自己分析

【自己分析シートの使い方】必要な項目や自己分析の方法

就活に役立つ「自己分析シート」

就職活動を進めるにあたって、「自己分析」は最初から最後まで使える重要なものです。これがしっかりできていないと、自身を魅力的にアピールできませんので、時間をかけて取り組むようにしましょう。

自分を知るための方法はたくさんあります。そのなかでもここでおすすめするのは、紙に書き出して「自己分析シート」を作る方法です。この記事では「自己分析シート」に焦点を当て、それが何で就活にどう役立つのかをご紹介していきます。

併せて、さまざまなタイプの分析方法についてもご紹介していきますので、これを参考にしたうえで自分に合った手段がどれかを探してみましょう。

自己分析シートとは

自己分析シートとは、自分の過去のエピソードなどを紙に書き出すことで、それから自分がどのような強みを持っていて、どのような職業に就くのが向いているかなどを知ろうとするものです。

そのような特性を持つことからフォーマットはいくつもありますが、どれが正解・不正解ということはありませんので、自分に合ったもの、自分のことをより正確に知ることができるものを選ぶようにしてください。ここでどれだけ自分を深堀りできているかは、その後の就活の質にも関わります。

自己分析シートを作る目的

①将来像を明確にする
②原体験を掘り下げて長所・短所を見つける
③自分の本当の適性を理解する

自己分析をする方法のなかには、ネット上の自己分析ツールを使うなど、時間をかけずに済ますことのできる方法がいくつかあります。その中で、あえて時間のかかる自己分析シートを作るというのですから、きちんと性能を活かしきらなければなりません。

①は志望動機を書く際に非常に役立ちます。ここで見い出せた「自分が将来どうなっていたいか」を話に盛り込んでおくと、自身が企業で働く姿を担当者に想像させることが容易になります。

②は面接時のエピソードトークの際に有効です。ここで自分の過去を詳しく見つめ直しておけば、突っ込まれた質問が飛んできたときにも困ることはないでしょう。

③は企業に入社した後に発生するミスマッチの予防に一役買ってくれます。長く働いていくためには、いかなる不安要素も取り払っておかなくてはなりません。

関連記事

【自己分析を成功させる10の方法】就活生なら必ずやっておくべき重要事項を解説!

自己分析のポイント

自己分析シートを使って自己分析をするに当たり、どのようなポイントに気をつけていけばよいのでしょうか。自己分析は選考の対策として重要というだけでなく、志望企業選びや、そもそも社会人になってどう生きていくかを考える上でとても大切です。

この自己分析が誤っていたり中途半端だったりすると、就活が上手くいかない、入社後にミスマッチに気がつくといったリスクが発生します。就活の最中に何度も自己分析をやり直すのもよいですが、きちんとポイントを押さえ、毎回しっかりとした自己分析をおこなっていきましょう。

①過去の経験を洗い出す

まず最初のポイントは、過去の経験を洗い出していくことです。特に印象に残っている体験だけをいくつか取り上げ、そこから自己分析する人もいますが、視野が狭まり、十分に自分のことが分析できない可能性もあります。

そこで、まずはとにかく過去の経験を思い出すだけどんどんと書き出していきましょう。自己分析にあまり役立たないと思った経験から、自分の新たな側面がわかることもあります。自己分析に役立つ経験かそうでないかは後で仕分けることができますので、この段階では仕分けずにとにかく書き出すことに集中しましょう。

また1つ1つの経験の思い出に浸ってしまうと、「私は○○な経験をしたから○○な性格だ」など、先入観が先行してしまい、その経験とは別の経験が思い出しにくくなってしまう可能性もあります。この段階では、とにかくできるだけ多くの経験を書き出すことだけに集中しましょう。

②過去に頑張った理由・動機を掘り下げる

【掘り下げの例】

「学生時代にTOEICの勉強を頑張った」→「なぜ?」→「どうしてもTOEIC750点が取りたかったため」→「なぜ?」→「英語力を活かして仕事がしたいから」→「なぜ?」→「日本だけでなく、海外の人ともビジネスをし、刺激を受けて成長していきたい」→「なぜ?」→「グローバル化した世界で、国境や文化を超えて多くの人の役に立つことが自分のやりがいになるから」

続いてのポイントは、過去に頑張った理由・動機の掘り下げです。この段階では、書き出した過去の経験の中から、「自分が頑張った経験」を選び、頑張った理由・動機を掘り下げていきましょう。何かを継続する、できないことをできるように努力して取り組む、といったことは、自分の中に強い動機がなければできないことでしょう。

もちろんその動機はさまざまです。「好きだから」「楽しいから」「友達に負けたくなかったから」「○○の役に立ちたかったから」「将来○○するため」など、どのような理由・動機でも構いませんので、自分の本当の気持ちを書き出しましょう。1つの出来事に複数の理由・動機があっても構いません。

理由・動機を書き出したら、さらにそこから「なぜ?」という問いを自分に発し、その理由を考えていきましょう。これ以上「なぜ?」が出ないところまできたら、そこに自分の大切にしている価値観が現れます。この価値観がはっきりすれば、自分に合った仕事を見つけ、面接でも自信を持って意志を伝えていくことができるでしょう。

③自分の長所・短所を見つける

続いて、①で書き出した過去の経験を見ながら、そこから浮かび上がる自分の長所・短所を見つけていきましょう。この段階では、1つひとつの出来事を詳しく思い浮かべていきましょう。1つの経験の中に、長所や短所が複数含まれている可能性もあるからです。また、この段階における注意点として、「短所をただ悪いものとして捉えない」ということがあります。

中には、自分の長所よりも短所に目がいってしまうという人も居るかも知れません。短所ばかりが箇条書きにされていくと、「自分はなんてダメなんだ」と思えてきて、気が重くなってしまうという人もいるでしょう。しかし、短所は長所と表裏一体になっていることがほとんどです。

例えば、計画性がなく、失敗していまった経験があったとします。しかし、考え方によっては「計画する前に動いたのは行動力があるからだ」「逆にあの時動いて失敗したからこそ、同じ失敗をしなくなった」「確かに失敗はしたけど、その後のフォローはしっかりできた」という側面も浮かび上がるでしょう。物事には2つの面が必ずあるので、短所ばかり目についても悲観せず、その裏側の良い面にもスポットライトを当てていきましょう。

④自分のやりたいこと・やりたくないことを見つける

最後のポイントは、自分のやりたいこと・やりたくないことを見つけることです。このポイントは非常に大切です。自分が心からやりたいことでなければ、人は継続して取り組むことはできません。例えやりたくないことを我慢して一時的に続けることができたとしても、精神的な負担が大きくなり、良いパフォーマンスを発揮できなくなる可能性が高いでしょう。

真面目な人ほど「これは大事だ」「やるべきだ」という社会や世間、もしくは身近な人の価値観や義務感で選択をしてしまうことがあるかも知れません。しかし、いかに理念に共感していても、周りを喜ばせることができても、自分自身が苦痛に感じるようなことであれば、結果的に自分にも周囲にもマイナスの結果をもたらす可能性があるのです。

人には誰でもやりたいこと・やりたくないことがあります。それは自然なことですので、まずは思いつくままに書き出して受け入れましょう。やりたいことがなかなか見つからず、やりたくないことばかりが見つかってしまうという人もいるかも知れません。そのような場合もネガティブに捉えず、やりたくないことを知って避けていくことで自分に合った仕事に近づいているのだと考えるようにしましょう。

自己分析の方法

先述の通り、自己分析の方法はいくつもあります。ネット上にもテンプレートを挙げているサイトはありますので、それを使用するというのもひとつの手でしょう。

ですが、ここでは「自分で図表などを仕上げること」を前提とした、自己分析シートを作る際におすすめの方法を3つご紹介いたします。それぞれやり方が少しずつ異なっていますので、自分に合った方法を選ぶようにしてください。

自分史

自己分析シートを作る際におすすめの方法として1つ目にご紹介するのが、「自分史」です。

「自分史」ではまず、過去5年間の中で印象に残っていることを、できるだけ正確な年月日とともに書き出していきます。形式などは全くないので、自分の分かりやすいようにしておきましょう。またこの際、なぜそれが印象に残っているのかというのも併せて書いておくとのちのち役に立ちます。

いろいろ書き出すことができたら、今度は自分なりの分け方でそれぞれの出来事をグループ分けしていきます。例えば、近い時期に起こった出来事を比較するのであれば、当時どのような行動をとることが多かったか、どのような考え方をしていたのかというのが見えてくるでしょう。

ジョハリの窓

自己分析シートを作る際におすすめの方法として2つ目にご紹介するのが、「ジョハリの窓」です。これは、アメリカの心理学者J・ルフト氏とH・インガム氏が発表した考え方で、心理学分野では頻繁に使われています。

この方法では、まずは自分で思う「自分を表す特徴」をいくつか単語で書き出していきます。出し終わったら、同様の質問を自分を知っている人に投げかけていきましょう。そのあとはそれぞれの結果を比較して、「自分に分かっている」「自分に分かっていない」「他人に分かっている」「他人に分かっていない」の2×2のクロス表に当てはめていきます。

その結果「自分に分かっている」×「相手に分かっている」に入るものが多ければ他人との認識のギャップは少なく、逆に「自分に分かっている」×「他人に分かっていない」、「自分に分かっていない」×「他人に分かっている」が多いと認識ギャップが多いということがくみ取れます。

関連記事

【ジョハリの窓の診断のやり方と注意点】資料を活用して自分を知ろう

メモリーツリー(マインドマップ)

自己分析シートを作る際におすすめの方法として3つ目にご紹介するのが、「メモリーツリー」です。マインドマップと呼ばれることもあります。

この方法では、まず用紙の中心に「自分」と書くところがスタートです。そして、その周りに「興味」、「好き」、「嫌い」、「特技」などの分類を書いていき、関連しそうなところを枝図のようにつなげていきます。このときに挙げる言葉は単語のような簡単なものでも構いません。

例えば「自分―好き―オムライス―たまご―養鶏場―体験学習」のようにつながれば、「オムライスなどの卵料理が好きな理由は、体験学習のときに養鶏場で食べたものがおいしかったから」という話が見えてくるでしょう。

一緒に他己分析もおこなえるとなおよい

自己分析ですが、自分だけでやっていると必ず限界がくる部分があります。そのため、それと一緒に他人からの評価、すなわち他己分析もおこなえると良いでしょう。自己分析の方法の部分でも取り上げた「ジョハリの窓」では、他人からの評価をもらわなければ進められない部分が出てきます。

第一印象と今の違いを聞いてみるなど、そのような簡単なことからも、自分の思っている自分とのギャップに気が付くことがあるでしょう。面接本番は1人かもしれませんが、就活自体は2人以上でやったとしても問題はありません。双方の分析の手伝いをするなど、お互いに協力し合いながら就活を乗り切るようにしてください。

関連記事

他己分析をするメリットとやり方・質問例をご紹介【就活で役立つ】

自分に合った自己分析シートで新しい自分を発見しよう!

この記事では「自己分析シート」に焦点を当て、それが何で就活にどう役立つのか、さまざまなタイプの分析方法についてまとめてきました。

本文中でも何度か述べたように、自己分析の方法はいくつもあります。ここでご紹介してきた情報も1つの情報として参考にしたうえで、自分に合った手段がどれかを探すようにしましょう。

自己分析をすることで自分を見つめ直すことは、非常に有意義なことです。自己分析シートを使って、自分の知らなかった自分を発見し、より魅力的にアピールできるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ