内定について

【絶対内定シリーズとは】就活生に大人気の就活本についてご紹介

絶対に内定をもらいたい企業がある

就活に疲れてしまった方もそうではない方も、就活をしていると必ずと言って良いほど絶対に内定をもらいたいと思える企業と出会う時が訪れます。最終的にその企業から内定がもらえるかどうかは別として、後悔しない様にやれるだけのことはやっておきたいものです。

しかし、がむしゃらに頑張るのも一つの手法だとは思いますが、「ここで働きたい」という熱意は大切だと言えるます。満足いく結果を得るためにも、後悔のないように就活をしていきましょう。

就活生に大人気の本「絶対内定」

就活生の間でかなりの人気を博している本があります。それは「絶対内定」シリーズです。ダイヤモンド社から20年以上に渡り出版され続けていて、就職本の自己分析部門9年連続1位を獲得しているほど支持されています。志望する企業の選び方からインターンへの心構え、グループディスカッションやグループワークへの対策法など、多岐に渡り就活に役立つ情報が網羅されています。

いくら対策や企業研究を行ったところでどうしても安心することは出来ませんので、こういった書籍の内容を参考にして、自身の就活に役立ててみるのはとても有効だといえます。

絶対内定シリーズでおすすめの4冊

絶対内定シリーズは、毎年需要に合わせて、数種類の本が販売されています。その中でも、現在の就活事情に合わせたものに内容を更新し、毎年販売されている本が4冊あります。それが「自己分析とキャリアデザインの描き方」「絶対内定2020 エントリーシート・履歴書」「面接」「面接の質問」です。

この4冊を読むことで、就活で知っておくべき情報のほとんどを網羅できるといってもよいでしょう。それでは、その4冊とはどのような内容の本なのでしょうか。それぞれ詳しくみていきましょう。

絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方

「絶対内定シリーズ」の中で、まず手に取ってほしいのが「絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方」です。数多く就活本を取り扱っている大学生協で、堂々の10年連続第一位を獲得している就活本であり、OBやOGにおすすめされた人もいるでしょう。それでは、どうしてここまで人気なのでしょうか。その理由として、値段が手頃なのにも関わらず、内容が非常に充実していることが挙げられます。

税込みで2,000円前後の値段で購入できるため、どうしてもお金に困りがちな就活生でも手が届く値段となっています。また、1冊の中に100枚近くのワークシートが用意されており、この一冊で自己分析からキャリアデザインの作成まで、一通りおこなうことができます。「就職氷河期」から脱出し、「売り手市場」といわれている現状に則した内容となっているため、今の就活にももちろん対応可能です。購入する就活本に悩んでいるのであれば、とりあえず手に取ってみましょう。

絶対内定2020 エントリーシート・履歴書

エントリーシートや履歴書の書き方に困った場合には「絶対内定2020 エントリーシート・履歴書」がおすすめです。特に、現在はエントリーシートや履歴書の書き方が重要視されているため、より良いものを作ることができれば、他の就活生との差をつけることができるでしょう。

「売り手市場」といわれている昨今は、1次選考に比較的通りやすいといえます。しかし、2次選考や3次選考に進んだとしても、エントリーシートや履歴書の中身が悪ければ内定が貰えることはありません。基本的には最初に書いたエントリーシートや履歴書をもとに2次選考や3次選考をおこなうため、その時点でふるいにかけられ、落とされてしまうのです。

「エントリーシートなんて適当に書いても大丈夫でしょ」と思っている人が多い今こそ、よりよいエントリーシートを書くことが大切です。「通過するためのエントリーシート」を書いても意味がありません。「内定を勝ち取るエントリーシート」を作れるように、しっかりと知識を付けておきましょう。

絶対内定2020 面接

面接は選考において、今も昔も最重要視されている方法の一つです。面接なしで採用する企業はありません。どの企業を志望するにしても、面接対策をおこなうことは必須といえるでしょう。

絶対内定2020 面接」では、面接官から高評価を得るための自己PRや志望動機の作り方はもちろんのこと、服装やマナーなどの解説もされています。また、現在の就活において、活発におこなわれている「リクルーター面接」や「グループディスカッション」などの選考方法についても取り上げ、今に則した就活情報を得ることができます。

特に、「絶対内定2020 面接」は「難関企業の突破対策」にも重点を置き、「最終面接で落とされない方法」など、なかなか得られない情報もしっかりと網羅されています。特に大企業を狙う就活生には、強い味方となる本だといえるでしょう。

絶対内定2020 面接の質問

面接で聞かれる質問は、企業ごとに全く異なるものばかりではありません。むしろ、どの企業でも聞かれる「共通の質問」の方が多いといえます。その「共通の質問」を事前に確認しておけば、それだけで面接を円滑に進めることができ、専攻を通過する可能性は高くなるといえるでしょう。

絶対内定2020 面接の質問」では、そんな「共通の質問」に焦点を当て、その質問の意図や、受け答えの方法など、すべてを網羅した内容となっています。すべての質問が「見開き完結」となっており、電車や空き時間にも読みやすいのも大きな特徴です。また、他の絶対内定シリーズに比べて薄く、持ち運びがしやすい点もメリットの一つだといえるでしょう。

面接が苦手な方はもちろんのこと、絶対に落としたくない面接の前に読む本としておすすめです。

憧れの企業を目指す心得

ここまでで絶対に内定をもらいたいと考えている企業への、具体的な行動の起こし方や内定をもらうコツをご紹介いたしましたが、憧れの企業を目指す上で心得ておかなければいけない点があります。就活中は忙しさで日々が怒涛の様に過ぎていく中、それ以外にも目を向けなければいけないことも多々あると思います。そうした中で忘れがちになる部分や、おろそかになってしまう点について以下でご紹介していきます。

視野を狭めすぎない

就活をして、第一志望の企業から内定をもらえればそれに越したことはありません。しかし、第一志望の企業から内定をもらえるのは全就活生中の数パーセントの人でしかありません。ほとんどの就活生は第一志望を落ちてしまうことになります。

もちろん一概に言い切れる部分ではありませんが、少なくとも一つの企業にこだわりを持ち過ぎると、マッチングしなかった時のリスクが大きくなりますので、視野は広く持って他の企業も考えるようにしてください。保険を掛けるという言い方はあまり良い言い方ではありませんが、避けられるリスクは避けておく方が賢明です。

大手病に気を付ける

大半の就活生は大手に就職したいと考えるのが普通です。安定した会社で長期に渡り働き続け、好待遇という恩恵を受けたいと考えるからこそ、大手は競争率が激しくなります。しかし、当然大手はその競争率の激しさから不採用になる確率も高くなります。

不採用になる確率が高くなるということは、志望している全ての大手企業からお祈りされる可能性まで懸念されるということです。そうなると就活が行き詰まるどころか、就職浪人になる可能性が出てきてしまいますので、志望する企業が大手しかなく、中小企業に目を向けられない状態は避けるようにしましょう。広い視野を持つよう心掛ければ大手病は避けられます。

片想いでは成就しない

企業研究の章でも少し触れましたが、就活は片想いでは成就しません。恋愛と考え方が似ていますが、お互いの条件や意見がマッチングした上で初めて就職は決まります。就職も同じで絶対に一方通行では成立しませんので、企業に興味を持ってもらえるようにアピールしていくようにしましょう。

強い熱意の元志望すると、自身の熱意をどれだけ伝えることが出来るかに、意識が向き過ぎる傾向があります。まずは、企業の求めている人材に自身がなれているかどうかを考えるようにしてください。自分本位の姿勢やアピールではなく、企業の希望を叶えることが出来るという形でアピールできると良いでしょう。

最後まで諦めない

これは精神論になりますが、最後まで諦めないことです。冒頭でも多少お伝えいたしましたが、悔いが残らないよう、最後まで全力で取り組むことが大切です。就活自体に疲れてしまうと、どうしても手を抜きたくなってしまいます。何枚もエントリーシートを書いていると嫌になる気持ちは少なからず出て来るでしょう。

しかし志望度の高い企業に対しては、全てにおいて後悔の無いように全力を尽くしてください。そして全力でやって落ちてしまったら、それは実力不足ではなくそもそもマッチングしなかったというだけのことです。不採用が続いても必ずあなたを必要とする企業がございますので、最後まで諦めずに就活を乗り切ってください。

就活生は絶対内定シリーズを参考にしよう

null

絶対に内定を貰いたい場合には、そのための準備が必要です。キャリアデザインを考え、自己分析をおこない、エントリーシートや履歴書を書き、面接対策をするといった一連の流れは誰もが就活の上で当たり前におこなう行為です。しかし、誰もが同じレベルではありません。自己分析一つとってみても、どこまで掘り下げをするのかは人によりますし、エントリーシートや履歴書のクオリティも全く違います。そこで他の就活生と差をつけることこそ、内定を貰う上で重要なことなのです。

絶対内定シリーズでは、就活に関する内容の全てを網羅してあり、それぞれの詳しい情報が集約されています。これから就活をおこなう場合には、絶対内定シリーズを参考にしてみるのも一つの手だといえるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ