近気になるニュースは何ですか?」という質問で、人事はあなたの何を知ろうとしているのでしょうか。また、どんなニュースを選ぶと印象が良いのでしょうか。やはり、面接を受けている企業に関連したニュースを選んだほうが良いのでしょうか。次でご紹介していきます。

①情報感度と思考力を見ている

時事問題の質問で人事が知りたいと思っているのは、あなたが社会や自社の業界に対して関心があり、情報をキャッチする感度、そして理解する能力、ニュースを論じる思考力があるかということです。それらが自社と合うかを面接官は質問を通して見ています。

面接官は、ニュースをどれだけ理解し、意見を述べられるかという内容を重視するわけですから、あくまで「仕事」の面接であることを忘れずに、社会的なビジネス目線というスタンスで考えて意見を述べる方がよいでしょう。どんなに素晴らしい題材のニュースを選択したとしても、ビジネスとかけ離れた個人の感想を述べるのはNGです。あくまで仕事の面接だということを意識して、ビジネスの観点から考えて述べるようにしましょう。

②自分の意見を言うことができるかみている

2つ目に自分の意見を言うことができるかどうかです。面接官は、「最近気になるニュースは何ですか?」という質問から、就活生がきちんと自分の意見を述べられているか、また、その考え方が自社に合うかどうかなども見ています。気になるニュースに対する意見を聞くだけで、その就活生の情報収集能力や分析能力なども把握できてしまうのです。

そのため、こういった質問には事前の準備がとても重要になります。日々のニュースをただ眺めて知っておくだけではなく、そのニュースの背景や影響なども考えて、それらに対する自分の意見を用意しておく必要があります。日ごろから、自分が気になったニュースについて、友達や家族と討論をしておくといい練習になります。

③ビジネスセンスをみている

3つ目は、ビジネスセンスがあるかどうかです。ニュースの選び方やそのニュースに対する自分の考え方には、その人のビジネスセンスを感じることができます。好印象を与えることができるニュースがある一方で、自分の考え方が面接官と真逆の可能性が高い種類のニュースなどがあり、そういったニュースを選んでしまうと、面接官からはビジネスセンスがないとものとみなされてしまいます。

逆に、経済ニュースや応募先の企業や業界に関するニュースなどを取り上げることで、好印象を与えることが可能です。このように、ニュースの選び方一つで、面接官はしっかりと就活生のビジネスセンスをみていますので、社会的なビジネス目線をしっかり持ってニュースを選ぶことが重要なのです。

あなたの面接力は何点?

面接の時事問題対策を始めている人は、面接準備がはかどっているのではないでしょうか?面接は事前準備が重要ですが、現時点での面接力を診断することで、より念入りな対策を進めましょう。そこで活用したいのが「面接力診断」です。自分の弱点を把握するとともに、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で確認できます。無料でダウンロードできるため、気軽に試してみてくださいね。

就活で答えるべきニュースの内容とは

では、一体どのようなニュースが良いのでしょうか?ここまで、「最近気になるニュースは何ですか?」という質問の目的や、なに目線でニュースを選ぶべきなのかを解説してきました。面接官がどのような意図を持ってこの質問をしているかは、理解していただけたと思います。

続いては、就活で答えるのに最適なニュースの選び方です。就活で答えるべきニュースの内容とは一体どのような内容なのでしょうか。例文とともにご紹介していきます。

受ける企業に関連したニュースを答える

就活で答えるべきニュースの内容とは、応募した企業や業界に関連するニュースです。応募した企業や業界に関するニュースを答えることで、企業や業界への関心の高さや、自分の熱心さを伝えることができるだけでなく、自分がどのようなことに興味を持っているのか知ってもらういい機会にもなります。

特に応募先の企業に関するニュースを取り上げ、自分の意見をしっかり語ることができれば、面接官にプラスの評価を受けることができるでしょう。さらに、将来のビジョンも交えて伝えるとより良い印象を与えることができます。また、いいニュースと悪いニュースのどちらかを選べばいいのか迷う人もいると思いますが、そこは、どちらでも大丈夫です。大事なのは、自分の意見をどれだけ熱心に語ることができるかです。

ニュースについて答える場合の回答例文①

私が最近気になってるニュースは、○○国の経済危機のニュースです。このニュースに注目している理由は、○○国がこのまま経済破綻してしまった場合のリスクが計り知れないからです。軽い審査で巨額の貸し出しを実行してしまった周辺諸国の責任もあると思いますが、まずは○○国が自助努力を再開すべきだと考えています。ですが、それには各国の支援なしでは、限界があると私は思います。そこで、私の意見としては○○国がいま改めて緊縮財政に取り組む必要があると考えています。

経済ニュースはどの業界でも好印象を与えることができます。この例文のポイントとしては、自分の意見を述べている部分でまず問題提起をした後、自分なりの解決策を提案しています。問題提起では、しっかりとした分析が必要です。そこに、自分の考えを加えることで、より説得力を上げることができます。

ニュースについて答える場合の回答例文②

私が最近気になっているニュースは、企業の人材不足についてです。ここ最近では厚生労働省が発表する有効求人倍率が改善されつつあり、今は約40年ぶりとも言える高水準の数字をマークしています。しかし、その影響で慢性的な人材不足になっている状況とのことでした。

私がこのニュースに注目している理由は、本来であれば生産性を高め、売り上げを伸ばすことができる会社も、人手不足が原因で売上が落ち、倒産・廃業まで追い込まれてしまう場合が多くあり、そういった現状を改善したいと感じたからです。

今後、大企業だけではなく中小企業も含め、より多くの企業が人材獲得の機会を得られるようにしていく必要があると考えています。

この例文のポイントは、応募先の企業や業界に焦点を置いた内容で、自分の意見を述べていることです。このように応募先の企業や業界に合わせることで、自分の関心度や熱心さを伝えることができます。

就活ではNGなニュースの種類

自分が選んだニュースに正解も不正解もありませんが、中には就活では避けるべきNGなニュースの種類があります。それは、政治や宗教、ゴシップネタなどのニュースです。政治や宗教では、批判的な意見を述べてしまうと面接官との意見の食い違いから、悪い印象を持たれてしまうことがある場合があります。また、ビジネスとはかけ離れた内容のゴシップネタなどのニュースは、面接官から不信感を持たれる可能性が高いので、最近気になるニュースとして選択するのは避けるほうがよいでしょう。

前述したように、選んだニュースに正解や不正解はありませんが、このようなニュースは避け、応募先の企業や業界に合った内容のニュースを選ぶことをおすすめします。

ニュースの探し方

最近気になるニュースは何ですか?」という質問について、なにが目的で、どんなニュースを探して、なに目線で考えればよいかを今まで解説してきました。ここまでは大丈夫ですか?それでは次に、ニュースをどのような方法で探すかについてです。
あなたが興味をもつ最近気になるニュースを探すツールは、大きく分けて次の3つになるでしょう。ひとつは、テレビのニュース番組で、あとは新聞とネット上のニュースサイトです。これらをこれから詳しく解説します。

テレビのニュース番組

「最近気になるニュース」を探すとなると、どんな方法があるでしょう。毎日、朝刊を読んでいるという方は、それでよいと思います。でも、新聞は慣れていないと読むのが大変だったりします。どの面を読めばいいのか迷うかもしれません。そんなあなたはテレビのニュース番組でチェックするのはいかがでしょうか。始まってすぐに、本日放送するニュースとして全ジャンルの最新トピックスがでてきます。

あなたが見たいと感じたニュースを見れば、映像を見ながら分かりやすく知ることができます。これを掘り下げて考えて、自分なりの意見が言えるように習慣づけると良いでしょう。このように「最近気になるニュース」を選択する事前準備として、テレビで最新の情報を映像を見ながら分かりやすく探す方法もあります。

面接の当日までの新聞

チェックするのは面接当日の朝刊分までしておきましょう。中には「最近」ではなく「今日のニュースで気になるのは何ですか?」と質問されることもあるようです。それに備えるためにも、当日の朝までニュースをチェックする方が、リスクが少なくて面接に安心してのぞめます。目立つ記事や覚えている記事の中で答えやすいニュースを選んで回答しましょう。
もし、朝刊を読んでいなかったときは、正直に「今日はまだ読んでおりません。」と答えましょう。ごまかして読んだふりなどはしないでください。話の内容が浅く薄くなり、印象がよくないばかりかいい加減な人だという印象も与えかねません。また、いつもは読んでいるけど今朝だけ読んでいないようなニュアンスを伝えると「昨日の新聞で」など、きり返されることもあります。くれぐれも正直に答えてください。

ネット上のサイト

今は、主要新聞のサイトやYahooニュースやアプリなども充実しています。ネット上のニュースサイトはジャンル別にトピックスがたっていますから、最新ニュースをネット上で手軽に確認しながら探すことができます。就活生の面接用向けの時事ニュースのトピックスが載ったサイトもありますから、参考にすると良いでしょう。
また、志望の業務に関するものを集めたニュースサイトもありますので、探すのであればその業界に特化したサイトを検索してみてください。自分の好みに合う時事ニュースサイトをブックマークして、毎朝チェックするのもいいでしょう。

ニュースが見られるスマホアプリ

現代ならではの特性である無料のスマホアプリを利用するのもよい方法の一つです。スマホアプリから主要新聞各社のニュースをスマホで読んで、就活するといいでしょう。
スマホなら、交通機関で移動中などでも手軽に主要新聞各社の最新のニュースを読んで知ることができますし、最新のニュースを動画で見ることができます。スマホのいいところは動画を見ながら、ニュースをわかりやすく見る事ができる点なので、その利点を最大限にか活かすのも有効です。

面接で聞かれるようなニュースを探すときは、トピックスから探すと旬の出来事や話題が一目で分かるので探しやすいと思います。特に応募している業界のニュースなどは検索もしやすく、手軽に探せるので読んで頭に入れておくと面接で役立ちそうです。
普段から今日の最新のニュースをチェックして、興味がわく題材を探すことをおすすめします。そこで、ニュースが見られるスマホアプリを3つ取り上げてみましょう。

yahooニュース

Yahoo!ニュースは、各新聞社や通信社が配信する最新のニュースを見ることができます。それだけではなく映像、雑誌や個人が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。速報の通知も早いようです。

Yahoo!ニュースでは、全カテゴリのトピックス一覧で、全ジャンルの最新ニュースが見られます。また、新着順で出たばかりの最新ニュース順で見ることができ、企業名や業界をキーワードにして検索してニュースを簡単に見ることができますし、写真や動画があるニュースなのかもわかりやすいので、題材を探すのにも便利でしょう。

産経プラス

産経プラスとは、産経新聞グループ公式ニュースアプリで、Google Playで無料で手に入ります。無料で紙面が読めるのはありがたいです。 「産経新聞」の政治・社会・経済ニュース、「サンスポ(サンケイスポーツ)」のスポーツ、芸能ニュース、「夕刊フジ(zakzak)」の話題などを見ることができます。産経新聞グループ公式ニュースで、安心感があります。

産経プラスのニュースカテゴリーの中には、話題と東南アジアと超速報という、他にないカテゴリーがあり、最近話題になった出来事がまとめられています。題材探しにも役に立ちそうです。超速報のカテゴリーとは、記事になる前のニュースで真っ先に配信しているニュースです。人より早く最新のニュースが手に入るかもしれません。

日本経済新聞

日本経済新聞は、チェックしておいて損はないと思います。面接官も目を通している可能性が高いからです。また、就活生のための日経電子版ナビという、就活に特化した電子版のニュースサイトがあり、就活における日経記事の使い方などが載っています。

また、志望企業の過去記事検索やキーワード登録もできるので、情報を逃さず収集できます。就活で使えそうな記事があれば、簡単に保存でき、面接直前にも関連記事がチェックできます。新聞をスマホで見る事ができたり、今は手軽に最新のニュースを知る事ができるのでとても便利です。現代ならではの特性を活かして就活に役立てましょう。

あなたの回答で評価は180度変わる

「最近気になるニュースは何ですか?」この答えが一つでない質問に戸惑うこともあると思います。自分で最新の題材を探し、コンテンツを考え、回答を組み立てていくことをしなければなりません。人により千差万別の回答になるでしょう。面接官は、たくさんの就活生と面接をおこなっているので、みんなが注目する同じようなニュースを選ぶより、あなたが本当に興味をもったニュースを聞きたいかもしれません。

また「最近気になるニュースは何ですか?」の回答で、あなたの評価は180度変わることもあります。どうして面接官が 「最近気になるニュース」について質問するのか、その意図をくみ取り落ち着いて回答できるように事前準備をしっかりしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ