履歴書

【履歴書に書くメールアドレス】作成のポイントと記入時の注意点

メールアドレスは意外と見られている

履歴書では連絡先を記入する欄がありますが、そこにメールアドレスを記入しておくことが大切です。メールアドレスを記載しておくことで就活をスムーズに進めることができますし、就活では企業とメールをする機会も多いからです。

プライベートなメールと混同しないように、就活用に新しくメールアドレスを作っておくのもいいでしょう。またメールができればどんなものでもいいわけではなく、メールアドレスも就活に合わせて変えていかなければなりません。

採用試験においてメールアドレスは意外と見られていますし、アドレス次第ではマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。履歴書にはメールアドレスをしっかりと記し、企業にマイナスの印象を与えない就活用のアドレスを作成しておきましょう。

履歴書の正しい作成方法をマスターしよう

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。無料でダウンロードできるので、実際に履歴書を作成する際のお手本としても持っておいて損はありません。

就活中のメールアドレス

就活で上手にメールアドレスを使うためには、就活用のメールアドレスを作成していきましょう。プライベートで使用しているアドレスであっても場合によってはそのまま使用できることもあります。

しかし企業のメールを見落としてしまう可能性がありますので、就活用に一つアドレスを持っておくのがおすすめです。就活用のアドレスを作る場合にはいくつかポイントがありますので、それらを踏まえて就活で使用できるアドレスを作っていきましょう。

キャリアメールアドレスの使用は避ける

「docomo.ne.jp」「softbank.ne.jp」「ezweb.ne.jp」などの携帯電話のメールアドレスを記載することはいけないことではなく、マナー違反とはされていません。しかし、キャリアメールは設定によってはPCメールの受信拒否をしていることもあり、その場合は大事な企業メールが届かないということになってしまいます。

また、キャリアメールの場合、自分の携帯電話でしか確認できないので、万が一企業がファイルを添付してきた場合、ダウンロードすることができません。そうなると、一度PCメールに転送してからダウンロードすることになり、時間と手間がかかってしまいます。その点から考えても、キャリアメールの使用はあまりおすすめできません。

知名度の高いフリーメールで作成する

メールアドレスは使用できれば何でもいいわけではなく、就活では知名度の高いフリーメールを使用するようにしましょう。フリーメールにもさまざまな種類がありますが、ドメイン名に知名度がなく、怪しいものを使用していると、使用者本人の信用も疑われる可能性があります。

企業によっては不明なドメイン名はメールの受信を拒否している場合もありますので、yahooやgmailなどのメジャーなドメインを使用しましょう。また大学のメールアドレスがあるのであれば、それを使用するのもおすすめです。

大学のアドレスであれば大学名がはいっていますし、信用度も高く就活でも問題なく使用することができます。就活用のアドレスはフリーメールで構いませんので、知名度が高く信用できるものを選びましょう。

就活専用のメールアドレスを作るのがおすすめ

メールアドレスについては、今まで使っていたフリーメールや大学のメールアドレスを使うのもよいですが、就活専用のメールアドレスを作った方がだんぜん便利です。その理由はいくつかあるのですが、まず、就活をしていると、毎日企業とたくさんのメールのやり取りをすることになります。企業とのやり取りをいつも使っているアドレスに設定していると、大事な連絡を受信した場合も、プライベートのメールと混同してしまうので、埋もれたり見落としてしてしまいがちになります。

そこで、就活専用のメールアドレスを作ることによって、就活だけのメールを受信することになるので、情報を整理しやすくなったり、見たい時にパッと開けるようになるので便利です。また、就活が終わってからも企業からのメールは続きます。正直要らないと思っても以前から使っていたアドレスの場合、消去することができません。就活専用のアドレスなら、不要になったら消すこともできるので、就活専用のメールアドレスを作るのがおすすめです。

自分の名前や誕生日など分かりやすいものにする

就活用のメールアドレスは信用度の高いフリーメールを使用し、自分の名前や誕生日など分かりやすいものに設定しましょう。初期設定のランダムに文字が選ばれたものでは分かりづらいですし、打ち間違えてしまう可能性がありますので、シンプルにしておくことが大切です。

名前や誕生日などであれば、アドレスに使用しても無難ですし、分かりやすくもありますので、それらでアドレスを考えていきましょう。メールアドレスについては深く考える必要はありません。

例えば1月1日生まれの山本太郎さんであれば、taro-y-0101@~などで充分です。分かりやすくシンプルであればいいので、それほどこだわらず、名前や誕生日などでアドレスを考えていきましょう。

幼稚なメールアドレスは避ける

履歴書に記載するメールアドレスには、幼稚なアドレスもできるだけ控えましょう。中学生の頃からずっと使っていたメールアドレスなどを使ってしまっている人は特に気を付けたいものです。例えば、「number1-yuuki@〇〇.com」「love-hiroshi@〇〇.com」など、いかにも自分の趣味の内容だったり、ジョークだったり、明らかにプライベート専用に作られたメールアドレスだと、担当者にも「この人はイタイな」という印象を与えてしまいます。

メールアドレスが幼稚だという理由で採用されないということではありませんが、採用者から見た印象が良くないことは確かです。「この学生はやる気があるのかな」などと思われてしまい、就活においてはネガティブな印象を与えてしまいます。ビジネスシーンでは、なるべく私生活の色を出さずに「氏名@ドメイン」などの無難なアドレスを使ったほうが好印象です。

関連記事

メールアドレスの決め方|就活で使うべき連絡先とは

履歴書にメールアドレスを書くべき理由

就活用に使用できるメールアドレスを作成すれば、そもそもなぜ履歴書にメールアドレスを記す必要があるのか、その理由を考えておきましょう。履歴書には連絡先を記入する欄があり、住所や電話番号などを記載しますので、メールアドレスがなくても企業と学生で連絡を取ることは可能です。

にも関わらず履歴書ではメールアドレスまで連絡先に記載しておく必要があります。なぜ履歴書にメールアドレスを書かなければならないのか、その理由を正しく知り、メールアドレスの重要性について理解を深めていきましょう。

メールでのやり取りは履歴が残る

履歴書にメールアドレスを記載する理由としては、メールでのやり取りは履歴が残るからです。企業に履歴書を送付すれば書類選考が行われ、合格、不合格どちらの場合であっても企業は学生に連絡をしなければなりません。

また合否の連絡だけではなく、就活ではその他に連絡をすることも多く、連絡の履歴が残った方が連絡もスムーズに間違いなく行うことができます。仮に履歴書に電話番号しか記されていない場合は、合否の連絡は電話でしなければなりませんし、連絡をしたかどうかも分からなくなってしまいます。

メールであれば送受信の履歴を見れば、誰がいつどのように連絡をしたのか、どこまで話が進んでいるのかが分かります。メールアドレスを記載しておけば企業も便利ですし、連絡の漏れが少なくなって、就活をスムーズに進めることが可能です。

データの送付を気軽にできる

履歴書にメールアドレスを記載するのはやり取りの履歴が残ることだけではなく、連絡そのものが便利になるからです。企業からはさまざまな連絡がきますし、場合によっては書類や資料などが送られてくる場合もあります。

メールアドレスの記載がなければ、企業はわざわざ学生の自宅まで書類などを郵送しなければなりませんし、コストも余計にかかってしまいます。メールアドレスがあれば、データを添付すれば簡単に送ることができ、学生も自宅に届くのを待つ必要がありませんので、双方が便利です。

メールアドレスの記載がある場合とない場合では連絡のスピードが違いますし、コストも変わってきます。メールではデータが気軽に送付でき非常に便利ですので、履歴書には必ずアドレスを記入しておきましょう。

メールアドレスを書く時のポイント

メールアドレスは書き方の注意点だけではなく、上手に書くポイントもあります。ポイントを理解して記入することで間違いなくメールアドレスを伝えることができ、企業と連絡が取れない心配もなくなります。

また細部まで気を遣えていることが伝われば、好印象を与えることができる場合もありますので、しっかりとポイントを意識して書くことが大切です。メールアドレスは書き方を少し気をつけるだけで印象がぐっと変わりますので、ポイントを踏まえて好印象を獲得していきましょう。

メールアドレスはわかりやすくしっかり書く

履歴書にメールアドレスを書くときには見間違いがないよう、わかりやすくしっかりと書くことが大切です。履歴書の文字では人柄が表れますので、好印象を獲得するためにも丁寧に書くことが大切ですが、メールアドレスは読みづらいと連絡ができなくなる危険性があります。

単に印象が悪くなるだけではなく、連絡ができなくなると非常に不便ですので、見間違いのないように特に丁寧に丁寧に書くことが大切です。手書きで見間違いがしやすい文字としては、「l」や「1」、「o」や「0」などが挙げられます。

「1」は上下に線をつけたり、「0」は縦長、「o」は少し横長に書くなど、さまざまな工夫をして見間違いが起きないように注意をしておきましょう。

記入欄がない場合は連絡先欄に記入する

履歴書にメールアドレス欄がある場合はよいのですが、中にはメールアドレス欄が設けられていない履歴書もあります。特に、広く愛用されている履歴書にはメールアドレス欄がないことがほとんどです。記入欄がないからと言って書かないという人もいるようですが、それだと企業側に余計な手間をかけてしまいます。「電話をして出ない場合、メールアドレスがないと折り返しの電話を待つしかない」と困ってしまう担当者もいるので気を付けましょう。

もし記入欄がない場合は「連絡先」の欄に記入するようにします。ただし、連絡先欄にも住所の記載が必要な場合には、最後の「その他」の欄を活用しましょう。さらに、電話よりもメール連絡のほうが良い場合は、「こちらへご連絡頂ければ幸いです」などと一言記載しておくと良いでしょう。

個性的なメールアドレスは避けよう!

履歴書にメールアドレスを記入しておくことで、就活を便利に進めることができますが、履歴書に書くアドレス名には注意をしなければなりません。恋人の名前がはいっていたり、奇をてらった個性的なアドレスでは採用担当者の印象に残り、悪いイメージがついてしまう可能性があります。

メールアドレスは連絡のときに必ず確認するものですし、個性的なアドレスは悪い意味で印象に残ります。メールアドレスによっては学生気分が抜けていないなどマイナスの評価をされてしまう場合もあるので、注意が必要です。

メールアドレスは意外と採用担当者に見られているものですので、個性的なものは避け、シンプルなものにする必要があります。使えるアドレスがない場合は就活用に作成し、アドレス名でマイナスの評価を与えることがないよう注意しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ