職種研究

清掃業の志望動機の書き方|業務内容・記載ポイント・例文付き

衛生環境を保つために必要な清掃業

人々が活動するあらゆる場所に関わっているのが清掃業です。自宅内外から公共機関、職場やレジャー施設まで、意識している人は少ないかもしれませんが快適に過ごせるのは、清掃業あってと言っても過言ではありません。裏方ともいえる清掃業ですが、人は生活していれば必ずどこかでその恩恵にあずかっており、日常にさりげなく寄り添いながら重要な役割を担っています。

衛生的な環境の維持は、暮らしや健康に大きな影響を及ぼすばかりか、勉学や仕事などの諸作業において効率的に成果を挙げるためにも欠かせない要素であり、それを支える清掃業者は大変身近で必要な存在です。

清掃業の主な業務内容

清掃業と聞いてすぐに思い浮かぶのは、トイレ掃除、床や窓拭き、室内整理、ゴミ回収に側溝すくいといった、街や施設、集合住宅などでよく見かける姿でしょう。たしかにそれも業務の一つです。

しかし広くはそれだけに留まりません。業務の種類には、オフィスや商業施設などのビルを清掃対象とし高所作業もともなう「ビルクリーニング」、住宅を訪れ家庭では対処しきれない部分まできれいにする「ハウスクリーニング」、高レベルに浄化した空間をつくる「クリーンルーム施工」などがあり、他にも特殊な施設や物品に絞って細分化された内容が多方面に展開されています。いずれもプロ集団です。有資格者や試験通過者でなければ取り扱えない分野も多く、専門的な知識や技術によって成り立っています。

清掃業だけでなく他事業もおこなう会社が多い

「清掃業」を掲げているからといって、場所や物を清浄にする業務だけを事業としなければならないわけではありません。他にも複数の事業を同時におこなう会社が多くあります。ビルやマンションの管理事業、点検・保守・保全するメンテナンス事業、増改築したり劣化部分を補修するリフォーム事業、さらには内外装やインテリアのデザインに至るまで、広範囲に捉えて建物に関連する内容が主に見受けられるのが特徴です。

また、防犯サービスを提供するセキュリティ事業、害虫駆除事業など、美観の維持を含め安全で安心な住環境の整備に力を入れている会社もあり、各社で方針の独自性が窺えます。傾向としては全般に「暮らしを守る」ことに重点が置かれているようです。

志望動機を書く際の注意ポイント

清掃業の志望動機は、どんな点に着目して内容を決めていけばいいのでしょうか?ここでは、清掃業の志望動機の記載ポイントを紹介します。ぜひ参考にしてください。

なぜ清掃業に着目したのかを明記

清掃業を志望する動機の記述にあたって追究しておくべきは、「なぜ仕事にしたいのが清掃業なのか」という点です。これまでの自分をよく内省し、これからの自分のビジョンをどう描きたいのかが明らかになるまで考えを重ねてみましょう。そうして清掃業に目を向けた理由をあぶり出していきます。根拠を導けたら、それをはっきりと記しましょう。

人事担当者が気になるのは、つらい仕事であっても長く続けてくれるのかという点です。志望動機がしっかりしていれば、「そこまで動機が固まっているのなら、安易な気持ちで応募したのではないだろう」と推察できますし、「ぶれない根拠があるのだから簡単には辞めないだろう」という判断基準になります。いわば、厳しい業界を前にした本気度の確認としても有効なのです。

やる気のアピール

清掃業の採用担当者に訴えるには、「いかに好きか」「どうしてもこれをしたいのだ」という熱意を気持ちの面でアピールすることです。つまり「やる気」を強く持ち出すのです。具体性のあるアピールができれば、より採用に近づけるでしょう。

例えば、以前よりずっとしてきたとわかれば「その場しのぎに用意した体裁ではなく本当に好きなんだ」、スキルを披露できれば「本気で取り組んでいるからこそ身につけたのだな」、と思ってもらえます。気持ちのありようを探りながら「きつさに耐えられるか」「踏ん張りが利くタイプかどうか」を見極めている場合がありますので、やる気の強調が功を奏する秘訣です。

当然ながら、現場作業以外にも社内で職務は多々あります。直接的な作業者を目指すにはもちろんですが、業界全体として過酷な実態が聞こえますので、異なる職種にもやる気のアピールは効くでしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

清掃業の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に清掃業に採用される志望動機を完成させましょう。

清掃業の志望動機NG例

清掃の仕事において、どのような志望動機だと採用されにくいのでしょうか。NGワードや好ましくない表現をご紹介します。

NG例

私は、現在2人の子供がいて、将来的に進学を希望していることや、少しでも家計を助けるため何かパートの仕事をしたいと思い、貴社を志望しました。普段は専業主婦で掃除を家事の一環でおこなっていることもあり、清掃業務には自信があります。またシフト制であることや、勤務時間を選べたりする融通性も魅力に感じました。さらに、無料駐車場を提供していただけるという点も、出費を抑えたい主婦にとってはありがたい条件でございます。

2人の子供を持つ主婦の志望者の場合を例にとりました。志望動機とは、多数の中からなぜその職場を選んだのかをアピールする場面なので、「何かパートの仕事をしたい」というような漠然とした動機では、採用側に熱意を伝えることができません。

また、シフト制や勤務時間、無料駐車場などの雇用条件についても、あくまで企業側が志望者に提示するメリットであり、自分を採用することで職場にどのようなメリットがあるかをアピールする場面では、不適切な表現となります。

清掃業の志望動機例3選

清掃の仕事において、担当者が採用したくなるような志望動機を書くポイントを3種類ずつパターン別に紹介します。

志望動機の例文①

自分の持つ清掃スキルを活かせる職種に就きたいと思ったからです。私は、部屋の掃除が日課です。掃除を日常的におこなっているうちに、さまざまな清掃技術と知識を身につけられました。汚れの種類や度合いによって器具を使い分けたり、お酢や重曹などの日用品を使ったコアな清掃技術も持ち合わせています。入社できた際には、これらの技術を駆使して貴社に貢献できるよう努力いたします。

自分がどのようにして清掃スキルを身につけたかという点を段階を追って説明しているので、相手側に簡潔に経歴を伝えられます。

また「お酢」や「重曹」という具体的なワードによって、その知識や技術が実力が伴うものであることをアピールできます。さらに、それらのスキルで企業に貢献できる点のアピールによって、より採用されやすくなるでしょう。

志望動機の例文②

私は以前、貴社の宿泊ホテルを利用したことがあります。その時、予定より速く到着してしまったため、宿泊部屋はまだ準備中でした。フロントで待っていると、スタッフの方が気にかけてくださり、軽食とコーヒーを用意してくださいました。この時、ただ単に宿泊サービスを提供するだけでなく、細かなところにまで気を配り、顧客を第一優先に考える貴社のおもてなしに、強く感動しました。自分が感動を与えられたように、私も誰かに感動を与えるような職場で働きたいと思い、貴社を志望しました。

一般的には、その企業を選んだ理由と企業に貢献できる自己アピール、今後のビジョンの3つの要素により志望動機は構成されますが、こちらの志望動機は終始一貫して「その企業を選んだ理由」に特化してあります。

一見、掃除の業務内容に全く触れておらず、自己アピールに欠けている動機に見えますが、他の要素をあえて盛り込まないことで、企業に対する熱意をしっかりと伝えられます。

志望動機の例文③

私は、人の役に立つ仕事にやりがいを感じます。学生時代からボランティア活動に進んで参加したり、クラス委員や係員も積極的におこなったりするなど、人の役に立つことの素晴らしさを学びました。清掃は、決して華やかな職種ではありませんが、施設の運営を支える縁の下の力持ちとして、無くてはならない存在だと思います。また、趣味のジョギングで鍛えられた体力や持久力には自信があるので、肉体的な業務もお任せください。未経験からのスタートになりますが、スキルと知識の向上に努め、貴社に貢献できるよう頑張ります。

掃除に対してまだ漠然とした将来像しか描けていませんが、たとえ光の当たらない存在でも、「人の役に立つ仕事」である清掃業務の大切さを理解していることが伺えます。

また趣味がジョギングであるため、行動力のあるアクティビティな人物であることが予測できます。体力や持久力などの清掃にも使える能力のアピールいより、採用されやすくなります。

清掃の志望動機は記載ポイントをチェックして作成しよう

清掃業における志望動機を作成する際の注意点と、参考例文についてご紹介しました。

清掃は、建物の構造や材質、形状によって器具や洗剤を使い分けたり、広い範囲を決められた時間内で掃除したりするなど、業務内容は多岐に渡ります。また、これらの清掃業務を1人でこなす場合も少なくないため、体力や速さ、要領の良さなどのさまざまな能力が求められます。

そのため、清掃業に活かせそうな自分の能力は何なのか、さらにそれがどのように企業に貢献できるのかを明確にして、清掃に適性のある人材であるとアピールすることがより一層重要となります。清掃業の志望動機を作成する際にはこうした点に着目して作成してみてください

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ