履歴書

【志望動機と自己PRの違い】書き方や例文6つをご紹介

志望動機と自己PRの内容に悩む就活生は多い

就活が始まるとESや履歴書を作成する必要がありますが、志望動機と自己PRの内容に悩む就活生は多いと思われます。志望動機と自己PRは選考において面接官が重視する項目と言えるため、念入りに内容を考えて作成することが大切です。志望動機や自己PRの段階でつまずいている就活生は、この記事を読んで作成の基本を押さえましょう。

履歴書の志望動機と自己PRの違いとは

履歴書で志望動機や自己PRを作成している際に、気がついたらそれぞれ同じような内容になってしまったことはありませんか?応募する企業で働きたいことをアピールする意味で、志望動機と自己PRは一見似通っていますが、質問の意図はそれぞれ全く異なります。

志望動機とは、「なぜその会社で働きたいのか」という、入社したい理由をその企業の魅力に絡めて説明するものです。一方自己PRとは、「自身が持っているスキルや能力をアピール」し、自分を採用することで企業が得られるメリットを伝えることを目的としています。

自己PRでは自分を採用するメリットを企業に伝える

自己PR欄では、過去の経験から自分にはどのようなスキルや能力があるか、具体的なエピソードを元に採用担当者にアピールする必要があります。企業は、採用のために膨大なお金と時間をかけます。そうしたコストをかけてでもその人を採用するメリットを、自己PRを通じて企業にプレゼンしなければなりません。

自己PRを作成する際には、業界・企業研究をしっかり行った上で、業務において求められているスキルと、現在自分が持ち合わせているスキルや能力をマッチさせてアピールすることが大切です。過去の経験から何を学び、その学びやスキルをどのように業務で生かせそうかを、端的且つ具体的に書くよう心がけましょう。

志望動機では企業を納得させる動機付けをする

一方志望動機では、「なぜその会社で働きたいのか」という理由を記載する必要があります。企業側がこの質問をするのは、学生の興味や入社目的を把握するためです。したがって、自己PRと同様に、しっかりと業界・企業研究を行った上で、その会社の何に魅力を感じているのか、他社ではなくなぜ当社を志望しているのかを具体的に記載します。また志望動機には、入社後のビジョンを織り混ぜることも効果的です。

さらに、入社への熱意を伝えるためには、志望動機の使い回しは避けなければなりません。同じ業界であっても、企業にはそれぞれ社風や制度に特徴があり、志望動機は独自性があるものでなければなりません。しっかりと事前に研究をした上で、興味を持った点と入社したい理由を具体的に記述するようにしましょう。

志望動機と自己PRの違いを知らないリスク

繰り返しになりますが、企業側は就活生に対して、志望動機では「なぜ当社で働きたいのか」、自己PRでは「どのようなスキルや経験が当社で活かせるか」という質問をしています。それぞれの違いを理解していないのは、採用担当者からの質問に対して適切に回答できていないことを意味します。

それぞれ別々に質問をされているのに、混同して内容が重複していては、質問されたことに対して正しく回答できない印象を与えてしまう上、企業側は学生のことを正しく理解することができません。企業との数少ない接点の中で、しっかりと自分自身をアピールできるよう、ここで志望動機と自己PRの違いをきちんと抑えておくようにしましょう。

志望動機と自己PRの違いを知らない人が陥りやすい失敗例

前述の通り、志望動機と自己PRでは、採用担当者の質問の意図が異なることが分かりました。特に志望動機は、応募する企業に向けた独自性のあるものにしなければならない一方、自己PRは極端な話、同じ業種内であれば使い回しも可能です。そして自己PRも、企業研究をしっかり行った上で、自身のスキルと企業が求めるスキルがマッチするよう書き進めなければなりません。

志望動機と自己PRの違いを正しく理解していないければ、独自性が求められる志望動機欄に使い回された自己PRを書き込んでしまうかもしれません。企業が求めることが書かれていなければ、そもそも担当者に読んでももらえませんので注意が必要です。

志望動機と自己PRを混ぜて詰まない書き方のコツ

ここまで、志望動機と自己PRの根本的な違いと失敗例について解説してきました。履歴書やエントリーシートのフォーマットは企業によって様々ですので、何通りかのパターンを用意しておく必要があります。ここからは、具体的に書き方のコツを解説していきますが、まずは志望動機と自己PRを混ぜ合わせて1つの欄に記述する際の書き方について説明をしていきます。

文章の繋がりと構文はしっかりと!

志望動機と自己PRの違いが分かった上で、それぞれを組み合わせて書くことを求められる場合があります。その際に注意したいのは、なぜ入社したいのかという理由と自分のスキルや経験をうまくマッチさせ、それぞれの文章の繋がりをしっかり意識することです。

志望動機とそれに必要なスキルがマッチしていなければ、論理的に文章が書けない人材という印象を読み手に与えてしまいます。また同様に、書き始め・書き終わりの文章や段落数など構文も、きちんと事前に計画することが大切です。

志望動機と自己PRを同じ箇所に記載する場合

書き方のフォーマットは幾つかありますが、読み手として分かりやすいのは以下のような書き方がありますので、参考にしてみて下さい。

文章構成

  1. 貴社を志望する理由は◯点あります。
  2. 1点は、〜〜という貴社の戦略に共感しており、自分の△△力が大いに活用できると考えているからです(その後、スキルを強化した具体的なエピソードを続ける)
  3. 2点は、〜〜 (1点目と同様に、応募する企業の特徴とそれに自分のどのスキルが活用できそうかを、具体的なエピソードを元に記述する)
  4. 以上の2点の理由により、貴社を志望致します

志望動機及び自己PRで聞かれていることを、それぞれうまく組み合わせて1つの文章にまとめています。志望理由を書いていく際には、多くても3点までにまでに収めると読み手としても負担が少なく、かつしっかりとまとまっている印象を与えることができます。

自己PRの例文3選

ここからは、自己PRと志望動機それぞれの具体的な例文と解説を見ていきたいと思います。業界や職種は違っても、基本的な書き方には共通点があります。書類を作る際に抑えておきたいポイントを盛り込んでいますので、ぜひご自身の履歴書やエントリーシートを作成する際の参考にしてみて下さい。

自己PRの例文①

貴社の業務において、自分のアメリカへの留学経験を最大限活かせると考えています。1年間の留学中は、日本とアメリカの文化や習慣の違いを強く感じつつも、彼らの価値観や文化を理解しようと努め、どうすれば価値観が違う人々とうまくコミュニケーションが取れるかを常に考え、行動してきました。
語学力以外にも、異文化におけるコミュニケーション力を高めることができました。近年の訪日外国人旅行客の増加を受け、今後は業界のインバウンド事業のさらなる発展が期待されています。自分のコミュニケーション力と語学力を活かして、そのような成長事業の最前線で活躍したいと考えております。

例文では、①具体的な経験(留学)②困難に対してどう行動したか、③企業に貢献できるスキル(コミュニケーション力と語学力)が記載されています。また、業界の動向とそれに対して自分のスキルをどう活かせるかも書かれており、より説得力があります。

自己PRの例文②

私は小学校3年生から大学4年生までの約14年間、バレーボール部に所属していました。青春時代をバレーボールと共に過ごした私は社会人として必要最低限のマナーを身に付けることができました。毎日の辛い練習に耐えたことで忍耐力が、先輩や監督、親御さんにあいさつすることによりコミュニケーション能力も鍛えられました。
団体行動をすることによって時間を守ること、報告連絡相談の大切さや練習後の後片付けを通して整理整頓の必要性なども学ぶことができました。そして、1つのことを14年間も続けることができたという自信は大きな財産になりました。このような経験を活かして、貴社で活躍したいと考えています。

社会人としての最低限のマナー(あいさつ、時間を守る、報連相、整理整頓、丁寧なコミュニケーション)を部活動で得た経験と混ぜて書くことにより、この短い文でもすぐに社会人として適用できるというアピールになります。辛い練習にも耐えたことや1つのことを長く続けることができたと書くことによって、挫折して退職しないということが連想できます。

自己PRの例文③

私は高校1年生の夏から大学3年生の夏までの約5年間、焼肉屋さんでアルバイトをしていました。始めたばかりの頃はわからないことが多く辞めようと思ったこともありますが、先輩や店長さんとうまくコミュニケーションを取りながら5年間勤め上げ、このアルバイトを通して社会人としての最低限のマナーも身に付けることができました。
仕事場の方と大きな声であいさつをしたりシフト時間を守ること、店長さんや先輩からは報告連絡相談の必要性を教えていただきました。1番の収穫は、お金を稼ぐ大変さとお金の大切さに気づくことができたことです。社会人になる前に気づけたおかげで、働く覚悟と責任を持って社会人になることができます。このアルバイトの経験を活かして、貴社で活躍したいと考えています。

この例文でも社会人に必要な最低限のマナーをアルバイトで得た経験と混ぜて書くことにより、すぐに社会人として適用できるとアピールすることができます。挫折しながらも同じことを続けたと書くことで、挫折してもすぐに退職しないと連想もできます。お金の大切さを知っていることで、無駄使いしないなど人物像の印象がよくなります。

志望動機の例文3選

志望動機の例文についても見ていきましょう。志望動機についても、具体的に書くことが大切です。

志望動機の例文①

貴社を志望している理由としては、貴社が綿密な事前の調査によって、顧客のニーズに合わせた営業戦略を採用していることです。幅広い品揃えがある貴社の商品を、顧客の様々なニーズに合わせて適材適所でお届けする仕事に魅力を感じております。貴社に入社後は、顧客の潜在的なニーズを掘り起こせるよう、日々の勉強により貴社商品への理解を深めると共に、顧客との信頼関係を更に深化できるよう努力していきたいと考えております。

例文では、①応募する企業の戦略上の特徴②自分はその企業のどういう部分に魅力を感じているのか③入社後の抱負、が記述されています。しっかりと企業研究がされているのと、入社への熱意が感じられる内容になっています。

志望動機の例文②

会社訪問に伺った際に社員の方々が笑顔で仕事をしているのをみて、とても活気のある職場だなと感じました。目標をチームごとに決めて、目標達成を目指してチームで動くというとこは部活動みたいだなと思ったのが最初の印象でした。ホームページも観覧しましたが、その自由な社風が社員の笑顔に繋がっているんだろうなと感じ、部活動に力を入れていた私にとって、団体で動いて仕事をして結果を共有するという所に惹かれました。
これが貴社を強く志望する理由になります。学生時代の団体競技で培った協調性やコミュニケーション能力は貴社の業務でも最前線で活躍できると思っています。協力して仕事を成し遂げることの喜びをチームで分かち合い、より良い会社づくりに貢献していきたいです。

実際に会社訪問した時に感じたことを部活動に例えることで、部活動で培った経験を志望動機の中でも活かすことができます。企業はなんの部活をしていたかを知りたいのではなくて、その経験をどう活かせるのかが知りたいので、部活動で学んだことと結びつけて書いてアピールします。

志望動機の例文③

会社訪問に伺った際に社員の方々が笑顔で仕事をしているのを見て、とても活気のある職場だなと感じました。目標をチームごとに決めて、目標達成を目指してチームで動くということは、私がアルバイトしていた時の境遇に、とても似ていると思ったのが最初の印象です。ホームページも観覧しましたが、その自由な社風が社員の笑顔に繋がっているという所に惹かれました。これが貴社を強く志望する理由になります。
学生時代にアルバイトで経験した大きな声であいさつすることや、他の店舗より売り上げを伸ばす為に報連相をしっかりして、同じ店舗内でコミュニケーションを取って協調性を高めていくことで活気が生まれます。この経験を活かし貴社の業務でも最前線で活躍できると思っています。協力して仕事を成し遂げることの喜びをチームで分かち合い、より良い会社作りに貢献していきたいです。

実際に会社訪問した時に感じたことをアルバイトに例えることで、アルバイトで培った経験を志望動機の中でも活かすことができます。企業はなんのアルバイトをしていたのかを知りたいのではなく、その経験をどう活かせるのかが知りたいので、アルバイトで学んだことと結びつけてアピールします。

志望動機と自己PRの違いを押さえて意欲を伝えよう

ここまで、志望動機と自己PRの違いやその例文の書き方について詳しく解説してきました。履歴書を作成しているうちにそれぞれを混同してしまいがちですが、採用担当者の質問の意図は各々異なります。志望動機は「その企業に入社したい理由」を、自己PRは「その企業で活かせる自身の経験やスキル」を中心に書き進める必要があります。

その際には、事前の業界・企業研究をしっかりとおこない、応募する企業の特徴と自分のスキルを関連させて書き進めましょう。これら質問者の意図をしっかり理解した上で、論理的に記述していけば、必ず熱意と個性が伝わる履歴書になります。ここに書かれているポイントを参考にして、ぜひ思いが伝わる自分なりの履歴書を作成してみて下さい。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ