職種研究

ITエンジニアの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

ITエンジニアとは

「ITエンジニア」とは、SEやプログラマーなどIT分野のエンジニアの総称です。ITサービスが急成長を続ける今、ITエンジニアは社会にとってなくてはならない存在となりました。ここでは、ITエンジニアの業務内容や年収について見ていきます。

ITエンジニアの種類について

  • SE
  • プログラマー
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • フロントエンドエンジニア

ここでは、さまざまなITエンジニアの職種のなかから「SE」「プログラマー」「ネットワークエンジニア」「セキュリティエンジニア」「フロントエンドエンジニア」の5つに絞って見ていくことにしましょう。

ITエンジニアの業務内容

「SE」は、情報システムの開発工程のうち、初期段階である「上流工程」を担う職種です。クライアントからヒアリングした要望を分析して実装すべき機能を決め(要求分析・要件定義)、それを実現するためのシステム設計を行います(基本設計・詳細設計)。また、システムをクライアントへ提供するまでのスケジュール立案や進捗管理、コストの決定、実際にシステムが完成した後のテスト作業なども、SEの業務に含まれます。

「プログラマー」は、プログラミング言語を使ってコーディングをし、ソフトウェアの開発を行う職種です。SEが設計した仕様書に従ってシステムの開発を行います。動作テストや既存のプログラムへの新たな機能の追加、動作の不具合(バグ)をチェックし修正するデバッグ作業などもプログラマーの仕事です。

「ネットワークエンジニア」は、電子機器のネットワークの設計、構築、保守、運用を担当する職種です。クライアントからヒアリングした要望をもとに設計を行い、それをもとに通信機器やソフトウェアの設定、ケーブルの配線などの構築作業を行います。ネットワークが完成したあとは、ネットワークに問題がないか監視をしたり、障害が発生した場合の対応など、保守・運用業務にあたります。

「セキュリティエンジニア」は、情報セキュリティを専門に扱う職種です。個人情報・機密情報の漏洩、ウイルス感染、Webサイトの改ざんなどを防ぐために、情報セキュリティに配慮したネットワークの設計・実装や運用管理を行います。クライアントに対して、適切なセキュリティ対策の提案を行うことも大事な業務の1つです。

「フロントエンドエンジニア」は、フロントエンド側の設計や構築を行う職種です。フロントエンドとは、ユーザーが直接触れる領域を指し、例えばパソコンやスマートフォンなどでWebサービスを利用するとき、ユーザーが見ているブラウザ上で展開されるWebページがフロントエンドになります。フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を用いてWebページを構築していきます。

ITエンジニアに求められる能力について

  • ITに関する基本的な知識
  • 応用力
  • コミュニケーション能力

まず、「ITに関する基本的な知識」は欠かせません。HTMLやCSSのコーディングスキルもあるとよいでしょう。また、JavaScriptやPHPといったWebプログラミング言語に関する知識があると、給与面でも優遇される場合があるようです。また、専門知識以外にも、他業種の動向やトレンドなど幅広い知識を身につけておくと、クライアントとのやりとりに役立つでしょう。

次に、「応用力」です。IT技術はめまぐるしく進歩していますから、身につけた知識がすぐに古くなってしまうことも少なくありません。知識やこれまでの経験を新しい案件にどう生かしていくかという応用力が求められます。

最後に、「コミュニケーション能力」です。PCに向かって黙々と作業しているイメージの強いITエンジニアですが、職種によってはクライアントとのやりとりも少なくありません。また、プロジェクトはチームで動くことがほとんどですから、チームメンバーとの連携は重要です。

ITエンジニアの平均年収と他職種との比較

ITエンジニアの平均年収について

DODAによると、ITエンジニアの平均年収は442万円です。ここでは、SE・プログラマー、Webサービスエンジニア、ネットワークエンジニアのそれぞれの平均年収から算出しています。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • CADオペレーター:367万円
  • 設計(内装・インテリア):436万円

ITエンジニアの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、20万円高くなっています。また、同じ技術系の他分野の職種を見てみると、CADオペレーターが367万円、設計(内装・インテリア)が436万円でした。

ITエンジニアのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ITエンジニアのボーナスの有無については、企業によって差があります。多くの企業では年2回の賞与があるようですが、企業によってないこともあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

ITエンジニアの昇給についても、企業によって事情が異なってきます。定期的な昇給のための制度を整備している企業も多いですが、企業の事情によっては昇給がほとんどない場合もあるので、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

ITエンジニアの年齢別平均年収推移シミュレーション

ITエンジニアの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 276.0万円 18.9万円 48.8万円
25~29歳 359.5万円 24.7万円 63.5万円
30~34歳 414.2万円 28.4万円 73.2万円
35~39歳 453.9万円 31.1万円 80.2万円
40~44歳 489.2万円 33.6万円 86.4万円
45~49歳 517.2万円 35.5万円 91.4万円
50~54歳 538.8万円 37.0万円 95.2万円
55~59歳 531.0万円 36.4万円 93.8万円
60~64歳 398.1万円 27.3万円 70.3万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は414.2万円、うちボーナスは73.2万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が489.2万円、うちボーナスは86.4万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ITエンジニアと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 ITエンジニアの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 276.0万円 263.5万円
25~29歳 359.5万円 343.3万円
30~34歳 414.2万円 395.5万円
35~39歳 453.9万円 433.4万円
40~44歳 489.2万円 467.1万円
45~49歳 517.2万円 493.8万円
50~54歳 538.8万円 514.4万円
55~59歳 531.0万円 507.0万円
60~64歳 398.1万円 380.1万円

ITエンジニアの予測平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると若干高いか同程度だと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は414.2万円で、日本の平均と比較すると19万円ほど高くなると予測されます。40~44歳では489.2万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ITエンジニアの生涯賃金シミュレーション

ITエンジニアの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.99億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とITエンジニアの生涯賃金を比較してみましょう。ITエンジニアの平均年収は442万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

ITエンジニアの生涯賃金は、1.99億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.09億円ほど多いと推測されますが、ほぼ同程度と考えてよいでしょう。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

ここまで、ITエンジニアの業務内容や年収について見てきました。ITエンジニアは高度な知識を必要とする職業です。身につけた知識や経験をもとに、起業やフリーランスといった第2の道が開けてくる可能性もあります。将来のことも見据えながら、どの分野でどんな技術を習得していきたいか考えることも大切になるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ