就活その他

【関西に本社を置く優良企業5選】就活生が知っておきたい基準やガイドについても解説!

関西で就職したいなら優良企業を把握しておこう

関西で就職したいのであれば、関西の優良企業について知っておくことが大切です。大企業、優良企業と聞けば関東、主に東京での就職をイメージする人は多いですが、選択肢は関東だけではありません。関西にも大企業や優良企業はたくさんありますし、関西での就職を目指すのもおすすめです。

自分が好きな仕事、やりたいと思える仕事を選ぶことは大切ですが、どれだけ好きな仕事であっても環境が悪ければ続けていくことはできません。仕事をする上では職場環境、労働環境は非常に重要であり、長く続けたいのであれば優良企業に就職することが大切です。関西の優良企業としてはどんな企業があるのかを知り、就職の選択肢を広げて就活を進めていきましょう。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

そもそも優良企業の基準とは

就職先を選ぶ際には、優良企業であるかどうかを考えることも大切ですが、それを見極めるためにはそもそも優良企業の基準は何かを知っておく必要があります。基準を知らなければ、その企業が優良企業かどうかは分かりませんし、自分では良いと感じていても世間の基準では優良企業ではない可能性もあります。

優良企業について正しい基準を持っていないと、就職先選びで失敗してしまう可能性も高いので、基準を知って優良企業を見分けていきましょう。

金銭面や福利厚生が整っている

優良企業の基準としては、金銭面や福利厚生が整っていることが挙げられます。金銭面については一概に何円とは言えませんが、新卒の場合は平均的な初任給が20万円程度ですので、それ以上であれば優良企業だと言えます。もちろん初任給がいいだけで、就職後の伸び率が低い企業もありますので注意が必要ですが、給料の初期値が高いことで伸び率が高い場合も多いです。

また金銭面だけではなく、福利厚生も重要であり、社会保険などは各種完備されていること、その他住宅手当や産休、育休などの制度についても確認しましょう。給料が良くても、福利厚生の制度が整っていないと労働環境が良くない場合も多いので、福利厚生の充実度から働きやすいかを判断することが大切です。

勤務時間・休日などの勤務形態がクリア

勤務時間・休日などの勤務形態がクリアであることも、優良企業の基準としては大切なものです。勤務時間があまりにも長すぎないか、月間の残業時間が多すぎないかなどを確認しておく必要があります。一般的に勤務時間は8~9時間程度であり、残業時間も20時間以内であれば優良企業だと言えます。

反対に勤務時間が10時間以上であったり、勤務時間が日によってバラバラ、残業時間が50時間を超えるとブラック企業である可能性も高いです。休日についても、土日祝日は基本的には休み、お盆や正月などでも休みであれば優良企業だと言えます。休みが不定期であることが必ずしも悪いわけではありませんが、忙しくなれば出勤しなければならない可能性も高く、年間の休日は少なくなることも多いです。

関西の優良企業5選

優良企業の基準を知れば、実際に関西の優良企業について知っていきましょう。優良企業かどうかを知るためには、給料や福利厚生などの待遇面や労働時間などを確認することも大切ですが、就職するためには企業についても知っておく必要があります。採用における条件だけ詳しくても選考では勝ち抜くことはできませんので、それだけではなく企業への理解を深めていくことも大切です。関西の優良企業を知り、どんな企業なのか、企業の特徴についても知っていきましょう。

パナソニック株式会社

パナソニック株式会社は、電子部品や家庭用電子機器、電化製品、FA機器、情報通信機器などの生産、販売などをおこなっている企業です。また家電だけではなく、住宅や車載、B2Bなど幅広い分野で活躍している企業であり、国内外で活躍しているグローバル企業でもあります。2016年4月実績では大卒の初任給も21万円と平均より高いですし、社会保険は各種完備、通勤手当や超過手当が支払われるなど福利厚生に問題はありません。

標準労働時間は7時間45分であり、一部フレックス制度が導入されているため、自由な働き方を実現することができます。年間休日は127日と多く、女性役員が在籍しているなど女性が働きやすく、活躍しやすい環境でもあります。

ダイキン工業株式会社

ダイキン工業株式会社は、空調機器、冷凍機応用製品、油圧・潤滑機器、フッ素化学製品などの製造、販売、輸出をおこなっている企業です。空調機器やフッ素化学製品の分野に強みがあり、世界145ヵ国に事業を展開しています。海外に幅広く事業展開をおこなっているだけではなく、売り上げの約7割を海外事業が占めるなど、グローバル企業としても活躍しています。

2015年4月初任給実績では、大卒で22.5万円と平均よりも高い水準です。年間休日も124日と多く、社会保険完備、福利厚生も充実しています。労働時間も7時間45分であり、フレックスタイム制もあります。有休休暇の平均取得率も高く、ワークライフバランスを充実させやすい企業です。

株式会社キーエンス

株式会社キーエンスは、FA用各種センサ、測定器、画像処理機器の開発、設計、コンサルティング営業などをおこなっている企業です。国内だけではなく海外でも事業を展開しているグローバル企業であり、世界44ヶ国200拠点もの販売ネットワークを有しています。海外事業平均成長率は過去5年間で30%と非常に高く、成長力が高い将来性のある企業です。

2016年4月初任給実績では大卒は20.5万円であり、平均よりも少し高い給料を獲得することができます。特徴的なのは賞与の多さであり、キーエンスでは3月・6月・9月・12月の年4回賞与が支給されます。金銭面でかなりの高待遇を受けることができますし、入社3年後の定着率は90%以上であり、働きやすい環境の企業です。

任天堂株式会社

任天堂株式会社は、ビデオゲーム機器及びゲームソフトの開発・製造・販売をおこなっている企業です。「ファミリーコンピューター」をはじめとして「ニンテンドー64」や「Wii」、「任天堂DS」などさまざまなヒット商品を生み出しています。各種ゲーム機器ごとに数多くのゲームソフトの開発、製造もおこなわれており、ゲームソフトのヒット作も多いです。

2016年4月実績では、大卒の初任給は23.3万円であり、平均よりも高い水準にあります。年間休日も多く、福利厚生も充実しているため働きやすい環境にあります。また研修制度や人材育成の制度も充実しており、入社後の社員のフォローも手厚く、働きやすいだけではなく、成長しやすい企業です。

伊藤忠商事株式会社

伊藤忠商事株式会社は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融などの分野で活躍している総合商社です。国内外で活躍しているグローバルな企業でもあり、事業投資の事業にも力を入れるなど、商社の枠にとらわれない事業展開に強みがあります。総合商社は規模の大きい企業も多いですが、伊藤忠商事はその中でもトップクラスの事業規模、売上高を誇り、平均年収も高いです。

また年収が高いだけではなく福利厚生も充実しており、社員食堂や独身寮、健康管理室などさまざまな施設が用意されています。充実した休暇制度や育児・介護関連の制度、施設環境も整っていますし、男女ともに働きやすく、長く続けやすい企業だと言えます。

困った時の「関西優良企業就活ガイド」

関西での就活に困ったり、優良企業探しに悩んだ場合は、「関西優良企業就活ガイド」を利用するのがおすすめです。関西優良企業就活ガイドはその名の通り関西における優良企業を紹介したものであり、「成長性」と「安定性」を軸に掲載企業が選定されています。ガイドに掲載された企業は成長性があり、安定性も高い企業ばかりであり、どれも優良企業です。

優良企業として社員のために良い環境を提供するためには、企業として成長し、高い売上を獲得しなければなりませんし、業績も安定していなければいけません。関西優良企業就活ガイドに掲載されている企業はそれらの条件を満たしたものであり、掲載企業は毎年変わりますので、就活に困れば参考にしてみましょう。

関西の優良企業を調べて就活に活かそう!

関西にもさまざまな企業があり、就職先の選択肢は非常に多いです。しかしすべてが良い企業、自分に合う企業であるとは限りませんので、本当に良い企業、自分に合った企業を探して就活を進めることが大切です。関西にも優良企業はたくさんありますし、企業としての規模がそれほど大きくなくても優良企業は数多くあります。

事業規模が大きい=優良企業ではありませんので、企業ごとの特徴や募集要項などをしっかりと確認して、優良企業かどうかを見極めることが大切です。優良企業の中にも選択肢はさまざまありますし、優良企業、かつ自分に合った企業を見つけることが最も重要なことです。企業研究をしっかりとおこない、優良企業を見極めて就活を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ