志望動機

【営業職の志望動機の書き方】今までになかったアドバイスと例文で勝てる文章を作成する方法

職種ごとにベストな志望動機を作成しよう!

営業職と一口に言っても、会社や職種が違えば何を重視するのかが全く変わってきます。また、営業職である以上求められている必須スキルというのは絞られてきます。チームワークやコミュニケーション、協調性という観点からベストな志望動機を作れるようポイントを抑えていきましょう。

営業職の志望動機の効果的な伝え方

特定の職種に特化した志望動機の書き方を知る事は、就活をしていく上で自分の最大の武器になります。文章構成はどの志望動機も同じものを使用できますが、重要なのは中身です。ここでは気になる営業職の志望動機の書き方を見ていきましょう。

その会社で働きたいことをアピール

営業という仕事はまさに会社の顔ともいえます。実際に顧客と商品の間に立ち、商品を顧客にアピールしたり、顧客の声を会社に届ける仕事です。経過年数とともにスキルアップできる仕事であるとともに実際の数値として業績が評価される仕事でもあります。企業は何故営業職をやりたいのかということを聞きながら、この人は会社の顔として一緒に仕事をしていけるのかどうかを判断しているのです。

その会社が営業で何故働きたいのかということは営業職においては何の営業をしたいのかに直結します。商材の特色を見つけておき、それが自分がこの会社で働きたいと思ったきっかけなのだということを伝える必要性があるのです。

ただ単に営業がしたいということだけを伝えてもどうしてこの会社でなければならないのかは伝わってきません。見つけた特色から、この会社唯一をアピールポイントに挙げて働きたいということを伝えることが重要なのです。

仕事に対するポテンシャルの高さを伝える

営業職は会社の看板であり顔です。常に人と関わる仕事である以上、企業は個人のポテンシャルを非常に重視しています。最初は誰もが初心者です。いずれはスキルアップし、仕事や会社に貢献していくという熱意をいかにアピールできるかが大切になってきます。自発的に行動することができるということ、チームに貢献する持続力があることなどを盛り込み、既にあるポテンシャルを伝えるようにしましょう。

体育会系の部活動所属は積極的にアピール

チームワークを必要とする部活動や所属をしていた経験のある方は是非積極的にアピールしましょう。営業職は人と上手に関わりあえる人材であることは重要です。チームワークや協調性を重視できるということを経験談などを上手に使いながら伝えれば、営業職に向いている人材だと判断してもらいやすくなります。また、経験談は何をしたのかということも大切ですが、そのことがどう自分の中で営業という仕事に繋がったのかを伝えるようにしましょう。所属を経て何故営業という仕事をやろうと思ったのかを自分の経験から伝えていきましょう。

関連記事

営業を目指す人が知っておきたい志望動機の書き方のポイント3つと例文4つ~履歴書やESを作成する際の参考に~

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

営業職に求められる3つのスキル

①コミュニケーション能力

コミュニケーション能力とは、相手を思う気持ちがありそれを言葉や表現で活用が出来る力です。人と円滑なコミュニケーションがとれることは営業職での必須スキルです。人と話ができるというわけではありません。会話の中で相手を尊重することができ、相手の立場に立つことができる能力のことを言います。

気持ちのキャッチボールができているのかどうかということがコミュニケーション能力の本質です。その能力をどの様に営業職で生かしたいのかまで伝えることが必要です。人と話すことが好きであることや、チームワークで何かをすることが好きだということを仕事に生かしたいというところまで繋げて考えておきましょう。

②ヒアリング力

ヒアリング力とは、相手の声をただ聞くだけではありません。相手を肯定し、言いたいことを聞き出し、共感することができる能力のことを言います。言葉だけではなく表情の機微や頷くタイミング、立ち振る舞いがあってこそ人はこの人に話をしようと思うものです。ここに出てくる共感という言葉はとても重要です。

自分の気持ちに沿ってもらえた時に人はようやく本当の気持ちに気付けたり、相手に伝えようと思えるようになります。長い目で営業マンであろうとするのであればお客様目線であるこの共感力、ヒアリング力は重要視していなければならないでしょう。

③ 提案・プレゼンテーション力

アイデアが浮かんだり、意見があった場合、社会人になるとそれを行なってもいいのかどうかについて上司の許諾が必要となります。物事を勝手に行ってしまうと上司の監督不行き届きに繋がる場合もあるのです。常に提案があり許可の上行動を起こすことができるということを忘れてはなりません。

また、その提案がいかに良いものであるのかを伝える力がプレゼンテーション力となります。積極的に働きかけるというのはこのプレゼンテーション力に直結します。自分で自分の仕事を取ってくる力と言い換えても良いかもしれません。

時間は常に有限であるため、より良いと伝わってくるものに人は賛同するようになります。賛同をどれだけ得られるかで動ける範囲が変わり、評価が変わってくるのです。いかに多くの人に納得してもらえるためのプレゼンテーション力を持っているかは将来あなたの評価に直結してくることでしょう。

履歴書に志望動機を書く時の注意点

志望動機を書く時には、新卒ならではの注意点や、志望する職種に特化した注意点があります。自分ならではの独自性を十分に知っておく事も志望動機を作成する上で重要な要素の一つです。

新卒は未経験者なので基本的な能力をアピール

つい自分だけが持っている特別なことを自己PRでは探しがちになってしまいます。けれど企業にとってまだ真っ白な新卒のみなさんに求めているのはとても基本的な部分です。
元気よく挨拶をしたり、目上の方を敬ったりということは、年長者になるごとに忘れていってしまいやすい部分でもあります。

大学4年生の時の今、接するのは後輩ばかりで自分より年上の人との接点が少ない人も少なくないでしょう。基本的なことを自分からどれだけやれるのかは社会人として大切なことなのです。それができて初めてコミュニケーション力があることが伝わったり、人当たりの良さを評価してもらえるようになります。当たり前のことを当たり前にできるかどうかも十分アピールできるポイントなのです。

営業に活かせる自分の経験を記載

何故自分が営業職を志望したのか、そのことを忘れないようにしましょう。そこには必ず営業職に向いていると思える経験や、営業職を目指そうとした体験が含まれているからです。その経験や体験が営業職に活かせると思ったのだということをアピールすることは重要です。

サークル活動や部活動、その他チームワークを必要とする活動の中で得た経験を元に営業職を志望したということを伝えましょう。勿論チームワークの中でコミュニケーション力やヒアリング力、プレゼンテーション力が発揮できた場面があれば尚伝わりやすいです。
まだ就労しているわけではないため、企業は新卒者に営業スキルを求めているわけではありません。

あなたに営業に関係するスキルがあるのかどうかを見極めているのです。そのスキルは経験談や体験談から相手に伝える方が、わかりやすく効果的なのです。

営業の志望動機例文集

ここまでを踏まえて、実際に志望動機の例文を見ていきましょう。文章構成やアドバイスを見たり聞いたりするだけではなく、実例から学ぶ事も実は多いのです。

メーカー営業の志望動機例文

 私が貴社を志望する理由は○○という商品を手に取った時の衝撃を忘れられないからです。パフォーマンスが高い商品でありながら初期の品質を保ち続けているということを知った時もっと多くの人に知ってほしいと愛着が湧いたほどでした。その体験もあり会社説明会では大変感銘を受けました。営業職は商品に含まれた顧客の目線を伝えることが真のスキルなのだとお話されているのを聞いたとき、私もその理念を元に商品届ける仕事がしたいと思ったのです。

 メーカーの営業職はその会社が尽力している商材をいかにアピールできるのかというスキルが問われます。この例文は、一度その商材を自分で手に取ったことがあるということにより商材への理解をまず相手に伝えています。そしてその商材が会社が売るのであれば何をアピールするのかを自分の言葉で伝えています。また、メーカーの営業職は飛び込みでの営業も想定されます。顧客の立場を考慮し営業に臨みたいという姿勢が表れた文章に仕上げることも大切です。

ルート営業の志望動機例文

私が貴社を志望する理由は、貴社が顧客の声を聞くことを最重要するという企業理念に感銘を受けたからです。私は人と関わる仕事に就きたいと思っており、大学時代のアルバイトでも既存の顧客に商品を届ける仕事に実際に関わらせて頂いた経験があります。その際に聞くことでお客様の不安を和らげたり、顔を覚えて貰えるということが嬉しかったことを覚えています。人と関わることが好きであることでキャリアアップが望める営業職は自分に最も向いていると思い志望しました。

ルート営業は新規開拓の営業ではなく、それまで会社が大切にしてきた顧客とのやりとりを重視する営業職です。大切なのは主張や売り込みではなくいかにお客様の目線に立ち、先輩方がされてきた努力の輪に入れるかということになります。

今の顧客の声を聞き出し会社へ持ち帰るためには信頼を得やすい人物かどうかが鍵となります。信頼を得やすい人物とは、共感力が高く相手を尊重できる人物ということです。自分の経験から分析した理由に繋げることによって人物像を想像しやすくしている文章です。

営業事務の志望動機例文

私は高校生大学生と部活動のマネージャーを続けてきました。チームにより強い絆を作っていくことが私が重要視していた役割です。そうしてサポートしている人が成功する姿を見ることで自分も達成感を得られるのだと気づいた時そのような仕事に就くことを希望するようになりました。裏方での努力や行動力が実績に直結した体験を社会人になっても生かしていこうと思います。もし貴社に入社することができましたら、営業事務としても積極的に考え行動することで会社全体に貢献していきたいと思います。

サポートとチームワークの経験から、自分がいかに向いているのかをアピールした文章となっています。相手の喜びが自分のことのように思えるのだという気質があることは営業事務にはぴったりです。

営業事務は営業マンのサポートをするための仕事ではありますが積極性や達成感を理解できる共感力を持っていないといけません。達成感を得たことがある経験は能動的な努力の結果ともいえます。その体験から紐付き貢献したいのだという熱意を伝えることが肝心です。

生命保険会社営業例文

私は個人のお客様が抱える「金融資産に関する悩み」を解決したく、生命保険会社を志望しております。私は学生時代のゼミ活動から、生命保険の奥深さを知りました。生命保険は志望保険金の準備としてだけでなく、資産運用、相続税対策、要介護認定時の対策など、人生における金融資産に関する悩みの多くを解決へ導く力を持っており、そのような点に魅力を感じています。金融資産の悩みを抱えながら生活していくのは苦しいものです。生命保険会社の営業担当として、金融資産に関する悩みを抱える多くのお客様に解決策を提示していきたいと考えております。

この例文のポイントは、生命保険会社についての業界研究がしっかりとなされていることが伝わる点です。生命保険というと、「亡くなったときに保険金が下りる仕組みを作るもの」としか理解できていない就活生は多いことでしょう。上述の通り、生命保険には様々な機能があり、用途に併せて使い分けることが出来ます。企業研究によりこのような点を理解できていることを伝えることで、あなたの熱意、志望度を伝えることが出来、説得力のある志望動機にすることが出来るのです。

食品メーカー営業例文

私は「食」を通じて人々の幸せに貢献したいと考え、食品メーカーを志望しております。私は学生時代、海外留学をした経験から「食」が人々の幸せと健康に密接にかかわっていることを痛感しました。「食」は豊かな生活を送るための基盤となるものであり、その基盤に関わりたいと思い、食品メーカーを志望しております。私は食品メーカーの営業担当として、豊かな「食」を人々に提供していくことで、人々の豊かな生活を支えていきたいと考えております。

この例文のポイントは食品メーカーを志望する熱意をストレートに伝えている点です。食品メーカーは毎年多く恩就活生が応募する人気の業界です。その中で採用担当者の目に留まるには、自身の熱意や意気込みを、しっかり採用担当者に伝えることが重要です。この例文では実体験から「食」の重要性を痛感したことが述べられており、「食」に関わることについての意気込みが伝わりやすい志望動機となっています。

医療機器メーカー営業例文

私は優れた医療機器を普及させ、人々が安心して治療に臨める環境を確立したいと考え、医療機器メーカーを志望しています。私は家族の手術の経験から、病院によって準備されている医療機器に違いがあり、それにより受けられる治療にも差が出ている現状を知りました。必要な治療をどこでも受けることが出来ることで初めて、安心して生活を送ることが可能になるのであり、そのような環境の確立に貢献したいと考えております。医療、医療機器に関する知識を日々吸収し、病院の先生方にも劣らない知識を身につけていくことで、人々が安心して治療に臨める環境を作り上げていきたいと考えております。

この例文のポイントは、医療機器メーカーの営業担当者として業務に邁進していく姿勢を示していることです。医療機器メーカーの営業は、病院関係者に対して営業活動を行います。その分野の専門家に対して商品のプレゼンを行うことになるので、中途半端な知識では太刀打ちが出来ません。日々の勉強が不可欠であり、そのことが伝わる志望動機になっていることで、仕事に対する熱意を伝えることが出来ているのです。

関連記事

【履歴書の志望動機例文13選を大公開】新卒選考で必ず役立つ書き方ポイント~人気業界別参考文を徹底紹介

営業の志望動機はコツを掴んで伝えよう!

営業職と一口に言ってもその方向性は様々です。その会社が営業をしたい商材とは何なのかをしっかりと調べ上げ、それに沿った志望動機を考えることからまず始めましょう。何故この会社で働きたいのかということはどの会社でも志望の動機として聞かれることです。まさに会社がフューチャーしているものを売るための営業職においては下調べは肝心です。

その上で会社の経営理念は勿論、求める人物像が明記されていたなら自分がそれに添う自分物であることをアピールしていく必要があります。今の自分がその全てに適う必要はありません。企業が新卒のみなさんに求めているのは決して高く抜きん出た能力ではなく、社会人として当たり前のことを当たり前にできるかどうかということです。常に誰かに見られていることを意識できる人物でなければ会社の顔は任せられません。

営業職に求められる基本的なスキルは同じ


「コミュニケーション力」「ヒアリング力」「提案力」この3つを貴方がいかに重要視しているのかということを伝えることは営業という職種をいかに理解しているのかということにも繋がります。営業職は必ず人を介した仕事となりますから、人と人との繋がりを大切にできる人材を求めています。

コツを掴んだ志望動機は求めるニーズへと必ず合致します。ニーズは会社にあるものなので、しっかりと下調べをした上で経験や理由をはっきりと伝えましょう。あとは実際に顔を合わせるようになった時にこの基本スキルがきちんと発揮できるよう心に留めておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ