就活その他

【採用通知がくるまでの期間】採用通知書が届いた後にするべきこと

採用通知がくるまでの期間や書類の対応とは

採用通知がくるまでの期間とは、文字通り最終選考が終わってから採用通知書が届くまでの期間のことです。おおよそどの企業でも一定の期間内に送付されるものですが、稀に大きく異なるところもあるため、気になる場合は確認しておきましょう。

また、採用結果が固まれば、それに類する書類の対応も求められることになります。採用の際には承諾書の提出が必要になり、辞退する場合はその旨を相手方に伝えなければなりません。採用にまつわる書類には不備がないよう、間違いなく提出するよう心がけましょう。

採用通知はどのくらいでくるのか

では、採用通知はいったいどのくらいでくるのでしょうか。最終選考を受けてから結果が分かるまでは気が気ではなく、早く結果を知りたいという人も多いかと思われます。すでに内定を得ている人はその限りではないかもしれませんが、まだ得ていない人にとって、1つ目の内定を得られるかどうかは、その後の就職活動を大きく左右するでしょう。重要な連絡である採用通知ですが、一般的には下記のような形で通達されます。

採用通知がくるまでの期間は1週間程度

最終選考がおこなわれてから採用通知がくるまでの期間は、およそ1週間程度であるといわれています。もちろん、会社によっては大きく前後することもあるでしょうが、おおむね1週間前後見ておいて問題ないでしょう。1週間という期間は人によっては長く感じられるかもしれませんが、選考結果が得られるまでは待つしかありません。

その間に他の就活の予定が入っている場合は、できる限り通常の就活を継続しておくことをおすすめします。どれだけ手応えを感じたとしても、内定を得るまでは安心できません。受かっていることを前提に就活をやめてしまうと、不採用だった場合に大きなダメージを受けてしまいます。

内定の場合は電話連絡の可能性が高い

最終選考に合格した場合は内定という結果になりますが、それが伝えられる際は電話連絡であることが多いです。電話連絡で一旦内定した旨が伝えられ、その後に採用通知書が届くのが一般的でしょう。最初に電話連絡がくる理由にはさまざまありますが、ひとつはそのタイミングで内定者の意思をある程度確認するというものが挙げられます。

採用する側としてはなるべく内定辞退を避けたいので、その時点である程度入社の意思を確認しておきたいのです。内定を辞退するかどうかは原則的に応募した側の自由ですが、応対する声のトーンや反応から、内定者がどの程度自社に興味を持っているかをはかれるでしょう。

2週間以上待つ場合は連絡する

最終選考から採用通知が届くまでには、およそ1週間程度を要します。もし2週間経っても通知がこない場合は、一度企業に連絡し確認した方がよいでしょう。不採用の場合は通知しないことにしているかもしれませんが、最終選考でも貫く企業は多くありません。

あまりにも不採用通知を連絡する件数が多いのであればまだしも、最終選考であれば応募者数もそれなりに絞れているはずなので、不採用の場合でも結果くらいは送ることができるでしょう。企業に確認し、内定が決まっていれば問題ないのですが、そうでない場合は就活を継続しなければなりません。就活を円滑に進めるためにも、必要に応じて確認することも重要です。

不採用メールには返信しなくてOK

企業から不採用の旨がメールで通達される場合もありますが、特に返信しなくてOKです。不採用メールは先方がほぼ機械的に出しているメールになるため、返信すると気を遣わせてしまうかもしれません。また、最終選考までいったにも関わらず不採用となると、人によっては大変ショックを受けるでしょう。

そういった精神状態で書いたメールには、自分でも気付かない内に相手を非難してしまっていたり、自分を必要以上に責めるような文面になってしまうこともあります。就職後に仕事をする可能性も0ではないため、最後まで誠実な態度を心掛けることが大切です。

面接力を確認しておこう

面接の結果連絡が遅くて不安な人は、待つ間に自分の面接力を振り返っておきましょう。自己分析や業界・企業理解、身だしなみなどがどの程度できていたのかを把握することがおすすめです。もしも再び面接の機会があった場合に、自分の弱点を把握していることは大きなメリットになります。

面接力診断」で自分の面接力を知るだけでなく、自分の弱点を把握し、やるべき対策を念入りにおこないましょう。無料でダウンロードできるので、内定が出たら就活を終えるという人も気軽に試してみてください。

採用通知書とは

採用通知書が届けば、どのようなことをすればいいのでしょうか。企業での最終面接を終え、採用通知書が届けば嬉しい気持ちや安堵の気持ちでいっぱいになりますが、通知書をそのままにしておいてはいけません。採用通知書が届けば浮かれることなく素早く対応することが大切です。

選考の対策をしっかりとしている学生は多いものの、合格してからすべきことについてはあまり理解しておらず、何をすれば分からなくなってしまう人もたくさんいます。就活は合格することがゴールではなく、就職し、企業でしっかりと働き活躍することがゴールです。採用通知書が届いた段階ですべきことを理解して、冷静に対応していきましょう。

採用通知書に決まった形式はない

採用通知書と聞くと、正式な書類や書面をイメージする人は多いですが、必ずしも書面であるとは限りません。基本的には封書で届きますが、直接手渡しで渡される場合もありますし、場合によってはメールで採用通知がくることもあります。

採用通知書に決まった形式はなく、企業から学生へ採用が決まったことの知らせを総じて採用通知、あるいは採用通知書と呼びます。必ずしも書面であるとも限らないため、企業からの採用通知書を見落とさないようにしなければなりません。

どの形式で届いたとしても、基本的には意味するものは同じです。形式の違いこそあれ、採用通知書は採用が決定したことを知らせるものですので、届けば一安心してもいいでしょう。

採用通知書が届いたら

努力の成果が実り、企業から採用通知書が届けば嬉しい気持ちがこみ上げてきますが、しなければならないことはたくさんあります。採用通知書が届いたからといって就活が終わったわけではありません。企業に返信をする必要があります。採用通知書の返事にはさまざまな方法があります。また、マナーもあるため、それらを正しく理解して企業に返信をしていきましょう。

承諾書を送る必要がある

企業から採用通知書が届いたら、まずは内定承諾書を送る必要があります。採用通知書はあくまで採用が決定したことを知らせるものであって、厳密にはその時点で就職が決まっているわけではありません。企業が採用を示し、学生もその企業に就職すると意思表示をして初めて就職は決定します。内定承諾書を送ることは内定を受諾した旨の意思表示なので、内定承諾書の提出をもって内定契約が成立します。

もちろん、内定承諾書を送れば確実に就職できるとは限りません。就職までに問題行動を起こせば内定が取り消しになる場合もありますし、卒業できなければ就職の話もなかったことになります。内定承諾書を送った後は企業の一員になることを自覚し、社会人としてふさわしい行動を心がけることが大切です。

承諾書には添え状やお礼状を同封する

採用通知書は封書であったり、メールであったりと形式はさまざまですが、内定承諾書は基本的には封書で送られてきます。書面で提出することになるため、企業に郵送する場合は承諾書だけではなく、添え状やお礼状も同封する必要があります。

内定承諾書だけを送っても内定が取り消されることはありませんが、添え状もなしに送るのは失礼です。採用を決めてくれたお礼を示しましょう。就職する企業は今後も付き合いが続きます。就活中よりもさらに長期間、密に関わっていくことになるため、添え状やお礼状を同封して内定承諾書を送りましょう。より丁寧さを伝えるためには、お礼状は手書きするのもおすすめです。

辞退する場合は電話で連絡する

企業から採用通知書が届けば嬉しいものではありますが、採用通知書きたからといって必ずしも就職するわけではありません。他の企業の選考が残っていたり、本命の企業が別にある場合は、辞退の連絡をする必要があります。連絡の方法はさまざまありますが、辞退連絡は電話でおこなうのがマナーです。

これまで面接などで時間をかけ、採用にいたるまで評価をしてくれた企業に誠実に向き合うためにも辞退連絡は電話でおこないましょう。電話する時間にも注意が必要であり、始業時間や終業時間は避け、できるだけ日中の時間にすることが大切です。都合がつきやすい日中の時間に電話をかけるようにしましょう。

採用通知書を紛失した場合

採用通知書は非常に大切なものであり、失くさないように大事に保管しておく必要がありますが、万が一紛失してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。大切に保管すべきものではありますが、間違えて捨ててしまったり、メールを削除して紛失してしまうことはあります。

紛失したからといって諦める必要はありません。採用通知書を紛失した場合の対処法もありますので、それらを知っておき、万が一の事態にも備えておきましょう。

再発行を求める

採用通知書を失くした場合は、早急に再発行を求めることが大切です。採用通知書は大切な書類ですので、失くすこと自体がNGではありますが、絶対に必要な書類なので、できるだけ早く企業に再発行を求めましょう。その場合は、メールではなく電話で連絡をするのがマナーです。企業によっては、内定承諾書を送った後であれば採用通知書は必要ないとする場合もありますので、企業に連絡をして判断を仰ぐことが大切です。

自己判断で行動してしまうと失敗にもつながりかねません。最悪の場合は就職できなくなる可能性もあるため、必ず企業に連絡しましょう。内定承諾書を送った後も、念のため就職するまでは取っておく必要があります。

紛失したからといって内定取り消しにはならない

採用通知書を紛失してしまうと焦ってしまいますが、実はそれほど心配する必要はありません。紛失すれば企業に再発行を求めれば新しいものをもらうことができますし、失くしたからといって内定取り消しにはならないことを覚えておきましょう。

採用通知書は採用が決定したことを知らせるものであり、それ自体に特別な効力があるわけではありません。採用通知書も大切ですが、それよりも大切なのは実際の契約書である内定承諾書です。内定承諾書を失くせば一大事ですが、採用通知書をなくしてもそれほど焦る必要はありません。

ただ再発行してもらえるとはいえ、そそっかしい印象を与えてしまうことは覚えておきましょう。内定に影響することはありませんが、自身の評価を下げる可能性があるため、注意が必要です。

採用通知書に対する返事の例文

採用通知書が届けば、企業に対して返事をしなければなりません。内定を承諾する場合であっても、辞退する場合であっても返事をしなければならないことには変わりありませんので、実際の返事を考えていきましょう。

採用通知書に対しての返事をする場合には、素早く返事をすることが大切なので、メールか電話で連絡をすることになります。例文を参考にしながら実際の返事の仕方を考え、企業に素早く意思表示をしていきましょう。

採用を受理する場合の返事

お世話になっております。○○大学経済学部の○○(名前)と申します。この度は採用のご連絡を頂き誠にありがとうございます。4月からは御社の一員としてこれまで以上に気を引き締めて精進していきたいと考えています。
入社に向けて日々努力を続け、残された学生生活を悔いの残らぬよう過ごしていきます。入社後も精一杯努力を続けていきたいと考えていますので、今後ともご指導のほどよろしくお願い致します。

採用を受理する場合は、採用してもらったことに対してのお礼、そして4月から企業の一員として頑張りたい旨を伝えていきましょう。「採用を受けます」、「内定を承諾します」などの直接的な表現を使う必要はありません。

例文のように「御社の一員として頑張りたい」などの表現があれば、内定を承諾したことが伝わりますので、スマートに伝えていくことが大切です。面接に対してのお礼や企業でどんなことを頑張りたいかなど、今後の抱負を伝えて、仕事に対しての意欲の高さを示していきましょう。

採用を辞退する場合の返事

いつも大変お世話になっております。○○大学文学部の○○(名前)と申します。この度は採用のご連絡を頂き誠にありがとうございます。大変申し訳ございませんが、今後について慎重に考えた結果、他の企業への入社を決意致しましたので、採用を辞退させて頂きます。
貴重なお時間を割いて頂いたにも関わらず、このような結果になってしまい大変申し訳ございません。本来ならば直接お伺いしなければならないところ、取り急ぎ電話の連絡にて失礼致します。

採用を辞退する場合はとにかく丁寧に、謝罪の気持ちを込めて伝えることが大切です。また採用を辞退する、内定を辞退するなど明確な言葉を使って意思表示をする必要があります。言葉を濁してしまうと辞退の意思が伝わらず、混乱を招いてしまう可能性もあります。

言いづらいことではありますが、必ず明確な言葉を使って、辞退の申し出を行いましょう。またこれまで面接をしてくれたお礼や採用まで評価してくれたことに対しての感謝の気持ちも伝えることも大切です。

採用通知書への対応は迅速におこなおう

採用通知書が届けば就活も一段落しますので、ようやく落ち着くことができますが、まだ就活は終わりではありません。採用通知書が届いた段階では採用が決定したと知らされただけで、宙ぶらりんな状態です。

就職を決めるにはそれに返事をしなければならないため、素早く返事をする必要があります。また採用通知書への返事は受理する場合に限らず、辞退する場合もあります。どちらの場合であっても返事はすぐに出さなければなりませんので、迅速に対応して意思表示をしていきましょう。

内容はどうであれ、返事が遅くなってしまえば企業に迷惑をかけるのは確かです。採用を受ける場合も辞退する場合も、素早く返事を出すことを心がけて、企業に迷惑をかけないことが大切です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ