職種研究

助産師の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

助産師とは

妊娠・出産において、総合的に妊婦のサポートするのが、助産師の仕事です。医師と並び赤ちゃんを取り上げることが許可されていますが、助産師の仕事は出産のときだけではありません。妊娠中から出産後のケアまで、幅広く女性をサポートする役割を担っています。そんな助産師の詳しい仕事内容や平均年収などについて見ていきましょう。

助産師の業務内容

妊婦の妊娠中は、妊婦の体調管理や精神面のサポートをおこないます。出産や育児への不安な気持ちや悩みを聞き、妊婦のストレスを減らしていくということも、大切な仕事のひとつとなっています。

無事に正産期に入った妊婦は、出産を迎えます。病院勤務の助産師は、医師とともに出産に立ち会い、手伝います。

産後は、母親と新生児のケアをします。母親の体の回復のサポートや赤ちゃんの経過観察などが主な業務となります。

助産師に求められる能力について

  • 国家資格
  • 体力
  • 精神力

助産師になるには、助産師国家試験に合格しなければなりません。そのためにはまず、看護学校か看護系の短大を卒業して、看護師国家試験に合格しなければなりません。その後、助産師養成校で1年以上学び知識を蓄えます。そして臨床実習で経験を積むことで、やっと助産師国家試験の受験資格を得られるのです。

助産師として働くようになると、必要になるのが体力です。お産は、昼夜問わずやってきます。そのため、食事や睡眠などが取れないこともあるでしょう。また、同じ時間帯にお産が数件入ってしまうと、長時間労働になる可能性もあります。

また、出産は正常な分娩ばかりではありません。ときに、母親や赤ちゃんにとって厳しい現実が訪れることもあります。そのようなときにも強い心を持って、母親や赤ちゃんに寄り添える優しく強い精神力が助産師には求められます。

助産師の平均年収と他職種との比較

助産師の平均年収について

転職会議調べによると、助産師の平均年収は530万円となっています。助産師は、夜勤がある仕事です。夜勤は夜勤手当が付くため、夜勤をしているかどうかによっても年収が変わってくるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 医師:732万円
  • 看護師:426万円

助産師の平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、108万円高くなっています。また類似職の医師は732万円(転職会議調べ)で、助産師よりも高い年収となっています。看護師は426万円(転職会議調べ)なので、助産師の方が高いようです。

助産師のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

助産師のボーナスの有無については、病院によって差があります。多くの病院では年2回の賞与があるようです。ボーナスの金額は病院によるため、一概に判断はできません。

昇給について

助産の昇給についても、病院によって事情が異なってきます。経験と実績を積んでいけば、年齢に応じ定期的な昇給のための制度を整備している病院も多いようです。昇給の頻度や割合は病院により異なるので、一概には判断できません。

助産師の年齢別平均年収推移シミュレーション

助産師の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 301.6万円 20.7万円 53.3万円
25~29歳 392.9万円 27.0万円 69.4万円
30~34歳 452.6万円 31.1万円 80.0万円
35~39歳 496.0万円 34.0万円 87.6万円
40~44歳 534.6万円 36.7万円 94.5万円
45~49歳 565.2万円 38.8万円 99.8万円
50~54歳 588.8万円 40.4万円 104.0万円
55~59歳 580.3万円 39.8万円 102.5万円
60~64歳 435.0万円 29.8万円 76.9万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は452.6万円、うちボーナスは80万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が534.6万円、うちボーナスは94.5万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレー
ション数値となります。

助産師と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 助産師の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 301.6万円 263.5万円
25~29歳 392.9万円 343.3万円
30~34歳 452.6万円 395.5万円
35~39歳 496.0万円 433.4万円
40~44歳 534.6万円 467.1万円
45~49歳 565.2万円 493.8万円
50~54歳 588.8万円 514.4万円
55~59歳 580.3万円 507.0万円
60~64歳 435.0万円 380.1万円

助産師の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は452.6万円で、日本の平均と比較すると57.1万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では534.6万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

助産師の生涯賃金シミュレーション

  助産師の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.17億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と助産師の生涯賃金を比較してみましょう。助産師の平均年収は530万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

助産師の生涯賃金は、2.17億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると2,700万円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自分は助産師に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、助産師の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が助産師に向いているタイプか、診断してみましょう。

まとめ

助産師の仕事は、妊娠、出産において、母親や赤ちゃんをトータルでサポートするというものです。命が生まれる瞬間に立ち会うことができるのが、助産師の魅力です。不安や悩みを抱えながら出産した妊婦が、自分のサポートにより笑顔で退院していく姿を見送ったときには、何にも代えがたい喜びを感じることができるでしょう。

出生率は毎年下がり続けていますが、産科医が減っていることもあり、助産師の需要は増えていくと予測されています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ