面接対策

【面接シートとは】就活生が知っておくべき人事担当者がチェックしている項目を徹底解説!

面接シートとは

就職活動で面接を受けるときに、面接官が必ず持っているのが面接シートです。面接シートには何が書かれているのか、何を書きこんでいるのか、面接を受けながらとても気になるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、緊張しているのは学生だけではありません。面接という短い時間で学生を評価するというのは、面接官にとっても難しいものです。そこで、決まった評価項目を設けることで、どの面接官でも短時間で確実に学生を評価できるようにしたものが、「面接シート」です。

この記事では面接シートの定番項目と、面接シートが怖くなくなる攻略法をご紹介します。緊張せずに自分の力を出し切り、面接を突破できるようぜひ活用してみてください。

面接シートにおけるチェック項目①入室時のマナー

入室するときは、面接官と学生が始めて顔を合わせるタイミングです。ここで決まってくるのが第一印象です。第一印象は、その後の面接を大きく左右する大切なものと言えます。

第一印象が良ければ面接官も好意的に話を聞いてくれますし、第一印象が悪ければいくら熱い思いを語ったところで面接官の胸には半分しか届きません。入室時から面接は始まっています。気を引き締めてドアをあけましょう。

ノックの回数・挨拶・ドアの閉め方

自分の順番になり、名前を呼ばれたら、相手に聞こえるように「はい」と返事をします。ドアの前に立ち、落ち着いてゆっくりと3回ノックをしましょう。2回はトイレの空室確認の回数とされているので、入室時のノックは3回がベストです。ドアが開いている場合は、ノックは不要です。

「どうぞお入りください」と返事があったら「失礼します」と言って入室します。入室したらドアの方に向き直り、静かにドアを閉めましょう。後ろ手で閉めるのはNGです。

ドアを閉めたら面接官の方を向き「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶をします。挨拶を言い終えてから30度の角度でお辞儀をし、椅子の横まで焦らずに移動しましょう。

どんな面接でも、入室時は一番緊張します。その緊張が良い緊張感として面接官に伝わるよう、落ち着いて笑顔を忘れないでください。

着席前の挨拶・着席の仕方

入室後はまず椅子の横に立ち、「○○大学〇〇学部から来ました、〇〇です。どうぞよろしくお願いいたします」と言い、45度のお辞儀をしましょう。「おかけください」と言われたら「はい、失礼いたします」と述べ15度のお辞儀をして、着席します。

椅子では背もたれにもたれず、浅めに腰かけましょう。背筋を伸ばしあごを引くと、明るく前向きな印象を与えることができます。男性は両膝を軽く開き、手は軽く握ってひざの上におきます。女性は両膝を閉じ、両手を重ねて膝の上におきましょう。

自己紹介をして椅子に座るという動作はとても簡単ですが、どんなビジネスシーンでも必要となる大切な基本動作です。その企業の一員として働く姿をイメージしてもらえるよう、きびきびとした動きを心がけることが大切です。

面接シートにおけるチェック項目②面接中の態度

面接中はどうしても緊張してしまうと思いますが、できるだけリラックスをして自然な笑顔を作るようにしましょう。笑顔が苦手、自信が無いという人は、鏡を見て笑顔の練習をしてみてください。好感をもたれるベストな笑顔を、きっと見つけることができるはずです。ここからはさらに円滑に面接を進めるための、話し方や聞き方を解説していきます。

聞く態度

面接官が話しているときは余計なことを考えず、落ち着いてしっかり話を聞きましょう。自分の話す内容を考えていて上の空になっていたり、手先をモジモジ動かしたりするのは印象が良くありません。

話を聞くときは、面接官の目を見るようにします。目を合わせるのが苦手な場合は、ネクタイの結び目を見ても大丈夫です。

話を聞く姿勢で重要なのは、相槌です。面接官が話をしているのにずっと無言でいると、話を聞いているのか話が伝わっているのか、面接官も心配になります。話を理解しているということが面接官に伝わるように、適度に相槌を打ってください。

相槌は「はい」というのが基本です。「なるほど」「うん」「へえ」は、偉そう・砕けすぎといった印象をもたれてしまいます。絶対に使わないようにしましょう。

話し方

面接をするときに心がけるポイントは2つあります。1つ目は、面接官の目を見てしっかり聞こえるようにハキハキと話すことです。これができていないと、評価の対象にならない可能性があります。

2つ目は、全てを伝えようとしないことです。面接のために準備した自己PRやエピソードは、丸暗記して全て話したくなります。しかし面接にそんな時間はありません。

限られた面接時間の中で自分の魅力を最大限に伝えるためには、暗記ではなく自分の言葉で話すことが大切です。そのためには、これだけは伝えたいという熱い思いやセールスポイントを、キーワードにして用意しておくと良いでしょう。

準備してきたキーワードを使いながら自分の言葉で話せば、暗記をしていなくても一貫性のある話ができますし、面接官との会話を取り入れて応用することも可能になります。

逆質問

面接の最後に「何か質問はありますか」と聞かれることがあります。面接官はこの逆質問で、会社への興味や入社への本気度を確認しています。しっかり質問できるよう、事前に準備しておきましょう。

逆質問において、するべきではない質問が3つあります。それは、福利厚生や給与など条件面の質問、離職率などネガティブな質問、HPやパンフレットに答えが載っている質問です。それ以外にも、やりがいや社風などあまりに漠然とした質問も避けた方が良いでしょう。

好まれる質問は、企業研究をしてきたことが分かる質問や、企業で働く姿をイメージできている質問です。

例えば社員の一日のスケジュール、配属先の決まり方、研修制度、入社までに修得しておくべきスキル等を質問すると、その企業に入社したいという真剣な気持ちが面接官に伝わるはずです。

面接シートにおけるチェック項目③退室時のマナー

面接官から「本日の面接は以上です、お疲れさまでした」と言われたら、面接は終了です。この言葉を聞くとホッとして、緊張が解けそうになってしまうかもしれません。

しかし、面接官は部屋を出るまでの学生の姿を見ています。ここでいい加減な態度を取ってしまったら、ここまでの面接の努力が水の泡となってしまいます。最後までしっかり緊張感を持って取り組むようにしましょう。

起立のタイミング・挨拶

面接が終わったらまず、座ったままで感謝の気持ちを述べます。「本日はお忙しいなか貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました」と伝え、一礼すると良いでしょう。その後椅子の横に立ち、もう一度「ありがとうございました」と伝え一礼します。そして、ドアの方に向かいましょう。

面接終了後にしっかり感謝の意を示し挨拶できるかどうかは、とても重要なポイントです。お礼をしないと面接官が気分を害する、と言うわけではありません。面接官は本来の業務の時間を割いて、学生の面接に当たっています。そのことに気づき感謝することができるような人物か、ということを見られているからです。

ドアの閉め方

ドアの前まで来たら、面接官の方に向き直り「失礼いたします」と言って一礼してからドアを開けましょう。退室する時は、面接官に完全に背を向けてしまわないよう注意してください。最後にドアを静かに閉めて、面接は終了です。

退室した後は、緊張が緩みます。退室直後に大きな声で他の学生とおしゃべりしてしまったり、大きな足音を立てて廊下を歩いたりすると、マイナス評価になってしまいます。部屋を出たあとも、面接の延長であるという気持ちを保ち続けてください。

緊張を解いて良いのは、会社のビルを出てからです。面接での頑張りを無駄にしないよう、会社から離れるまでは気を緩めないよう頑張ってください。

人事担当者は面接シートに沿ってチェックしている

この記事では、面接シートに基づき面接を突破するコツを紹介してきました。面接は話す内容さえ良ければどのような態度でも大丈夫だと思っていると、大失敗をするということをお分かりいただけたでしょうか。

面接シートでチェックされていることは、どんな企業でも必要とされる社会人として基本的な立ち居振る舞いです。入退室や面接中の態度で面接官に好印象を与えられれば、他の学生に差を付けることができます。入室から退室まで、失礼が無いようきちんとシミュレーションをしてから面接に臨みましょう。

面接はとても緊張しますが、しっかりと準備をしていれば必要以上に怖がることはありません。面接当日まで準備してきたことを自信にかえ、面接突破を勝ち取ってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ