自己分析

【就活生の自己分析本はこれだ】おすすめの本7冊や自己分析の方法をご紹介

就活を始める前にしておきたい自己分析

自己分析は、自分を知るために必要な作業です。しかし自己分析の方法が分からず、作業がはかどらない人もいるはずです。そんな就活生の助けになってくれるのが、自己分析本といえるでしょう。ここでは、就活生にぜひ読んで欲しいオススメの自己分析本や、自己分析のやり方を紹介します。就活を成功に導くために、ぜひ参考にしてみてください。

自己分析をする目的

就活では自己分析は必須といわれますが、そもそもなぜ自己分析をしなければならないのかをわかっていない人も多くいます。自己分析をすることには目的があります。自己分析をする目的は大きく3つにわけられます。それぞれの目的をきちんと理解した上で改めて自己分析のやり方を考え、自分自身を見直して向き合っていきましょう。

自分の長所や短所を具体的に知るため

自己分析をする目的は、自分の長所や短所具体的に知るためです。自己分析をすることで伸ばすべきところと改めるべきところがわかり、自分自身の長所と短所を詳しく知ることができます。就活では長所や短所を聞かれることも多くあり、自己PRをする機会も多くなります。自分のよさを伝えるためには、まずは自分が自分のことを理解していなければなりません。

よく分かっていないことを説明するのは難しく、しっかりと伝えるためにも自己分析をおこない、自分自身を知っておくことが大切です。長所がしっかりアピールできるか、短所を把握して向き合うことができるかを見られていることも多く、それらができていることをアピールするためにも自己分析は必須です。

自分の仕事上の適性を知るため

自分の仕事上の適性を知ることも、自己分析をする目的のひとつです。自分自身について理解を深めることで、どのような特徴があり、どのような仕事がしたいのか、何が向いているのかが分かります。自己分析は、企業とのミスマッチを防ぐためにも重要なものであり、これができていないと自分に合った企業に就職できない可能性が高くなります。

就活の目的はただ企業に就職することではなく、自分に合った企業に就職することです。せっかく就職しても、活躍することができなければ意味がありませんし、すぐに辞めてしまっては、企業と就活生お互いにとって不利益になります。就活を成功させるためにはミスマッチを防がなければならないため、自己分析は欠かせません。

将来像を明確にするため

自己分析をおこなうことで自分のなりたい将来像が明確になります。なりたい将来像がぼんやりとしていると、就活の軸を定めることができず、自分が本当にやりたい仕事を見つけることができません。将来像が漠然としていることで、そもそもなぜ働かなければならないかと考えてしまうことも多く、モチベーションが下がってしまうこともあります。

なりたい将来像が明確になっていれば、目標を持って就活を進めることができますし、モチベーションも高く保ちやすくなります。また、目指すべき方向性もわかり、就活を効率的に進めることができるのです。就活では将来のことを考えて就職先を決めることが大切なので、自己分析をしっかりおこない、将来どのような人になりたいかを明確にすることが大切です。

36の質問に答えて自己分析をしよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

自己分析本は就活生に必須

自己分析本は自己分析をスムーズにできます。自分のことは自分が一番良く知っていると思ってしまいますが、実際の所、自覚していない部分がある人も多いのです。自己分析をすることで知らない自分が分かることも少なくありません。

自分が知らない自分を知れる

自己分析本は、自分が知らない自分を浮かび上がらせてくれます。自己流の自己分析の場合、主観が入り込むことで的確な自己分析が出来ないケースがあります。自己分析本を選ぶ際は、客観的に自己分析ができるものを選ぶのがベストです。客観的だからこそ、自分も知らなかった自分自身が見えてきます。

例えば、長所や短所などが挙げられるでしょう。自分の強さや、能力を最大限に発揮できる業種などを見つけやすくなります。同時に、面接やエントリーシートで自己PRをする際、困ることなく自信を持って答えることができるのです。

的外れな自己分析をせずにすむ

自己分析本を利用することで、的外れな自己分析を回避できます。自己流で自己分析をおこなうと、間違ったやり方になるケースがあります。よくあるのが、志望している会社の好みに合うような自己分析をしてしまうことが挙げられます。それでは意味がありません。

会社が好む人材になるような自己分析をしても、それは嘘となってしまうのです。本当の自分ではありませんから、自信を持つことができません。エントリーシートや面接官で自己PRが必要になった時、全てが嘘っぽくマニュアルのような答えになりがちです。少し深く突っ込まれるとすぐにボロが出てしまいます。的外れな自己分析は、自分を窮地に追い込んでしまうでしょう。

就活生におすすめ自己分析本ランキング

正しい自己分析をするために自己分析本を利用した方が良いです。なぜかと言うと、自己分析本は自己流ではなく、客観的な自己分析を行えます。客観的だからこそ、そこには主観が生まれず、思い込みや勘違いを排除できるのです。

では、本当に良い自己分析本とはどんなものでしょうか?就活生にオススメしたい自己分析本を、ランキング形式でご紹介します。正しい自己分析を行うためにもチェックしてみてください。

ランキング①『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』

特にオススメしたいのが『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』です。就活で自己分析に苦労している就活生必読と言えるでしょう。一番のポイントは「ストレングス・ファインダー」診断を受けられることです。

ストレングス・ファインダーとは、世論調査や組織コンサルティング会社であるギャラップ社が開発したツールになります。ポイントは、簡単に言うと、弱みより自分の強みを活かした方が能力を発揮できるという考え方に基づき開発されている点です。WEBサイトで177個の質問があるので答えていきましょう。そうすると自分の強みを、思い込みではなく客観的に知ることができるのです。

ランキング②『マイナビ2020 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析』

マイナビ2020 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析』はワークシートへの書き込み作業を進めていくことで、「詳細な自己分析」がスムーズにおこなえます。それと共に、自分自身の特性からの適職診断や、特徴・個性・能力を志望動機に発展させるポイント整理など、自己PRや志望動機への対策を効果的におこなえます。

さらに、別冊の「書込み式就職ノート」には用途の違う数種類のワークシートが用意されているので、この一冊で自己分析からエントリーシート、面接対策まですべて出来る優れものです。

ランキング③『SWOT分析で攻略する就活面接試験』

SWOT分析で攻略する就活面接試験』の大きな特徴はSWOTに基づいた自己分析本になっている点です。SWOTとは、(S)強み(W)弱み、(O)機会(T)脅威という意味であり、その観点に基づいた丁寧で分かりやすいフレームワークとなっています。自己分析で自分の強みや弱みをあぶり出して理解し、機会を十分に活かすことで、就活に立ち向かうことができます。

あらゆる困難を撃退し、内定を勝ち取るためにも、必要な自己分析本と言えるでしょう。強みや弱みをどうやって分析するのか、活用方法の他にも、企業研究に関することも書かれています。

ランキング④絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方

絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方』は、就活本として20年以上のロングセラーとなっている「絶対内定」シリーズの最新刊です。「絶対内定」シリーズは、毎年特に就活をおこなう上での自己分析について定評があり、就活生の先輩達だけでなく、企業の人事部門やキャリアセンターの先生などからも支持されています。自己分析は、100枚近くのワークシートを使ってキャリアデザインを描くという手法で、圧倒的な情報量は他の就活本を寄せつけないものとなっています。

ランキング⑤『受かる!自己分析シート』

受かる!自己分析シート』は、自己分析や他己分析を徹底的に行いたい人に利用してもらいたい本です。他にも企業研究をする際にも役立ち、エントリーシートや履歴書で苦労している人でも、スムーズに作成するためのサポートをしてくれます。

この本を利用することによって、自然と自分でも知らなかった自分のことが分かって来ますし、長所や考え方の傾向まで、新しい発見も期待できるでしょう。そのことが分かってくれば、面接でも自信を持って自己紹介もでき、魅力もアピールすることができます。就活をする際には利用したい本のひとつといえるでしょう。

ランキング⑥『あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析』

あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析』は2009年に発刊された「あなたの天職がわかる最強の自己分析」のリニューアル版です。自己分析で人気だったロングセラー本が現在の就活状況を踏まえて大幅に改良されており、以前から分かりやすいと評判だった自己分析のやり方に加えて、自分の強みを仕事にどう活かすかや企業でどのような活躍ができるかが明確に見えるようになっています。

段階的なワークを通じてしっかりと自己分析がおこなえるようになっており、自己の内面としっかり向き合える内容です。そこで明らかになった強みを仕事とどう結びつけるかがわかれば、自信を持って就活に取り組むことができるようになるでしょう。

ランキング⑦『9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係』

9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係』に出てくるエニアグラムという言葉は聞きなれない単語ですが、1970年代から起こったエニアグラム性格論として知られており、人間を9つの相互に関連した性格類型として分類する方法です。自分がどの性格タイプに当てはまるかを知ることで、性格や特性がわかるだけでなく、人間関係の構築ツールとして使用されることもあります。

自己分析の方法としてエニアグラムを活用すれば、自分自身の性格タイプが分かりタイプに合った仕事を見つけることが可能となります。伸ばすべきところや改善点がわかり、社会人になるための心構えも明確になることでしょう。

基本的な自己分析のやり方

基本的な自己分析のやり方としては、これまでの自分の人生を振り返ることが挙げられます。中学から高校への進学、高校から大学への進学、もしくは学校生活全般から、打ち込んだ部活動の経験まで自分が経験したことをまずは振り返ってみましょう。

人が行動するときは、行動に至るまでの考えが必ずあります。なぜこの大学を選んだのか、なぜあの時あのような行動をとったのかを振り返り、その行動を選んだ理由を考えてみましょう。その理由を見ていくことで、自分がどのような考えを軸として行動しているのかが見えてくるのです。

自分史を作成する

自己分析を効果的に行う方法として、自分史の作成が挙げられます。上記のようにこれまでの人生を振り返ることで自己分析をおこなうことは可能ですが、一点一点を断片的に振り返るだけでは効果的な自己分析は出来ません。

自己分析の目的は、自分自身の中で一貫して持ち続けている価値観を見つけることにあります。断片的に振り返るのではなく、自分史という形で幼少期から大学生活までを順々に振り返り、体系的にまとめてみることが必要なのです。

中学、高校、大学の経験をまとめていく際には、学生時代打ち込んだことから挙げてみましょう。学生時代に打ち込んだ経験の中では、打ち込んでいたからこそ苦しい経験やうれしい経験など、それらには自分の価値観が反映して可能性が高いのです。

経験を具体的に深堀していく

自己分析の際には、自身の経験を具体的に深掘りしていくようにしましょう。例えば主将として水泳部に所属し、時にはケガを負いながらも懸命に競技に打ち込んだという経験を持っているのであれば、なぜケガを負いながらも頑張り続けることが出来たのでしょうか。

また、なぜ主将という立場につくことになったのでしょうか。そもそもなぜ水泳という競技を選んでいるのでしょう。それぞれの行動にはそれを選択した理由があります。自分の経験に疑問を持ち、何故その選択を行ったのかを明らかにするために、それらの経験を具体的に深掘りしていくことで、自分の行動の軸となる考えをあぶりだしていくことが可能になるのです。

長所を見つける

自分のこれまでの経験を深掘りしていく中で、自分自身の長所を見つけることが出来ます。その際、自分自身の成功体験、挫折した経験を中心に深掘りしてみましょう。何かをやり遂げた体験に関して、何故それを成功へと導くことが出来たのか考えてみましょう。

そこには必ずあなたの長所が活きているのです。また、挫折した経験に関しても、その挫折を切り抜ける過程であなたの長所は活かされているのです。つまり、今までの人生の中で、何かを成し遂げた経験、困難を切り抜けた経験において、あなたの本当の長所が活かされていたのです。

自分の長所は知っているようで実はしっかりと理解できていないことが多いです。このような経験を振り返り、具体的に深掘りしていくことで、自分自身でも認識していなかった自分自身の長所を見つけることも可能になるのです。

自己分析には診断ツールの活用もおすすめ

自己分析本で客観的な判断が進んだら、次にぜひ利用したいのがインターネット上の客観的な分析ツールです。その強みはなんといっても迅速かつ具体的な診断結果です。数値化やグラフ化などによる一目瞭然のデータを見れば、これまでの自己分析で曖昧だった部分や迷いも減ることでしょう。

さらに以下2つの診断ツールは社会人・リーダーとしての力や業種・職種といった具体的指標とのマッチングが設定されているので、自分の職業人生を具体的に展望しやすくなっています。

適性診断AnalyzeU+

動画、写真、研究スライドなどの具体的自己PRに対して企業から直接のオファーを期待できるサイト「OfferBox」では、適性診断「AnalyzeU+」を提供しています。25項目の診断によって自分の適性を多角的に分析します。

結果は、経済産業省が推奨する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を判断する指標である社会⼈基礎⼒(前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)や次世代リーダー力(やり続ける力、周囲を牽引する力、⾼め合う⼒)の各項目において数値化・グラフ化されます。一目で自分の強みをより多角的、客観的に知ることができるのが魅力的です。付随する具体的な分析、アドバイスを利用すれば自己PR文の作成も可能です。

自己分析ツール「適職診断MATCH」

マイナビが提供する自己分析ツール「適職診断MATCH」は、20年以上にわたって蓄積された人事データベースをもとにした適性検査です。2つの診断から導き出される結果をもとに判断します。「パーソナリティー診断」で客観的に見た自分の特徴や能力、どのような職場環境が合うかを探り、「バリュー診断」では仕事における自分の価値観を客観的に診断して「達成」、「成長」といった自分の仕事に対する価値観を探ります。

結果として表示されるレーダーチャートによって自分の傾向が一目でわかり、自分の強みや能力をワークシートにまとめることが可能です。さらに適性ランキングで91職種や48業界における自分の適性度がチャートで明示されるため、具体的な仕事をイメージしやすいでしょう。

自己分析本を活用して就活の基礎を築こう

自己分析本はどれも同じようでありながら、実はそれぞれに特徴があることを忘れないようにしてください。自己分析をスムーズにするためにも、フル活用することが重要なのです。自己分析は実際に奥深く、適当にやっていれば、いい加減な結果しか出て来ません。

自己流でも正確な自己分析はできると考えていても、実際は客観的な視点がいつのまにか排除されていることもあります。客観的で正確な自己分析でなければ、面接やエントリーシートでは矛盾が生じ、自信を持って自己アピールはできません。そのことを理解し、強みから弱み、知らなかった自分を引き出してくれる自己分析本を見つけてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ