就活その他

【初出勤挨拶で第一印象は決まる】好印象を与える内容やNG行動をご紹介

初出勤の挨拶に悩む新卒は多い

新卒者にとって人生の節目と言えるのが就職ではないでしょうか。何歳であろうが何度目であろうが、初めての場所に行くことは緊張します。発出勤であればなおさらです。発出勤の日は、仕事を覚えるよりもまず先に職場の人へ挨拶を行うことが多いでしょう。

職場や部署によっては全員に向けて挨拶をしないこともありますが、仕事を教えてくれる上司は必ずいるでしょう。1対1の挨拶であっても、その日の挨拶によって、あなたの印象は決まります。前もって挨拶のことを考えておくと、本番で緊張せずに話すことができます。ぜひ、初めてだからこそフレッシュさをアピールしていきましょう。

初出勤挨拶で失敗しない構成

初めての出勤の挨拶でどうしても緊張してしまうという方は前もって話す内容を考えてしまうことをおすすめします。あらかじめ準備しておくことで、安心して挨拶に望むことができることでしょう。ここでは、どういった構成で挨拶をしたらいいのか紹介していきます。ぜひ参考にして、堂々と挨拶ができるように準備していきましょう。

簡単な自己紹介

初出勤の挨拶は、普段おこなう初対面の基本的な挨拶と話すことは変わりません。何か特別なことをしようと力を入れないようにしましょう。まずは最初の挨拶から入ります。午前中であれば、「おはようございます」、時間が遅ければ「お疲れ様です」が望ましいでしょう。そして、初めての方に挨拶する場合は名前を名乗ることが最初のステップです。「◯○ ◯◯と申します」と氏名を名乗りましょう。

名前を述べたら次に簡単なプロフィールを話します。出身地や出身大学など、基本的な情報を紹介することで、相手に伝わります。多くの情報を一度に話しても、相手は覚えていられないことがほとんどです。初めての挨拶のときは、簡単な自己紹介をすることでシンプルに終えてしまうことがポイントになります。

入社後の抱負や趣味などの一言

少し言葉を付け加えるとしたら、趣味などについて話しましょう。会社では飲み会での付き合いや、ゴルフでの付き合い、サークルなどもあったりします。ここで少し趣味を話すことで、聞いている人の印象が変わったり、趣味によっては上司に誘っていただくことがあるでしょう。

このようなシーンでの挨拶がきっかけで、社員と繋がりを持つことも多いです。趣味以外に付け加えるとしたら、入社した後の抱負を述べることもよいでしょう。自己PRでいうところの決意表明になります。上司や先輩方も、やる気のある人に仕事を教えてあげようという気持ちになります。だからこそ、ここで入社後の抱負を伝えることで自分の仕事環境を整えていくことも重要です。

締めの言葉

最後の締めが良くないと、それまですばらしい挨拶をしていても、イメージが台無しになってしまいます。ですからぜひ、締めは「お世話になります」という言葉をスムーズに発しましょう。終わりよければ全てよしという言葉もありますが、終わりの言葉がスムーズだと印象が大きく悪くなりません。

締めだけでもしっかりすることで印象がよくなります。最後は気持ちをこめてお辞儀をし、敬意を払いましょう。ここまでのことは難しいことはないですので、前もって準備をしておけば必ずうまくいきます。自信を持って挨拶に臨みましょう。

初出勤挨拶の例文

おはようございます。

本日より、皆さまと一緒に働くことになりました、〇〇◯○と申します。
22歳で、○○大学から来ました。出身地は○○です。
趣味は△△をやっており、休日には良く××をしています。
もし、趣味が同じ方がいましたらぜひお声がけください。

また、仕事の方も一日でも早く即戦力となれるよう
一生懸命頑張りますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

ポイントは1つ1つの文章を短く切っているころです。情報を確実に伝えるために言葉を区切ることにより、聞いている人も整理しながら聞くことを配慮しています。また、話している側としても文章を区切って話すことで、息継ぎをしながら話すことができますし、早口になることを防ぐことができます。

好印象を与える初出勤挨拶のポイント

発出勤での挨拶は、独特の雰囲気を感じながらの挨拶になります。先輩社員たちも「どんな人が来るのだろう」という興味を持っているので、興味津々で聞いてくれることでしょう。しかし、興味があるからこそ与えた印象というのはしばらくの間イメージとして残ることになります。好印象を与えるために必要なことをここで紹介していきます。ぜひ、参考にして活かしてください。

笑顔を忘れない

みんなの前で挨拶をするのは緊張する場面です。しかし、だからこそまずは笑顔を心がけましょう。笑顔であれば基本的には印象が悪くなることはありません。表情が曇ってしまうと、「暗い人なのかな?」や「話しかけにくそうだな」など、印象を悪くしてしまうきっかけになります。

自然な笑顔を心掛けましょう。笑顔を意識しすぎるあまり、ぎこちない笑顔になってしまうと好印象につなげることができません。笑顔が得意ではない人は、鏡を見て練習しておくことをおすすめします。鏡を見ながら練習し、自然に好印象を与える笑顔を身に付けましょう。

ハキハキと話す

どんなに話している内容がすばらしい内容だったとしても、話し方次第ではまったく伝わらないことがあります。話すのが苦手な場合、うつむいて話したり、早口で話したりすることがあります。メラビアンの法則というものがあり、話していることばが伝わるのは、言語の部分が7パーセント、非言語の部分で伝わるのが93パーセントと言われています。

つまり、話す内容で伝わるのは7パーセントしかなく、93パーセントの話し方や声のトーン、身振り手振りなどで物事は伝わっているということです。そのため、話す内容よりもハキハキと話すなどの話し方で印象は大きく変わります。先ほども触れたとおり、笑顔をしっかりと作り、ハキハキと顔を上げて話していくことで社員のこころをつかみましょう。

初出勤挨拶のNGポイント

初出勤の挨拶で自分をよく見せようと誇示・誇張する必要はありません。人間関係の基本は学生時代と変わりません。先輩社員は敬い、同僚は単に、ライバル関係だけでなく、支え合う仲間だと思い肩の力を抜き、人間関係の基本に立ち返ってみましょう。学生時代に部活や集団生活で培った力が役に立つはずです。では、どんなあいさつがよくないかNGポイントをみてみましょう。

長く話し過ぎる

話が長いのはNGです。初出勤のときは年度始めで、かつ朝の忙しい時間帯です。やるべき仕事を多く抱えている先輩社員もいるでしょう。先輩社員もどんな新人が来るか興味を持っていますが、自分のことを知ってもらう機会は十分にあるので、初出勤のあいさつをする際は氏名や所属などの簡単な自己紹介と今後の抱負を一言添える程度に留めておきましょう。

また、初出勤時のあいさつに限らず、社会人になると長い話を聞く余裕がない場合があります。まして役職のある方は忙しい場合が多いです。忙しい中でも伝えるべきことは伝えなければなりません。普段から要点をまとめ、極力伝えたいことを分かりやすく短い言葉で説明することも意識しておきましょう。

緊張して早口になる

大勢の前に出ると緊張するというのは、誰でも経験のあることでしょう。ただし、緊張で早口になりやすい方は注意してください。早口で話す人の印象はせっかち、思いやりがないなどのネガティブなイメージが一般的です。例えば、見たこともない商品を早口で説明する営業マンの話を100%理解できるでしょうか。

恐らく100%どころか場合によっては半分も理解できず、購入する気にもならないでしょう。初出勤時のあいさつや自己紹介も同じで、話をする相手がどう感じるかを考え、相手に聞き取りやすい言葉で話すことが大切です。また、聞き取りやすい速度は1分間に300字程度と言われています。早口かもと思う人は、一度自分の話す速度を測ってみてもよいかもしれません。

距離感を詰めすぎる

先輩社員との距離感を詰めることは大事なことです。しかし、出勤初日から距離感を詰め過ぎると先輩社員はどう思うでしょうか。馴れ馴れしさや学生感を感じ、中にはマイナスな印象を抱く人もいるでしょう。まずは、丁寧に、礼儀正しく接することが第一印象をよくするポイントです。

また、職場の先輩社員や同僚とは、毎日顔を合わせるため、初日から意気込まずとも十分に時間はあります。話が苦手な人は無理に距離感を詰めることをせず、先輩社員から話しかけてもらえるのを待つか、空気に慣れてから少しずつ趣味の話などをしてみてもよいでしょう。

初出勤の挨拶は数パターン用意する

初出勤の際にはしっかりと挨拶を考えておかなければなりませんが、複数パターン用意しておくことが大切です。初出勤ではさまざまな場で挨拶が求められます。すべて同じ挨拶にしてしまうと違和感が出る可能性もあるので、状況に応じて使い分けられるようにしておく必要があります。挨拶は複数用意しておき、初出勤をスムーズに乗り越えましょう。

短いバージョンと長いバージョン

長いバージョンと短いバージョンの挨拶を用意しましょう。全員の前で紹介されるときはやや長めの挨拶、個別に紹介される場合は短めの挨拶など、シーンによって求められる挨拶の長さは異なります。長いバージョンと短いバージョンの両方を用意しておけば、ほとんどのシーンに対応できますし、挨拶で困ることはありません。

挨拶を考える際には、短いバージョンをベースに考えていくのがおすすめです。短い挨拶では必要不可欠な情報を簡潔に盛り込み、長い挨拶はそれに上乗せして情報を盛り込んでいきます。可能であれば中ぐらいの長さの挨拶も用意しておくなど、バリエーションを増やしておくとさらに便利です。

相手に合わせて内容も変える

シーンに合わせた挨拶の長さを意識することも大切ですが、相手に合わせて内容を変えることも大切です。上司ならやや堅めの挨拶、年の近い先輩ならプライベートな内容を少し盛り込むなど、相手に応じて内容を変えることで、よりお互いに距離を縮めやすくなります。

挨拶はただ自分の情報を伝えればいいわけではなく、相手との距離を縮め、良好な関係を築くためのものです。上司にフランクに接しすぎれば失礼になりますし、反対に年の近い先輩にガチガチに堅い挨拶をしても距離ができてしまいます。相手に応じて内容や言葉遣いなどを少しずつ変化させることも大切ですので、フォーマルなバージョンとややカジュアルなバージョンの挨拶も用意しておきましょう。

趣味の内容は統一する

相手に合わせて挨拶の接し方を変えることは大切です。しかし、趣味の内容は統一感を持たせることが重要です。例えば、サッカーと言えば、○○さん、○○君というように自分の代名詞となるような印象がつけばOKです。その人の代名詞と言えるものがあれば、話しかけやすいし、趣味が合えば先輩社員との距離感を縮めることが出来ます。

逆に、話す人に合わせて趣味を変えると嘘っぽさを感じたり、信頼関係にも影響が出る恐れがあります。人は、統一感のない話を聞くとどうしても疑ってしまうものです。趣味は自己紹介におけるひとつの話題ですが、話の内容が毎回変わらないようにしましょう。

初出勤挨拶は事前に内容を考えて練習しておこう

初めての出勤日は必ず緊張するものです。だからこそ、初日の動きを前もって準備しておくことが重要になってきます。ぜひ、挨拶は内容を考えておき、しっかり練習しておくことをおすすめします。

練習をし、アウトプットまでしておくと、本番緊張したとしても自然と思い出すことにつながります。また、挨拶とともに笑顔も練習しておきましょう。「笑顔は1ドルも元手がかからないが、百万ドルの価値を生む」という言葉があるくらい大きな力を生みます。

笑顔は誰にでも行うことができます。だからこそ初日から心がけていただきたいです。ぜひ、初出勤挨拶を笑顔でこなし、その後のビジネスライフを気持ちよく過ごしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ